TOP > 咲-Saki- > 淡「サキー今日は暑いねー」

淡「サキー今日は暑いねー」

2018/05/06 00:03 | 咲-Saki- | コメント(0)
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 19:30:51.17 ID:QTcVbXzU0

淡「だから抱きつくねー」ダキッ

咲「暑いなら抱きつかない方がいいと思うよ」

淡「サキは暑いなー」

咲「私が暑いんじゃなくて、引っ付くから暑いんだよ」

淡「あついー」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 19:35:35.77 ID:QTcVbXzU0

咲「うぅ、汗かいちゃうよー」

淡「私も汗かきそうだからお揃いだね!」

咲「意味がわからないよ」

淡「とりあえずサキが汗かくまで引っ付いてるね」

咲「なんで!?」

淡「私にも考えがあるんだよー」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 19:40:12.24 ID:QTcVbXzU0

咲「ろくなこと考えてないでしょ?」

淡「私にとっては大事なことだから!」

咲「じゃあ教えてよ」

淡「教えたらサキが恥ずかしがるからだめー」

咲「もう、教えてくれないと無理やり離れるからね」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 19:47:55.17 ID:QTcVbXzU0

淡「やれるものならやってみろ!」ギュー

咲「ううー!」

淡「うわっ」ドサッ

咲「ふぅ、やっと外れたよ。結局汗をかいちゃったよ」

咲「淡ちゃん大丈夫?」

淡「うん大丈夫」

淡「それより汗かいたよね?」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 19:53:43.01 ID:QTcVbXzU0

咲「淡ちゃんのせいでね」

淡「そうかー、汗かいちゃったかー」

咲「でもそんなに汗をかかせてどうしたいの?」

淡「んー、とりあえず汗拭かないと」

咲「私タオルなんて持ってないけど、淡ちゃん持ってるの?」

淡「もってないよ?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 20:00:48.41 ID:QTcVbXzU0

咲「え? じゃあどうやって拭くの?」

淡「まぁ今から拭いてあげるよ! 目閉じてー」

咲「目を閉じる必要あるの?」

淡「いいからいいから!」

咲「むぅ、わかったよ」

淡「じゃあ今から拭くね!」

淡「ちょっと湿ってるかもしれないけど気にしないでね?」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 20:08:38.42 ID:QTcVbXzU0

淡「」ペロペロ

咲「うわぁ、なんか生温かいよ?」

淡「だから湿ってるだけだよー」ペロペロ

咲「私もあとで拭いてあげるね?」

淡「ほんと! サキはやっぱりやさしいね」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 20:15:54.33 ID:QTcVbXzU0

咲「淡ちゃんもやさしいよ」

淡「だよね! こうやっていまもサキ拭いてるもんね」ペロペロ

咲「淡ちゃんはいい子だからね」

咲「わたしも後で淡ちゃん拭いてあげるからそれ貸してね?」

淡「えーと・・・・・・貸すのはできいないかなー」

咲「えー、なんでー」

淡「と、とりあえずこれは世界に一つだけのだから貸せないの!」

咲「う、うん。わかったよ。 ごめんね?」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 20:22:55.85 ID:QTcVbXzU0

咲「でも、後で見せてね?」

淡「それもだめー!」ペロペロ

咲「淡ちゃんのけちー」

咲「あっ、もうそろそろ終わる?」

淡「うん! もうす」

照「もうちょっとだよね?」ボソッ

淡「ごめん、サキ。 もう少し掛りそうだよ」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 20:28:26.82 ID:QTcVbXzU0

咲「そんなに丁寧に拭かなくても大丈夫だよ?」

照「」ペロペロ チラッ

淡「もう少し! もう少しだから!」

咲「えへへ、淡ちゃんはやっぱり優しいね」

照「」ペロペロペロペロペロ

咲「って、淡ちゃんもう少し弱めに拭いてぇ」

淡「い、いま仕上げしててね」

淡「ほんとーにあと少しだから!」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 20:35:00.86 ID:QTcVbXzU0

照「」ペロペロ

咲「淡ちゃん? 口元まで拭かなくてもいいよ?」

淡「アワワワワワ・・・・・・」

淡「やっぱりだめー!」ドン!

照「っ!」ドサッ

咲「淡ちゃん急にどうしたの!?」メヲアケル

咲「お、お姉ちゃん?」

淡「サキー! 今すぐ拭いてあげるねー!」

照「待って」ガシッ

淡「」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 20:40:43.54 ID:QTcVbXzU0

咲「淡ちゃんもそんなに急がなくてもいいよ?」

咲「それにお姉ちゃんもいたなら声掛けてくれればいいのに」

照「さっき来たばかりだから」

照「それより淡と二人で話しがしたいから」

淡「わ、わたしは話すことなんてないよ!」

照「大丈夫。今後のことだから」

咲「長引きそうなら先に帰ってご飯とか用意しとくね?」

照「うん。よろしくね」

淡「まってー! サキ待ってー!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 20:49:30.14 ID:QTcVbXzU0

咲「じゃあ先に帰るね」

照「さて、咲も帰った」

淡「うぅ・・・」

照「なんであんなことをしていたのか教えて?」

照「駄目なことってわかってるよね?」

淡「・・・・・・うん」

照「別に咲をペロペロするのはいいよ?」

淡「嘘をついてごめんなさい・・・・・・」

照「わかってるならいい」

照「今度咲を騙したら、別れてもらうから」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 20:55:15.59 ID:QTcVbXzU0

照「全部正直に言える?」

淡「うん。私がサキをペロペロしたことも、テルが咲をペロペロしたことも言えるよ」

照「待って。私のことは言わなくていい」

淡「嫌だ。言う。絶対に言う!」

淡「私だけ怒られるのはいやだから、テルも一緒に怒られよう!」

照「それはおかしい。私は淡を懲らしめるためにやった」

照「咲をペロペロしたのは淡のせい」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 21:03:42.17 ID:QTcVbXzU0

淡「違うよ! 違わないけど違うよ!」

淡「テルがサキの唇を狙ってたのも言うから!」

照「咲はそんなことは信じない」

照「付き合っている淡が嘘を先についたんだから」

照「咲は私を信じる」

淡「じゃあ言ってもいいんだね!」

照「構わない」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 21:08:20.75 ID:QTcVbXzU0

淡「」ゴゴゴゴゴゴ

照「」ゴゴゴゴゴゴ

菫「こいつらは一体なんでこんなにオーラをだして帰宅してるんだ?」

宥「わからないけど、さ、寒い」

菫「咲ちゃんには悪いけど今回はそっとしておこう」

宥「そうだね。それがいいよ」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 21:13:32.57 ID:QTcVbXzU0

玄「あっ! おねえちゃーん!」タッタッ

照「」ドン

玄「あっ、ごめ」ドン

淡「」ドン

照「」ゴゴゴゴゴゴ

玄「ひぃいい!」

玄「助けておねぇええちゃーん!」

淡「」ガシッ

玄「ひぃ!」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 21:16:24.75 ID:QTcVbXzU0

菫「玄がつかまってしまった」

宥「あぁ玄ちゃん・・・・・・」

照「当たっといて」

淡「謝らないの?」

照「おかしいって」

淡「わからない?」

玄「」ガクガクガクガク

照「震えてたら」

淡「許してもらえると」

照淡「思ってるの?」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 21:22:07.66 ID:QTcVbXzU0

宥「待ってて玄ちゃん」

宥「お姉ちゃんが助けてあげるからね」タッタッ

菫「あぁ、宥・・・・・・」

菫「結局こうなってしまうのか・・・・・・」

照「ね、まず謝ろう?」

淡「そうだよ? 誠心誠意謝らないとね?」

玄「」

宥「あ、あの」

菫「玄を離してくれないか」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 21:32:19.38 ID:QTcVbXzU0

玄「お姉ちゃーん!菫さーん!」ササッ

照「菫に松実さん?」

淡「どうしたの二人とも」

菫「いや、さっきのはお前たちも悪いんじゃないかと思ってな」

菫「止めに来たわけだ」

菫「お互いぶつかったんだ、どっちも悪いだろ?」

照淡「でも」

菫「でもじゃない。そんなんだと咲ちゃんに嫌われるだろーな」

菫「二人ともそんなに心が狭いんだって」

菫「照はまた咲ちゃんと会えなくなるだろーなー」

菫「大星はきっと別れるんだろーなー」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 21:41:17.20 ID:QTcVbXzU0

照「それは困る。松実さんすまなかった」

淡「クロごめんね?」

玄「うぅ・・・・・・こちらこそすみません」

菫「じゃあ私たちはこれで失礼する」

宥「また、ね」

照「また明日」

淡「じゃあねー!」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 21:46:45.16 ID:QTcVbXzU0

照「たしかに私たちも悪かったかもしれない」

淡「そうだね。反省しないと」

照「さっきの出来事を咲に言った方がいい?」

淡「言った方がいいよ! きっとよく謝れたねって言いながら」

淡「頭撫でてくれるよ!」

照「・・・・・・テンションあがってきた!」

淡「早く帰ろう!」

照淡「咲ペロサキペロ!」タタタッ


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 21:53:22.82 ID:QTcVbXzU0

照淡「ただいまー!」

咲「おかえりー」

咲「なにかいいことあったの?

照「松実さんにぶつかった」

咲「えっ」

淡「クロのほうだよー!」

咲「」

照「でもちゃんと謝れた」

淡「ほめてほめて!」

咲「うんいい子いい子」ナデナデ

咲(謝れたことが言いたかったのかな?)

咲(一応お詫びの電話入れとこう)


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 21:59:07.81 ID:QTcVbXzU0

照「そうだ淡、あれ言わないと」

淡「そうだった! 忘れてたよ」

咲「あれってなに?」

淡「今日帰る時に、サキの汗拭いたよね」

咲「うん」

淡「あれサキをペロペロしてたんだ」

咲「」

淡「騙してごめんね?」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 22:03:02.63 ID:QTcVbXzU0

淡「でもね、途中からテルがやってたんだよ!」

淡「口元ペロペロしてたのもテルだからね」

照「そうだけど、私は淡を懲らしめようとしてしただけ」

照「淡が嘘をついて咲をペロペロしてたのはいけないと思った」

咲「とりあえず黙って」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 22:14:32.13 ID:QTcVbXzU0

淡照「」

咲「あのね?」

咲「あんな人目に付く場所で顔舐めたりするもんじゃないよ?」

咲「淡ちゃんやお姉ちゃんはいいかもしれないけど」

咲「私は恥ずかしいんだからね?」

咲「私、顔拭かれてると思ってたんだよ?」

咲「私、公然の場で顔舐められて笑ってるって」

咲「変態みたいじゃない!」

咲「近所で噂になったらどうするの!?」

咲「また引っ越ししないといけなくなるよ!」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 22:20:19.40 ID:QTcVbXzU0

照淡「・・・・・・ごめん」

咲「前は私たちのせいでご近所の猫が発情しちゃって」

咲「大変だったんだよ!」

淡「あれ人だったと思うよ!」

咲「耳生えてたから猫なの!」

咲「とりあえず居ずらくなったのは確かだよ」

咲「ハァ・・・・・・ハァ・・・・・・」

照「本当にごめんね」

淡「謝っても駄目かもしれないけどごめん」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 22:24:23.71 ID:QTcVbXzU0

咲「ウゥ・・・・・」ナミダメ

照「本当にごめん」

淡「もう絶対にしないから!」

咲「約束、できる?」

照「当り前」

淡「人前じゃあ絶対にしないよ!」

咲「じゃあ・・・許してあげる・・・」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 22:27:08.80 ID:QTcVbXzU0

淡「サキ大好きぃ!」

照「咲ペロペロ!」

咲「ちょっと電話するから静かにしてね?」

淡「うん」

照「わかった」

淡「どこに電話するんだろうね?」ボソッ

照「わからない」ボソッ


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 22:32:17.73 ID:QTcVbXzU0

淡「もしかして浮気!」

照「それはない!咲は浮気なんてしない!」

咲「」チラッ

淡「声大きかったね」ボソッ

照「そうだな」ボソッ

淡「でも気になるよぉ」ボソッ

照「聞けば教えてくれるよ、多分」ボソッ


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 22:39:52.23 ID:QTcVbXzU0

咲「御飯食べたら出かけるよー」

淡「どこ行くの?」

咲「んー松実旅館」

照「なにか用事があるのか?」

咲「まぁ今日のことについてかなー」

咲「別に説教するわけじゃないから安心してね?」

淡「松実旅館ってことは、お泊り!」

照「さっきの電話も松実旅館?」

咲「そうだよ。まぁ菫さんだったんだけどね」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 22:45:19.56 ID:QTcVbXzU0

咲「じゃあ早くご飯たべて?」

照淡「いただきまーす」モグモグ

照淡「ごちそうさまでした」

咲「じゃあいくよー」

淡「サキ待って! トランプとってくる!」

咲「はやくね」

照「プリンは?」

咲「旅館に置いてあるらしいよ」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 22:50:23.17 ID:QTcVbXzU0

淡「おまたせー」

咲「じゃあ今度こそいくよ」

淡「サキ」

咲「どうしたの?」

淡「手、繋いでもいい?」ボソッ

咲「うん、いいよ」

淡「えへへ、サキの手あったかいよー」

照「なんで旅館にプリン置いてあるんだろう?」

照「いや、常識なのかもしれない」

照「プリン・・・・・・」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 22:56:22.75 ID:QTcVbXzU0

咲「着いたね」

淡「暗いから迷子になりそうだったね」

菫「そうだったのか、ちゃんと着いてよかったよ」

宥「咲ちゃんと、宮永さんはよく迷子になるからね」

宥「玄ちゃんお部屋の用意よろしくね?」

玄「おまかせあれ!」

咲「でもいいんですか? ただで泊まらしてもらっても?」

菫「構わないよ」

菫「私たちは一回、照たちをスルーしようと思ったからな」

菫「そのお詫びさ」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 23:39:49.68 ID:QTcVbXzU0

咲「アハハ・・・スルーするのが普通だと思いますよ」

菫「そうもいかない」

菫「私が宥と付き合えたのも咲ちゃんのおかげなんだからな」

菫「本当に感謝してるよ」

咲「なんかそう言われると照れます」

宥「私も咲ちゃんのおかげで菫さんが温かい人って気づけたから・・・・・・・」

玄「みんなー部屋の用意出来たよー」

淡「サキー早くいこう」

咲「淡ちゃん落ち着いて」

咲「じゃあ菫さん、宥さんまた後で」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 23:50:46.52 ID:QTcVbXzU0

淡「おぉー、いい部屋だね!」

咲「そうだね」

咲「ってあれ? お姉ちゃんは?」

淡「さっきまでいたと思ったよ?」

<ナンデミヤナガガココニオンネン! マサカコンナトコロデアエルトハ・・・スバラッ!

咲「」

咲「早く連れてこないと!」

淡「わかった」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 00:03:31.54 ID:4LQ7HsFZ0

咲「お姉ちゃん!」ガラッ

淡「テル!」

怜「妹の方までおるとは思わなんだわ」

煌「妹さんもその角みたいなの生えてるんですねー」

照「花田も生えてるよね」

淡「・・・・・・あぁ! すばらの人!」

煌「思い出したようで、すばらです!」

淡「すばら!」

怜「なんや急に騒がしゅうなったな」

咲「ハハハ・・・すみません」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 00:08:10.66 ID:4LQ7HsFZ0

怜「いやいや、別におこっとらんで?」

怜「うちもこーゆう雰囲気のほうが好きやから」

咲「そう言って貰えると助かります」

淡「これとれるの?」グイー

煌「いたた!とれませんよ!」

淡「すばら!」

煌「すばらくないです!」

照「私のはとれるけど?」ヌキ


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 00:12:19.92 ID:4LQ7HsFZ0

怜咲淡煌「」

照「えい」ポイ

怜「は?」グサ

怜「あ、あれ」グイ グイ

怜「・・・・・・抜けへん」

煌「大丈夫、じゃないですよねー」

淡「いま思ったけど、テルにまた角生えてるよ」

咲「これとれるたんだ・・・」グイ グイ


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 00:16:05.77 ID:4LQ7HsFZ0

淡「サキ動揺して言葉変になってるよ」

咲「動揺しないはずがないよ! そして私のはとれないよ!」

照「私は特別だからね」

怜「・・・・・・抜けへん! 抜けへんやんか!」グイー

怜「・・・・・・煌、ちょっと引っ張ってくれへんか?」

煌「かまいませんよ」グイー

照「あっ」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 00:23:01.99 ID:4LQ7HsFZ0

咲「どうしたのお姉ちゃん? 後、園城寺さんに謝って」

煌「とれました! すばらです!」

怜「着いとらん? 妹さん着いとらん?」

咲「はい、綺麗に角の部分だけ無くなってます」

怜「すばらや・・・ほんまにすばらやで」

照「園城寺ごめん」

照「次は花田」ボソッ


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 00:29:59.23 ID:4LQ7HsFZ0

煌「聞こえてしまったー・・・・・・不吉な声が聞こえてしまったー」

煌「なーんてことはないですよね!」

怜咲淡「」シーン

煌「皆さんどうなされました?」

淡「す、すばらの角が!」

怜「プッ・・・似合っとるで煌」

咲「花田さん本当にすみません! お姉ちゃんも謝って!」

煌「えーと・・・どうなってるんですかね?」

照「私の鏡で見る?後、ごめん」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 00:34:44.11 ID:4LQ7HsFZ0

怜「相変わらず便利やなその能力」

照「そんなに便利じゃない・・・・・・もう少し小さかったら咲のスカートの中を」

咲「変なこと考えないの」ベシッ

照「・・・・・・園城寺の方が便利そう」

怜「うちのは疲れるからなー」

怜「どうなん煌? 見た感想は?」

煌「」

怜「あかん、気絶しとるわ・・・・・・・」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 00:39:20.93 ID:4LQ7HsFZ0

咲「大丈夫ですか?」

淡「おーいすばらー?」

煌「」フラフラ

怜「そっちは外やで」

煌「」ピタッ

煌「似合ってますかね?」

咲「私は止めておいたほうがいいと思います」

淡「クワガタじゃなくなった!」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 00:47:19.20 ID:4LQ7HsFZ0

怜「うち的にはなしやなー」

照「はずそうか?」

煌「いえ、少し松実さんに見してきます!」ダッ

照「そういえばなんで園城寺がここにいるの?」

怜「ん? あー全国の時の先鋒メンバーで集まりやな」

照「私は呼ばれていない」

怜「電話したけど掛らへんし。手紙送ってもそのまま返ってきただけやからな」

照「そういえば引っ越し先教えてなかった」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 00:53:45.87 ID:4LQ7HsFZ0

咲「もうお姉ちゃんちゃんと教えないとだめでしょ」

照「ごめん」

淡「テルはどこか抜けてるなー」

照「角なら抜けるよ?」ヌキ

咲「角増やしちゃだめ」

照「わかった」グサ

<ハナダサンドウシタンデスカソレ? サワッテミマス? ハイ!・・・スミマセントレチャイマシタ・・・ スバラデス!

怜「これもしかして玄ちゃんに移ったんやないか?」

照「そうかもしれない」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 00:56:30.38 ID:4LQ7HsFZ0

淡「どうするのこれ?」

咲「とりあえず急いで回収しないと!」

照「大丈夫そろそろ埋まるから」

怜「埋ま・・・る?」

照「そう埋まる」

淡「どこに埋まるのー?」

照「言ってもいいの?」

咲「言っちゃ駄目ー!」プルプル


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 01:01:24.38 ID:4LQ7HsFZ0

<クロチャンソノアタマノツノドウシタノ? エ?ホントダキヅカナカッタ!

怜「まだ埋まらんなー」

咲「怖い!考えただけで怖い!」プルプル

淡「サキ大丈夫だよー!」

照「震えてる咲かわいい」

怜「同感や」

<ク、クロチャン?ナンカウマッテイッテルヨ? エ?ナニガ? キャーーーーー!クロチャンダイジョウブ!?

怜「埋まったんか?」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 01:05:43.35 ID:4LQ7HsFZ0

照「大丈夫・・・本人は気付かない」

照「周りでみている人間にショックを与えるだけ」

咲「大丈夫じゃないでしょ!」

菫「照ぅ!お前の仕業だろ!」ガラッ

照「害はない」

菫「私たちに害があるんだ!」

菫「とりあえず、宥に謝ってもらうからな!」グイ

淡「どんな感じで埋まったのかなー?」

怜「そうやなー、こうズモモモみたいな感じやないか?」

咲「やめてー!私の前でそんな話しないで!」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 01:09:25.07 ID:4LQ7HsFZ0

怜「そういや煌はどうしたんや?」

淡「そういえばいないねー」

煌「」ガラッ プルプル

怜「お、おかえりー。ってどうしたんや?」

淡「もしかして埋まるところみたの?」

煌「いえ、ただ」

煌「私の角もとれるようになってしまったー」スポッ


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 01:13:57.92 ID:4LQ7HsFZ0

怜咲淡「」

煌「やばいですねー。すばらくないですねー」

照「ひどい目にあった」ガラッ

咲「お、お姉ちゃん!」

照「どうしたの?」

咲「花田さんの角もとれる様になったんだけど!」

照「今日には治るから安心して」

煌「本当ですか! すばらです!」


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 01:18:16.09 ID:4LQ7HsFZ0

照「今日はその角で遊ぶといい」

照「抜いても生えるから安心して」

煌「それはすばらですね!」

煌「では早速」スポ

煌「」チラッ

怜「な、なんや・・・こっち近づかんといてな」

煌「ふっふっふー。これで怜さんもクワガタですよー!」ガチャ

淡「クワガタが二匹になったよ!」

怜「」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 01:23:05.48 ID:4LQ7HsFZ0

煌「じゃあ淡さんもクワガタにしてあげましょう」ガチャ

淡「生えた? サキ私に角生えてる?」

咲「う、うん。生えてるよ」

淡「おおー! 重さも感じない! 自分で触ってもとれない!」

淡「サキを挟んじゃうぞー!」ウイーン ガチャ

淡「え?」ウイーン ウイーン ウイーン

淡「動い・・・てる?」

咲「ごめん淡ちゃん。今は近づかないで」

淡「」


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 01:28:42.66 ID:4LQ7HsFZ0

淡「テルー!はずしてー!」ウイーン ウイーン

照「」サッ

淡「うええええん! サキに嫌われるよー!」ウイーン ウイーン

咲「嫌わないよ淡ちゃん!」

咲「ほらこっちきて」プルプル

淡「うぅ」スタスタ

咲「ほら、いい子いい子」ナデナデ

淡「サキー好きぃー!」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 01:35:57.00 ID:4LQ7HsFZ0

照「咲、そろそろ目を閉じといたほうがいいぞ」

咲「え?なんで」

照「私と同じ性質なら・・・もうすぐ」

咲「言わないで! わかったから言わないで!」メヲトジ

淡「どんな感じでうまるんだろね?」ドキドキ

怜「そ、そやな。楽しみやな」

怜淡「!!」ズモォ

淡「なにこれ・・・」ズモモモモモモモ

怜「アカン・・・アカン・・・」ズモモモモモ

照「これを見たものは角が埋まるまで目を離せなくなる」

照「可哀想に」

淡「いやぁあああ!サキぃいい!」ズモモモ!

怜「どうしてこうなったんや・・・・・・」ズモモモ!


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 01:39:18.04 ID:4LQ7HsFZ0

照「そして、もっとも恐ろしいのは」

照「完全に埋まる時」

淡「あわっわわわわっわ!」ズポン!

怜「んんんんーーーー!」ズポン!

照「二人とも気絶してしまったか」

照「花田もいつのまにか気絶してしまった」

照「私のだけならそこまでひどくはない」

照「二本あったのがいけなかったのか」


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 01:43:25.99 ID:4LQ7HsFZ0

次の日の朝

咲「淡ちゃん起きて」

淡「う、うーん。あ、あれ?」

咲「大丈夫だよ。角なんか生えてないからね」ナデナデ

淡「ヒック・・・」

咲「大丈夫、大丈夫だから」ナデナデ

咲「淡ちゃんは強い子なんだから泣いちゃだめだよ?」

淡「うん」ギュー

咲「大丈夫大丈夫」ナデナデ


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 01:47:44.21 ID:4LQ7HsFZ0

淡「そういえばテルは?」

咲「園城寺さんと花田さん起こしに行ってるよ」

<コノボケガァ! アレハスバラクナイデスヨ!

淡「怒られてるね」

咲「まぁ当然のことだよ」

淡「お腹減ったよー」

咲「じゃあ御飯食べにいこう?」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 01:50:23.93 ID:4LQ7HsFZ0

咲「おねえちゃーん!ごはん食べに行くよー」

照「わかった」

煌「私も行きます!」

怜「うちもいくで」

淡「サキー」

咲「どうしたの?」

淡「食べ終わったらトランプしよー!」


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 01:53:56.97 ID:4LQ7HsFZ0

咲「うん、いいよ」

淡「えへへー」

菫「起きたのか、昨日ずいぶん騒がしかったな」

咲「きこえてました?」

菫「あぁバッチリと」

菫「まぁ、昨日今日は休みだからいいんだがな」

咲「それはよかったです」


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 01:58:27.35 ID:4LQ7HsFZ0

宥「クロちゃーん、料理運ぶの手伝ってね」

玄「お任せあれ!」

淡「豪華だ!」

煌「この朝食、すばらです!」

怜「ええなぁ、こういう朝食はええなぁ」

照「プリンがない・・・」

咲「本当に豪華ですね」


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 02:02:23.17 ID:4LQ7HsFZ0

「いただきます!」

照「プリン・・・」モグモグ

怜「さっきから宮永姉はなにいっとんねん」

淡「照はプリンがないと駄目だからねー」

淡「私はサキが居ないとだめだけどね!」

宥「あったかい・・・」

煌「おあついですねー」

菫「わ、私もゆ」

照「プリン!」

咲「あの、菫さん。きっといいことありますよ」


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 02:05:30.51 ID:4LQ7HsFZ0

「ごちそうさまでした!」

怜「で、なにするんや?」

淡「私とサキはトランプするつもりだよ!」

煌「トランプですかー。私なかなか強いですよぉ」

玄「全てのジョーカーは玄に集まる!」

咲「それババ抜き最弱になりますね」

玄「」


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 02:08:33.08 ID:4LQ7HsFZ0

宥「私はちょっと用事があるから・・・」

菫「私も少し」

照「プリン食べてから行く」

淡「じゃあ五人だね!腕が鳴るよ!」

怜「みんなやる気やなぁ・・・ほな、うちも本気だすわ」

煌「私もそう簡単には負けませんよー」

玄「おまかせあれ!」


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 02:11:07.62 ID:4LQ7HsFZ0

淡「なにするー?」

煌「私はなんでもいいですよ」

咲「私もなんでもいいかな?」

玄「ババ抜き以外でお願いします!」

怜「ポーカーなら負けへんで!」

淡「じゃあポーカーでいいやー」

淡「カード配りたい人いるー?」

玄「おまかせあれ!」


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 02:15:31.44 ID:4LQ7HsFZ0

淡「負けたら罰ゲームね!」

煌「その案すばらです!」

怜「なんや絶対まけられへんわ」

玄「じゃ、カード配ります」

咲「あんまりひどいのは止めてね」

怜「咲ちゃんかわいいからなー考えてしまうなー」


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 02:21:33.96 ID:4LQ7HsFZ0

淡(さて、カード配り終わって、私はワンペア・・・)

淡(まぁ、定石通り三枚替えかな)

淡「三枚変えるねー」

怜(淡は三枚替えかいな・・・。おそらくワンペアやから三枚替え)

怜(まぁ定石やな。うちはブタ状態やから全部変えてもええんやけど・・・)

怜(一巡先が見えることをいかしてワンペアは確実につくっておこう)

怜「四枚」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 02:26:18.23 ID:4LQ7HsFZ0

煌(あららー、手札にジョーカーがありますねー、すばらっ)

煌(しかし、玄さんに全部集まるわけじゃなかったんですねー)チラッ

煌(確実にワンペア揃えれる状態なんだからまぁ当然)

煌「私も四枚です」

玄(ふーむなるほどなるほど。ジョーカーが一枚しかないよー)

玄(いつもなら二枚来るのにおかしいな)

玄(でもどっちにせよスリーカードだから)

玄「二枚変えますね」


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 02:31:08.63 ID:4LQ7HsFZ0

咲(花田さんが一瞬だけ玄さんを見てた・・・玄さんも少し不思議に思っていた表情をしていた)

咲(このことからジョーカーは花田さん一枚、玄さん一枚持ってるって考えれる)

咲(つまりファイブカードはないってことだね。じゃあ変える必要はないかな)

咲「私はこのままでいいです」

怜「なんやえらい強気やな」

咲「アハハ・・・」

淡(サキーはそうとう強い手みたいだね)


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 02:36:44.04 ID:4LQ7HsFZ0

淡「じゃあ勝負だよー」

淡「スペード13のスリードだー!」

怜「ハートのフラッシュや」

煌「ふふふー、ジョーカーのおかげでストレートですよ!」

玄「スペードのAのスリーカードです!」

咲「フォーカードです」


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 02:40:52.03 ID:4LQ7HsFZ0

淡「あれ?もしかして私負けた?」

咲「うん!淡ちゃんの負けだよ!」

咲「じゃあ罰ゲームはー」ゴニョゴニョ

淡「うぅ」カオマッカッカ

咲「皆さん少し待っといてくださいね。ちょっと罰ゲームしてきます」

咲「ほら、淡ちゃん行こう?」

淡「顔が暑いよー」

咲「いつもしてるんだから照れない照れない」


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 02:43:33.64 ID:4LQ7HsFZ0

怜「なにするんやろな?」

煌「宮永さんは優しそうですからねー、そんな無茶はしないと思いますよ」

怜「そーやろか?」

玄「カードシャッフルはお任せあれ!」シャッシャッ

煌「シャッフルうまいですねー、すばらっ!」

怜「ほんまやなー」


161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 02:47:38.87 ID:4LQ7HsFZ0

淡「ほんとにしないとだめ?」

咲「当り前だよ?」

淡「じ、じゃあ失礼するね!」

淡(なんでこんなに恥ずかしいのかなー)

淡(いつもは私から求めてるキスなのに)

淡(いざしようと思うと恥ずかしいよー)

咲「」ジー


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 02:53:53.64 ID:4LQ7HsFZ0

淡(・・・するぞぉ・・・キスするぞ・・・)

咲「」スッ

淡「ん!?」チュ

咲「ん」

淡「あ、あれ?サキ今・・・」

咲「淡ちゃんが遅いからこっちからしちゃったよ」

咲「あんまり待たせたら駄目なんだからね」

淡「急すぎて実感がわかないよー」

咲「ふふ、私もたまには自分から攻めたりするんだよ」

淡「ウゥ・・・恥ずかしいよーサキー」


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 02:57:29.32 ID:4LQ7HsFZ0

咲「じゃあ次のゲーム行こっか?」

淡「え、続きは?」

咲「私に勝てたら出来るんじゃないかなー」

淡「私絶対に勝つよ!サキーに絶対勝つよ!」

玄「ふぅーむなるほどなるど!」

煌「すばらっ」

怜「ええなぁ」

照「次からはいる」

咲「楽しみにしてるよ淡ちゃん!」

カン!





『咲-Saki-』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿