TOP > 咲-Saki- > 「麻雀戦隊シライトダイ!」

「麻雀戦隊シライトダイ!」

2018/05/07 00:03 | 咲-Saki- | コメント(0)
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 06:10:38.49 ID:wtiNirMI0

とある日

怜「はぁーこたつはきもちええなー」

怜「?こたつの中になんかおる?」

怜「!?キャー!!」

怜「やーめーてーたーすけーて-!」

洋榎「ぐえへっへっへ、おじょーちゃんワイときもちええことしよなー」

怜「誰か!?助けてっ!!?」

??「待てー!!!」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 06:15:06.04 ID:wtiNirMI0

菫「パイパンマン!」

尭深「おっぱいマン!」

照「ラーメンマン!」

誠子「6個入り500円(笑)マン!」

淡「アナル!」

照「五人揃って」

一同「麻雀戦隊シライトダイ!」ジャジャーン!


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 06:23:01.29 ID:wtiNirMI0

照「さぁ!今のうちに逃げるんだ!」

怜「ありがとう!」

照「早く逃げるんだー!」

洋榎「…。違う」

淡「え?」

洋榎「自分らおかしい」

洋榎「なんて、なに?自分らなに?」

菫「シライトダイ」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 06:28:13.69 ID:wtiNirMI0

洋榎「何?なんて?」

照「5人揃って」
一同「麻雀戦隊シライトダイ!」ジャジャーン!

洋榎「ちょ待てや!なん何やて君等、麻雀戦隊やないやん」

洋榎「自分何よ?」

尭深「おっぱいマン」

照「5人揃って」
一同「麻雀戦隊シライトダイ!」ジャジャーン!

洋榎「ちょ待てや!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 06:32:58.77 ID:wtiNirMI0

洋榎「待て!待て!何?君何?」

誠子「6個入り500円(笑)マン」

洋榎「君は?」

淡「アナル」

洋榎「おかしいやん、麻雀関係ないやん!」

菫「パイパンマン!」

洋榎「ふっ、まぁ、君は?」

照「ラーメンマン!」

照「5人揃って」
一同「麻雀戦隊シライトダイ!」ジャジャーン!


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 06:36:42.18 ID:wtiNirMI0

洋榎「違う違う!ちが~うっ!!!」

洋榎「おかしいやないか!!!」

洋榎「麻雀全く関係ないやん!!!」

淡「アナル」

洋榎「ああん?」

淡「1ピンの事アナルって言いますよね?」

洋「はぁ?」

淡「少なくとも、作者の地元では言いますから…」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 06:41:51.47 ID:wtiNirMI0

洋榎「ああん、君は何?なんなんよ?」

照「チュンの事、ラーメンマンって言いますよね?少なくとも作者の地元ではいいます」

洋榎「君は?」

菫「ハクの事、パイパン言いますよね?多分、全国的に」

洋榎「違う」

菫「え?」

洋榎「ほんなら、ハクはハク、チュンならチュン、1ピンなら1ピンでええやん」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 06:48:19.76 ID:wtiNirMI0

尭深「おっぱいマン…」

洋榎「おっぱいマン?なんなん君は?」

尭深「2ピンです」

洋榎「それも何?地域的に言うん?」

尭深「いや、さっき自分で考えました」

洋深「言わないんかい!自己生産かい!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 06:53:07.38 ID:wtiNirMI0

洋榎「君はなんやて?」

誠子「6個入り500円(笑)です。銀だこの値上げに抗議する意味マンです」

洋榎「もうなんも麻雀関係あらへんやないかい!ほんならせめて6個入りだから6ピンです!くらい言えへんのかいな!」

誠子「ああ、それいいですね、いただきます。私は6ピンです」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 07:00:54.54 ID:wtiNirMI0

洋榎「パクんなや!自分に至ってはここおる存在意義無かったやん!」

照「いやー、良かったなー、6個さん、これでうちらチーム一丸ですよ」

誠子「はい、やっと皆さんのお仲間になれた気がします…」ウルッ

菫「おめでとう!」

淡「おめでとう!6個さん!」

尭深「私のおっぱい揉んで!」

照「それじゃ、皆さん、改めてやりますか!」

照「5人揃って」
一同「麻雀戦隊シライトダイ!」ジャジャーン!

洋榎「ちょ待てや!お前ら!」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 07:09:38.41 ID:wtiNirMI0

一同「え?」

洋榎「何、勝手に盛り上がってんねん!おかしいやないか!」

菫「え?どこがですか?」

洋榎「全部や!全部!何勝手に自己完結しとんねんて!」

洋榎「大体さっきおっぱい揉んでとかゆーとったでこいつ!ええんか?お前らちびっ子の味方やないんかい!!?」

尭深「私の攻撃はおっぱいから出ます、揉んだ相手が死にます」

洋榎「聞いてへんて!お前、銀だこ殺す気やないか!」

尭深「いえ、(笑)さんはいつもそうやって銀だこに抗議してます」

洋榎「どんだけドMやねんて!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 07:16:40.71 ID:wtiNirMI0

洋榎「わかった、わかった、とりあえずな、話、整理しよか?」

菫「お前と話すことなんて何もない!」

照「もう何も怖くない!」

誠子「銀だこなんてもう行かない!」

淡「大体、作者の地元に銀だこないからそもそもどうでもいい!」

尭深「むしろタコ嫌いだから食えないんだ作者は!」

照「それじゃ、皆さん、改めてやりますか!」

照「5人揃って」
一同「麻雀戦隊シライトダイ!」ジャジャーン!

洋榎「黙れや!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 07:23:09.16 ID:wtiNirMI0

一同「え?」

洋榎「わかった、わかった、うん、もう銀だこはわかったから、な?」

洋榎「大体な?その、別名抜きにしたってな?自分ら中と白と1ピンと2ピンと6ピンやん?」

菫「それが何か?」

洋榎「おかしいやないか!何で字牌二人にピンズ三人もおるねんて!」

照「おかしいか?」

淡「いや?自分はアナルのつもりなんでよくわからないです」

菫「私はどちらかというとうっすらと生えてるほうが好きだからハクだな」

誠子「6個入りで500円ってボッタクリもいいところですよね(笑)」

尭深「もう!いいからおっぱい揉んでよ!」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 07:33:08.34 ID:wtiNirMI0

洋榎「ええてもう!だからな!麻雀にはな?他にもマンズとかソーズとかあるやん?な?」

菫「それが何か?」

洋榎「だからな?何で字牌二人にピンズ三人もおるねんて聞いとるんや!」

照「…。あのーだから私らそのー、種類とかそーゆーのじゃないから」

洋榎「いや、種類じゃ」

照「一人ひとりの個性見てもらいたから」

洋榎「いやいや、そんなんわからへんやん、元々」

洋榎「だいたい自分ら自らおっぱいやら銀だことか、まぁ、個性はあるけどな、そもそも麻雀関係あらへんやないか」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 07:44:52.38 ID:wtiNirMI0

誠子「銀だこじゃないです!6個入り500円(笑)マンです!」

洋榎「…。大体、マンってなんや?お前ら皆ウーマンやないか」

菫「いや、そのへんは、努力でなんとかなると思うし…」

菫「同じピンズに見えるかもしれないけど、こいつはシリの穴だし、こいつは乳輪みたいなもんだし」

洋榎「いや、そんなん知らへんて…そんなんどうでもええんやて、わかりやすさの事言っとんねんて」

洋榎「おかしいて、自分ら思わへんのかいな?君以外になんでピンズが二人もおるねんて」

一同「…。」

淡「それ、決勝でも清澄の大将に言われたわ」

洋榎「そら、清澄の大将が正しいわ、おかしいわ!そもそも自分と同じ色がおるってその時点で成立してないやん」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 07:49:28.46 ID:wtiNirMI0

誠子「だから中身で!」

洋榎「いや、中身なんて!お前らろくなもんやないやんて!」

照「5人揃って」
一同「麻雀戦隊シライトダイ!」ジャジャーン!

洋榎「ちょ待て待て、それおかしいて、成立してないって!」

菫「あー、めんどくさいわこいつ」ボソッ


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 07:55:39.58 ID:wtiNirMI0

洋榎「なんやてこいつ」ボカッ

菫「痛い、痛い、暴力反対」

淡「止めてください、私発射しますよ!」

照「そうですよ、この人の穴から発射されたら地球終わってしまうんですよ!」

洋榎「しらんて!なんや発射って!」

誠子「それ言ったら、ラーメンマンさんいつもみたいにアルアル言って貰うことになるじゃないですか」

洋榎「お前らいつか訴えられるで!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 08:02:37.76 ID:wtiNirMI0

洋榎「だからな!わかりにくい言うてんねんて!もう、こんだけ下にきたらお前らの名前分かる人おらんくなってまうってことやで!」

洋榎「アンタ、名前なんてよ?」

誠子「…。あの、、、銀だこ500円です…。」

洋榎「ほら違う、あんた無駄に長いし、わけわからんし、もう、読んでる人にも忘れ去られてるんやで本来の名前。もうアンタはただの銀だこやん」

誠子「…。」

菫「銀だこさん!いいじゃないですか!キャラ付けできて!」

照「そうですよ!銀さん!」

淡「タコさん!」

尭深「500円さん!」

誠子「しにたい」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 08:18:59.29 ID:wtiNirMI0

洋榎「わかった。うん、分かったからな、自分らもーいっぺん出直してきてな」

菫「え?」

洋榎「こんなな、よーわからへんキャラ付けもままなってない連中と私は戦いたくないんや」

照「いや、戦ってくださいよ…」

淡「そうですよ、私さっき下剤飲んじゃたんで、そろそろ発射しないとやばいんですよ」

洋榎「そんなもん知らんて!自分のせーやないか!」

誠子「ぎ、銀だこ…私は銀だこ…」涙目

洋榎「ほら、この子に至っては自分の存在に疑問持ちだしてんやで?」

洋榎「だから、な?ちゃんと相談してな?しゃんとして出直して来たら私は戦ってあげるって」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 08:24:21.06 ID:wtiNirMI0

照「…。はい、」

洋榎「な?もいっぺん、な、話し合って、来週辺り会おうや、な?」

菫「はい、」

洋榎「よし、じゃまた今度な」


短いけど カン!





『咲-Saki-』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿