TOP > アイドルマスター > 貴音「プロデューサーを釣り上げたい」

貴音「プロデューサーを釣り上げたい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/12(金) 23:10:38.72 ID:4JSWD3A+0

P「お疲れ様、今日のフェスも大盛り上がりだったな」

真美「でしょー! 褒めて褒めて!」

P「ああ、真美は偉いなー」

響「ま、真美ばっかりずるいぞ!」

貴音「あなた様、いけずです」

P「も、もちろんお前らだって偉いぞ!」

P(……どうなってんのこれ?)


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/12(金) 23:15:28.35 ID:4JSWD3A+0

響「プロデューサー、えっとさ、この後って自由にしてていいだよね?」

P「ああ、帰りの電車まで3時間くらいあるから、適当にふらついててもいいぞ」

P「ただし、事故と集合時間には気をつけてな」

真美「やった! 自由行動だー!」

響「うん! それで……あの、も、もしプロデューサーがよければ…」

真美「兄ちゃんも一緒に行こうよ!」グイグイ

貴音「なんと……」

P「わ、分かったから引っ張るな」

真美「ホント!?」

P「俺も特にすることはないからな」

真美「えへへ!」

響「むぅ~……」

貴音「……」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/12(金) 23:21:08.59 ID:4JSWD3A+0

真美「それじゃあさ、手繋ごうよ」

貴音「それはいけません」

響「そ、そうだぞ!」

真美「えー」

P「さすがにアイドルと手を繋いで歩くのはな……」

真美「兄ちゃんのケチ」

P「ケチとかそういう問題じゃないの」

響「真美、あんまりプロデューサーを困らせちゃ…」

真美「なら、ひびきんは兄ちゃんと手、繋ぎたくないの?」

響「そ、それは……」

P「ほら、行かないなら置いてくぞ」

真美「あ! 待ってよー!」

響「貴音、なんでちゃっかりとプロデューサーの隣キープしてるんだー!!」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/12(金) 23:26:56.18 ID:4JSWD3A+0

貴音「早い者勝ちです」

真美「じゃあ真美は右側もらい!」

響「あーっ!」

響「2人ともずるいぞ…」

P「それで、どこか行きたい場所でもあるのか?」

真美「えっとねー、特に考えてないかな」

P「おいおい」

貴音「私はらぁめんなど……」

P「却下」

貴音「いけずです」

P「響はなにかあるか?」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/12(金) 23:31:06.00 ID:4JSWD3A+0

響「じ、自分か!? えっと、その……」

真美「あ! 兄ちゃん、あのお店可愛いよ!」ギュ

P「だ、だから引っ張るな!」

響「あ……」

貴音「……」

真美「わぁ、このキーホルダー可愛い!」

P「アクセサリーショップみたいだな」

響「このままじゃ貴音だけじゃなくて、真美にまでプロデューサーを……」ボソボソ

響「あ、あの! プロデュー……」

貴音「あなた様」クイクイ


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/12(金) 23:36:03.59 ID:4JSWD3A+0

P「ん? どうした貴音?」

貴音「その、このような店は慣れていないので……」

P「そうか、まぁ貴音が来そうなとこじゃないな」

P「一緒に見て回ろうか?」

貴音「は、はい。是非に」

響「あぅ……」

真美「ねぇねぇ兄ちゃん、コレとコレ、どっちがいいかな!?」

真美「……あれ? 兄ちゃんは?」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/12(金) 23:41:07.95 ID:4JSWD3A+0

響「貴音と奥の方に行ったぞ……」

真美「えーっ! ひびきん、兄ちゃんが取られるの黙って見てたの?」

響「と、取られるって…プロデューサーは誰のものでもないし…」

真美「とにかく、ほら、兄ちゃん達のとこ行くよ」

響「う、うん……」

貴音「あなた様、これなどいかがでしょう」

P「可愛いじゃないか」

真美「兄ちゃん! 真美のこと置いてくなんて酷いよ!」

P「ごめんごめん」

真美「兄ちゃんは、この2つだとどっちがいい?」

P「う~ん…俺はこっちの方が好きだな」

真美「そっか、ならこっちにするよ」

真美「もう1つは亜美のお土産にしよっと! レジ行ってくるね-!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/12(金) 23:46:55.64 ID:4JSWD3A+0

P「響はなにか買わないのか?」

響「自分は……別に…」

P「そうか……響に似合うと思うんだけどな」

P「こういう感じのリボン」

響「ほ、本当か!?」

P「本当だって。ほら、こういうのなんかぴったりじゃないか?」

響「えへへ//じ、自分これ買ってくるぞ!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/12(金) 23:50:39.62 ID:4JSWD3A+0

貴音「あなた様……」ジーッ

P「あ、すまん貴音」

貴音「私にはなにか選んでくださらないのですか?」

P「貴音に!? そ、そうだな……」

P「このカチューシャなんかどうだ? 今の雰囲気も崩れないし、すごく似合うと思うぞ」

貴音「ふふ、ならば私もこれを……少しお待ちくださいな」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/12(金) 23:55:56.73 ID:4JSWD3A+0

P「さて、まだ時間あるし喫茶店でも寄ろうか」

真美「賛成ー!」

貴音「でしたら、あの店などどうでしょう?」

響「い、いいんじゃないか?」

P「そうだな、駅も近いしちょうどいいだろう」

「いらっしゃいませ」

P「よいしょっと」

響「ていっ!」

真美「させるかっ!」

響「うぎゃー! また真美に取られた!」

真美「兄ちゃんの隣ゲットだぜ」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 00:01:04.55 ID:33uqkSwz0

貴音「いいではありませんか、響」

響「う……そう、だな」

P「あんまり店の中で騒ぐなよー」

真美「はーい」

響「ごめんなさい」

P「さて、ここは俺がおごってやろう」

真美「兄ちゃん太っ腹ー! えっと真美はね、このチョコレートパフェがいい!」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 00:05:34.19 ID:33uqkSwz0

P「おう、いいぞ。響は何がいい?」

響「えっと、さん…ジャスミンティーで」

P「それだけでいいのか?」

響「うん」

貴音「では、私はアイスコーヒーとこのちぃずけぇきを」

P「はいよ」

P「すみません、チョコパフェとチーズケーキ、ジャスミンティー」

P「あとアイスコーヒー2つで」

「かしこまりました」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 00:10:33.36 ID:33uqkSwz0

真美「あむ……このパフェ美味しい!」

真美「はい、兄ちゃんもあ~ん」

P「こ、こら真美、やめなさい」

真美「えー! 他にお客さん居ないし大丈夫だって」

P「そういう問題じゃないの」

真美「じゃあ兄ちゃんが真美にあ~んして!」

P「だからな……」

真美「ほら、お店のおじいちゃんもテレビに夢中だしさ……」

P「はぁ、1回だけだぞ」

真美「やった! あ~ん」

P「あーん」

真美「ん…美味しい!」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 00:16:52.19 ID:33uqkSwz0

貴音「あ、あなた様、私も……」

P「た、貴音もか!?」

貴音「あ~ん……」

P「っ…仕方ないな」

貴音「ん……ふふ、真、美味です」

P「まったく、もう少しアイドルって自覚を持ちなさい」

響「うぅ…」

響(遠慮なんかしないで、何か頼めばよかったぞ…)


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 00:20:24.52 ID:33uqkSwz0

「間もなく、終点、東京です……」

P「さあみんな、着いたぞ」

P「車を駐めてある場所まで少し歩くけど」

P「ああそれと、今日は直帰でもいいが、みんなはどうする?」

真美「うーん、真美はまっすぐ帰りたいかな。亜美にお土産渡さなきゃだし」

響「自分もいぬ美達を散歩に連れて行かないと…」

貴音「では、私もそうさせていただきます」

P「了解、ならまず真美の家だな」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 00:25:40.28 ID:33uqkSwz0

亜美「お帰りぃ→!」

真美「ただいま→!」

P「ほら、荷物はこれで全部か?」

真美「うん、ありがと兄ちゃん!」

P「それじゃ、ゆっくり休めよ」

真美「じゃーねー!」

亜美「それで、兄ちゃんとはどうなったのかな?」

真美「ど、どうって、なにもないよーだ!」

真美「それより、ほい! お土産」

亜美「わーっ! ありがと真美!」

亜美「あ、そうだそうだ」

真美「どったの?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 00:31:11.53 ID:33uqkSwz0

亜美「なんかねー炊飯器が壊れたとかで、今日は外食にしようって」

真美「ホント!? やったね」

亜美「真美が疲れてるならお弁当でもって言ってたけど」

真美「真美も外食がいい!」

亜美「ですよねー」

真美「ねー」


P「さて、着いたぞ響」

響「うん、ありがとうプロデューサー」

響「お疲れさまー!」

P「おう、お疲れ!」

P「あとは、貴音だな」

貴音「……」

貴音「あの、あなた様」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 00:35:20.81 ID:33uqkSwz0

P「どうした?」

貴音「その、もし宜しければ、これから食事など…」

P「え? 今からか?」

貴音「いけませんでしょうか?」モジモジ

P「う~ん、俺は帰って仕事しなきゃならんし……」

貴音「……」シュン

P「で、でもちょうど夕飯時だし、駅前の店おごるって約束してから行ってないからな」

貴音「では!」パァ

P「ラーメン、食べに行くか」

貴音「はいっ!」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 00:41:42.04 ID:33uqkSwz0

真美「外食だー!」

亜美「食うぞー! …およ?」

真美「どしたの亜美?」

亜美「あれって兄ちゃんじゃない?」

真美「ホントだ、お姫ちんもいる」

P「ここ、ここ。この間開店してから結構人気でさ」

貴音「入れるでしょうか?」

P「いつも混んでるんだけど……今日はちょっと待てば入れそうだな」

貴音「よかった……」ホッ

P「あはは、そんなにラーメンが食いたかったのか?」

貴音「ち、違います! 私のわがままで、あなた様に余計な時間を取らせていますから…」

P「気にするな。さすがに俺だって晩飯は食うし、それが貴音と一緒なんてこの後の仕事もやる気が出るよ」

貴音「あ、あなた様、そのような冗談は……勘違いしてしまいます」

真美「何話してるんだろ…」

亜美「遠くて聞こえないよー」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 00:45:11.05 ID:33uqkSwz0

真美(今日はまっすぐ帰るって言ってたのに……)

真美(みんなに嘘ついて会ってるなんて……もしかしてデート!?)

亜美「せっかくだしちょっとからかって来よーか」

真美「だ、ダメだよ亜美!」

亜美「え? なんで?」

真美「とにかくダメなの!」

真美(これでホントにデートだったら真美……)

亜美「ちぇーつまんないの」

真美「それよりも、ほら、今日は真美達の好きなとこ行っていいって!」

亜美「ホントに!? えーとねー、それじゃあ……」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 00:51:00.26 ID:33uqkSwz0

響「ここ2,3日ちゃんと散歩させられなかったからって」

響「ちょっと遠くまで来すぎたかな」

いぬ美「ワンッ」

響「え? このリボン? いいだろー!」

響「今日の帰り、プロデューサーが選んでくれたんだ」

響「えへへ///」

いぬ美「バウッ」

響「どうしたんだいぬ美?」

貴音「ふふ、ごちそうさまでした。あなた様」

P「美味しかったな、また来ようか」

貴音「是非、ご一緒致します」

響「あれって、プロデューサーと……貴音?」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 00:56:04.35 ID:33uqkSwz0

響(今日はまっすぐ帰るんじゃ……)

響(あんなに仲よさそうに歩いてるなんて)

響(これって、デート……?)

いぬ美「クゥン?」

響「……」

響「いぬ美、帰るぞ」

響(そっか……プロデューサーは貴音のことが)

響(自分のことなんか……全然、そういう風には…)

響(それなのに、貴音には負けないなんて……自分が馬鹿みたいだぞ)

響「うぅっ……ぐすっ…」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 01:01:04.77 ID:33uqkSwz0

真美「おっはよー兄ちゃん!」

P「おはよう」

貴音「おはようございます」

響「はいさい……」

P「おはよう、貴音、響」

真美「んっふっふー! 今日は兄ちゃん、真美とずっと一緒だよね?」ギュ

P「まぁ、大体はそうだな。あと仕事の邪魔だから離れような」

真美「えー兄ちゃんのケチ」

P「そういう問題じゃないの」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 01:05:13.03 ID:33uqkSwz0

P「さて、今日はみんな都内だが、場所はバラバラだ」

P「さすがに中学生を1人で仕事に出せないから、俺は真美について行く」

P「響は電車に乗るまでは律子がついてくれるはずだ」

P「貴音は悪いが、1人で行ってくれ」

貴音「あなた様……」ウルウル

P「今日は我慢してくれ、な?」

貴音「……致し方ありません」

P「響も大丈夫だよな?」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 01:10:21.49 ID:33uqkSwz0

響「な、なんくるないさー!」

響「自分、プロデューサーなんか居なくたって平気だぞ!」

P「そうか、安心したよ。律子もよろしくな」

律子「任せてください」

真美「ね、そろそろ出発する時間だよね?」

P「そうだな。それじゃ、今日はみんなしっかりな」

真美「行ってきまーす!」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 01:15:24.63 ID:33uqkSwz0

P「真美、シートベルトはちゃんとしろよ」

真美「アイサー!」

P「今日はいつにも増して元気いいな」

真美「だってそりゃ……///」

P「ん?」

真美「なんでもない!」

P「おいおい……まぁ、とにかくだ。今日は雑誌の取材だから、その元気さで色々話してくれ」

真美「ラジャー!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 01:21:06.72 ID:33uqkSwz0

「ではまず、皆さんとても仲がいいことで有名ですが……」

真美「えっとね、真美はユニットのみんなとはいつも……」

「なるほど、つまり……」

P(よし、真美の方は順調だな)

P(この時間だと響は休憩かな、電話で様子を確認するか)

響『プロデューサー! 何か用なのか?』

P『いや、ただ響は順調にやってるかなって』

響『こっちは問題ないぞ! だから様子なんて見なくてもいいさー!』

P『そ、そうか……えっと、響、どうかしたのか?』


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 01:26:31.91 ID:33uqkSwz0

響『どうかしたって? 自分はいつも通りだぞ』

P『ならいいけど、悩み事があるなら俺に相談するんだぞ』

響『そ、そんなの自分の勝手だぞ!』

P『あ! ちょっと、響?』

P「……何か怒らせたかな?」

P「ま、後で確かめるとして、次は貴音だな」

真美「兄ちゃーん!」

P「お疲れ、休憩か?」

真美「うん。ちょっと休んで1時間くらい大胆だってさ」

P「対談な、いっぱい記事にして貰えるように頑張らないとな」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 01:30:41.89 ID:33uqkSwz0

真美「うん!」

真美「兄ちゃんは何してたの?」

P「俺は響に電話して様子を聞いて、今から貴音にも様子を……」

真美「あ、あのね! タイダンの時は兄ちゃんも一緒に居て欲しいなーって」

P「俺が?」

真美「ダメ?」

P「いや、ダメじゃないけど……」

真美「なら決定ー! ほら、もう休憩終わるよ!」グイ

P「引っ張るなって」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 01:35:36.15 ID:33uqkSwz0

P「お疲れ様でした」

「ありがとうございました」

P「いえ、こちらこそ。お気を付けて」

真美「お仕事終わりー! 兄ちゃん、どこかお昼行こうよ!」

P「ああ、いいぞ」

真美「やった→!」ギュウ

P「だ、だから抱きつくのはやめなさい」

真美「どうせ誰も見てないっしょ」

P「そう思って、もしどこかの記者にパパラッチされたらどうするんだ?」

真美「ま、真美的にはそれはそれで」

P「まてまて」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 01:41:13.33 ID:33uqkSwz0

真美「だって、真美と兄ちゃんが付き合ってるって思われるんでしょ?」

P「そうだ。そんなことになったら、ユニットのイメージも落ちるし」

P「事務所にだって迷惑が掛かる」

真美「でも……」

P「それに、俺みたいなおっさんがなんて、真美も嫌だろ?」

真美「そ、そんなことない!!」

P「えっ? ど、どうしたんだ真美」

真美「そんなことないもん!」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 01:46:52.26 ID:33uqkSwz0

P「あ、ありがとう、真美」

P「でもな、アイドルっていうのは……」

真美「そんなの関係ない! 真美は兄ちゃんが好きなの!」

P「お、おい……それって、あれだよな、プロデューサーとして慕って…」

真美「兄ちゃんのバカ!! そうじゃないの! 真美は、本気で兄ちゃんのこと……」

P「真美……」

真美「うぐっ……ひっく……」

P「と、とにかくここじゃマズい。車で話そう」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 01:51:02.40 ID:33uqkSwz0

真美「ううっ……っ……」

P「あのな真美、アイドルは恋愛にシビアで、恋愛禁止ってところも多い」

P「もちろん、俺としては絶対にダメってことはないが……同級生とかならともかく」

P「プロデューサーなんて世間から何を言われるか分からない」

P「だから真美……」

真美「そんなのが聞きたいんじゃないもん!」

真美「アイドルが恋しちゃいけないなんて、真美だって知ってるよ」

真美「真美は、兄ちゃんのホントの気持ちが知りたいの!!」

P「……分かった」

真美「兄ちゃん!?」ドキ

P「…すまない真美。俺は、おまえの気持ちには応えられない」

真美「っ……」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 01:55:11.98 ID:33uqkSwz0

P「……」

真美「他に……好きな人がいるの…?」

P「……ああ」

真美「それってひびきん? お姫ちん?」

P「そ、それは……」

真美「お姫ちんなの?」

P「うっ……」

真美「そっか……」

真美「ぅっ……うわぁああああん!」

俺は泣き続ける真美を事務所へ送った後、逃げるように響の元へ向かった。


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 02:00:24.03 ID:33uqkSwz0

P「はぁ……悪いことしちまったな」

P「これからどうすれば……」

響「あ、プロ……」

響「なにしに来たんだ、プロデューサー?」

P(う…こっちもこっちで大変そうだ……)

P「なにって、響の様子を見に来たに決まってるだろ」

響「今日は真美と一緒じゃなかったの?」

P「もう終わったよ。元々半日だったし、その後は響と貴音の様子を見に行くつもりだった」

響「こっちはもう終わりだから、プロデューサーはもう帰っていいぞ」

P「はぁ……なぁ響、俺なにか悪いことしたか?」

響「べ、別に……プロデューサーには関係ないぞ」

P「なら何でそんなに機嫌が悪いんだ?」

響「だから、悪くないし、悪かったとしてもどうでもいいでしょ!」

P「どうでもいいわけないだろ!」

響「どうでもいい! 自分のことなんて放っといて、貴音のところに行けばいいだろ!」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 02:05:34.06 ID:33uqkSwz0

P「そんなこと出来るわけないだろ! 響は俺にとって大事なアイドルなんだ」

P「困ってるなら力になりたい。だから、怒ってる理由くらい教えてくれ」

響「そ、それは……」

響「……」

響「自分、見たんだぞ……昨日帰った後、プロデューサーと貴音がデートしてるとこ」

P「えええ!?」

響「じ、自分だってプロデューサーのこと好きなのに!!」

響「貴音達に負けないようにしようって思ったのに……」

響「プロデューサーは貴音のことが好きで……自分なんて最初から…」

響「そう思ったら悲しくなって、自分が惨めで……わけわかんなくて」

響「いっそのことプロデューサーに冷たくして、嫌われた方が諦められるって……それで…」

響「なのに、なんでそんなに優しくするんだ!」

響「これじゃ、諦められないぞ……」

P「ひ、響? えっとだな、まず、あれはただ晩飯を食いに行っただけで」

響「え……?」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 02:10:21.88 ID:33uqkSwz0

P「別に俺と貴音が付き合ってるとか、そういうのは全くないから」

響「……」

P「……」

響「うぎゃー! 自分、なんかすごい恥ずかしいこと言った気がするぞ!!」

響「ぷ、ぷぷプロデューサーが好き…なんて//」

P「あ、あのな響」

響「も、もう言っちゃったなら、返事が聞きたいさー!////」

P「そ、それは……」

響「プロデューサーはプロデューサーだし、付き合えないのは分かってるさー」

響「でも、その、そういうのはなしで、純粋なプロデューサーの気持ちを……」

P「……」

響「……」ドキドキ


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 02:15:45.50 ID:33uqkSwz0

P「ごめん……」

響「ぷろ……でゅーさー…?」

P「響のことは好きだ、でも、響が望んでるような好きじゃない」

響「……」

P「ごめんな」

響「……そっか、ざ、残念だぞ。で、でも嫌われてはないなら…」

響「……やっぱり、貴音が好きなのか?」

P「……」

響「違うって、突っ込んで欲しかったぞ……」

その後、一言の会話もないまま事務所の前で別れ、俺は貴音を迎えに行った。


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 02:21:06.46 ID:33uqkSwz0

P「お疲れさま」

貴音「あなた様!!」ウルウル

P「た、貴音、どうしたんだ?」

貴音「それは私の台詞です。今日は様子を見に来れぬほど距離はございませんでしたのに……」

貴音「来てくださらないばかりか、電話すら…」

P「すまない、少し立て込んでて……」

P「仕事の方は?」

貴音「上手くいきました」

P「そうか、えらいぞ」

貴音「あなた様、そのような子供扱いは……」

P「ごめんごめん」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 02:26:40.08 ID:33uqkSwz0

貴音「……あなた様、浮かない顔をしていますが、何かあったのですか?」

P「え? いや、別に……」

貴音「私にも言えぬようなこと、なのですか?」

P「そう、だな……」

貴音「私はあなた様のお力になりたいのです」ギュ

貴音「どうか、話してはくださいませんか?」

P「……車で話そう」

貴音「はい」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 02:30:21.54 ID:33uqkSwz0

貴音「それで、あなた様……」

P(あいつらだって勇気を出して告白してきたんだ)

P(俺が貴音との関係をうやむやにしてたら、あいつらに合わせる顔がない)

P「貴音」

貴音「えっあ、あの///そのように見つめられては」カァ

P「貴音、好きだ」

貴音「あなた、様……このようなときに冗談など…」ドキドキ

P「冗談なんかじゃない! 俺は貴音が好きだ」

貴音「わ、私も……同じ気持ちです」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 02:35:19.19 ID:33uqkSwz0

P「そ、それじゃあ…」

貴音「あなた様、お慕い申しております…うっ…っ…」

貴音「これは……っぅぅ…嬉しいはずなのに、涙が…」

P「貴音、俺も嬉しい……ただ、ひとつだけ聞いてくれ」

貴音「っ…なんでしょう?」

P「……」

P「俺たちはアイドルとプロデューサーだ」

P「ユニットもこれからというときに、俺たちが付き合っていては、スキャンダルの種を自ら蒔くことになる」

貴音「そ、それは……どういう」

P「俺は貴音が好きだ。でも、付き合うことは出来ない……」

貴音「っ! そんな、好き同士が共にあってはならぬ道理など……」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 02:40:54.35 ID:33uqkSwz0

P「それはそうだが、他の2人も俺にとっては大切な存在だ」

P「俺たちの勝手であいつらをこれ以上傷つけたくない」

貴音「これ以上……?」

P「実は今日、真美と響に告白されたんだ」

貴音「え……」

P「もちろん断った。貴音が好きだからだ」

貴音「……」

P「しかし、そのせいであいつらを傷つけてしまった」

P「その上、このユニットやアイドル生命まで危険にさらすなんて、俺には出来ない」

貴音「ですが……私はもう、あなた様の気持ちを知ってしまいました」

貴音「この感情を押し殺すなど、私には出来ません」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 02:46:23.56 ID:33uqkSwz0

P「俺だってそうだ……だ、だから、こうしないか」

P「何年後か分からないけど、貴音達がアイドルを無事に引退したとき」

P「その、俺と、結婚してくれ」

貴音「っ!!?」

貴音「ま、真、いけずです」

貴音「こんな……どうして断ることができましょう」

P「貴音?」

貴音「その、よろしくお願いいたします////あなた様」

P「あ、ああ///」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 02:51:13.39 ID:33uqkSwz0

貴音「ですが、少しはいちゃいちゃしても……」

P「そ、そうだな。バレない程度には」

貴音「では、このくらいは問題ありませんね」ギュ

P「さ、さすがに腕組みは……ていうかほら、これから運転するし」

貴音「いけずです……」

P「えっと、ホントに人目がないときな」

貴音「はいっ!」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 02:56:22.39 ID:33uqkSwz0

P「た、ただいま戻りましたー」ソーッ

律子「プロデューサー殿!!」

P「は、はい!!」ビク

律子「真美と響、帰ってからずっと泣きっぱなしなんですけど、どういうことですか!?」

P「そ、それはですね……」

律子「事情を聞いても話してくれないし、プロデューサー、プロデューサーってうわごとみたいに…」

小鳥「それってなんか失恋したみたいですねぇ」

P「……」

律子「……」

小鳥「ぴよ……?」

律子「プロデューサー!!! ま、まさかアイドルに手を出して……」

小鳥「ってことは本命は貴音ちゃん!?」

P「ちょ、ちょっと落ち着いて……」

律子「言い訳は無用ですよ!」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 02:59:22.16 ID:33uqkSwz0

貴音「律子、小鳥嬢、私達はそのような関係ではないですよ」

律子「え!?」

小鳥「ピっ!?」

真美「っ!」ピク

響「!」ドキ

律子「で、でも!」

P「ほら、貴音もこう言ってるし……」

真美「ねぇねぇ、これって真美達にもまだチャンスあるのかな」ヒソヒソ

響「自分、もう自信ないぞ……」ヒソヒソ

真美「へぇ~なら、真美だけでお姫ちんから兄ちゃんを奪っちゃおうかな」

響「そ、そんなのずるいぞ」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/13(土) 03:01:17.93 ID:33uqkSwz0

真美「んっふっふ→早い者勝ちだもんね!」

真美「兄ちゃんー!!」ギュ

響「あ! 真美! ぷ、プロデューサー!!」ダキ

貴音「……」ギュウゥ

P「え!? あ、あの皆さん…?」

律子「……」ゴゴゴゴ

P「ひぃっ!」

おわり





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿