TOP > アイドルマスター > 響「あー……つー……いー……ぞぉぉぉ゛ぉ゛ぉ゛」

響「あー……つー……いー……ぞぉぉぉ゛ぉ゛ぉ゛」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 20:05:44.14 ID:DZ4Rv+dE0

P「なんだ響。扇風機の前にはりついて」

響「うぅ……うがー!プロデューサーは暑くないのか!?」

P「いやぁそりゃ暑いけど、これからまだまだ暑くなるからなー音なんて上げられん」

響「沖縄にいたときはちょっと歩けばすぐ海なのに…・・・」

P「ははっ、まぁ我慢してくれよ」

響「あぁ……もぅ……身体中べたべただぞ」

P「ほう」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 20:16:22.07 ID:DZ4Rv+dE0

P「脱げばいい」

響「へ?」

P「上着を脱げばいい」

響「んな、なに言ってるんだ変態プロデューサー!」

P「脱いだら涼しい」

響「だって自分いま、これ一枚しか着てないし…」

P「下着が、ブラがあるじゃないライトブルーの」

響「へ、変態!」

P「俺はパンツだけでも恥ずかしくない!」

響「プロデューサーと一緒にしないでほしいぞ!」

P「幸い事務所には誰もいないな。ほうら脱いでもなんくるない」

響「じ、じゃぁ、脱いじゃおっかな……ってなるわけないだろー!」ウガー!!

P「だめかー」

響「だめだぞ」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 20:23:12.64 ID:DZ4Rv+dE0

響「んもぅ……プロデューサーと喋ってたらもっと暑くなってきたじゃないか」

響「べたべたして気持ち悪いぞ……」

P「シャワー浴びればいい」

響「ん、そうだな、ちょっと汗流してくるね」

P「おう、いってこい」

響「あっ……覗いちゃだめだからなっ!」


バタン


P「……さて」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 20:34:10.37 ID:DZ4Rv+dE0

シャワーシャワージャージャー

響「あぁ……生き返るぞっ……」

響「ふふーん♪すすめ~負けない~…♪」シャワシャワ


ガチャッ

P「鍵をかけないなんて響は甘いなぁ」

P「えーっと……やはりライトブルーか」ゴソゴソ

P「よし。本命の風呂場だ」

P「……ん?……あれっ……?おい」グッグッ

ワタシシャーニスマーイ

P「そうか――これが――」



  鍵か



P「だめかー」

響「だめだぞ」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 20:43:52.29 ID:DZ4Rv+dE0

響「んんー!気持ち良かったぞ!」ノビー

P「それはよかったな……」

響「……どうしたんだプロデューサー」

P「見れなかった……」

響「なにがさー?」

P「響の身体だ!!」

響「うぎゃっ!?何言いだすんだ!どうしようもない変態だぞ!通報してやるさー!」

P「なにぃ!おかしいか?響の裸を見たいって思うのはおかしいのか!?」

響「お、おかしいに決まってるぞ!」

P「俺はな……響が好きだ。大好きだ」

響「す、すす、好きっ!?それホントかプロデューサー!?」

P「ああ。愛してる」

響「うぅ……」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 20:54:31.18 ID:DZ4Rv+dE0

P「なぁ響。好きな子の裸を見たいってそんなにおかしいことかな」

響「ぅ……そ、それは……おか、しく……ないかも……」

P「わかってくれたか」

響「うん……ごめんねプロデューサー。自分が悪かったぞ」

P「響はかわいいなぁ」ナデナデ

響「ふみゅ……か、かわ……」テレテレ

P「それじゃ、脱ごうか」

響「わ、わかったぞっ!」ヌギヌギ

P「!?」

響「ぷふっだぞ!さっきお風呂から上がるとき、もう一枚重ね着したさー!」ドウダー

P「だめかー」

響「だめだぞ」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 21:05:41.42 ID:DZ4Rv+dE0

響「うぐぐ……やっぱり暑いぞ……」

響「ほぁっ……そうだ、プロデューサー!アイス買いにいこうよ!」

P「お、いいな。行こう行こう」


ラーッシャッセー


響「……ん?ぷ、ぷぷ、プロデューサー!ねぇねぇ!こっち!こっちだぞ!!」フンフン

P「どうした?そんな慌てて」

響「これだぞ!これ!ガリ○リ君、シークヮーサー味だって!!自分これに決めたぞー!」ワイワイ

P「(あんなにポニテ揺らして……あぁもう可愛いなぁ)」

響「早く買って帰ろうよー!自分、待ちきれないぞ」

P「はいはい」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 21:15:21.68 ID:DZ4Rv+dE0

響「……ん……んぐ……」ペロペロ

P「うむっ!なかなか美味しいな」シャリシャリ

響「……ぷはっ……うん!自分これ気に入ったさー!」

ポトッ

響「ひゃ…っ!あぅ、胸元にちょっと垂れちゃったぞ」

P「!?」

響「なんか、変な事考えてるでしょ……」ジー

P「あぁ、もちろん」

響「んもぅ……」

P「舐めればいい」

響「自分、呆れたぞ……」

P「俺がその垂れたアイスと共に響の胸まで舐めればいい」

響「うぎゃぁぁやっぱり変態だー!!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 21:26:40.59 ID:DZ4Rv+dE0

P「響!好きだ!愛してる!」

響「い、今それを言うのはずるいぞ……うぅ」

P「だめか?」

響「だめ……っ!じゃ、ない……いやだめ、絶対だめだぞ!自分にはまだそういうの早いっていうか……だから……その」

P「そうか……そうだよな」

響「で、でも……」

響「拭くときにこのシャツは邪魔だし、ぬ、脱いじゃえばいいよねっ!」

P「!?」

響「た、他意はないんだぞ!」

P「ああ。俺、あっち向いてるから」

響「それでも、プロデューサーが見たいって思うなら……か、勝手にすればいいさー……」ヌギヌギ

P「じゃあ見る」

響「変態!!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 21:36:38.57 ID:DZ4Rv+dE0

P「見事なおっぱいでした」

響「い、言うなー!」ウガー

P「なにをっ!その身長でその大きさ、誇っていいんだぞ」

響「そうなのか?」

P「ああ、ちっちゃくて可愛いし巨乳だし可愛いし、響は言うことなしだよ」

響「む…っ!自分、ちっちゃくないぞ」ムム

P「事務所でお前より小さいのはやよいだけなんだが」

響「うっでも……ちっちゃく、ないもん」

P「それじゃあここまで届くかな?」ビシ

響「そんなの余裕さー!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 21:47:26.78 ID:DZ4Rv+dE0

P「はい、ターッチ」

響「くっ……このっ!……」ピョンピョン

P「あっれ~?余裕なんだろ~?」

響「うぅ……もうちょっと!……」ピョンピョン

P「(ジャンプするたび揺れるんだよなぁ……ひびきっぱいがタユンタユンって)」

響「……うがぁぁーっ!」パシーン

P「おっ」

響「やったぞー!届いたぞ!ふふ~ん、ちゃんと見てたか?プロデューサー!」

P「(なんか…もう)」

響「ちょっとプロデューサー聞いてるのかー?」

P「……抱きしめていいか?」

響「うぇっ!?」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 21:58:34.90 ID:DZ4Rv+dE0

響「だ、だめ」

P「(我慢ならん!)」ダキ

響「あぅ……」

P「(あぁ……甘い香り……頭がおかしくなりそうだ)」

響「あっ…ぷ、プロデューサー!自分、ジャンプしてたから、そのまた汗が……」

P「気にするな。むしろそっちの方が興奮する」

響「……へんたい……」

P「変態は嫌か?」

響「あたりまえだぞ!」

P「抱きしめられるのは?」

響「そ、それは……嫌じゃない、ぞ」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 22:04:48.31 ID:DZ4Rv+dE0

ガチャッ


春香「おはようございまーす!」

P「おはよう春香」

響「おはようさー!」

春香「今日も暑いですねー薄着でも汗かいちゃいますよ」

P「脱げばいい」

響「!」

春香「えぇっ!?何言ってるんですか!もう!」


P「だめかー」

響「だめだぞ!!」





おしり





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿