TOP > アイドルマスター > 真美「ヒマ」

真美「ヒマ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 01:02:40.93 ID:uBOGc/s60

真美「ヒーマー!ちょ→ヒマだYO!」

真美「ヒマすぎて真美、怪獣ヒマドンになっちゃうよー」

千早「……」イライラ


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 01:05:37.16 ID:uBOGc/s60

千早「真美、もう少し静かにできないのかしら?」

真美「えぇー、でも真美ヒマだよー!」

千早「あなた、人の話を聞いてるかしら?」

真美「聞いてるよー!真美が静かにできないかって…」

真美「わかった…静かにしてるよ…ごめんね千早お姉ちゃん」

千早「いいえ、わかればいいのよ」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 01:09:34.04 ID:uBOGc/s60

真美「……」ドシンドシン

真美「……」ズンドコズンドコ

千早「真美ッ!」

真美「何!?真美静かにしてたっしょ!?」

千早「行動がうるさいのよ!音たてないようにできないの!?」

真美「気をつけてみる」

千早「真美も楽譜に目通しておけばいいじゃない」

真美「そうしよっかなー」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 01:13:03.80 ID:uBOGc/s60

真美「ねぇねぇ千早お姉ちゃん」

千早「何?」キッ

真美「怖いよその顔~!これ、この記号なんて読むの?」

千早「『フラット』よ、半音下げるの。よく今まで歌歌ってこれたわね」

真美「ねぇねぇ千早お姉ちゃん」

千早「何?」

真美「千早お姉ちゃんも『フラット』だよね」

千早「あ?」

真美「ごめんなさい」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 01:15:17.09 ID:uBOGc/s60

真美「ねぇねぇ千早お姉ちゃん」

千早「しつこい」

真美「ヒドッ!真美お腹空いたよ~」

千早「もうお昼時だし…そういえば私も…」

真美「あのさ!一緒に食べに行かない?」

千早「……別に…構わないわ」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 01:19:25.11 ID:uBOGc/s60

千早「そういえば今日は、亜美はどうしたの?」

真美「亜美は朝早くからお仕事ー。夕方まで帰んないからちょ→寂しいんだ」

真美「昨日、亜美が『明日朝早い』って言ったから今朝真美が起こしてあげたんだ」

真美「亜美ったら真美が起こさないと起きれないんだもん」

真美「ま、妹思いの真美も疲れてしまうんですよ」

千早「そう……」

真美「あ……ごめん……」

千早「別に…」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 01:23:51.05 ID:uBOGc/s60

千早「お昼、何がいいかしら」

真美「う~ん、千早お姉ちゃんの好きな物でもいいけど…」

千早「私は別に…」

真美「えー、でも…千早お姉ちゃんって何が好きなのか知んないし」

千早「ところで真美の好きな食べ物は何?」

真美「えとねー、真美はナポリタンが好き!」

千早「奇遇ね、私もナポリタンが好きだわ」

真美「えーホント!?じゃ、ナポリタン食べに行こっ!」

千早「(うまくいったわね…)」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 01:28:37.08 ID:uBOGc/s60

ーナポリタンの美味しいお店ー

真美「ここのパスタはみんな美味しいんだよ!特にナポリタンは天下一品で」

真美「休みの日はたま~にかz……」

真美「なんでもない……」

千早「気にすることはないわ…」

千早「それに食事前なんだから、悲しい顔しないの」

千早「折角のナポリタンが美味しくなくなるわよ」

真美「そ、そうだよね!ごめんね!」

千早「(真美、高槻さんに次いで可愛いかも)」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 01:32:33.51 ID:uBOGc/s60

真美「うーん、美味しい!」ズビズバー

千早「ちょ、ちょっと真美!パスタの食べ方知らないの!?」

真美「え、知ってる。フォークで巻くんでしょ?」

千早「じゃあやれよ!」

真美「まぁまぁ、そんなに怒んないでよ」

真美「折角のナポリタンが美味しくなくなっちゃう」

千早「とにかく、その食べ方はやめなさい」

真美「うん、漫画のマネしたらいけないって分かった」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 01:35:25.85 ID:uBOGc/s60

真美「ふー、満腹満腹!」

千早「さあ帰りましょうか」

真美「えー、折角こうやって外に出たんだし、どっか遊びに行こうよー」

千早「ダメよ、事務所のカギ閉めて来たもの」

真美「えー……ってあれ?やよいっち……?」

千早「どこっ!?どこどこっ???」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 01:40:10.18 ID:uBOGc/s60

真美「あ!やっぱりそうだ!おーい、やよいっちーー!」

千早「ハァハァ」

やよい「あれ?真美?千早さん?どうしたの?」

真美「今千早お姉ちゃんとお昼食べ終わったとこ」

真美「これからどっか遊びに行こうと思うんだけど、やよいっちも来ない?」

やよい「うーん…これから予定は何もないけど…」

真美「やよいっちが行くって言わないと千早お姉ちゃんきっと来ないから…」ボソボソ

やよい「そうなのかなぁ?」ボソボソ


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 01:43:09.40 ID:uBOGc/s60

やよい「う、うん!丁度このあと予定なかったから…」

真美「だって千早お姉ちゃん」

千早「もちろん行くわ!」

真美「事務所のカギは?」

千早「そんなのどうにでもなるわ。それよりどこ行きましょうか?」

やよい「(大丈夫かなぁ…この二人)」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 01:47:38.74 ID:uBOGc/s60

ーカラオケー

真美「真美カラオケ来たの久々だよー」

やよい「私は前に伊織ちゃんに連れていってもらったから2回目です!」

千早「私はこの前春香たちと来たわね」

千早「それで、誰から歌う?」

真美「お好きにどーぞ」

千早「じゃ、じゃあ高槻さんと一緒に歌ってもいいかしら!?」ハァハァ

千早「ね?高槻さん、いいでしょう!?ね!?」ハァハァ

やよい「は、はい!一緒に歌いましょう…!(この人怖いよぉ…)」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 01:51:32.89 ID:uBOGc/s60

千早「さ あ いっ ぱい たべ よう よ」

やよい「早起っきでっきたご褒っ美っ♪」

ーーーーーーーーー

やよい「キラメキラリ♪ずっとチュッとー♪」

千早「チュチュ♪」

ーーーーーーーーーーーー

真美「さぁ~こ~こ~か~らっほっしっへ~(何この疎外感)」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 01:55:35.28 ID:uBOGc/s60

店員「ありがとうございましたー」

やよい「すいません千早さん…お金払ってもらっちゃって…」

千早「いいのよ別に。こんなことで高槻さんが釣れるだなんて思ってないから」

真美「あ、えっと…次どこ行く?」

やよい「ごめんなさい…私もう帰んないと…夕飯の支度が…」

千早「というわけよ、真美!私達も帰りましょうか」

真美「ええぇ!なにそれー」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 02:01:30.32 ID:uBOGc/s60

やよい「それじゃあ、私帰りますね!今日はありがとうございました!」

千早「いいのよ、ふふっ」

やよい「千早さんにはどうやってお礼したらいいか…」

千早「そんなに気を遣わなくていいのよ高槻さん」

やよい「でも…どうしてもお礼が…」

千早「じゃあ今度高槻さんのお宅で夕飯をごちそうになってもいいかしら?」

やよい「は、はい!そういうことなら!腕にヨリをかけて作っちゃいますよー!」

真美「あ、ズルい!真美も真美も!」

千早「真美は関係な…

やよい「うん!真美も一緒においでよ!」

千早「まったくしょうがないわね…」

真美「……(コイツっ!)」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 02:07:00.75 ID:uBOGc/s60

やよい「さようならー」

真美「バイバーイ」

千早「また明日会いましょう」

ーーーーーーーーーーー

真美「千早お姉ちゃぁん…」

千早「真美ィィィ……」

真美「何さ!あの態度!やよいっちアマアマすぎるっしょ!」

千早「違いますー!高槻さんはとても苦労してるからちょっと優しくしてるだけですー」

真美「あれがちょっととかイカれてるよ!」

千早「真美こそ、私のxx計画を邪魔したじゃない!」

真美「なっ!自分の行動を批判されて更に八つ当たりとかお子様すぎるっしょ!」

千早「お子様は真美の方でしょ!」

真美「(ダメだコイツ…早くなんとかしないと)」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 02:10:52.27 ID:uBOGc/s60

ピローン

真美「あ、亜美からメール」

真美「ほうほう……」

真美「よし!千早お姉ちゃん!勝負しよう!負けた方がお子様ってことで」

千早「のぞむところよ!それで、何の勝負?」

真美「亜美お仕事終わって、そのままいおりんとあるところに居るみたいだから」

真美「そこで勝負しようじゃないか」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 02:15:38.70 ID:uBOGc/s60

ー銭湯ー

カポーン

真美「え゙え゙~い、いい湯じゃのう」

伊織「ジジくさい声出してんじゃないわよ!」

亜美「いおりんのツッコミは相変わらず冷たいですなぁ」

真美「でも、お湯に浸かれば…」

亜美真美「一瞬であったまるぅぅ゙ー♪」

伊織「なんなのよアンタら…ちょっと千早も何か言ってよ。私一人じゃ追い付かないわ」

千早「ゔうーい゙」

伊織「アンタもかい!」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 02:21:56.95 ID:uBOGc/s60

真美「さて、温まったところで千早お姉ちゃん!勝負と行きましょうか」

伊織「何よ、勝負って」

亜美「お風呂で勝負っていったら…やっぱサウナ?」

真美「チッチッチッ、それがサウナなどという使い古された場所は使わんのだよ」

亜美「え?じゃあ…」

千早「水風呂よ」

亜美「ああ!なるほどー」

真美「というわけで、勝負するよ千早お姉ちゃん!」

千早「ええ!望むところよ!」

亜美「亜美も混ざっていい?」

真美「どーぞご自由に!あがったり『冷たい』とか言ったら負けだかんね!」

伊織「(水風呂も使い古された勝負処だと思うけど…)」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 02:26:27.91 ID:uBOGc/s60

チャプン

千早「つめっ……!伸びてきたわね、後で切らなきゃ」

亜美真美「チッ」

千早「危なかったわ…」

伊織「それより…」

伊織「アンタたち、くっついてるのは反則じゃない?」

亜美真美「ノー、そんなルールありませーん」

伊織「いいから離れなさい」

真美「ひぇー」

亜美「ってか何でいおりんもちゃっかり参加してんのさ!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 02:32:31.03 ID:uBOGc/s60

千早「提案なのだけど」

千早「このままずっと入っててもそのうち感覚が麻痺して、飽きるまで誰も出なくなるわ」

千早「だから連想ゲームをしましょう」

真美「ほほう」

伊織「相手をハメて負かすってわけね、いいんじゃない?」

千早「そう、相手に『冷たい』と言わせれば勝つことができるわ…つまり…

亜美「あのー千早お姉ちゃん?」

千早「何?まだ解説の途中よ。人の話は最後まで聞k

真美「そうじゃなくて…」

千早「だから解説を最後まで」

伊織「その解説でアンタが負けたのよ」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 02:38:08.09 ID:uBOGc/s60

【千早 脱落】

千早「こ、こんなの何かの間違いよ!やり直し!イッショーーラス!イッショーラスパジャールスタ!」

真美「はいはい、真美たちの対決はまた別なのにしようねー」

亜美「真美やっさしー!」

真美「まあね!いおりんみたいな冷たい人と比べれば……ハッ!」

【真美 脱落】

伊織「まったく、誰がクールだって?」

真美「ごめん…あとクールって何かちがくない?」

伊織「はいはい、私は冷たいわね。私の負けでいいわよ」

【伊織 脱落】


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 02:40:56.81 ID:uBOGc/s60

[勝者]:亜美

亜美「あれ?亜美勝っちゃったの?」

亜美「ま、いいや!勝ちは勝ちだもんね!命令に従ってもらうよ!」

真美「命令?」

亜美「勝ったんだから、当然っしょ!」

真美「亜美、これそういうゲームとちゃう」

亜美「んなー!」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 02:46:08.12 ID:uBOGc/s60

伊織「亜美、そろそろ出ましょう」

亜美「あ、そっかー。あずさお姉ちゃんと合流しなきゃね」

亜美「そういうわけだから、亜美たち行くねー」

伊織「なかなか楽しい休憩だったわ。勝敗ちゃんとつけときなさいよ」

真美「いえっさー!じゃね亜美!お仕事頑張って!」

千早「行ってらっしゃい」

ーーーーーーーーーーーー

真美「さて、どうしよっかー勝負」

千早「どうしましょうね。とりあえずお風呂あがりましょう」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 02:54:23.29 ID:uBOGc/s60

真美「お風呂は絶好の決闘場だと思ったんだけどなー」

真美「お風呂出たのはいいけど、どうする気?勝負は?」

千早「一旦事務所に戻りましょうか。あ、そうだわ」

千早「事務所内に何人戻って来てるか、これで勝負しましょう」

千早「私は…そうね…4人かしら」

真美「事務所内に…かぁ…真美、誰も戻って来てないと思う」

千早「もう何時間も経ってるのよ?本当にいいのかしら?後悔してもしらないわよ!」

真美「うん、事務所内なら…うん…」

千早「決定ね!取り消しはナシよ!」

真美「おっけー。ところでちゃんとカギ持ってる?」

千早「もちろん持ってるわ。ほら、この鞄の中に……ハッ!」

千早「誰かがスペアのカギを持ってるかもしれないわ!ま、まだ希望はある!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 02:59:29.15 ID:uBOGc/s60

ー事務所前ー

春香「あ、ち千早ちゃああん、事務所のカギ持ってる!?」

真「もう寒くて、凍え死にそうだよ!」

雪歩「私は、真ちゃんと抱き合ってたから…寒くなかったけど…」

小鳥「濃厚なゆきまこいただきました」

千早「そ、そんな!」

真美「もうこれ真美の勝ちでいいよね?」

千早「で、でも4人よ!開いてたら4人!引き分けじゃない!?」

真美「えー…とりあえずカギ開けてあげなよ」

春香「はやくぅーー!」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 03:06:00.92 ID:uBOGc/s60

真美「千早お姉ちゃん自分で事務所“内”って言ったじゃん!明らかに真美の勝ちっしょ!」

千早「で、でも4人だったじゃない!開いてたら私の勝ちじゃない!」

真美「“開いてたら”の話ね。実際開いてなかったじゃん!」

千早「あああもう!大体なんで小鳥さんがスペアのカギ持ってないんですか!?」

小鳥「ピヨォ!?とんでもない八つ当たり!?」

雪歩「あの、大体の話は分かったんだけど…」

雪歩「事務所が開いてたら、5人だったよ…?」

真「うん、実は貴音が…

貴音『なんと!事務所が開いていないのですか!では私は出掛けて参ります』

って……」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 03:12:00.63 ID:uBOGc/s60

真美「真美の勝ち確定じゃん」

千早「そんな!認めないわ!」

真美「そうやって自分の敗けを認めないのもお子様だよね」

千早「もう私がお子様でも構わないわ!とにかく真美に何かで勝つまでやるわ!」

真美「えぇー…しょうがないなぁ…次は何で勝負するの?」

千早「春香の手提げ鞄を見て。あそこに何か入ってるわ」

真美「まぁ、はるるんのことだから、お菓子とかだろうね」

千早「そうね、それじゃあそのお菓子は何か!それを当てる勝負よ!」

春香「あ、これ?ドーナツだよ!千早ちゃん、そんなに気になってたの?仕方ないなぁ♪ふふっ」

千早「………」

真美「………」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 03:15:42.04 ID:uBOGc/s60

真美「へー、そうだったんだ。はるるんってそんなに空気読めない人だったんだ」

千早「幻滅だわ…」

春香「えっ?なに?私なんか悪いことした!?」

真「うん…傍観者の僕らからみても…」

小鳥「あれは流石にないわぁ…」

雪歩「最低ですぅ」

春香「えっ!なに?みんなして、私をそんな目で見て!」

春香「うわあああぁぁぁぁぁぁん!!」ダッ


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 03:22:10.46 ID:uBOGc/s60

ドンガラガッシャーン

千早「さて、どうしましょうか」

真美「ねぇ、なんか面白い勝負ない?」

雪歩「私の淹れてるお茶の銘柄を…」

千早「却下、わかるわけないじゃない」

真「ボクが毎朝走ってるマラソンコースを」

真美「途中で二人とも倒れるに決まってんじゃん!」

小鳥「それじゃあ」

真美千早「却下」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 03:26:41.80 ID:uBOGc/s60

ヒドイですぅ……
フツウだとオモウケドなぁ…
マダナニモイッテナイノニ…

真美「困ったね」

千早「そうね、どうしましょうか」

真美「もう終わりにしない?」

千早「しないわ…私が勝つまでは」

貴音「話は聞かせていただきました」

千早「!?」

真美「おお姫ちん!?いつの間に!?」

貴音「先程から話を聞いていました」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 03:32:09.33 ID:uBOGc/s60

貴音「どうやら二人は何らかの理由で争っているようですね」

貴音「しかし争いの基準となるものが見当たらない」

貴音「本来なら争い事はよいものではないのですが、二人の為に力を貸しましょう」

真美「ホント!?何すればいいの!?」

貴音「わんこそば…」

千早「あっ…」

貴音「わんこそばを何杯食べられるかで競うのです!」

真美「面白そーだけど…食べ物系はちょっと…」

千早「やりましょう」

真美「やっぱり」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 03:36:16.26 ID:uBOGc/s60

千早「戦わずに逃げるのかしら?真美」

真美「でももう真美勝ってるし…あとは勝手にしてくださいって感じで…」

千早「冷めてるわね…真美…」

真美「真美もう疲れたんだよー」

千早「たくさん食べて疲れを癒しましょう?」ニコッ

真美「もうやだこの人」

真美「ま、いっか!やるからには負けないかんね!」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 03:39:52.28 ID:uBOGc/s60

ーそば屋ー

貴音「このお店では“わんこそばれぇす”なるものがあるのです」

千早「なるほど、フードファイター達の為のシステムね」

真美「(そうなのかなぁ?)こういう勝負のときにもうってつけだね!」

千早「すいません、“わんこそばレース”お願いします!」

真美「真美も!」

そば屋「へい!」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 03:44:58.98 ID:uBOGc/s60

※食事のシーンはとてもお見せできないものとなっておりますので、ご想像にお任せします

そば屋「こっちのお嬢ちゃんが72杯。そっちのお嬢ちゃんが78杯」

真美「ま、また真美の勝ちだね…」

千早「くっ…」

貴音「おや?二人はもうぎぶあっぷですか?」ズゾゾーズゾー

そば屋「おっ!銀髪のお嬢ちゃんはすげぇなぁ!もう250杯越しちまったぁ!」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 03:49:04.92 ID:uBOGc/s60

千早「食べ物系は…やっぱりダメ…ね…」

真美「最初に…そう言った…じゃん」

貴音「二人共、よく頑張っていましたよ」

そば屋「うへぇあ!もう300いったかぁ!」

ーーーーーーーーーーーー

真美「事務所まで……きょーそー……」

千早「あ…待ちなさ…真美……脇腹が…痛いわ…」

ーーーーーーーーーーー


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 03:54:28.55 ID:uBOGc/s60

ー事務所ー

真美「ただいまぁ」

千早「はあ…はあ…やっと着いたわ」

響「おかえりー!」

真美「あれ?ひびきんだけ?」

響「そうだぞ!そういえば真たちから聞いたんだけど、二人は今勝負してるんでしょ?」

響「それだったら丁度いいものがあるぞ!」

響「じゃじゃーん!サーターアンダギーだぞ!」

響「これを10個ずつ渡すから、先に食べ終わった方が…って二人とも?どうしたの?そんな怖い顔して…」

真美千早「ふざけないでっ!」

響「えっ!な、何!?自分なんか悪いこと…ご、ごめん!」

響「う、うわあああああぁぁぁぁぁぁん!!」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 04:02:37.73 ID:uBOGc/s60

真美「もうすっかり暗くなっちゃった」

真美「亜美が帰ってくるまで帰れないし…」

真美「再びヒマ!」

千早「また何かで勝負する?」

真美「う~ん…それはもういいかな」

千早「じゃあどうするのよ」

千早「そういえば、水瀬さんに勝敗つけとくように言われてたわね」

真美「真美の勝ちでいいっしょ?」

千早「竜宮の仕事は?」

真美「聞いてないし、もう終わったハズだよ。みんな一回事務所に戻ってくるって」

千早「それよ!」

真美「へ?」

千早「あずささんを迎えに行きましょう。それが次の勝負よ」

真美「うん、いいけど…それでいいの?」

千早「決定ね!じゃあ、今からスタートで」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 04:06:59.30 ID:uBOGc/s60

数分後

真美「竜宮の仕事内容とか、集合解散場所まで知ってる真美に勝てるわけないじゃん」

千早「ふ、不公平よ!」

真美「千早お姉ちゃんが決めたんじゃん!」

あずさ「よしよし、千早ちゃんは勝てなくて悔しいのよね~」

千早「敵に同情だなんて、よしてください!」

真美「(敵?)」

あずさ「私は千早ちゃんの味方よ~♪」

千早「くっ…」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 04:13:26.27 ID:uBOGc/s60

律子「それにしても千早…あなた真美と勝負して本当に何一つとして勝ててないのね」

千早「カラオケの点数では勝ったわ!」

真美「あれは別に勝負してなかったし」

律子「はいはい。真美、あなたもそろそろ終わらせたいでしょ?」

真美「うん、さすがにつかれた」

亜美「亜美も早く帰りたーい」

律子「多少千早に有利な勝負かもしれないけど…」

律子「政治のことで討論してもらいます」

律子「私を納得させた方が勝ち」

真美「真美たちに政治なんてわかるわけないじゃーん」

律子「つべこべ言わない。お題は…『日本の技術の海外輸出』についてでどう?」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 04:16:32.17 ID:uBOGc/s60

千早「日本の素晴らしい技術をもっと海外で…」

千早「また海外の技術も…」

律子「(うんうん、これなら千早も納得いく勝利になるでしょうね)」

真美「あ、そういえばー真美たちのパパが言ってたんだけど」

律子「…?」

真美「日本の医療技術が…」

律子「(しまった!)」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 04:20:56.03 ID:uBOGc/s60

ーーーーーーーーー

律子「えー…勝者は真美、とても納得のいく意見でした」

千早「悔しいけど私も納得しました」

真美「あれー…?じゃあどうすんの?まだ続ける?」

亜美「えー、もう帰ろうよー」

律子「千早、もう諦めなさい!」

千早「ま、まだ!真美、ソファーで美希が寝てるわ」

千早「美希を起こした方が勝ちよ!」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 04:23:24.53 ID:uBOGc/s60

千早「ねぇ、いいでしょう!?律子!」

律子「どっちにしろ事務所閉めなきゃいけないし…よしとするわ…」

真美「しょうがないなぁ…」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 04:28:17.20 ID:uBOGc/s60

千早「美希…起きなさい…美希…」

美希「Zzz……」

真美「ミキミキー、起きなよー」

美希「Zzz……」

千早「美希!仕事に遅れるわ!早く起きて!」

美希「Zzz……」

律子「あれ?真美は?」

亜美「コンビニ行ったよ…もう真美の勝ち確っしょ」

千早「ま、まだよ!」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 04:31:11.92 ID:uBOGc/s60

真美「ただいまー、ミキミキー、おにぎりだよー」

美希「Zz…」ピクッ

真美「おっ!やったか!?」

美希「Zzz……」

真美「何でぇ…?」

千早「甘いわね!美希はコンビニのおにぎりはほとんど食べないわ!」

真美「そ、そんな!」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 04:37:04.41 ID:uBOGc/s60

千早「そして私は、おにぎりを握ってきたわ。自分の手で!」

千早「さぁ起きなさい美希!おにぎりよ!」

美希「Zzz……」

千早「そ、そんな!どうして!?ご飯だってホカホカなのに…!」

律子「もう9時半になるわ。美希なら私が起こしておくから、三人とももう帰りなさい」

亜美「やっと帰れる!真美ー!帰ったら冷蔵庫に入ってるゼリー食べよー!」

真美「それだ!」

亜美「へ?」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 04:43:26.55 ID:uBOGc/s60

ーーーーーーーーー

真美「ミッキミキー!イチゴババロア買ってきたよー!」

美希「なの!」ガバッ

真美「はい、ババロア」

美希「ありがとなの真美!気が利くの!」

律子「美希、疲れてるとはいえ事務所で寝ないの!もうすぐ閉めるんだから」

美希「ごめんなさいなの…」

亜美「真美、どういうことなの?」

真美「いや~単純に、この時間帯ならデザートが食べたいかなーって思っただけで…」

真美「ただの思い込みなんだけどさ」

亜美「あー、なるほど。確かにこの時間にラーメンは食べたくないもんね」

真美「食べてい人だっているだろうけどね」

美希「ん~、美味しいのー♪」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 04:46:35.21 ID:uBOGc/s60

律子「勝敗も着いたことだし、解散。まっすぐ帰りなさいよー」

真美「というわけで千早お姉ちゃん、真美の勝ちってことで…」

千早「諦めないわ…」

真美「え?」

律子「ちょっと千早!」

千早「明日、明日決着を…明日こそ勝ってみせるわ…それじゃあ…」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 04:49:41.83 ID:uBOGc/s60

翌日

P「おはようございまーす」

真美「おっはよ→兄ちゃーん!」

千早「おはようございますプロデューサー」

P「おう、おはよう」

千早「プロデューサーに聞きたいことが…」

P「ん?なんだ?」

千早「私と真美、どっちが勝ってると思いますか?」

P「はぁ…」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 04:52:00.81 ID:uBOGc/s60

P「よくわからんが…千早で」

千早「ほ、本当ですか!」パアァァ

P「お、おう…」

P「これでよかったのか真美?」ボソボソ

真美「うん、バッチリ」ボソボソ

千早「勝った!私は勝ったのよ!」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 04:54:32.57 ID:uBOGc/s60

数時間前

千早「さあ真美、今日こそ決着を着けましょう!」

真美「え、真美もうイヤ。そんなに決めたいなら兄ちゃんに聞けば?」

千早「分かったわ、そうしましょう」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 05:00:00.21 ID:uBOGc/s60

更に前

~♪

P「電話?誰だ朝っぱらから…真美?何のようだ?」

P「もしもし、俺だけど?」

真美『あ、兄ちゃん!今日千早お姉ちゃんに何か聞かれるかもしれないから!』

P「はぁ?」

真美『その時は、千早お姉ちゃんに都合の良さそうな方に答えてあげて!』

P「何の話だ?」

真美『実は真美と千早お姉ちゃん、昨日から勝負してて…』

真美『千早お姉ちゃんが勝つまで終われないから…』

P「なるほど。わかった。まかせろ」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 05:03:59.60 ID:uBOGc/s60

ーーーーーーーーーーーーー

真美「あーあ、またヒマになっちゃったなぁ…」

千早「真美、それなら今日も一緒に出掛けましょう!」

真美「お仕事は!?」

千早「無いわ!そんなことより、また新しい勝負ができるかもしれないわ!」


ーまったく、千早お姉ちゃんはまだまだお子様ですなぁ
 今日も大人な真美が付き合ってあげますか!ー


おわり


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 05:06:38.54 ID:uBOGc/s60

本当はもっと大人でしっかりものの千早が書きたかった。

書いてるうちに千早がだんだんお子様になってくもんだから、最後まで負けっぱなしの千早になってしまった。
反省はしている。後悔はしていない。



引用元:真美「ヒマ」


『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿