TOP > アイドルマスター > 春香「プロデューサーさん!好きです!付き合ってください!」

春香「プロデューサーさん!好きです!付き合ってください!」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 12:19:16.01 ID:RPdCaG0h0

春香「プロデューサーさん!好きです!付き合ってください!」

P「ごめん、春香」

春香「分かりました!じゃあ肩でも揉みますね!」

P「え、ああ。うん…」

春香「うわー、結構こってますね!」

P「そ、そうかな…?」

春香「これは相当ですよ!特別マッサージが必要ですね!今日プロデューサーさんの家に行きますね!」

P「それは駄目」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 12:22:12.86 ID:RPdCaG0h0

春香「プロデューサーさん!好きです!付き合ってください!」

P「ごめん、春香」

春香「分かりました!じゃあコーヒーでも入れてきますね!」

P「あ、うん。ありがとう」

春香「プロデューサーさんはブラックが好きなんですよね!」

P「好きってわけじゃないけど…糖分は控えめにしてるんだよ」

春香「そんなことしなくても十分スタイルいいのに!」

P「そんなことないない」

春香「ありますよ!確認してみますか!?脱がせますよ!」

P「それは駄目」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 12:25:57.36 ID:RPdCaG0h0

春香「プロデューサーさん!好きです!付き合ってください!」

P「ごめん、春香」

春香「分かりました!じゃあ私が作ったお菓子でも食べてください!」

P「え、あ、ありがとう」

春香「どうですか!?」

P「うん、美味しいよ。やっぱり春香の作るお菓子は最高だなぁ」

春香「ありがとうございます!じゃあ付き合ってください!」

P「ごめん」

春香「そういえば、プロデューサーさんはお菓子とか作らないんですか?」

P「昔っからそういうのは駄目で…全然作れないよ」

春香「じゃあ私が教えてあげますよ!今夜プロデューサーさんの家で!」

P「それは駄目」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 12:31:58.97 ID:RPdCaG0h0

春香「プロデューサーさん!好きです!付き合ってください!」

P「ごめん、春香」

春香「分かりました!じゃあここの書類片づけておきますね!」

P「あ、ありがとう」

春香「いえいえ!そんなことより付き合ってください!」

P「ごめん」

春香「プロデューサーさんって意外と片づけ下手ですよね!家でもそうなんですか?」

P「んー、うちはそんなに荷物もないしなぁ…汚れようにも汚れる物がないよ」

春香「そうなんですか!じゃあ私の私物を置きに家まで行ってもいいですか!?」

P「それは駄目」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 12:36:35.74 ID:RPdCaG0h0

春香「プロデューサーさん!好きです!付き合ってください!」

P「ごめん、春香」

春香「分かりました!じゃあ代わりに勉強教えてください!」

P「仕事もひと段落ついたし…それくらいならいいよ」

春香「ありがとうございます!ついでに夜の課外授業もお願いしていいですか!?」

P「それは駄目」

・・・・・・

春香「プロデューサーさんってすごい教え方上手ですね!家庭教師とかしてたんですか!?」

P「大学生の時にちょっとだけ」

春香「そうなんですか!これだけ魅力たっぷりのプロデューサーさんなら、生徒から襲われたりしましたよね!」

P「そんなことないない」

春香「私は我慢できそうにないです!襲ってもいいですか!?」ハァハァ

P「それは駄目」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 12:40:44.80 ID:RPdCaG0h0

春香「プロデューサーさん!好きです!付き合ってください!」

P「ごめん、春香」

春香「分かりました!じゃあ一緒に帰ってくれませんか!?」

P「んー…駅までは送るよ」

春香「仕事終わってないんですよね!じゃあここで待っておきます!」

P「なんか悪いなぁ…今からでも送るのに」

春香「いいんです!仕事してるプロデューサーさんが好きなんです!」

P「え、うん…それじゃあ急いで終わらそうかな」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 12:46:21.65 ID:RPdCaG0h0

・・・・・

P「……」カタカタ

春香「綺麗な顔立ち…」ジーッ

P「……」カタカタ

春香「透き通るような優しい声…」ジーッ

P「……」カタカタ

春香「誰もを魅了する甘美な匂い…」クンクン

P「やっぱ帰ってくれる?」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 12:48:31.76 ID:RPdCaG0h0

P「ふぅー、終わった終わった」

春香「お疲れ様です!付き合ってください!」

P「ごめん、春香」

春香「分かりました!じゃあ帰りましょう!」

P「電気消してっと…おっと、携帯忘れるところだった」

春香「プロデューサーさんの携帯ってまだガラケーなんですね!」

P「会社で支給されてるのはスマホなんだけど…プライベート用のは買い替える機会が無くて」

春香「じゃあ今度一緒に買いに行きましょうよ!」

P「駄目駄目。勘違いされて困るのは春香」

春香「私的には勘違いされていいですけどね!ウェルカム勘違い!」

P「うーん……」

春香「というか、別に他意はないですよ!デートとかじゃなくて、携帯の買い替えだけですって!」

P「まぁ…それくらいなら。携帯買いに行くくらいならきっと勘違いはされない…はず……」

春香「やったー!プロデューサーさん!デートですよ!デート!」

P「こら」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 12:53:08.00 ID:RPdCaG0h0

P「ごめんごめん、遅くなった」

春香「全然いいですよ!その代わり付き合ってください!」

P「ごめん、春香」

春香「分かりました!それにしても、プロデューサーさんの私服って意外とカジュアルですね!」

P「そうかな?」

春香「いつものスーツ姿も素敵ですけど、この私服も素敵です!」ハァハァ

P「離れなさい」

春香「そういえばプロデューサーさんの携帯って、アクセサリーとか何もつけてないですよね!」

P「あんまりチャラチャラしたのは苦手だからなぁ…」

春香「じゃあアクセサリーを買いに街に繰り出しましょう!お揃いを買いましょう!」

P「今日は携帯の買い替えだけだし、スマホはカバーだけで十分」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 12:56:09.12 ID:RPdCaG0h0

P「よし…これでプライベートのもスマホになった」

春香「スマホついでに、カレログ入れてください!」

P「追跡アプリだっけ。駄目」

春香「じゃあ付き合ってください!」

P「ごめん、春香」

春香「分かりました!じゃあ付き合ってください!」

P「……ごめん、春香」

春香「じゃあ──」

P「春香はきっと、勘違いしてるんだよ」

P「……憧れと、好きっていう感情を」

P「部活とかしたことないんだっけ。だから、初めて年上の人に優しくされて、憧れと恋愛感情をごっちゃにしちゃってて…」

春香「──そんなことないです!」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 13:01:04.18 ID:RPdCaG0h0

春香「私、プロデューサーさんと初めてあった時から、ずっと好きだったんです!」

春香「綺麗な顔立ち、透き通るような優しい声、甘美な匂い!」

春香「でも、何より、仕事中に見せる真剣な眼差しと、優しい笑顔!」

春香「一緒にいるだけで幸せな気持ちになれるし、一緒にいるとドキドキするんです!」

春香「──だから!」

春香「プロデューサーさん!好きです!付き合ってください!」

P「……」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 13:07:09.11 ID:RPdCaG0h0

P「プロデューサーと、アイドル」

春香「関係ないです。スキャンダルなんて物ともしないアイドルになります」

P「社会人と高校生」

春香「関係ないです。年の差カップルなんて珍しくありません」

P「……女と、女」

春香「関係ないです。好きっていう気持ちさえあれば、乗り越えられます」

P「本当に…本当に私でいいの?」

春香「好きです!プロデューサーさんのことが!」

春香「だから、付き合ってください!」

P「……春香」

春香「はい!」

P「……私も、春香のことが、好き」

P「春香、好きです。付き合ってください!」

おわり


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 13:14:57.21 ID:RPdCaG0h0

スレ立てから何からこんな時間にありがとう!
オチを知ったうえで読み返してもらえればもっと嬉しい!





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿