TOP > ラブライブ! > ダイヤ「け、喧嘩はやめてください!」

ダイヤ「け、喧嘩はやめてください!」

2018/05/12 10:02 | ラブライブ! | コメント(0)
1: ◆Tn3qm05sjE 2018/05/11(金) 00:01:19.39 ID:pbMcVVqn0

ガラガラッ

ダイヤ「おはようござぃ…」

鞠莉「もぅっ!果南のわからず屋!」

果南「鞠莉こそ何度言ってもわかってくれないじゃん!」

ダイヤ「ちょっ、一体何があったんです?」

鞠莉「あ、聞いてよダイヤ!果南が頑固なの」

果南「それは鞠莉だって一緒でしょ」

ダイヤ「け、喧嘩はやめてください!」


2: ◆Tn3qm05sjE 2018/05/11(金) 00:01:54.31 ID:pbMcVVqn0

ダイヤ「とにかく喧嘩の理由を聞かせてください」

果南「いいよ、説明したうえでどっちが正しいかダイヤに決めてもらおうか」

鞠莉「望むところよ、それじゃ早速話すけど…」


~~(回想始まり)~~

果南『それにしても"ようりこ"はいいよね』

鞠莉『まぁそれもいいけど"りこよう"の方がいいに決まってるでしょ?』

果南『え?それは無いわー』

鞠莉『は?』

果南『は?』

~~(回想終わり)~~


3: ◆Tn3qm05sjE 2018/05/11(金) 00:02:34.00 ID:pbMcVVqn0

ダイヤ(くっだらねぇですわ!!)

果南「ダイヤも"ようりこ"派だよね?」

鞠莉「いいえ、"りこよう"派よね?」

果南「何言ってるのさ、曜がヘタレながらも一生懸命にやってる感じが伝わってそれで梨子ちゃんをキュンキュンさせるのがいいんじゃん!」

鞠莉「果南こそ解ってないわね、曜のヘタレっぷりに業を煮やした梨子が攻めるのがいいのよ!」

果南「いやいや、梨子ちゃんは漫画版を見る限り受けの方が似合うじゃん」

鞠莉「アニメ版の梨子なら攻めの方がいいわ」

ダイヤ「とても本人たちには聞かせられませんわ…」


4: ◆Tn3qm05sjE 2018/05/11(金) 00:03:24.43 ID:pbMcVVqn0

ダイヤ「受け・攻めについてはともかく、お二人とも曜さんがヘタレという点では同意なんですね?」

果南「そうだね」

鞠莉「ヘタレ童貞ね」

ダイヤ(童貞はいらないでしょう)

ダイヤ「そこは同じ意見なのに何故こんなに揉めるんですの?」

鞠莉「当たり前よ、ヘタレは受けの方が似合うに決まってるわ!それなのに果南ったら…」

果南「それもわかるけど、でも梨子ちゃんみたいな人はヘタレに母性を感じて受けに回っちゃうんだよ」

鞠莉「はぁ?梨子ならそんな曜を見て誘い受けと判断して襲い掛かるに決まってるじゃない」

ダイヤ「いえ、さすがにそれは無いでしょう」

果南「そうだよ、曜が勇気を出してベッドに押し倒してくれるのを待ってるって」

ダイヤ「それもどうですかね?」


5: ◆Tn3qm05sjE 2018/05/11(金) 00:04:14.27 ID:pbMcVVqn0

ダイヤ「今更なんですが、曜さんと梨子さんはお付き合いされているんですか?」

鞠莉「……」

果南「……」

ダイヤ「…え?」

鞠莉「ハァ…果南、言ってやって」

果南「ダイヤ…」

ダイヤ「え、まさか私の知らない間に…」



果南「そんな事はこの際どうでもいいんだよ」

ダイヤ「!?」


6: ◆Tn3qm05sjE 2018/05/11(金) 00:04:54.95 ID:pbMcVVqn0

鞠莉「そう…肝心なのはそこじゃない、二人の絡みがあるかどうかよ」

果南「公式から供給される二人の絡みに一喜一憂し」

鞠莉「供給が無ければ自分たちで生産する」

果南「そして二人の尊さが生きる糧となる」

かなまり「「それがオタク!!」」

ダイヤ「オタクでもこんな身近な人でカップリング論争は起こさないと思いますわよ」


7: ◆Tn3qm05sjE 2018/05/11(金) 00:05:24.28 ID:pbMcVVqn0

果南「え、ダイヤはAqoursのメンバーでそういう想像しないの?」

鞠莉「そうよそうよ、例えばルビィと花丸だったらどう?」

ダイヤ「ルビィと花丸さん、ですか…」ウーン

果南「ルビマル?それともマルビィ?」

鞠莉「さぁどっち?」

ダイヤ「そうですわね…」



ダイヤ「お二人が仲良くしているならどちらでも構いませんわ」

かなまり「!?」


8: ◆Tn3qm05sjE 2018/05/11(金) 00:05:56.71 ID:pbMcVVqn0

ダイヤ「付き合ってるかどうかはさておき、二人がじゃれあっているところを想像してみたのですが…」

ダイヤ「どちらが攻め側でも微笑ましい様子が思い浮かびました」

ダイヤ「どちらかが一方的に攻めたり受けに回ったりするのではなく、その時々でどちらもアリ!」

ダイヤ「…というのではダメでしょうか?」


9: ◆Tn3qm05sjE 2018/05/11(金) 00:06:38.28 ID:pbMcVVqn0

果南「鞠莉…」

鞠莉「そうね、私たちが間違っていたわ…」

ダイヤ「果南さん、鞠莉さん…!」

果南「そうだよ、愛し合う二人がそこにいるならそれでいいじゃん」

鞠莉「昔は二人の絡みがあるだけで幸せだったのに、どこで間違ってしまったのかしら私たち…」

ダイヤ「間違いは誰にでもあります、しかしながら気付く事もできますし正す事もできます」

ダイヤ「偏った考え方を捨て、これからまた新たな気持ちで見守ってみてはいかがでしょう?」

鞠莉「さすが生徒会長、良いこと言うわね!」

果南「よし、ダイヤを胴上げしよう!」

鞠莉「OK、やるわよ~♪」



\ワーッショイ ワーッショイ/



ダイヤ「何ですの、コレ」


10: ◆Tn3qm05sjE 2018/05/11(金) 00:07:46.12 ID:pbMcVVqn0

鞠莉「しかしさすがはダイヤよね」

ダイヤ「いえ、それほどでも…///」

果南「いやいや鞠莉の言う通りだよ、リバに気付かせてくれるとはさすが」

ダイヤ「…え?」

鞠莉「そうね、逆カプだとアレだけどリバなら意外と受け入れられるわね」

ダイヤ「リ、リバ…?」

果南「これで今後は喧嘩にならずにすみそうだね」

鞠莉「仲直りした事だし、これからようりこ成分の補給にいきましょ♪」

果南「いいね、という事だからじゃあねダイヤ!」

鞠莉「チャオ~」



ダイヤ「…そ、そういうつもりで言ったワケではありませんわぁぁぁ!」



おわり





『ラブライブ!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿