TOP > アイドルマスター > P「亜美って好きな人いるの?」亜美「えっ!?」

P「亜美って好きな人いるの?」亜美「えっ!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 22:34:02.03 ID:/O4Orw4C0

P「いやぁ…中学生なら好きな人の一人や二人いるんじゃないかと思ってなぁ」

亜美「兄ちゃんが知ってどうするの?」

P「居ないならいいんだ、亜美はまだまだお子ちゃまだから居ないのも分かる」

亜美「むぅー…あ、亜美だって恋愛くらい分かるよ!」

P「じゃあ好きな人もいるのか?」

亜美「そ、そりゃあいるし!」

P「えっ」

亜美「えっ」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 22:38:55.54 ID:/O4Orw4C0

P「え…嘘……居るのか…」

亜美「あ…う、うん」

P「そっか……よかったな、幸せになれよ……」

亜美「兄ちゃんどうしたの!?」

P「いや、別に……亜美に好きな人ができようが俺には関係ない事だ…」

亜美「……やだなぁ、嘘に決まってるっしょー!」

P「いいんだよ、たとえアイドルでも女の子だもんな…」

亜美「兄ちゃん…ちがっ……」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 22:45:13.61 ID:/O4Orw4C0

P「何が違うんだ?」

亜美「それはその……クラスの子じゃないというか…」

P「へぇー……」

亜美「だ、だから、」

P「で、その相手は格好いいのか?」

亜美「う………うん、まぁまぁカッコいいんじゃないかな…」

P「そっか、亜美が好きになる位だからそりゃイケメンだよな…」

亜美「に、兄ちゃんがそんな顔しなくたっていいじゃん」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 22:52:10.83 ID:/O4Orw4C0

P「はぁ……亜美に好かれる男は幸せ者だなぁ」

P「告白はしないのか?」

亜美「えっ!?」

P「ウジウジしてるなんて亜美らしくないな、好きなら早く告白しないと後悔するぞ」

亜美「…兄ちゃんは亜美が付き合ってもいいの?」

P「うーん…今のランクならまぁ目立たないようにすればいいんじゃないか?」

亜美「ふーん……じ、じゃあ告白しちゃおうかなー……?」

P「うん、俺は何も言えないけど…頑張れよ」

亜美「……」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 22:58:17.30 ID:/O4Orw4C0

亜美「いいの?亜美が好きな人と付き合って、結婚しても?」

P「あはは、亜美は気が早いな、まだ13歳じゃないか」

P「うん、亜美が幸せになるなら、それでいいんだ……」

亜美「……」

P「さて、そろそろ仕事に戻る……」



亜美「………」ポロポロ

P「えっ!?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 23:00:51.77 ID:/O4Orw4C0

亜美「うぅ……ぐすっ…」ポロポロ

P(ヤバい、やりすぎた!)

亜美「兄ちゃんの………ばかぁ…」ポロポロ

P「ど、どうしたんだ亜美!?」

亜美「亜美はぁ………兄ちゃんがぁ……」ポロポロ

亜美「兄ちゃんが好きなのぉ!!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 23:07:10.17 ID:/O4Orw4C0

亜美「にぃちゃんの……にぶちん……!」ポロポロ

P「あ、亜美…」

亜美「ばかばかぁ!兄ちゃんのばかぁ!」ポロポロ

P「ご、ごめんな、からかっちゃって」

亜美「うう゛っ……えっ…?」グスッ

P「何となく分かってたよ、最近の亜美の俺に対する態度」

亜美「え……ええっ!?」

亜美「じ、じゃあ…わざと好きな人がいるかとか聞いて来たの?」

P「…うん」

亜美「………」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 23:12:15.20 ID:/O4Orw4C0

亜美「………兄ちゃんのいじわる……」ツーン

P「本当にごめんな」

亜美「しらないっ、兄ちゃんなんか嫌いだよーだ」

P「亜美……」

亜美「………」

亜美「えいっ」ダキッ

P「なっ…!」

亜美「ゆ、許してあげるのは今回だけだかんね!」

亜美「次やったらくすぐりの刑だから!」

P(亜美はチョロいなぁ)






『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿