TOP > シンデレラガールズ > モバP「白菊ほたる、CD圏外……」

モバP「白菊ほたる、CD圏外……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/14(月) 18:47:23.47 ID:uhnnpcVlO

総選挙の話題に触れています。思ったことを手前勝手に書いています。アイドルのキャラがぶれているかもしれません。苦手な方はご注意ください。
2から始めます。短いです。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/14(月) 18:48:56.67 ID:uhnnpcVlO

白菊ほたる、総合十二位。属性六位。

それが、おれの前に突き付けられた現実だった。

今回の総選挙は、チャンスだった。CGの決選投票が安部菜々と本田未央に集中していることで、ほかの層は薄くなるんじゃないかと予想されていた。直前にはほたるの単独PUの仕事も入り、これは初めて天がほたるにくれた好機だと思った。俺もほたるも、この一月は普段の三倍は頑張った。だから、きっと、届くはずだと思っていた。

だけど、結果はこれだ。

「……ちっく、しょう……」

歯噛みする。抱いてはいけない感情が胸の内を支配する。

Cu一位、安部菜々。それは仕方がないというか、おれだって嬉しい。けれど、以下四人はどうだ?

全員既にCDデビューしていて、各企画への露出も十分過ぎるほど十分なアイドルばかりだ。それでいて、はっきりいって、今回の総選挙ではCGに届く可能性は殆ど無い。今回の総選挙は、安部菜々と本田未央のぶつかり合いだと、最初から分かっていたのだから。

であるなら。であるなら、なぜ。

おれはずっと、あの子の姿を見てきた。理不尽な不幸に遭いながら、それでも歯を食いしばって何度でも立ち上がるあの子の姿を。

だから思ってしまう。そんな子に、どうしてたった一度、救いの手を差し伸べることが出来ないんだと。もう十分持っている子より、持たざる子に、機会というものは与えられるべきなんじゃないかと。

「……ちがう……っ」

いや、違う。

CG総選挙は、ボイス総選挙でも、チャリティーイベントでもないのだ。


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/14(月) 18:50:03.00 ID:uhnnpcVlO

CG総選挙は、自分のいちばん大切な子を応援する場。だから俺もそうしたし、みんなもそうした。それだけの話。

それに、同情で得た人気になんの意味がある? ほたる自身も、そんなのはきっと喜ばない。

それは、分かっているけれど。

今年も届かなかった。その事実はこころに重くのしかかり、そしてそれは、あまりにも重い。

「…………ほたるに、会いにいかないと」

おれはあいつを、いちばんにしてやれなかった。ほたるに、歌をやれなかった。だからせめて、あいつが辛い時に隣に居るぐらいはしてやりたい。今日はオフだから、ほたるは女子寮に居るはずだ。

事務所のロビーに出る。そこで不意打ちを食らった。

「ほたる……」

ほたるが居た。

フロントに備え付けられた大きな液晶テレビ。そこに映る総選挙の結果告知を前に、ほたるは呆然と立ちつくしているようだった。それがあまりに痛ましくて、おれは咄嗟に声を掛けられない。

「あ……」

ふとこちらに顔を向けたほたるが、おれを認めた。おれとほたるの間はほんの数メートル。声を掛けるのに困る距離ではない。だけどおれは何も言えなかった。なんて言えば良い? 気にするなだなんて、次こそ頑張ろうなだなんて、どうやったら言える?

おれは、ほたるに責められる覚悟をした。二人ならきっと、あの舞台に立てる、立たせてみせる。その約束を守れなかったのだから、どんな誹りも受けるつもりでいた。

つまり、おれはほたるのことを何も分かっていなかったのだ。


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/14(月) 18:50:56.58 ID:uhnnpcVlO

「プロデューサーさん……」

ほたるの目から涙がこぼれる。ほたるが泣くことは滅多にない。泣きたくなることはしょっちゅうあるだろうに、涙は流さない。

そのほたるが、泣いている。それは、今回のことがそれだけ大きかったということだ。

「…………ほたる」

本当に、すまなかった。

覚悟を決めてそう言おうとした瞬間。

「プロデューサーさん……わたし……」

「やり、ました……っ!」

ほたるの顔が、くしゃりとほころんだ。

「……え……?」

「十二位、十二位です……!属性なんて、六位……! ずっとずっと、圏外だったのに……っ! プロデューサーさんの、お陰です……!」

ほたるは笑っていた。顔を涙でぐしゃぐしゃにして、笑っていた。

(ああ、そうだった)

そう思い出す。
ほたるはそうだった。与えられない不幸を嘆くのではなく。目の前のちいさな幸運を、そっと大事に握り込んで、それを糧に出来る子だった。

おれは馬鹿だ。大馬鹿だ。これはほたるにとっても快挙なんだ。初のランクイン、それが十二位という大健闘。これを喜ばないわけがない。

もちろん、悔しさは有るだろう。だけど。

全力を尽くした自分の担当を『慰めてやらないと』だなんて、まったく俺は。

こんな時、言うべきことなんて決まっているのに。

そっとほたるに歩み寄り、頭に手をやって、軽く撫でる。

「頑張ったな」

ほたるの笑みがますます深まって、

「はい、プロデューサーさん!」

頷いた拍子に、涙がぽたりと床に落ちる。

それはやがて虹へと変わるはずだと、俺はそう思った。


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/14(月) 18:53:54.16 ID:uhnnpcVlO

終わりです。短い。Cuほんと激戦区過ぎんよ~(涙)
ランクインされた皆さん、シンデレラガールに輝いた菜々さん、本当におめでとうございます。というか健闘したすべてのアイドルに祝福あれ!
ここまでお読みくださり、どうもありがとうございました。





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

371. ななし2018年05月18日(金) 01:16 ▼このコメントに返信
9位以内に入ってないくせに文句言うな。
コメントの投稿