TOP > ミリオンライブ! > 【ミリマス】田中琴葉「アイネクライネ」

【ミリマス】田中琴葉「アイネクライネ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 23:21:27.10 ID:eptKE7Au0

長い療養生活を経て。
一番の収穫は、あの曲に出会えたことだと。
今なら、本当に心からそう思う。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 23:21:58.74 ID:eptKE7Au0

入院中。入れ替わり立ち代わりで、みんながお見舞いに来てくれた。
恵美をはじめとした灼熱少女の面々。歩、昴ちゃん、千早ちゃん、志保ちゃん、新しく仲間に加わった紬ちゃんと歌織はん、他にもたくさん。
中でも、1番顔を見せてくれたのは。他でもない、私の担当プロデューサーだった。
検査、投薬、そしてリハビリ。
決して楽ではない日々の中で、彼は本当に私を支えてくれた。
幸せだった、と思う。
不謹慎と言われるかもしれないけど、彼と過ごすことが出来た日々は本当に幸せだった。


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 23:22:24.17 ID:eptKE7Au0

幸せが一定量を越えると、一周回って不安になると言い出したのは誰だっただろうか。
リハビリを進める中、私の中に生まれた黒い感情は、日に日に大きくなっていった。
私は、彼の居場所を奪ってはいないだろうか。
彼は、私といることで無理をしていないだろうか。
私が石ころみたいにちっぽけな存在だったら、彼にこんなに迷惑をかけることは無かったのに。
私は一体何をしているんだろう。
ファンを悲しませて、仲間に辛い思いをさせて、プロデューサーに迷惑をかけて。
何がアイドルだ。誰かを笑顔にするための存在が、周りにいる人から笑顔を奪うなんて本末転倒じゃないか。


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 23:22:53.77 ID:eptKE7Au0

「もう私に関わるのはやめてください」
プロデューサーにそういったことがある。
私は彼を慕っていた。心の底から信頼していた。それはきっと、アイドルとプロデューサーという関係を越えた感情だったと今なら断言出来る。
だから、今のままでは行けなかった。彼を私という「歪み」の中に引きずり込んではダメだと思っていた。
「琴葉が復帰して、トップアイドルになったらそうするよ」
だから、当たり前のようにそう返してくれた彼に。
一体私はどれだけ救われただろうか。


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 23:23:41.76 ID:eptKE7Au0

恵美に「私、死んだ方がいいのかもしれないわね」って言ったことがある。
その直後、病室に響いた乾いた音と、頬に走った痛みを忘れることは一生ないだろう。
泣いていた。あの恵美が。いつも笑顔の恵美が。普段、例えライブ後でも嬉し涙以外を見せたことがなかった恵美が。
その綺麗な顔をぐしゃぐしゃにして泣いていた。
「馬鹿!!!本当に馬鹿!!!あんた、あんた自分が何言ってるかわかってんの!?」
恵美の叫びを聞いて、私の中から押さえ込んだ感情が全て流れ出ていって。
気づいた時には、私も泣きわめいていた。
「わかってるわよ!!!わかってるのよ!!!自分がどれだけ迷惑をかけてるかくらい!!!私なんて、私なんて……誰かに迷惑をかけるくらいなら、死んでしまいたいって思うのよ……!!!」
そこから先は言葉に出来ず、お互い抱き合って泣いたのを覚えている。


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 23:24:36.25 ID:eptKE7Au0

退院する三日前だったか。
偶然、ラジオから流れてきた曲を耳にした。
その曲は、本当に私の心境とこの上ないくらいにマッチしていて……私は、気づいたら涙を流していた。
この曲が、私に色んなことを教えてくれた。
今の私にとって、みんなとの出会えたことは奇跡みたいな出来事だということ。
いつまでも超えられないと思う日々にも、必ず終わりは来るということ。
誰かを愛することが出来るのは、こんなにも美しいということ。
本当に、私は恵まれている。
こんな小さな私でも。こんなに醜い私でも。
愛してくれる誰かがいるということが。
愛する人の名前を呼ぶということが、こんなに幸せだということが。


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 23:25:27.84 ID:eptKE7Au0

そうして、私はこの舞台に立っていた。
目の前には緑色に輝くサイリウムの海。
背中に向けられるのは仲間とプロデューサーからの応援の気持ちが込められた視線。

ここでようやく私は悟る。
今ここでこうしてこのステージにいられることが、何にも変えられがたいたった一つの奇跡だということを。

「今からカバー曲のコーナーに入りたいと思います。この曲は、私が本当に辛い時期に支えられた曲です」

この想いよ。
この奇跡よ。
どうか、私の歌声に乗って響け。

「聞いてください。
 米津玄師さんで『アイネクライネ』」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 23:28:29.70 ID:eptKE7Au0

短いですけど終わりです。琴葉は星野源も好きだけど同じくらい米津玄師も好きそう

元になった曲はこちらです
よければお聞きください

米津玄師 MV 「アイネクライネ」





『ミリオンライブ!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿