TOP > ストライクウィッチーズ > 芳佳「あ、ラーメン二郎ドーバー海峡店だ」サーニャ「え?」

芳佳「あ、ラーメン二郎ドーバー海峡店だ」サーニャ「え?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/15(月) 14:29:44.85 ID:Kj1xeyuCO

芳佳「へえ、ここにも出来たんだー」

サーニャ「ラーメン? 何を売ってるお店なの?」

芳佳「うーん、扶桑流のスープスパゲティみたいなものかな」

サーニャ「ご飯なのね」

エイラ「サーニャに変なモン食わすなよナ」

芳佳「大丈夫ですよ。席空いてるみたいですし、食べて行きませんか?」

サーニャ「芳佳ちゃんのおすすめなら、私はいいけど……」

エイラ「むむ……」

サーニャ「ね、たまにはこういうお店もいいじゃない、エイラ」

エイラ「……今日だけだかんなー」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/15(月) 14:38:04.10 ID:Kj1xeyuCO

芳佳「良かった、あんまり人がいないや」

サーニャ「う……」

エイラ「なんだよ、このニオイ」

芳佳「仕方ないんです。二郎にニンニクを欠かすことはあり得ませんから」

サーニャ「席、ここでいいかな」

芳佳「あ、ダメだよサーニャちゃん! 先に食券を買わなきゃ」

エイラ「面倒なシステムだナ」

芳佳「こうしないとロットが乱れに乱れるんですよ」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/15(月) 14:47:28.77 ID:Kj1xeyuCO

芳佳「大豚Wを一枚と……エイラさんとサーニャちゃんは初めてだから、小にしておくね」

客「……チッ」

サーニャ「?」

エイラ「やな感じだナ」

芳佳「……すみません、騒ぎすぎたみたい。あんまり大きい声で話してると、ジロリア……食べてる人やお店の邪魔になっちゃうから、これからは静かにしなきゃダメなんだ。説明が足りなかったよ」

サーニャ「……」

芳佳「お願いします。小の方は2つとも少なめで」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/15(月) 14:56:34.96 ID:Kj1xeyuCO

芳佳「あとは、トッピングを聞かれるまで静かに待ってれば大丈夫だよ」

客「げふーっ! ごっそさん」

エイラ「……まじかよ」

芳佳「あれがジロリアンの正しい姿ですよ。げっぷはラーメン、店主に対する礼儀みたいなものです」

エイラ「えっ」

サーニャ「あの……芳佳ちゃんは、よくこういうお店来るの?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/15(月) 16:02:13.33 ID:Kj1xeyuCO

芳佳「そうだなあ、扶桑にいたころは1週間に2食くらいのころもあったかな」

サーニャ「へえ……」

店員「ニンニク入れますか」

芳佳「ヤサイニンニクアブラマシマシ。小の方はヤサイヌキニンニクアブラマシで」

エイラ「なんだそれ」

芳佳「簡単に言えばトッピングのことです」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/15(月) 16:09:22.32 ID:Kj1xeyuCO

エイラ「『マシ』……って増しってことか?」

サーニャ「小さいのにした意味が無いんじゃ……」

芳佳「だからヤサイはヌキにしました。本来なら全マシも軽くいって欲しいところですが、まあ初見ならこんなところでしょう」

サーニャ「……あ、来たみたい」

エイラ「な……」

芳佳「いただきます」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/15(月) 16:16:16.30 ID:Kj1xeyuCO

サーニャ「私たちが買ったの、小だよね?」

エイラ「これ……こんなの食えるかよ」

サーニャ「ダメだよエイラ。まだ口もつけてないのに、そんなこと言っちゃ」

芳佳「……」ドンッ

サーニャ「!」ビクッ

エイラ「た、食べればいいんだろ、食べれば」

サーニャ「いただきます……」

エイラ「モグ……うっ、ぐふっ」

サーニャ(脂の味しかしない……)


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/15(月) 16:24:57.98 ID:Kj1xeyuCO

エイラ「……もう水がからっぽだ。サーニャのも入れてこようか」

サーニャ「ありが」

ドンッ

エイラ「水もダメなのかよ!」

サーニャ「エイラ、静かに」

芳佳「……」←麺をかき込むジェスチャー

サーニャ「ん……」ズルズル

エイラ「くそう……」モグモグ

芳佳「……」ズーッ

エイラ(丼ごと持ち上げて……嘘だろ?)

芳佳「ふう、美味しかった。ごちそうさまでした」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/15(月) 16:41:20.49 ID:Kj1xeyuCO

サーニャ「……もう、お腹いっぱい…」

エイラ「あとちょっとだからがんばれ、残したらまた宮藤が怒るぞ」

宮藤「……麺だけでも食べ終わって下さい。スープは、無理そうなら残しても構いません」

サーニャ「……む…ぐ…」モグ

エイラ「お……」

サーニャ「ご…ちそう……さま……」

エイラ「や、やったな……」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/15(月) 16:55:29.23 ID:Kj1xeyuCO

エイラ「サーニャ、立てるか?」

サーニャ「だいじょうぶ……」

エイラ「ちくしょう、宮藤め」

客1「宮藤…? まさか……」

客2「間違っていたらすまない。あんた、扶桑の『エントリー宮藤』じゃないか?」

芳佳「……ブリタニアで、その名前を呼ばれるとは思いませんでしたよ」

客2「やはり…!」

客3「あらゆる地域の二郎に出没し、友人知人を片っ端から二郎に誘った挙げ句、その全てを上級ジロリアンに鍛え上げるという、あのエントリー宮藤が……ここに!?」

客1「『滝登りの土方』『オールデイズリネット』といったロットマスターを張るようなジロリアンにも、エントリー宮藤が育てた人物は多い」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/15(月) 17:06:37.43 ID:Kj1xeyuCO

エイラ「なに言ってんだ、こいつら」

サーニャ「さあ……」

エイラ「宮藤! 私たちは先に基地へ帰ってるからな」

宮藤「はい。ありがとうございました」

客3「今度はあの2人を育成するというのか」

宮藤「そうです。しかし、ジロリアン養成のためとはいえ、お騒がせしてしまってすみません」

客2「なに。あんたにかかれば、誰だってひと月で一人前のジロリアンだろ?」

宮藤「私は二郎の基本を教えるだけです。その後、おのおのがどのように『二郎』を築き上げていくのかは、私が決めることではありません。一人前、半人前ではなく、『ジロリアン』を育てているんですから」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/15(月) 17:16:11.52 ID:Kj1xeyuCO

客2「こいつは愚問だったな」

客3「それで、あの子たちに見込みはあるのか?」

芳佳「きっといいジロリアンになりますよ。しばらくは今回のように騒がしいと思いますが、どうか多目にみてあげて下さい」

客1「それは楽しみだな」

客3「あんたが来るようなっちまったら、俺らもちんたら食ってられないな」

客2「違いない」

芳佳「……じゃあ、そろそろ。マスター、ごちそうさまでした。げふ」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/15(月) 17:31:29.86 ID:Kj1xeyuCO

―後日―

サーニャ「ねえエイラ、ご飯食べにいかない?」

エイラ「いいぞ。どこか行きたいとこあるのか?」

サーニャ「んー……」

エイラ「……無いんなら、私が決めるぞ」

サーニャ「……あのね、エイラ。私、その……またあのラーメン食べたいん……だ…」

エイラ「二郎か」

サーニャ「あの時は苦しかったのに、なんだかクセになっちゃうような味で」

エイラ「……」

サーニャ「もちろん、エイラが嫌なら別なところがいいけど……」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/15(月) 17:32:28.25 ID:Kj1xeyuCO

エイラ「ったく、しょうがねーなあ。ま、宮藤のオススメを一回きりで蹴るのもなんだしナ」

サーニャ「行こう、エイラ!」

エイラ「今日はヤサイも入れてもらおうナ」



サーニャ「こんにちはー…」

エイラ「あ、リーネだ」

リーネ「!!」

店員「大豚W全マシお待ち」

リーネ「ち、ちがうんです! これは……」

エイラ「二郎では静かにな、リーネ」



おわり





『ストライクウィッチーズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿