TOP > ガールズ&パンツァー > 【ガルパン】まほ「性格のアンチョビ、実力のダージリン、身体のケイ、妹のみほか」

【ガルパン】まほ「性格のアンチョビ、実力のダージリン、身体のケイ、妹のみほか」

1: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:09:51.11 ID:z5uEkzys0

まほ「みほだな。」

アンチョビ「ちょっと待て!どうしてそうなる!」

まほ「どうもこうもないだろう安斎。」

アンチョビ「安斎じゃない!アンチョビ!スレタイではアンチョビって言ってるじゃないか!」

まほ「メタるのは良くないぞ安斎。」

アンチョビ「アンチョビ!」


2: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:10:35.41 ID:z5uEkzys0

まほ「わかったわかった。そのアンチョビが何の用だ?」

アンチョビ「いやお前が相談したいことがあるって呼び出したんだろ!」

まほ「そうか、それはすまない。誰をパートナーとするか悩んでいたんだが、どう考えてもみほしかいなかったからもういいぞ。」

アンチョビ「それだよ!それはおかしいだろ!」

まほ「どういうことだ?」


3: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:11:15.50 ID:z5uEkzys0

アンチョビ「今の流れ!呼ばれた私!当然選ばれるのも私だろ!」

まほ「しかし性格だけでは私のパートナーとしては不安だろう。」

アンチョビ「失礼だな!実力もあるだろ!」

まほ「2回戦負けなのにか?」

アンチョビ「うるさいな!アンツィオの戦力でマジノ女学院に勝てただけでも良くやったほうだろ!それに中学の頃は互角だったはずだ!」


4: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:12:18.28 ID:z5uEkzys0

まほ「確かにお前は強かった。流石スカウトが来るだけある。」

アンチョビ「そうだろうそうだろう。」

まほ「まぁ私は日本どころか海外の学校からもスカウトされていたがな。」

アンチョビ「イヤミか貴様ッッ!」


5: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:13:30.18 ID:z5uEkzys0

まほ「では実力はあるとしよう。身体はどうだ?ケイのような見ただけで射○してしまうほどのいやらしい身体を持っているか?」

アンチョビ「しゃせ……お前できないだろ!」

まほ「心のペ○スがあるから可能だ。」

アンチョビ「お、お前ぇ……。セクハラだぞ!」


6: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:14:27.67 ID:z5uEkzys0

まほ「そんなことはどうでもいいだろう。早く答えを聞かせてくれ。」

アンチョビ「た、確かにケイのようなゴージャスな体つきはしていないが、それでも女性としての努力はしてるんだ!自信はある!」

まほ「では確かめてやろう。服を脱いでくれ。」

アンチョビ「な!そんな……恥ずかしいだろ!」


7: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:15:22.02 ID:z5uEkzys0

まほ「ちょっと下着になるだけだ。恥ずかしいことなんてない。なんなら脱がしてやろうか?」

アンチョビ「バカ!こっちに来るな!わかった!わかったから!ほら!これでいいだろ!?」

まほ「ふむ、確かにケイと比べると物足りなさは否めないが形は美しい。引き締まったウエストと下っ腹の立体感も理想的、素直に射○だ。いいだろう、合格だ。」


8: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:16:05.10 ID:z5uEkzys0

アンチョビ「よし!じゃあ誰がパートナーなのか決まったな!」

まほ「ああ!みほだ!」

アンチョビ「なんでだよ!そこは私だろ!今までのは何だったんだよ!」

まほ「パンツ丸出しで何を言っているんだ?」

アンチョビ「お前が脱がせたんだろ!もう何でもいいから私を選べよ!」


9: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:17:14.63 ID:z5uEkzys0

まほ「それはできない。何故ならみほは性格、実力、身体の全てを兼ね揃えているからだ。本来ならば性格のみほ、実力のみほ、身体のみほ、妹のみほとなるところだ。」

アンチョビ「ぐ、確かにそれは否定できない……。」

まほ「決まったようだな。」

アンチョビ「いや!まだだ!まだ何か……!そうだ!まほ!みほはお前のパートナーにはならない!」

まほ「何だと!?それはどういうことだ!?」

アンチョビ「何故ならみほはお前の妹だからだ!みほはお前のことを慕ってはいるが、それは姉としてだ!」


10: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:18:14.89 ID:z5uEkzys0

まほ「そ、そんなバカな……。みほが……パートナーにならない……だと……?」

アンチョビ「ふ、認めたくない気持ちはわかる。だが安心しろ。お前には私がいる……!」

まほ「通るかっ……!こんなもん……!」

アンチョビ「だったらみほに直接聞いてみたらどうだ?ん?」

まほ「できるわけないだろう!」

アンチョビ「ほらな、自分でもわかっているんだろう?妹思いなのは構わないが、拗らせるのは良くないぞ。」


11: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:19:13.21 ID:z5uEkzys0

まほ「くっ、わかった。認めよう。確かに私は拗らせていた。みほのことは諦めよう。」

アンチョビ「じゃあ誰がパートナーなのか、これで決まったな。」

まほ「ああ!みほだ!」

アンチョビ「3・回・目ぇ!いい加減にしろ!」


12: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:19:56.70 ID:z5uEkzys0

まほ「やはりみほ以外には考えられない!」

アンチョビ「お前さっき諦めるって言ったばかりじゃないか!」

まほ「無理だ!みほ以外で私が満たされる気がしない!」


13: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:20:43.18 ID:z5uEkzys0

アンチョビ「どうして試してもないのに決めるんだ!どうしてまず私を抱かないんだ!」

まほ「正体現したね。」

アンチョビ「現してるよ!最初から!こっちは最初から抱かれるもんだと思ってたんだよ!」

まほ「そうか、なら勘違いさせた責任を取らないとな。」

アンチョビ「まほ……!ついにこの時が……!」


14: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:21:23.51 ID:z5uEkzys0

まほ「良かったよ、アンチョビ。」

アンチョビ「私も良かった……。満たされただろ?」

まほ「ああ、最高の夜だった。」


15: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:21:51.19 ID:z5uEkzys0

アンチョビ「じゃあパートナーは決まったよな?」

まほ「もちろんだ。これで決まらない方がおかしい。」

アンチョビ「まほ……嬉しい……。」


16: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:22:25.13 ID:z5uEkzys0

まほ「当然みほだ!」

アンチョビ「なんでだよ!」


17: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:22:54.52 ID:z5uEkzys0

以上です。

まほチョビ書きたいなってなって思いついたのがこれでした。
何故まほはクレイジーサイコシスコンになってしまうのか。

ちょっとこれだと短いのでおまけで短いのもう1つ書いておきます。
良かったらご覧ください。


18: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:27:11.73 ID:z5uEkzys0

おまけ
にしずみけ

~コンビニ~

みほ「あ、また新しいお菓子が出てる!またみんなで食べる用に買っておこう。」

みほ「ん?これ、エンゼルパイ?このコンビニでも置き始めたんだ。」

みほ「エンゼルパイ、か。懐かしいな。」


19: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:27:45.84 ID:z5uEkzys0

~10年ほど前~

しほ「まほ、みほ、お母さんお買い物にいってくるけどなにか欲しいものはある?」

まほ「甘いお菓子がほしい。」

みほ「あ!みほあれがいい!チョコパイ!」

しほ「ああ、あれね。まほもそれでいい?」

まほ「うん!それがいい!」


20: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:28:11.26 ID:z5uEkzys0

しほ「わかったわ。じゃあ行ってくるわね。」

まほみほ「行ってらっしゃーい!」

みほ「楽しみだね!お姉ちゃん!」

まほ「楽しみだね!」


21: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:28:54.62 ID:z5uEkzys0

しほ「ただいま~。」

まほみほ「お帰りなさい!お母さん!」

しほ「ほら買ってきたわよ。はい。」

みほ「やったー!」

まほ「食べてもいい?お母さん!」

しほ「しょうがないわね。1つだけよ。」

まほみほ「はーい!」


22: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:29:35.82 ID:z5uEkzys0

みほ「いただきまーす!……。」

まほ「みほ?どうしたの?」

みほ「これ、違う。」

まほ「え?チョコパイじゃないの?」

みほ「違う。中にむにむにしたのが入ってて美味しくない。」

まほ「そんなこと……あ!これチョコパイじゃなくてエンゼルパイって書いてある!お母さーん!」


23: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:32:17.82 ID:z5uEkzys0

しほ「どうしたの?」

まほ「これチョコパイじゃなくてエンゼルパイだよ!」

しほ「え!?……本当だ。ごめんなさいね。お母さん間違えちゃったわ。」

みほ「美味しくない!お母さん嫌い!」

しほ「ええ!?ごめんねみほ。お母さん明日買ってきてあげるから!ね?許してくれる?」

みほ「やだ!嫌い!」


24: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:32:50.02 ID:z5uEkzys0

まほ「みほ、お母さんかわいそうだよ。チョコパイ全部あげるから許してあげて?私はエンゼルパイ食べるから。」

みほ「ほんと!?……わかった。いいよ。」

しほ「ありがとうみほ。まほもありがとう。」

まほ「えへへ。」


25: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:33:28.74 ID:z5uEkzys0

~みほの家~

みほ「買ってきちゃった、エンゼルパイ。」

みほ「……昔は嫌いだったな、これ。1つだけ1つだけ、ふふ。」

みほ「うん、これはこれで……。」

みほ「……ぐすっ。美味しいよ、お母さん。ごめんね。ごめんねお母さん。」


26: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/05/20(日) 22:33:57.55 ID:z5uEkzys0

以上です。

チョコパイ食べてて思い出したことを書きました。
私はマシュマロが嫌いなんで親が間違えて買ってきたときは本当にガッカリしましたね。
SSの方は地の文いれたらもっと良くなるのはわかっていましたが、それだと「おまけがメイン」になりかねなかったのでやめました。

にしずみけはみほがわんぱくだったことから昔は明るい家庭だったんだろうなと想像できるのがいいですよね。
また何か設定練って書いてみたいです。

では、ここまで読んでいただきありがとうございました。





『ガールズ&パンツァー』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿