TOP > 咲-Saki- > 淡「女子高校生の日常、その4」

淡「女子高校生の日常、その4」

2018/05/29 00:03 | 咲-Saki- | コメント(0)

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:28:55.48 ID:fHJwofDq0

※今回は淡×咲×穏乃の1年組です

※百合描写あり


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:30:20.32 ID:fHJwofDq0

『女子高校生とお菓子』

咲(……というわけでクリスマスイヴの今日、うちに穏乃ちゃんと淡ちゃんが来るらしい)

咲(きちんと片付けたし……うん、大丈夫)

ピンポーン

咲(来た!)

ガチャッ

穏乃・淡「「おーっす!!」」

咲「……お、おーっす?」

淡「上がっていい?」

咲「あ、うん。入って」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:31:00.71 ID:fHJwofDq0

穏乃・淡「「お邪魔しまーす」」

咲(穏乃ちゃんと淡ちゃん、すごく仲良さそうだよ……)

穏乃「咲は一人暮らしなの?」

咲「ううん。お父さんと二人。今日は出張だけど」

穏乃「そっかー」

淡「じゃあ好きなだけ暴れられるね」ニヤ

咲「あ、あはは……」

咲(この子が言うと冗談に聞こえないから怖いな……)


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:31:47.52 ID:fHJwofDq0

咲「穏乃ちゃん、その手に持ってるのは?」

穏乃「駅でバッタリ淡と会ってさ~お菓子いっぱい買ってきた!」ガサッ

咲「そうだったんだ。ありがと」

穏乃「えっと、ポテチとポッキーとトッポと……」

淡「グミとキャンディーとガムと……」

咲「……ずいぶん買ってきたんだね。大災害が起こっても生き延びれそうな量だよ」

穏乃・淡「「えっへへー」」//

咲(別に誉めた訳じゃないんだけど)


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:32:26.92 ID:fHJwofDq0

淡「何から食べる?」

咲「お皿出してくるよ。そんなに種類あるんなら色んなの食べてみたいから」

淡「さんせーい」

穏乃「さーて、いけっポテチ!」ザザザー

淡「いけっおさつ!」ザザザー

穏乃「へへ、こういうのワクワクするね」

咲「どういうの?」

穏乃「色んなもの混ぜたくってる感じが!」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:34:23.22 ID:fHJwofDq0

穏乃「ほら、かき天のっけてるお蕎麦とかあるじゃん」

穏乃「ある程度食べた後、汁の中で天ぷらとかをぐっちゃぐちゃにするのが好きでさー」

淡「あ~わかるわかる!私もよくそれやる!」

穏乃「やるよねぇ」

咲「私はやらないかな……乗ってる天ぷら系は先に食べちゃうよ」

穏乃「マジでっ!?何で!」

咲「天ぷらが湿気ちゃうのが好きじゃないんだよね。だからお蕎麦はまず天ぷらから食べるよ」

淡「そうなんだ……損してるって~」

穏乃「うん。一度試してみてよ!出汁を吸った衣がどれ程おいしいかがわかるから!」

咲「わ、わかったよ。今度一度試してみる」

咲(ホントはぐちゃぐちゃにして食べるのが女の子らしくないなとか思ってたんだけど……)

咲(ま、二人もやってるし構わないかな)


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:35:21.96 ID:fHJwofDq0

淡「こんだけあるんなら組み合わせて食べてみたいね」ヒョイッ

咲「組み合わせ?」

淡「例えば……このガムとグミを同時に食べる!」

穏乃「おお、いいね!」キラキラ

淡「でしょでしょ」

咲「うーん、あんまり美味しそうじゃないけど……」

淡「モノは試しだよ!私はやってみる」モグモグ

穏乃「……どう?」

淡「……すごくおいしい」

穏乃「おお!」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:36:09.45 ID:fHJwofDq0

淡「って事はなく、すごくまずい……」

咲「だよね」

淡「って事もなく……普通」

咲「そ、そうなんだ」

淡「ま、ぷっちょが少ししんなりした感じかなぁ」クチャクチャ

穏乃「じゃ、私も何か発明を……」

咲「もうやめといた方が……」

穏乃「メントスとコーラ!」

咲「死んじゃうよ!?」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:36:58.13 ID:fHJwofDq0

『女子高校生と成長』

穏乃「あ、そうだ。明日は和のとこにも行きたいんだけど案内してくれる?」

咲「うん、いいよ」

穏乃「サンキュー」

淡「ところで~……サキ、和とはどうなってるの?」

咲「なっ……ま、まだ何もないよ!」//

穏乃「えっ、どういうこと!?」

淡「ほら、和とサキってすごいイイ感じじゃん」

穏乃「ええーっ!?付き合ってる!?」

咲「だ、だから!まだだってば!」//

淡「『まだ』ってことはーやっぱ気があるんだねー」ニヤニヤ

咲「も、もう……」//


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:37:41.43 ID:fHJwofDq0

穏乃「うわぁ~……なんかショック」

淡「えっ?もしかしてシズも和のこと狙ってたの?」

咲「え!?」

穏乃「違う違う。幼馴染みが自分より進んでたらさーなんかショック受けない?置いてかれてるみたいで」

咲・淡「「………」」

咲「うーん、中学の時の友達がいきなり県外の進学校に行ってたときはショック受けたけど……そんな感じかな」

穏乃「そうそう。私もう一人幼馴染み居てさ」

淡「うんうん」

穏乃「そいつと再開したときすごく……何て言うんだろ、女っぽくなってて?正直ショックだった」

咲「確かにそれは少し辛いかもだね……」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:38:18.78 ID:fHJwofDq0

穏乃「ま、そいつは今の阿知賀のチームメイトで、変わらずいい友達だけど!」

咲「あぁ……あの子」

淡「サキで言うと、テルが誰かと付き合ってるって感じかなー」

咲「イメージしやすいね」

咲「……っていうかお姉ちゃん誰かと付き合ってるの!?」ガバッ

淡「た、例えだって……」

咲「そ、そうか。お姉ちゃんが誰かと付き合ってるとか想像できないもんね」

淡「ひどっ」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:39:32.69 ID:fHJwofDq0

淡「……ところでそういうのってさ、成長でも差を感じそうだよね」

穏乃「ああ~~っ!あるある……」

咲「あるの?」

穏乃「さっき言った……憧っていうんだけど。憧は背も胸も大きくなってて……私は全く変わってないって言われたし」ズーン

穏乃「和もだよ。再開したとき、和の胸も未だ成長してたし……」

咲「胸の話は聞きたくないよ……」ズーン

淡「何なんだろうね?あれってホント理不尽に差が出るよね」

咲「うちは和ちゃん……」

穏乃「うちは玄さんと宥さん……」

淡「うちは……際立って大きいのはたかみ先輩かな」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:40:28.48 ID:fHJwofDq0

咲「ホント……何が原因であんなになるんだろう……」

淡「この中じゃ私が一番大きいね!私に聞きなよ!」エッヘン

咲「ま、待って!私の方が大きいハズだよ……」

淡「な、何……だったら比べてみる!?」

咲「の、望むところだよっ」

淡「シズ!判定して!」

穏乃「………」ゆらぁ

咲・淡「」ビクッ


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:41:08.42 ID:fHJwofDq0

穏乃「な……何がどっちが大きいかじゃこのーっ!!」モミモミモミモミ

咲「ひゃぁっ!?」

淡「~~~っ!」

穏乃「小学生並み高校生の怒りを思い知れーっ!」モミモミモミモミ

咲「ちょ、ストップ……!くすぐった……」//

淡「ごめんっ!だからやめてぇ!」ナミダメ

穏乃「はー……はー……どうだ、参ったか」

咲・淡「「はい……」」ゼェゼェ


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:41:50.86 ID:fHJwofDq0

『女子高校生と鍋』

淡「そろそろ夕飯にしよう!」

咲「何食べる?」

穏乃「ここはお鍋にしよう!お鍋はみんなでつつくことで親睦を深める魔法の料理!」グッ

咲「あ、あはは……じゃあお鍋にしよっか。材料は――」

淡「ほら」(クッキー)
穏乃「これとか」(ポテチ)

咲「普通のお鍋にする気ないの!?」

淡「なんか鍋と聞くと胸が踊る」

穏乃「前世は鍋奉行だったのかもしれない」

咲「前世が鍋奉行って何!?」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:42:25.56 ID:fHJwofDq0

淡「ほらでも闇鍋ってあるじゃん。高校生が鍋するって言ったらこれじゃない?」

咲「……闇鍋」

穏乃「ん?」

咲「普通のお鍋はイヤ……だけど特殊ルールがあるお鍋ならオッケー?」

穏乃・淡「「うん!!」」

咲「だったら麻雀鍋!和了った人が食材を入れれるルール!」

穏乃「おお、面白そう」

淡「受けて立つ!」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:43:06.09 ID:fHJwofDq0

 ・
 ・
 ・

咲「嶺上開花!4000オールの27本場!」ゴッ

穏乃「」
淡「」

咲「これでお鍋いっぱいだね」

グツグツ

穏乃「くっ……入り込む余地すらなかった……っ!」

淡「サキ、今日は一段にも増して強かったね……」

咲「命の危険を感じれば人間は強くなれるんだよ」

穏乃(じゃあ宥さんと脱衣麻雀したら宥さんめっちゃ強くなるのかな)


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:44:01.11 ID:fHJwofDq0

パクパク モグモグ

穏乃「おいしい」

淡「さすがサキ、料理上手いんだ」

咲「そ、そう?ありがと」

淡「まぁ鍋は誰が作ってもおいしいと思うけどね」

咲「上げて落とすんだ」

穏乃「さすがってどーいうこと?」

淡「さすがテルの妹ってこと。たまに料理食べさせてもらうんだけど、すごいおいしいんだよ」

咲「へえ……お姉ちゃん料理できるんだ。すごいなぁ……」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:44:40.18 ID:fHJwofDq0

穏乃「でも咲もお父さんと二人暮らしなんでしょ?料理は咲が作るんじゃないの?」

咲「うん。でもおいしいかどうかは自信ないんだ……」

穏乃「じゃ、今度私たちが採点したげる!」

咲「ホント?」

穏乃「うん。松実館で舌が肥えてるからね~」

淡「松実館のはおいしいの?」

穏乃「うん、とっても。素材も地元の新鮮な山菜とか使ってて」

咲「へえ……機会があれば行ってみたいな」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:45:14.70 ID:fHJwofDq0

穏乃「和と一緒に来てよ!玄さんも憧ときっと喜ぶし」

淡「あーでも和と一緒に来てたらさー」

穏乃「なに?」

淡「私たちが入り込めなくない?」

穏乃「あー……」

咲「な、何その目……」

穏乃・淡「「なんでもないよ」」ニヤニヤ

咲「二人とも、なんか変だよ……」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:45:51.34 ID:fHJwofDq0

『女子高校生と就寝』

穏乃「お風呂上がったー」

咲「うん。そろそろ寝よっか」

淡「起きたらサンタさんからのプレゼントがあったりしてね」

咲「あはは、ないない」

穏乃「淡ー」

淡「ん?」

穏乃「えいっ!」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:46:33.51 ID:fHJwofDq0

ボスッ!

淡「……やったなこのー!」バッ

咲「ちょっ、こんな狭い部屋で枕投げなんて……」

ボスッ

咲「………」

穏乃「てーい!」ヒュンッ

淡「くらえっ!」ヒュンッ

咲「埃が……舞っちゃうでしょーがこのー!」バシッ バシッ!!

穏乃「あだっ!」
淡「へうっ!」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:47:18.01 ID:fHJwofDq0

穏乃「ぐっ……!」ガクッ

穏乃「淡……淡……」

淡「シズ!しっかりして!」

穏乃「私はもうダメだ……あのリンシャン星人を倒すことは……できなかった……」

淡「もういい!喋っちゃダメ!」

咲(なんか始まった)

穏乃「ふ、ふふ……皮肉なものだ……自らが使った武器で命を落とすなど……」

咲「たかが枕投げを大袈裟にしすぎだよ!」

穏乃「淡……ひとつ願いがある……」

淡「願い……?」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:48:19.66 ID:fHJwofDq0

穏乃「私の故郷にいる旧知の友に……この万点棒を渡しておいてくれないか……きっと彼女の大きな助けになるはずだ……」

咲「確かに助けになるよ!プラス一万点は!」

淡「約束する……!必ず生きて帰って、成し遂げる……!」

穏乃「ありが……と……」ガクッ

淡「!?シズ……」

淡「シズぅぅうううう!!!!」

咲「………」

淡「………」

穏乃「………」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:49:03.43 ID:fHJwofDq0

穏乃「夜中だしもうそろそろやめよっか」ムクリ

淡「そうだね」

咲(案外すんなりやめるんだ)

咲「じゃ、電気消すよ」パチッ

淡「おやすみ~」

穏乃「ふぁあ……おやすみ」

淡「……ねえ寝る前に。思い出したんだけど、ひとつ忘れてない?」

咲「え……?」

淡「……私たち、クリスマスなのにケーキ食べてないよ!!」

咲・穏乃「「あ」」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:49:41.07 ID:fHJwofDq0

淡「どーすんのこれ。もう24日終わりそうだけど」

咲「今日はイヴだから……明日みんなで食べればいいよ」

穏乃「さんせーい!和とも一緒にね……」

淡「はーい。私ブルーベリーのムースがいいなぁ~」

穏乃「私はチョコが食べたいな……」

咲「考えてたらキリないよ。明日考えよ」

穏乃「そーだね……ってゆーか私もう眠いからおやすみ……」ガクッ

穏乃「くー……くー……」

淡「シズ、寝るのちょー速いね」

咲「一番はしゃいでたし。疲れたんだよ」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:50:31.60 ID:fHJwofDq0

淡「奈良からも遠いしね……体力ありそうだけど」

咲「体は一番小さいけど……」

淡「胸もね」アハハ

ガシッ!

淡「ひっ!?」ビクッ

穏乃「なんか……聞こえた気がした……胸がどうとか……」

咲「気のせいだよ!そ、それに穏乃ちゃんに胸があったら野山で遊べなくなるよ!」

淡「そーそー!胸なんて邪魔!百害あって一利なし!!」

穏乃「そっか~~……それもそう……かも」ガクッ


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:51:30.55 ID:fHJwofDq0

穏乃「すー……すー……」

咲「た、狸寝入りじゃないよね……?」

淡「た、たぶん……」

咲「………」

淡「……ふふっ」

「「あはははははっ」」

咲「……はぁ~穏乃ちゃんは面白いなぁ」

淡「一番変わってるけどね~」

咲「淡ちゃんも相当だよ」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:52:15.21 ID:fHJwofDq0

淡「マジで?まー私みたいな天才は他にあんまりいないからね!」フフン

咲「他には?」

淡「テルとサキは絶対に私と同類だなー シズとか和はまた別な感じ」

咲「ふぅん……私と淡ちゃん似てるのか」

淡「うん!サキも高校百年生だよ!」

咲「……ごめん、眠くてツッコむ気力ないや…」

淡「ツッコみどころとかあった?」キョトン

咲「……もういいや」

淡「でへへー」

咲「何で照れるの……」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:56:03.92 ID:fHJwofDq0

淡「じゃ、サキも眠そうだしもう寝るね」

咲「うん、おやす――」

淡「くかー……くかー……」

咲(……淡ちゃんも相当はしゃいでたもんね。そりゃそうだよ)

穏乃「すー……すー……」
淡「くー……くー……」

咲(こうして見ると二人ともかわいいなぁ……妹ができたみたい)

咲(……ふふっ、二人ともおやすみ♪)


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:56:48.10 ID:fHJwofDq0

『女子高校生とプレゼント』

咲(みんなまだ寝てるかな……?)

咲(実は私プレゼント用意してるんだよね。枕元に置いてサンタさんを演出するよ!)

咲(淡ちゃんの驚く顔が目に浮かぶよ)

穏乃(みんなまだ寝てるかな?)

穏乃(実は私プレゼント用意してきたんだよな。枕元に置いてサンタさんを演出する!)

穏乃(ふふ、淡とか絶対驚くだろうな~)

淡(……みんなまだ寝てるかな?)

淡(実は私プレゼント買ってきたんだよね~。みんなの枕元に置いてサンタさんを演出する!)

淡(サキもシズもまだまだお子様だからはしゃぐだろうな~♪)


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:57:29.80 ID:fHJwofDq0

咲(よし)
穏乃(早いとこ)
淡(準備しよう)

ガバッ!

咲「………」
穏乃「………」
淡「………」

咲「お……おはよう……」

淡「お、おはよ……」

穏乃「あ、あれー!?みんな同時に起きるなんてスゴいね!おはよう!」

咲・穏乃・淡(……どうしよう)


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:58:32.48 ID:fHJwofDq0

穏乃(い、いや、諦めるわけがない!ここからどうにか気付かれずにプレゼントを……)

穏乃(そうだ!部屋じゃなくてリビングのテーブルに置いとけばいいんじゃないかな!ナイスアイデア!)

穏乃「さ、咲!トイレ借りるね!」

咲「え?うん」

穏乃「行ってきます!」ダッ

淡「……何でバッグ持ってトイレ行ったんだろうね?」

咲「まだ寝ぼけてるんじゃないかな」


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:59:12.81 ID:fHJwofDq0

淡(そ、そうだ!今がチャンス……!)

淡(サキをこの部屋から出せば一人になれる!サンタさん作戦を決行できる!)

咲(あっ!リビングにプレゼント置けばいいんじゃない!?)

咲(ナイスアイデアだよ私!よし、早速実行!)

咲「淡ちゃん、私朝ごはんの支度してくるね」

淡「!うん!」パァァ

咲(すごい嬉しそうな顔してる……そんなにお腹すいてるのかな)


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 10:59:56.39 ID:fHJwofDq0

~リビング~

穏乃(よし、プレゼントを……)ガサゴソ

咲「あれ、穏乃ちゃん?なにして……」

穏乃「あ」

咲「……それは?」

穏乃「あ、あはは!さっきここにあったのを見つけて!」アタフタ

穏乃「そうだ!もしかしたらサンタさんからのプレゼントかも――」

咲「………」

穏乃「………」


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:00:37.34 ID:fHJwofDq0

穏乃「……はい。私が買ってきたものです」

咲「……ふふっ」

穏乃「?」

咲「あはは……!私もおんなじことしようとしてたんだ」

穏乃「え?!そうなの?」

咲「そうそう。これ置こうと思って……」

咲「そっか、バッグまで持って行ってたのはプレゼントを運ぶためだったんだね」

穏乃「そういうこと……はぁ、しまったなぁ」ガクッ


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:01:46.82 ID:fHJwofDq0

咲「あ、でもさ!サンタさんは一人だけとは限らないよ!」

穏乃「?」

咲「私たち二人でサンタさんになればいいんだよ」

穏乃「ああ、なるほど」

咲「そうそう。ここに私たちのプレゼント置いてそれを見た淡ちゃんの反応見ない?」

穏乃「いいね!面白そう」

咲「だよね、早速実行しよっ」

穏乃「うん!」


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:02:17.53 ID:fHJwofDq0

~咲の部屋~

淡「こことここに……プレゼント置いてっと~」

淡「二人の驚く顔が目に浮かぶよ」フフフ

ガチャッ

淡「あ、サキ、シズ!大変だよ!」

咲「えっ?」

淡「ほらここ!プレゼントが二つある!」

淡「ま、まさかホントにサンタさんが――」

咲「………」
穏乃「………」


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:03:27.89 ID:fHJwofDq0

淡「……ってどうしたの?二人とも。嬉しすぎて声がでない?」

穏乃「ふ……ふふっ」

咲・穏乃「「あははははははっ!!」」

穏乃「あはははは……もう、何これ?涙でる……」

淡「え、そんなに嬉しかった?」ムフー

咲「そ、そうじゃなくて……ふふ、ふふっ……」

穏乃「ひぃ~~!お腹いたい……!」バタバタ

淡「?」


40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:04:03.98 ID:fHJwofDq0

(事情説明中......)

淡「」ムスッ

穏乃「そんなにふてくされるなよー淡」ツンツン

淡「笑われたのが何か……」

咲「だって、みんなおんなじこと考えてるんだもん……笑わない方がおかしいって……!」

穏乃「……くく、やばい、思い出し笑いが……!」

咲「ちょ、やめてよ!つられちゃうよ!」

淡「……くすっ」

「「「あははははははっ!!」」」


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:04:48.44 ID:fHJwofDq0

淡「はぁ……充分笑ったところで」

穏乃「プレゼント交換だね」

淡「た、大したものじゃないけど……私のから開けてよ」

咲「うん!」

穏乃「……キーホルダー?」

咲「すごい、名前が彫られてる……」

淡「つ、作ってもらったんだ!私のもあるんだよ」チャラッ


42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:05:24.90 ID:fHJwofDq0

穏乃「じゃあみんなでお揃いだね」

淡「うん」

咲「淡ちゃん、ありがと!」

穏乃「うん。ありがと淡」

淡「えへへ」//

穏乃「じゃ、次は私のを」

咲「なんだろ……この手触りは服かな?」

淡「服?ずいぶんと奮発したんだね……」バリバリ


43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:06:21.37 ID:fHJwofDq0

『ジャージ』<バァーン

咲・淡「「…………」」

穏乃「私とお揃いのジャージだよっ!」

咲「あ、ありがと!これからもっと寒くなるしね!」

淡「うん!体育の後とか着せてもらうね!」

穏乃「うんうん」

咲・淡(さすがに裸ジャージは再現できないけどね)

淡「じゃ、最後にサキからのを……」バリバリ


44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:07:00.11 ID:fHJwofDq0

『参考書』『スパッツ』<バァーン

淡「参考書!?」
穏乃「スパッツ!?」

咲「二人の役に立ちそうなもの選んだんだ。気に入ってもらえるかな……」//

淡「う、うん。有効活用させてもらうね……」

穏乃(ど、どうすればいいんだこれは……)

穏乃「わ、私も有効活用させてもらうね!服装に気を使えってよく言われてたし!」

咲「うん。喜んでもらえたようでよかったよ」

淡(でもこれ暗にバカって思われてるんだよね)

穏乃(……どうしよう、スパッツ…)

穏乃(実は今年の誕生日も憧からスパッツ貰ったし……家にスパッツが溜まっていく……)


45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:07:48.12 ID:fHJwofDq0

『女子高校生と大晦日』

淡「大晦日も来たよ!」

穏乃「来たよ!」

咲「………」

淡「どうかした?」

咲「い、いや……入って」

淡・穏乃「「おじゃましまーす」」

バタンッ ガチャ

咲(ホントに邪魔……いや、そんなこと思っちゃダメだけど)


46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:08:39.23 ID:fHJwofDq0

淡「あ、そういえばお父さんは?」

咲「お父さんは東京のお姉ちゃんとお母さんのところに行ってるよ」

淡「そうかぁ。ってことは今日も暴れられ……あれっ」

和「……穏乃!?」

穏乃「和!和も来てたんだ!」

穏乃(……あれ、これって)

咲「二人ともどうする?年越しそばでも食べる?」ニコニコ

淡「食べる食べるー!」

咲「じゃあ待っててね。和ちゃん、手伝ってー」

和「はーい」トコトコ


47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:09:11.02 ID:fHJwofDq0

穏乃「………」

淡「どーしたのシズ。黙りこくって」

穏乃「……私たち邪魔したかな?」

淡「……?」

穏乃「和と咲の」

淡「……あっ」

穏乃「………」
淡「………」

淡「やばい、さっきの笑顔がすごく怖く思えてきた」

穏乃「アポなしで来ちゃったからね……」


48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:12:13.95 ID:fHJwofDq0

淡「ど、どーしよう……」アワアワ

穏乃「とにかくどっかのタイミングで二人っきりにさせよう」

淡「う、うん……!」

咲「お待たせー」

和「お待たせしました」

穏乃「おおーっ!うまそー!」

淡「かき天のせるとはわかってるね~」

咲「この前ふたりともそれが好物だって言ってたから」

穏乃(劇物とか入ってないよな……?)クンクン

淡(シズ、犬みたい……)


49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:13:19.00 ID:fHJwofDq0

穏乃「い、いただきまーす」

淡「いただきますっ」

咲「おいしい?」

穏乃「……すごいうまい!」

淡「うん!」

穏乃「やっぱ咲、料理うまいよ!うん」

咲「まあこれほとんど和ちゃんが作ったんだけどね」

穏乃「えっ」

和「そ、そんな……ふ、二人で作ったんですよ」//

咲「!そうだね、ふたりの料理だね!」//

淡(……やっぱ少し居づらい)


50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:13:49.58 ID:fHJwofDq0

テレビ『~~♪』

和「やっぱり坂本冬美さんはいいですね」

淡「渋っ!」

和「そうですか?若い層にも結構人気なんですよ」

淡「うーん……私はどちらかと言えばロック増やしてほしいかなあ」

穏乃「あっ、ファンモンだ」

咲「へえ、解散するんだ……」

穏乃「うん……寂しいもんだよ。私ファンだったし」

咲(穏乃ちゃんってJ-pop聞くんだ……)


51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:14:25.11 ID:fHJwofDq0

淡「ジャニーズで誰が好きー?」

穏乃「ごめん、私わかんないや」

和「私も……あんまり馴染みないですよね」

咲「私けっこうTOKIOとか好きだよ」

淡「あ~TOKIOはいいよね。飾ってない感じが」

咲「うん」

和「かく言う大星さんは……?」

淡「SMAPかなー」


52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:15:16.47 ID:fHJwofDq0

穏乃「特に誰?」

淡「いや、そーいうのはないかな。曲が好き」

穏乃「ふーん」

咲「今度みんなでカラオケにでも行こっか。年始価格なくなったら」

和「いいですね。私咲さんの歌声聞いたことありませんし……」

咲「そ、そんなに上手くないよ」//

和「それでも聞きたいですよ」//

穏乃(……やっぱ少し居づらい)


53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:15:50.20 ID:fHJwofDq0

『女子高校生と年越し』

テレビ『今年は白組の勝利です!』

咲「紅組負けちゃった」

穏乃「えっ、応援してた?」

咲「そういう訳じゃないんだけど、なんとなく」

穏乃「はぁ~。でも少しわかるかも」

咲「そういえば二人はどうするの?今晩ここに泊まってく?」

淡「……和はどうするの?」

和「わ、私はお泊まりに来させてもらいましたから……」//

淡・穏乃(………)


54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:16:34.04 ID:fHJwofDq0

穏乃「ちょ、ちょっと待ってて……」

咲「?うん……」

穏乃「どうする淡……やばいよ」ボソボソ

淡「完全に恋人同士が年越しでゴニョゴニョするトコに転がり込んじゃったね……」ヒソヒソ

穏乃「長野に友達いる?」ボソボソ

淡「いない……なんならいっそカラオケで一夜明かすってのも」ヒソヒシ

穏乃「高校生オッケーしてくれないよ~~」ボソボソ

淡「うん……。それにカラオケで年越しとか嫌だしね……」

淡・穏乃(……どうしよう)


55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:17:19.62 ID:fHJwofDq0

咲「?もしかして決まってない?ならここに泊まっていってもいいよ」

和「そうですよ。せっかく久しぶりに会えたんですし」

穏乃(ありがたいけど怖い)

淡「う~~」

穏乃「しょうがないよ淡。今日はここに泊めてもらおう」

淡「……そうしよっか」

咲「うん。お布団一つ足りなくなるから……私と和ちゃんはベッドで寝よっか」

和「え、ええっ?!」//

淡・穏乃(やっぱ居づらい……)


56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:17:58.40 ID:fHJwofDq0

テレビ『今年も残すところあと10分を切りました』

淡「!」ピコーン

淡「シズ!外出よう!」

穏乃「えっ?」

淡「新年と同時にコンビニに入って、年最初のお客になってみたくない!?」

穏乃「お、おお!いいね!」

咲「え……でも外寒いし、もう遅いし……」

淡「だいじょーぶだいじょーぶ!さ、行くよ!」ダダッ

穏乃「ちょ、ちょっとっ」


57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:18:48.30 ID:fHJwofDq0

淡「あ、少し遅れるかもしれないから!うん!」

ガチャッ バタンッ

和「……行っちゃいましたね」

咲「……くすっ」

和「?どうかしましたか?」

咲「ううん、なんでも」

咲(似合わないなぁ……。気遣ってくれたんだね、二人とも)


58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:19:43.07 ID:fHJwofDq0

~外~

穏乃「ふぃーっ、さっむいー」ブルブル

淡「贅沢言わないの!二人っきりにさせようって言ったのはシズの方でしょ!」

穏乃「そうだけどぉ~……」

淡「おし、コンビニ着いたよ」

穏乃「時間は……まだ五分前だな。もう少し待とう」

淡「うんっ」

穏乃「………」
淡「………」

淡「……長野は星が綺麗だね」

穏乃「奈良もよく見えるよ」

淡「そーなんだ。憧れるなぁ」


59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:20:18.68 ID:fHJwofDq0

穏乃「淡って案外ロマンチストなんだ?」

淡「案外ってなに」

穏乃「ううん……なんか、何にも考えずに行動してそうだったからさ」

穏乃「少しは情趣に浸ることもあるんだなって」

淡「なにそれー!?わたし的にはシズの方がなんも考えてなさそうだよ?」

穏乃「ええー!?」

淡「………」
穏乃「………」

「「あはははははっ!!」」

穏乃「淡といると楽しいなぁ」

淡「私も、シズといると楽しい」


60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:20:57.08 ID:fHJwofDq0

~一方、咲和サイド~

咲「………」

和「………」

咲「……あ、あはは。二人っきりになっちゃったね」

和「そ、そうですね……。二人が来てなかったときに逆戻りしちゃいましたね」

咲「………」
和「………」

咲・和(……どうしよう)

咲(いやいや、前から決めてたでしょ!何するかって!)

和(穏乃と大星さんも気を遣ってくれたようですし……ちゃんと言わないと)


61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:21:33.91 ID:fHJwofDq0

咲「あのっ」
和「あのっ」

咲「!!」
和「!!」

咲「……あ、ごめん。先に言って」

和「え、ええ!?さ……咲さんから言ってください」

咲「え……あ、うん……!」ドキドキ

咲「あ、あのさ……と、ととと……」

咲「と、年越しキスしよっ!!」///

和「ひゃっ!?」


62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:22:24.36 ID:fHJwofDq0

和(や、やだ……変な声出しちゃいました……)///

咲「ふ、ファーストキスだし……記念に」///

和「は……はいっ」///

咲「………」
和「………」

和「あ……あと、三分くらいですねっ」

咲「さ、三十秒前辺りからにしよっか?」

和「三十秒……!?」

咲「え、ご、ごめん!キスの長さなんてし、知らなかったから……!」

和「い、いえ!三十秒でいいです!」///

咲「え……う、うん!」///


63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:23:08.21 ID:fHJwofDq0

咲「………」ドキドキ

和(ド、ドキドキが止まりません……)ドキドキ

咲「……すぅー、はぁー」

咲(過呼吸になりそう~~っ!気を休めなきゃ……どうしよどうしよ)

咲(リラックスリラックス……あ、そうだ!)

咲「和ちゃんっ!」ギュッ

和「ひゃぁっ!?」ビクッ

咲「だ、抱き締めあったらリラックスできるかなって……」///

和「そ……そうですね……?」

和(リラックスできませんよ、こんな状態~~っ!)///


64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:23:43.62 ID:fHJwofDq0

テレビ『カウントダウン:29秒、28秒……』

和「さ……咲さんっ!もう30秒越してます!」

咲「えっ!?」

テレビ『25、24……』

咲「……じゃ、じゃあ」///

和「は、はい……!」///

咲「……ん」

和(わ、目瞑って……キス顔可愛いです……!)///

和(じゃなくて!私も――…)スッ

チュッ

咲「……んっ」


65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:24:31.62 ID:fHJwofDq0

~一方、淡と穏乃サイド~

淡「はぁ~寒いねぇ」

穏乃「今ごろあの二人は互いを暖めあってんのかねぃ」

淡「やめて、心にくるモノがある」ズキズキ

穏乃「アハハ」

淡「ところで今何分?」

穏乃「わっ!すっかり忘れてた!」カチャッ

穏乃「丁度0:00!」

淡「わーお!突撃!」ダダッ


66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:25:17.19 ID:fHJwofDq0

穏乃「おっけ――」

ウィィーン

淡・穏乃「「!?!?」」

淡「な、何で!?誰もいないのに」

店員「いらっしゃいませー」

穏乃「年始めいらっしゃいませ取られた!」ガーン

ゆらっ

淡「!?」
穏乃「!?」


67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:27:03.81 ID:fHJwofDq0

桃子「……残念、私の方が先っしたね」ユラユラ

淡「……あ、あわわわわわ」ブクブク

穏乃「きゅー」バタッ

桃子「……え、ちょっと!?なに倒れてんすか!」

ゆみ「どうしたモモ!?」タタッ

桃子「何か年初めのお客さんになろうとしてる人がいたから、おどかしたら……」

ゆみ「救急車だ!早く!」

桃子「き、救急車……!」ピポパ


68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:28:20.32 ID:fHJwofDq0

~咲和サイド~

咲「………」
和「………」

テレビ『新年!今年は巳年ですー!』ワァァァ

咲「………」
和「………」

テレビ『さぁ、新年初ソングはー!』

和「……ぷはぁっ!」

咲「………」

和「あ、明けましておめでとうございます。咲さん」///


69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:29:20.30 ID:fHJwofDq0

咲「………」

和「……咲さん?」

咲「」

和「さ、咲さん!?しっかりしてください!!」

和「き、救急車を……!!」ピポパ


穏乃(新年初客になることはできず)

咲(しかもなれたと思ったら)

淡(よりにもよって病院の初客でしたとさ)


おわり


70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:30:06.44 ID:fHJwofDq0

番外編『新道寺女子は異常』
※エロ注意


哩(福岡県大会、一回戦――)

哩(花田や美子、仁美の活躍で大量リードで回ってきた)

哩(この点差なら逆転はなか。少し遊ばせてもらう)フフフ

実況『副将戦、スタートです!』

哩(こん配牌……)
【①②一三四五579東東西西】

哩(リザベーション・六!)ガチャッ ガチャッ


71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:30:40.52 ID:fHJwofDq0

~控え室~

姫子(っ!)ビビクン

姫子(い、いきなり六翻……!?)ビクビク

美子「……大きいの入ったと?」

姫子「うん……六翻」

仁美「……六?」

煌「珍しいですね。こんな点差あるんだしそんな大きい手狙わなくても」

姫子(部長……?)


72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:31:17.82 ID:fHJwofDq0

―東二局―

哩『………』
【⑤⑦⑦二三三五五6南西白白】

姫子(ちらっと見えた限りでは四対子……この点差で立直もないだろうし、二翻かな)

姫子「っ!?」ビビクン

姫子(ま、また六翻……!?)

姫子「ひゃ……っ!!」

美子「だ、大丈夫!?」

姫子「大丈夫、大丈夫……」

姫子(ぶ、部長まさか……)


73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:32:05.63 ID:fHJwofDq0

―東三局―

哩(……こん配牌)
【①②②⑨一八九5東南西北白】

パタッ

哩(リザベーション・十三翻!!)ガチャッガチャッ


~控え室~

姫子「ひゃぁぁぁっ!!!」ビビクンッッ!!

煌「ひ、姫子ー!!」

姫子「はっ……はっ……!」ビクッ ビクッ

姫子「ぶ、ぶちょー……激しすぎぃ……」

煌「部長まさかわざと縛りをきつく……!?」

美子「ま、まさか……部長に限って」


74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:32:53.04 ID:fHJwofDq0

―東四局―

哩(そろそろ使わせてもらうたい)

哩(小泉首相から教わったあの技を!)

哩(轟盲牌……牌の表面ば削って白にしてしまう禁忌技!)

哩(字一色、四暗刻、四槓子、立直・嶺上開花・ツモ・対々・ホンロー・白×4・ドラ18×4)

哩(即ち!リザベーション――)

   One hundred and twenty two!!
哩(  1  2  2 翻 !!! )


姫子「!?」ドクンッ

姫子「いゃぁぁぁあぁぁああぁあっ!!!!!」ビビクンッッッ!!!


75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:33:50.07 ID:fHJwofDq0

姫子(まだ……続いて……!)

姫子「ひあぁぁあぁぁあぁあああっっっ!!!!」ビクビクッ

美子「姫子!?」

姫子「らめぇぇっ!!イク……!イクぅぅぅうっっっ!!!」

姫子「ふぁぁ……はぁぁぁんっ!!!」プシャァァァ

煌「姫子ーーっ!!しっかりしてくださいー!!」

姫子「み、見ないでぇぇっ!!まだ、まだちゅぢゅいて……るぅぅぅ!!!」

姫子「ひゃぁぁあぁんっ!!!」プシャァァァ

姫子「あぁ……はぁぁんっ……!」


76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:34:35.05 ID:fHJwofDq0

姫子「はぁーっ……はぁーっ……」ビクッ ビクッ

煌「姫子~~っ!」

    ビギニング・オブ・ザ・コスモス
哩『《  天  地  創  世 》!!!』

実況『決ィィまァァッたァァァ!!!』

実況『役満直撃で新道寺女子!大将に回さずトップ通過ですっ!!』

美子「おお」

ガチャッ

仁美「お帰――」

哩「う、うぅ……」フラフラッ

姫子「ぶ……ちょぉ……?」


77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/10(木) 11:35:15.73 ID:fHJwofDq0

煌「部長!どうしたとですか!」

美子(方言移っちょる)

哩「122翻縛りばかけたら……体が痛うて……や……ば……」

バタッ

哩・姫子「」

美子「ぶちょぉぉぉーーー!!!」
煌「姫子ぉぉぉーーー!!!」

美子「……なんもかんも政治が悪い」

哩(……大、当た…り)ガクッ


おわり





『咲-Saki-』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿