TOP > アイドルマスター > 春香「お姉ちゃん」

春香「お姉ちゃん」

1: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 13:54:48.61 ID:cGQkE8Cp0

こんにちは、投下します

真美「おねーちゃん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527649979/ の続きとなります

・765アイマスssです
・完全にif物となります
・書き溜め済みです
・細心の注意を払いますが誤字脱字の場合脳内補完お願いします

以上の項目でお願いします


2: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 13:57:28.49 ID:cGQkE8Cp0

真美「はぁっ、はぁっ!」タッタッタッタッ

真美「亜美が悪いのに......はぁっ」

真美「おかーさんなんて...... 嫌い......」

真美「はぁっ、はぁっ......」

真美「大っ嫌い......!」

真美「亜美も......大っ嫌いっ!」

真美「なんであんな言い方......」

真美「はぁ......はぁ......」タッタッ

真美「春香ちゃんのこと...... 変なんて......」

真美「春香ちゃん......」

_____________________________________________________


   春香「どうしたらいいかわからなくなったり、辛くなっちゃたら私のところに電話してね......」

   春香「絶対だよ?」

_____________________________________________________

真美「はぁっ、はぁっ......」

真美「春香ちゃん......!」

真美「はぁ......はぁ......」チャリンチャリン

真美「はぁ......」プルルルル


ガチャ


春香「......はい、もしもし?」


3: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 13:59:57.98 ID:cGQkE8Cp0

真美「......」

春香「あの...... 誰でしょうか......?」

真美「春香......ちゃん......」

春香「......真美ちゃん?」

真美「......春香ちゃん......」

春香「......どうしたの? なんで公衆電話からかけてきてるの?」

真美「......」

春香「どうしたの、ねぇ!? 真美ちゃん......!!」

真美「今から......会えないかな......?」

春香「......今から......?」

真美「......うん......」

春香「......今どこにいるの?」

真美「△△駅の近くの電話......」

春香「......△△駅ね......」

春香「真美ちゃん、駅の中で駅員さんのいるところにいてね!? できるだけ早く行くから......」

真美「......うん......」

春香「約束だからね? 今からどんどん危なくなってくるんだよ......」

真美「......うん......」

春香「それと...... お家には帰りたくないんだよね......?」

真美「..................うん」

春香「......わかった」

春香「......今から行くけど、時間かかるから待っててね! 気を付けるんだよ!」

真美「うん......」

ブツッ


4: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:00:46.16 ID:cGQkE8Cp0

春香「はぁ......はぁ...... 真美ちゃん......!」

真美「春香......ちゃん......」

春香「もう! 心配したんだから!!」

真美「ごめんなさい......」

春香「......ほら、いこう......」

真美「......え?」

春香「なにか事情があったんでしょ? 真美ちゃんの声、すごく暗かった......」

春香「ほんとに心配、したんだから......!!」

真美「うん......うん...... ごめんなさい......」

春香「私の家にいこ...... お母さんには私が言うから......」


5: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:01:45.06 ID:cGQkE8Cp0

マモナクナナジャウニバンホームニデンシャガマイリマース

春香「もしもし、お母さん? うん......うん、そう! その真美ちゃんが......」

真美「......」

春香「うん、うん、わかってる。うん、ありがとう......」ブツッ

真美「......」

春香「今日は私の家に泊まっていいから...... 真美ちゃん、大丈夫?」

真美「......うん......」

春香「じゃあ、真美ちゃんも...... はい」

真美「......え?」

春香「真美ちゃんもお母さんに電話しなさい」

真美「......やだよ」

春香「だめ」

真美「......」

春香「真美ちゃんのお母さん、今絶対心配してるよ。自分でかけなきゃだめだよ」

真美「......っ」

春香「私も手伝ってあげるから......」

真美「......う...ん......」


6: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:03:33.40 ID:cGQkE8Cp0

真美「......」プルルルル

ガチャ

「......はい?」

真美「......」

「あの、どなた様でしょうか?」

真美「......」

「......もしかして真美......?」

真美「......ぅん」

「今どこにいるのっ!? 今何時だと思ってるの!!? 今すぐ帰って来なさい!」

真美「......う、うあ......」

「きいてるの!? 真美! 危ないんだから!! どこにいるの!?」

真美「......そ、その......」

春香「......」

春香「......真美ちゃん、貸して......?」

真美「......う、うん」

春香「......もしもしお電話変わりました、天海春香という真美ちゃんの友達です...... はい、はい。実は_____





春香「はい、はい。明日の朝、私が連れて行きますので。 はい、はい、いえいえ、真美ちゃんも少し混乱してるようで」

春香「......はい、はい。それでは。失礼します......」ブツッ

真美「......」

春香「真美ちゃんのお母さん、すごく心配してたよ」

真美「......」

春香「......明日、謝ろうね」

真美「......」


7: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:04:59.19 ID:cGQkE8Cp0

ガタンゴトン ガタンゴトン

春香「......」

真美「......」

春香「......」

真美「......」

春香「......あ、お母さん......」プルルルル

春香「......」ピッ

春香「今、電車の中だから...... 電話できない......と」ピッピッピッピッピッピ

春香「......ふぅ」

真美「......あっ」

春香「......どうかした、真美ちゃん?」

真美「......ううん、なんでもない......」

春香「......そう?」

真美「......」

真美(......待ち受け、ほんとにあの写真にしてくれてる......)

真美「......」

春香「......?」


8: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:05:36.03 ID:cGQkE8Cp0

春香「ごめんね、うちちょっと遠くて......」

真美「......ううん」

春香「......」

真美「あの......」

春香「......どうしたの?」

真美「......いつも春香ちゃん遠かったんじゃ......ないの?」

春香「あー...... ま、まあね、えへへ」

真美「......ごめん、真美知らなくて......」

春香「......ふふ、ありがとね。でも大丈夫、真美ちゃんに会いたかったし......」

真美「......」

春香「悪く思ってるなら、早く笑ってほしいなぁ......」

真美「......うん」

春香「......すぐは難しいと思うけど......」ナデナデ

真美「......うん」

春香「......」ナデナデ


9: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:06:49.52 ID:cGQkE8Cp0

春香「ただいまー」

真美「......お、おじゃまします......」

「......おかえり春香。あ、そっちの子が真美ちゃん?」

春香「うん、真美ちゃん、私のお母さんだよ」

「こんばんは真美ちゃん。大丈夫?」

真美「......こ、こんばんは。はい、だいじょうぶです......」

「あらあら敬語なんて使わなくてもいいのよ...... それにしてもお人形さんみたいに可愛いわね~」

春香「でしょー!? ちゃんと笑うときっともっっっとかわいいんだよ!?」

真美「そ、そんな......」

「......親御さんには説明できた?」

春香「うん。明日の朝に送っていくよ」

「そう。......いろいろあると思うけど、今日はゆっくりしていってね......」ナデナデ

真美「......は、はいありが

「敬語じゃなくていいから......ね?」

真美「......うん。ありがと、春香ちゃんのおかーさん」

「ふふ...... 真美ちゃん、ご飯は食べたの?」

真美「......ううん、まだ......」

「ならよかった、春香も食べてる途中に飛び出していったのよ。一緒に食べちゃいなさい」

真美「あ、ありがと......」

春香「いこ、真美ちゃん!」

真美「うん......」


10: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:07:33.21 ID:cGQkE8Cp0

「ごめんなさいね、豪勢じゃなくて......」

真美「......お、おいしそう......」

「あらそう? ふふ嬉しいこと言ってくれるわね......」

春香「お母さんのハンバーグおいしいから楽しみにしてて!」

真美「うん......!」

「あっためるから少し待っててね!」

真美「うん......」

春香「真美ちゃん喉乾いてない?」

真美「あ、うん。少し......」

春香「待ってて! お茶でいいかな?」

真美「う、うん。なんでも......」

真美「......」

真美(なんか......春香ちゃんが二人いるみたい......)

真美(春香ちゃんお母さんが大好きなんだろうなぁ......)

春香「はい、お茶!」

真美「......ふふ、ありがと」

春香「......え? なんで笑ったの~?」

真美「なんでもないよ、なんでも......」

春香「ん~??」


11: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:09:02.37 ID:cGQkE8Cp0

「はい、お待ちどうさま!」

真美「わー......!」

春香「いただきまーす!」パク

真美「......いただきます......」パク

春香「......」チラ

真美「......お、おいしー!!」

春香「......ふふ」

真美「こんなにおいしーハンバーグ始めて食べたよ!!」パクパク

「春香......」

春香「あ、お母さん」

「真美ちゃん、とってもかわいいわね......」

春香「ふふ、でしょ? いつもはもっとニコニコしてて元気いっぱいなんだよ」

「......そうなの、見てみたいわね。......歯ブラシとタオル、洗面台に置いといたからね」

春香「ありがとうお母さん......」

真美「はるはひゃんのおはーはん、ふっほいおいひいよ!」モグモグ

「ふふ、ありがとう。その食べっぷりだけで作った甲斐があったわ!」

真美「ふんふん......!」モグモグ

「ゆっくり食べてね、あんまり急いで食べると体に悪いからね?」

真美「ふん!」モグ

「じゃあ私はお風呂入れてくるから」

春香「うん。ありがとうお母さん!」

「真美ちゃん、ゆっくりね」

真美「ゴクン...... うん!」


12: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:10:15.68 ID:cGQkE8Cp0

真美「......」パクパク

春香「あ、真美ちゃん」

真美「ふぅん?」モグモグ

春香「またソースついてるよ、ふふ......」フキフキ

真美「あ...... ありあとうはるはひゃん......」シュン

春香「あれ......?」

真美「......」モグ

春香「な、なんで元気なくなっちゃったの? なんか悪いことしちゃったかな......?」

真美「んーん」ゴクン

真美「......真美ね」

春香「......うん」

真美「亜美の口を春香ちゃんみたいに拭いてあげたんだけど、怒られちゃって...... 偉そうにしてたみたい......」

春香「......そ、そんなことないよ、亜美ちゃんはちょっと恥ずかしかっただけだと思うよ?」

真美「......そう......なのかな......」

春香「......うーんと......」

春香「......」ペト

真美「......」

春香「あ、あー、ハンバーグおいしいなぁ~。おいしすぎるなぁ~!」チラ

真美「......?」

春香「お、おいしいなー......」チラ

真美「......ふふ、なにしてるの春香ちゃん......」

春香「うぅ......//」

真美「......ふふ」フキフキ

春香「ん...... ありがとう、真美ちゃん///」

真美「......えへへ」

春香「ちょっと恥ずかしかったけど、やっぱり嬉しかったよ!」

真美「......そーかな?」

春香「うん! 誰かが自分のことを気にかけてくれてることを、嫌がる人なんていないよ」

真美「......ありがと、春香ちゃん......」

春香「......どういたしまして」ナデナデ


13: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:11:10.45 ID:cGQkE8Cp0

「春香」

春香「お、お母さん...... なにかなー?」

「さっきのはなに?」

春香「のワの」

「真美ちゃんにソース拭いてもらってたでしょ?」

春香「うっ......///」

「あんなに小さい子に、これ見よがしに...... 確信犯ね」

春香「や、やめて......///」

「うふふ、冗談よ。今お風呂沸かし始めたから、沸いたら入っちゃいなさい」

春香「ううぅ...... ありがと......」

「はいはい...... 真美ちゃんおかわりどう?」

真美「いいの!?」

「もちろんよ、ハンバーグもう一個食べられる?」

真美「うん!」

「じゃあ持ってくるわね」

真美「ありがとー!」

「ソースには気を付けるように......ね、春香?」

春香「......う、そ、そうだね......」

「ふふ...... ちょっと待っててね......」

真美「......春香ちゃん、おかーさんと仲いいんだね」

春香「そ、そうかなぁ?」

真美「うん。見ててわかるよ」

春香「......ありがと//」


14: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:12:01.90 ID:cGQkE8Cp0

バタン

春香「ようこそ、ここが私の部屋だよ!」

真美「おじゃまします......」

春香「どうぞどうぞー、あ、座っていいからね~!」

真美「うん...... はー、おなかいっぱい」

春香「真美ちゃんいっぱい食べたねー!」

真美「おいしかったもん!」

春香「ふふ。そっか......」

春香「お風呂沸くまで待ってようね...... えっと私のパジャマでいいかな?」

真美「うん、ありがとね......」

春香「えっと...... あとは......」

真美「......あれは......」

春香「ん? あぁ、あれはアイドルのポスターだよ!」

真美「......あいどる?」

春香「うん! 私アイドルが好きでね、あのグループ推しなんだ~」

真美「そーなんだ......」

春香「......あとは~」

真美「......」ジー

春香「......真美ちゃんも興味あるの?」

真美「え? あ、いや......」

春香「......こんどいっしょにビデオみる?」

真美「......うん、見てみたい......」!

春香「わかった、じゃあまたうちに来てね!」

真美「......うん!」


15: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:12:40.29 ID:cGQkE8Cp0

「はるかー! お風呂沸いたわよー!」


春香「はーい! ......お風呂沸いたって。真美ちゃん、一緒に入ろっか?」

真美「いっしょ...... うん......」

春香「よし! いこー!」

真美「......いっしょ......」


16: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:13:40.09 ID:cGQkE8Cp0

春香「えへへ、ちょっと狭いね。ごめんね」ジャー

真美「んーん、だいじょーぶだよ」

春香「真美ちゃん、おいで。髪洗ってあげる!」

真美「え、悪いよ......」

春香「いいから、ほらー!」

真美「あ、あう」

春香「......」シャカシャカ

真美「......」

春香「大丈夫? 痛くない?」

真美「......んーん、すごくきもちい......」

春香「えへへ、そう?」

真美「......んぅ」

春香「♪」

春香「かゆいとこないですか~?」

真美「うん。だいじょぶ......」

春香「......私ね、誰かの髪洗うのって一回やってみたかったんだ......」

真美「......そーなんだ」

春香「うん...... でも同級生に頼むのはちょっと抵抗があって......」

真美「......」

春香「......だから、ありがとうね真美ちゃん......!」

真美「......えへへ、うん」


17: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:14:49.49 ID:cGQkE8Cp0

チャプン


春香「ふぅー......」

真美「......」

春香「......きもちいーね」

真美「......うん......」

春香「ちょっと狭いけど...... あはは」

真美「......だいじょーぶ。慣れてるから......」

春香「慣れてる......?」

真美「真美たち、ちょっと前まで毎日いっしょにお風呂入ってたんだけど......」

春香「......そうだったんだ」

真美「最近は、全然入ってない......」

春香「......」

真美「亜美にあんなふーに髪洗ってあげたこともない......」

春香「......」

真美「一回くらいやってあげればよかったかな......」

春香「......明日」

真美「......え?」

春香「明日、帰ったらやってあげればいいよ!」

真美「でも、もー亜美も一緒にお風呂入りたくないと思うし......」

春香「真美ちゃんは入りたいんでしょ?」

真美「でも、入る前にまた言い合いになっちゃうよ、きっと......」

春香「大丈夫......! 真美ちゃんが一緒に入りたい!って全力で言ったら亜美ちゃんだって絶対入ってくれるよ!」

真美「......」

春香「真美ちゃんはまた、一緒に入りたいんでしょ......!?」

真美「............うんっ」

春香「なら大丈夫。私を信じて!」

真美「......ありがと、春香ちゃん......」

春香「ふふ...... そろそろ上がろっか、カルピス飲も~!」


18: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:15:35.20 ID:cGQkE8Cp0

春香「真美ちゃんはベッドでいいからね」

真美「え、でも......」

春香「真美ちゃんはお客さんだから......ね?」

真美「......ありがと」

春香「さてと...... もう寝るだけだね......」

真美「うん......」

春香「......」

春香「真美ちゃん......」

真美「......うん......」

春香「......」

春香「最近なにしてたの?」

真美「......えっ?」

春香「友達と遊んだりしてた?」

真美「う、うん......」

春香「私も最近友達とカラオケに行ってね、楽しかったんだー!」

真美「そ、そーなんだ...... カラオケ......いいなー」

春香「友達と行くのも面白いよ!」

真美「真美はね、このまえ公園で......

春香「うんうん......





19: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:17:29.56 ID:cGQkE8Cp0

真美「真美の友達が言ってたんだけど、あの新作恋愛映画泣けるんだって!」

春香「最近の小学生はお金持ちだね...... 私は映画館なんて友達と行けなかったよ......」

真美「真美もだよ~...... だから前はよく亜美といっしょに面白いえいがツタヤで探したり......あっ......」

春香「......そうなんだ」

真美「......」

春香「......」

真美「は、春香ちゃんが小学生の時ってさ......」

春香「......うん?」

真美「夏休みなにしてた......?」

春香「そうだなぁ...... 家族と旅行に行ったり、友達と遊んだり...... あ、宿題最後の週に頑張ったりとか、あはは......」

真美「あ、そうだ宿題! 今回こそは楽な方の宿題を真美が勝ち取らないと...... 去年は亜美にいーやつとられ......」

春香「......」

真美「......」

春香「......ふふっ」


20: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:21:29.77 ID:cGQkE8Cp0

真美「春香ちゃん......」

春香「......なあに?」

真美「真美、最近全然亜美と話してない......」

真美「そんなつもりないんだけど、ちょっとしたことでイラっとしたり......」

春香「......」

真美「そのせいで亜美と顔も合わせたくなくなっちゃて......」

真美「亜美にきついことも言っちゃって......」

春香「......」

真美「でもわかんなくて...... なんか言われたらすぐにひどい言葉返しちゃってそれで......」

春香「素っ気なくしちゃう......?」

真美「うん......」

春香「そっか......」

真美「今日は亜美が春香ちゃんのこと変な人って言って......」

真美「気が付いたら亜美のこと叩いてた」

春香「......そうだったの」

真美「でもお母さんは真美が悪いって、それで......」

春香「......」

真美「でも亜美だってなんか怒ってたりしてて......ね...」

真美「あれ......?」

春香「......ん」

真美「春香ちゃん......なんで真美のこと抱きしめてるの?」

春香「......いいから続けて......?」

真美「......亜美も怒ってたり、真美は、おねーちゃん......だから、我慢と、かおこっちゃだめだ、ってそれで、それ......で......」

春香「......真美ちゃん。真美ちゃんは十分お姉ちゃんだからもう頑張らなくていいんだよ......」ナデナデ

春香「真美ちゃんは妹の......亜美ちゃんのことを考えてこんなに悩んでるんだから」ナデナデ

春香「真美ちゃんにはちょっと心に余裕がないだけだと思うよ......」ナデナデ

春香「だからね......」ナデナデ



春香「そんなに辛そうに泣かないで」



真美「......う......うぅ......ふっ......うぅふっ......はぁっ......」グスヒック

真美「う、ううううぅぅぅっ!」

真美「うえぇぇぇぇぇん!!!」


21: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:22:15.83 ID:cGQkE8Cp0

真美「......」ヒックヒック

春香「......」ギュッ

真美「......」フーフー

春香「......」ギュー

真美「はっ......るかっ......ちゃん......」ヒックエグ

春香「んー?」ギュー

真美「あり......がっとっ......」グスッ

春香「いいんだよー」ナデナデ

真美「......」ギュー

春香「真美ちゃんは頑張ってるから、私が真美ちゃんのお姉ちゃんになってあげる」

真美「......」ギュー

春香「......」ナデナデ

真美「はるかおねーちゃん......」

春香「ふふっ、なあに?」

真美「......なんか違う」

春香「え?」

真美「春香ちゃん、春香おねーちゃん......うーん」

真美「......はるちゃん」

春香「......なんでもいーよ、なあに真美ちゃん?」

真美「はるちゃん...... うん、これが一番しっくりくる......」

春香「そう? ......真美ちゃん?」

真美「ん...... なに、はるちゃん?」

春香「もう離してもいーい?」

真美「......もうちょっと......」ギュッ

春香「......はーい♪」ギュッ


22: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:23:07.51 ID:cGQkE8Cp0

真美「はるちゃん」

春香「ん?」

真美「真美、帰ったら亜美とちゃんと話するね」

春香「そっか。偉いね」

真美「真美、仲直りできるかなぁ?」

春香「できるよ! 真美ちゃんが優しくて、本当は亜美ちゃんと仲直りしたいのは知ってるから......」

真美「また嫌な言葉が出てきたりしないかな......?」

春香「......」

春香「......一つだけいいかな?」

真美「うん」

春香「真美ちゃんは亜美ちゃんのお姉ちゃんになりたいの?」

真美「......え?」

春香「お母さんが言ってるからお姉ちゃんにならないといけないって思ってるみたいだけど」

春香「亜美ちゃんの話を聞いてると、亜美ちゃんはお姉ちゃんなんて必要かな?」

春香「真美ちゃんは亜美ちゃんとどうなりたい?」

真美「亜美と......」

春香「真美ちゃんの気持ちを言っていいんだよ......」

真美「亜美と...... 昔みたいに、いっしょに遊びたい。いっしょに笑ってたい......」

春香「私、亜美ちゃんもそう思ってると思うよ」

真美「そうかな?」

春香「そうだよ......!」

真美「......ありがとう、はるちゃん......」

春香「いいえ! ......それでさ」

真美「うん?」

春香「まだ離れたくない?」

真美「......まだ......」

真美「だめ......?」ギュッ

春香「......私も~♪」ギュー

真美「真美も......」ギュー


23: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:24:05.12 ID:cGQkE8Cp0

春香「.....」ギュー

真美「......」ギュウウウウ

春香「真美ちゃん」

真美「......ん」

春香「そろそろ寝よっか?」

真美「......」

春香「ほら、明日早く起きて亜美ちゃんと仲直りしよう?」

真美「はるちゃんは......」

春香「うん?」

真美「......真美と離れたいの?」

春香「そうじゃないけど......」

真美「じゃあ......」

真美「いっしょに寝て......?」

春香「......ふふっ」

春香「ずいぶんと甘えんぼな妹ができちゃったなー」

真美「......っ」ギュー

春香「いいよ」

真美「!!」

春香「だからもう寝よう?」

真美「うんっ!!」


24: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:25:33.41 ID:cGQkE8Cp0

春香「そっちちゃんと布団被ってる?」

真美「うん」ギュー

春香「寒かったら言ってね」

真美「うん。だいじょーぶ」ギュー

春香「じゃあ、おやすみ」

真美「おやすみ......」ギュウウ

春香「......」

春香「あの、真美ちゃん?」

真美「......うん」

春香「もうちょっと緩くしてくれない? ちょっときついから......」

真美「......」ギュウウ

春香「どこも行かないから...... ね?」

真美「......わかった」ギュッ

春香「ありがと......」ナデナデ

真美「......♪」

春香「本当に妹ができたみたい......」ナデナデ

真美「......感想は?」

春香「......さいっこー!」ギュー

真美「うあっ!?」

春香「えへへー、真美ちゃーん♪」ギュー

真美「なーに、はるちゃん......」

春香「......」

春香「よく頑張ったね......」ナデナデ

真美「......」

春香「もう大丈夫だから......」ナデナデ

真美「......」

真美「ほんとに......ありがとう、はるちゃん」

春香「明日一緒に行くからね......」

真美「うん。おねがい......」

春香「......」

真美「......」

春香「おやすみ、真美ちゃん......」ギュッ

真美「おやすみ、はるちゃん......」スリスリ

春香「......」

真美「......」

春香「......」

真美「......」スースー

春香「ふふ......」ナデナデ


25: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:27:10.61 ID:cGQkE8Cp0

真美「んぅ......」パチ

春香「......おはよ、真美ちゃん!」

真美「おはよーはるちゃん......」

春香「......びっくりしたよ。起きても昨日のままだったから......」

真美「......んー」ポケー

春香「まぁ真美ちゃんの寝顔見れたからよかったけど♪」

真美「......」ギュー

春香「真美ちゃん......?」

真美「......」スー

春香「寝ちゃった......」

春香「......もう、ちょっとだけだからね?」

春香「下の子を甘やかしがちになるっていうの、わかる気がするなぁ......」

春香「......」

真美「......」ギュー

春香「......もー//」ナデナデ


26: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:28:18.80 ID:cGQkE8Cp0

真美「はるちゃんのおかーさん、おはよー......」

「あら、おはよう真美ちゃん! よく眠れた?」

真美「うん......」

「ふふ...... まだ半分寝てるみたいね。顔洗ってきたら?」

真美「......うん......」トテトテ

春香「......おはよお母さん」

「おはよう春香、昨日は真美ちゃんどうだった?」

春香「泣いてすっきりしたみたい...... 今日妹さんと仲直りするって」

「よかったわ。あんないい子がずっと曇り顔なんてもったいないからね」

春香「うん......」

「......ほら、あんたも顔洗ってきなさい。ご飯できてるから」

春香「はーい」


27: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:28:59.18 ID:cGQkE8Cp0

「はいどうぞ」

真美「わー、おいしそー!」

春香「......なんかいつもよりおかず多くない?」

「......そ、そんなことないわよ......」

春香「......真美ちゃん、これから毎日来ていいからね!」

真美「んぇ?」モグモグ

春香「......」

「......ふふっ」

真美「ゴクン...... はるちゃん! この卵焼きとおみそしる、すっごいおいしーよ! 早くいっしょにたべよーよ!」

春香「え、あ、うん。そうだね!」

「こんなにおいしそうに食べてくれるからね。やっぱり作っちゃうのよね......」

真美「ふん、ふん...... おいひ~!!」モグモグ

春香「......ふふふっ わかるよ、お母さん♪」


28: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:30:33.09 ID:cGQkE8Cp0

春香「じゃあ行ってくるね!」

「うん、ちゃんと真美ちゃん送り届けなよ!」

春香「うん!」

真美「あの...... はるちゃんのおかーさん......」

「真美ちゃん......」

真美「いきなりきたのにいろいろ、ありがとーございました」ペコッ

「......いいのよ。久しぶりにかわいいお客さんが来てくれて楽しかったわ!」

真美「......うん」

「......妹さんと喧嘩してるんだっけ? 詳しいことは分からないけどね......」

真美「......」

「真美ちゃんならまた仲直りできるわよ! こんなにいい子なんだから...... 私が保証するからね!」

真美「お、おかーさん......」

「それと......」

「また来てね。春香、真美ちゃんの話ずーっと私にしてたんだから!」

春香「ちょ、ちょっとお母さん!」

真美「うん、うん......」

「お料理作って待ってるからね、いつでもいらっしゃい......」

真美「ありがと......」ギュッ

「あらあら......ふふ。 頑張ってね......」ナデナデ

真美「......うん!」

春香「行ってきまーす!」

真美「おじゃましました!」

「二人とも、行ってらっしゃい!」


29: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:31:24.10 ID:cGQkE8Cp0

ガタンゴトン ガタンゴトン

春香「......」

真美「......はぁ」

春香「......不安?」

真美「んーん......」

真美「亜美に悪いことしちゃったなって」

春香「そうだね、叩いちゃったのは謝らないと......」

真美「......うん」

春香「でもそのこと聞いたときね、私少し嬉しかったの......」

真美「......え?」

春香「あの時、真美ちゃん、私のことを悪く言われたことに怒ってくれたんでしょ?」

春香「嬉しかったよ......」

真美「......えへへ」

春香「だけど!」

春香「叩いちゃったのはやりすぎだね」

真美「......うん」

春香「大丈夫。真美ちゃんは優しいだけだよ、冷静になれれば......ね?」

真美「......うん!」

春香「ふふ......」ナデナデ


30: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:32:17.10 ID:cGQkE8Cp0

春香「真美ちゃん、待っててね。真美ちゃんのお母さんに電話してくるから......」

真美「うん!」

春香「......あっ、もしもし双海真美さんのお母さんでしょうか、昨日お電話した天海春香です。もうすぐ______


31: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:33:22.41 ID:cGQkE8Cp0

春香「もうすぐだね......」

真美「......うん......」

春香「......だいじょーぶ! 私も後ろで見てるからさ......」

真美「うん、ありがとうはるちゃん......」

真美「あっ」

春香「ん? どしたの......!」


亜美「......」


真美「亜美......」

春香「......がんばって......!」スッ

真美「あっ、はるちゃん......」

真美「いっちゃった......」

真美「......っ!」


32: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:34:23.83 ID:cGQkE8Cp0

真美「亜美、おはよ......」

亜美「......」

真美「昨日、叩いちゃってごめんね」

亜美「......」

真美「......その、昨日考えてやっぱり真美が

亜美「どこ行ってたの......」

真美「......え?」

亜美「昨日の夜、どこ行ってたのっ!?」

真美「......友達の家......」

亜美「みんな心配したんだよ! おかーさんも、おとーさんだって帰って来て......」

真美「そう、だったんだ......」

亜美「......亜美もっ......!」

真美「......亜美......」

亜美「亜美も心配したんだよっ! もし亜美のせいで真美が......真美が事故にあったりしてたらどうしよって......!」

亜美「電話があるまで、本当に......」

真美「ごめん...... ごめんね......」


33: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:35:25.11 ID:cGQkE8Cp0

亜美「最近の真美...... 変わってっちゃった気がして...... 亜美、わかんなくなっちゃって......」

亜美「ひとりで思いつめちゃうし、相談もしてくれなくて......」

亜美「そのうち亜美もひどいこと言っちゃったりして...... もう戻れなくなっちゃうって思ってすごく......怖かった......」

真美「......うん、うん......」

亜美「いつからかいっしょに遊ばなくなって、いつからか考えてることもわかんなくなって......」

亜美「ご飯も、お風呂も、コーヒーぎゅーにゅーも、寝るときだって一緒じゃなくなっちゃった......」

真美「コーヒーぎゅーにゅー......」

亜美「す、ごく...... 遠くに真美、が......いっぢゃっだ、って......」ジワッ

真美「亜美、あ、み......」

亜美「グスッ...... はぁっ...... ほんとはわかってる...... 昨日だってほんとは、亜美が悪かったのに」

亜美「それで真美になにか言われるたびに...... ひどい言葉で返しちゃって......」

亜美「亜美は...... ほんとは......」

亜美「真美のあたらしい友達に...... しっとしてた......」

亜美「真美のこと、とられっちゃった、んじゃないかって......」ポロッ

亜美「うぅ...... ううっ......」ポロポロ

真美「ま、真美も......」

真美「真美も亜美が遠くに行っちゃうんだっておもって...... すごく不安で......」

真美「おかーさんにいわれたから、おねーちゃん、に、ならなきゃって......」

真美「でも真美も、亜美にひどいこといっちゃって、それ、で...... それでっ!」ポロッ

亜美「いらな、い......」

亜美「おねーちゃん、なんて、いらないっ、から......」

亜美「いっしょに......グスッ いてよ......」

真美「あ、み......」ポロポロ

亜美「いっしょに、また......」

亜美「いっしょにまた、遊んでよ、笑ってよ......」

亜美「もう...... ひとりは、やだよ......」

真美「真美も......前みたいに、亜美と......亜美と、いたいよ......」ダキッ

亜美「うぐっ...... うわぁぁぁぁぁん!!」ギュー

真美「うえぇ...... うえぇぇぇぇぇん!!」ギュッ


34: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:36:07.87 ID:cGQkE8Cp0

春香「......よかった。本当によかったね、真美ちゃん......」グスッ

「あの......、あなたが天海春香さん...... ですか?」

春香「あ......はい、あなたは......」

「初めまして、亜美と真美の母です」


36: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:36:56.44 ID:cGQkE8Cp0

春香「そ、そうでしたか。昨日はすいません! 勝手にその、真美ちゃんを泊まらせて......」

「いえ! こちらこそ、真美が迷惑をかけてしまって申し訳ありませんでした」

「真美が困ったときに頼れる......春香さんのような人がいてくれてよかった......」

春香「そんなこと...... 私は何も。真美ちゃんが自分で立ち上がっていっただけです」

春香「それに前から真美ちゃんには頼られていたのに...... 結局何も具体的なことは言えず......」

春香「......」

「真美があなたのことを話してくれるんです」

春香「......え?」

「会って間もないのに、親身になってくれる。真美の答えを待ってくれる、って」

春香「......」

「あの子は言いたいことがあったのに、私はそれを待たず蔑ろにしてしまった...... 親失格です」

「挙句の果てにあの子にひどいことを言って傷つけてしまった」

「あなたがいてくれて本当によかった......」

春香「......っ」

「あの子たちの親として言わせて下さい」

「ありがとうございました」

春香「......そ、そんな」

「......あの子たちのあの言い合いを作ってくれたのは、あなたです」

「言わせて下さい。ありがとうございました」


37: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:37:40.64 ID:cGQkE8Cp0

「......あの子たちに仲良く、強く大きくなっていってほしかったと......」

「真美に姉の役割を押し付けてしまった......」

「あなたと、あの子たちのほうが分かっていたようですね......」

春香「真美ちゃんと亜美ちゃんならもう大丈夫ですよ」

春香「だから......」

春香「あの子たちから、もし何か提案があったら......」

春香「その時は、その考えを尊重してあげてくれませんか......?」

「......ふふ」

「はい、もちろん。もう遅すぎるかもしれませんが......」

春香「いえ......」



真美「ごめんね、亜美。すごくさびしかった......よね」

亜美「うん...... でももーさびしくないよ...... 帰ったらさ、いっしょにゲーム、してくれる?」

真美「......うんっ、もちろんっしょ......! マリカ? ぷよぷよ?」

亜美「......えへへ、なんでもいーよ......!」



春香「いまからだと......思いますよ、きっと......」


38: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:39:26.27 ID:cGQkE8Cp0

「あなたにはちゃんとお礼を言わないと...... 主人も会いたがっています。よければ上がっていきませんか?」

春香「......そうしたいのはやまやまですけど......」

春香「今日は二人にゆっくりさせてあげてください......」

春香「私は帰ります。もともと見守るつもりもなかったんですけど......」

春香「......ほんと、よかった......」

「そうですか...... ではまた別の機会に......」

春香「はい。では昨夜はお騒がせしました...... 」

春香「失礼しま



「はるちゃん!」



春香「......真美ちゃん......」


39: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:40:16.97 ID:cGQkE8Cp0

タッタッタッタッ





真美「はるちゃんっ!」ダキッ

春香「......わっ」

真美「いっちゃうの......?」

春香「うん、もともとすぐ帰るつもりだったんだ」

春香「......よく頑張ったね!」

真美「うん......! はるちゃんのおかげだよっ!」

春香「......!!」

春香「......よかった......」

春香「真美ちゃん、やっとちゃんと笑えるようになったね......!」

真美「......え?」

春香「いまの笑顔、いままでよりずっと輝いてるよ!」

春香「本当に......よかった......」

真美「......これからも」

真美「これからは、はるちゃんといっしょにちゃんと笑えるから......」

春香「真美ちゃん......」

真美「だから、だから......」

真美「これからも会える......よ、ね?」

春香「......」

真美「......っ!」ジッ

春香「......もちろん」

真美「......!!」

春香「もちろんだよ...... だって私は......」

春香「真美ちゃんのお姉ちゃんだもん......!」

真美「......っ!! うん!!」


40: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:41:01.23 ID:cGQkE8Cp0

春香「だから......」ギュッ

真美「......ん」ギュー

春香「またね......真美ちゃん......」ギュー

真美「うちに寄っていかない?」

春香「真美ちゃんのお母さんにも言われたけど、今日は亜美ちゃんとゆっくりして?」

春香「私はそうしてほしいから......」

真美「わかった......」

春香「......うん......♪」ナデナデ

真美「......」ギュー

春香「......じゃあね」ナデ

真美「また電話するから......!」

春香「うん! 楽しみにしてる!」フリフリ


真美「......っ」



真美「はるちゃーーーーーん!!!」




春香「......?」





真美「ありがとーーーーー!!!!!!!!」

春香「......もう」グスッ

春香「......」フリフリ

真美「......」フリフリ


41: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:41:38.72 ID:cGQkE8Cp0

真美「......ふぅ......」

「真美」

真美「おかーさん......」

「おかえりなさい。それと......」

「ごめんね。昨日はよく知らず叱ったりして......」

真美「真美も......」

真美「真美もおかーさんにひどいこといっちゃった......」

真美「ごめんね、おかーさん......」

真美「で、でも真美、おかーさんのことほんとは

「......」ダキッ

真美「......おかーさん......」

「わかってるわ...... あなたが私のことを好いてくれていることくらい......」
 
「私も...... 大好きよ。真美」

真美「......うん......おかーさん......」ギュウ

「いい人に出会えたのね......」

真美「うん...... 真美の恩人だよ......」

「そうね......」

「『私たちの』......ね......」


42: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:42:17.70 ID:cGQkE8Cp0

「さぁ、向こうで亜美が待ってるわ。帰りましょうか」

真美「うん! おかーさん、今日のお昼ご飯は?」

「今日は真美の好きな____________


43: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:42:56.75 ID:cGQkE8Cp0

亜美真美「「おかーさん」」

「あら、二人そろってどうしたの?」

真美「あのね...... 二人で話したんだけど......」

亜美「その......」

「......言いなさい......」

亜美「あのね!! 真美もそうなんだけど、亜美は真美がおねーちゃんだからとかイヤなんだ!」

亜美「そうやってる真美はとっても辛そうで...... 亜美もその感じは......だいっきらいで......それでっ、それで......っ」

真美「亜美、落ちついて......」

亜美「真美......」

真美「ありがと亜美、うれしーよ......」

「......」


44: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:43:32.35 ID:cGQkE8Cp0

真美「おかーさん......」

「うん」

真美「真美ね、おねーちゃんにはなれない」

真美「はるちゃんを見てたらおねーちゃんも、すごいかっこよかった」

真美「でもね」

真美「真美と亜美はそうじゃないんだ」

真美「真美は亜美のとってもちかい...... うーんともだち? っていうか......」

亜美「あーん真美、ぴしゃって言っちゃってよー!」

真美「あはは、ごめんごめん...... だからね......」

真美「真美は亜美の......」

亜美「いちばんっ!!」

真美「いちばん...... そう! いちばんっ!」

亜美「おかーさん!」

真美「いい......かな......?」

「......」

「......もちろんよ」

真美「っ!! やっ

亜美「やったーーーーーーー!!」

亜美「やったね真美! やったね ー!」ダキッ

真美「......うん、うんっ!」ギュー


45: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:44:15.96 ID:cGQkE8Cp0

「......ごめんなさい」

真美「え......?」

亜美「おかーさん......」

「こんなに貴方たちを追い込んでいたとは思ってなかった......」

「貴方たちの好きに生きなさい......!」

「これから貴方たちはもっと自分たちで選んでいくことも増えるでしょう」

「でもこれだけは約束して」

「二人でいっしょに、乗り越えていくのよ」

「真美は亜美を」

「亜美は真美を」

「助けてあげて」

「......いいわね?」

真美「うん、もちろん!」

亜美「らくしょーだよっ!」

「ふふ...... あなたのお姉ちゃんにもお説教されたし......ね♪」ナデナデ

真美「......?」


46: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:44:58.00 ID:cGQkE8Cp0

亜美「ねぇねぇ真美! 夏休みどこ行く!?」

真美「うーん、やっぱ海とかいこーよ!」

真美「それより早くゲームしよ、ゲーム!」

亜美「あ! そーだね! じゃあ、スマブラ? マリカ? それとも......


「いまから......ね ......あの子の言う通り、なのかしら......」


47: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:46:09.10 ID:cGQkE8Cp0

「そう、ならよかったわね。真美ちゃん仲直りできたのね......」

春香「うん! よかったよ。ようやくちゃんと笑ってくれたし」

「そうね...... 笑ってはいたけど、どこか気にしていたもんね......」

春香「うん......」

「そのあとはどうなったの?」

春香「うーんわかんない。でも多分溝を埋めてるんだと思うよ...... 電話がかかってないから......」

「......電話?」

春香「うん。前はほとんど毎日携帯に電話かかってきてたんだけど、もう二日はかかってきてないから......」

「あんたが携帯で電話するなんて珍しいわね。今は調べ物があるから友達にすら番号教えてないって言ってたのに」

春香「う、うん。まぁ......」

「ふふ...... 大事な妹だからねぇ~? お姉ちゃん?」

春香「うぅ......///」

春香「も、もうお母さん!」プルルルルルル

春香「あっ......」

「聞いてきなさい......」

春香「うんっ......!」


48: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:47:13.11 ID:cGQkE8Cp0

春香「もしもし、真美ちゃん?」

「え、えと、もしもし」

春香「......もしかして...... 亜美、ちゃん?」

「は、はい! えっとはじめまして!」

春香「......うん! 初めまして、だね」

「あの、どうしても春香ちゃんに言っておきたいことがあって......」

春香「え、なにかな?」

「......ま、真美の相談に乗ってくれて、ありがとーございました!」

春香「......っ!」

「春香ちゃんがいなかったら、亜美たち、ずっとあんな感じだったと思うから......」

「本当に、ありがとう!」

春香「えへへ...... どういたしまして!」

「それがいーたくて...... じゃあ、真美にかわるね!」

春香「うん。ありがとね、亜美ちゃん!」

「......もしもしはるちゃん!?」

春香「うん、こんばんは真美ちゃん!」

「うん、こんばんは! それでねっ、あの後亜美と________

春香「ふふっ...... そうなんだ。ねね、そのゲームさ、次は私も一緒に__________


49: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:47:47.42 ID:cGQkE8Cp0

おしまい

設定として春香が携帯電話で友達と電話するのが趣味なのはわかっていますが、少し変えさせてもらいました


50: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 14:48:37.51 ID:cGQkE8Cp0

どうも、作者です。

今回は前回よりシリアスっぽいものに挑戦してみました、まぁ丸くなっちゃいましたが......
それというのも書いてるうちにやっぱり、亜美と真美がお互い居心地悪そうにしてるのがとても辛くて......
本当はもっと丁寧に亜美が春香に嫉妬したり真美に当たるところも書きたかったんですが、いやーもう辛い。
長くなってもあれなんで短くさせてもらいました。
あと春香のやさしさ、母性が中学生離れしてると思ったんですが...... はるるんだから問題ないよねっ!......すいません、やっぱりやりすぎた感ありました......
今回のssは最初、はるまみのssを書こうと思って書き始めたものなんです。
春香と真美は自分の推しの二人なんですが、はるまみで探してもssが無いの無いの。
ということで、自分で書いたらいいじゃないと書き始めた所存です。
ちなみに自分はアニマスから入ったにわか勢なので、もしゲームではるまみはタブーだったりとかしてもわかりません。
でも好きなんだもの...... ssくらい書いてもいいよね......?
いかがだったでしょうか。今回は出番こそ少なかったですが亜美と、苦悩する真美が主役だったと思います。
自分は一人っ子なので直接経験はしていませんが、姉妹(きょうだい)にはこういうこともあるのかな、あるなら亜美と真美はこんな感じだったんじゃないかな、と書いてみました。

さて...... 今回はまだ一部です。

もともとはるまみが書きたかったと言いましたが、いい感じに続けられそうだったんでこのままこの世界線でssを書いていこうと思います。なのでこれからは、春香と真美時々まみあみという感じになると思います。あっまあまにするぜ!
はるまみの賛同者が一人でも増えてくれることを願います......

稚拙な表現、文でしたが読んで下さり、ありがとうございました。
今回は擬音の頻度や言い方にもこだわってみました。もし気づいてくれたら嬉しいです。
またどこかで自分のssを読むことがあったら、よろしくお願いしますね。





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿