TOP > STEINS;GATE > 岡部「紅莉栖と結婚したい」ダル「!?」

岡部「紅莉栖と結婚したい」ダル「!?」

2018/06/04 14:01 | STEINS;GATE | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 07:45:33.33 ID:LyIrUTDDO

岡部「はぁ・・・」

ダル「どしたん?大きなため息ついて」

岡部「いや何・・・少々考え事があってな・・・気にすることではない」

岡部「・・・はぁ・・・」

ダル「気になって仕方がない件について、というより聞いてほしいんだろオカリン」

岡部「うむ」

ダル「どしたん?」

岡部「実はな・・・」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 07:49:03.05 ID:LyIrUTDDO

岡部「フゥーハハハ!!クリスティーナよ!喜べ!我が身銭を切ってプレゼントを買ってきてやったぞ!」

紅莉栖「・・・普通に渡せんのかおのれは・・・」

紅莉栖「・・・これなに?フォーク?」

岡部「うむ、お前のみすぼらすぃ~・・・長年使い続けているフォークを見てな、実にかわいそうだと思ったのだ」

紅莉栖「はいはい、みすぼらしいフォークですいませんね、ありがと」

岡部「気にするな、百均で買った安物だ」

紅莉栖「・・・Kって彫ってあるけど」

岡部「・・・」

紅莉栖「・・・」

岡部「いやそれはだな、コケたらそんな傷がついた」

紅莉栖「なんぞそれ!嘘つくにしてももう少しマシな嘘があるだろ!」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 07:52:26.04 ID:LyIrUTDDO

岡部「・・・」

紅莉栖「・・・ふふっ・・・嬉しいわ」

岡部「・・・!そうだろう!もしもし、俺だ、あぁ作戦は上手くいった、これでこの女はもう既に俺の手の中だ!」

紅莉栖「元々あんたの手の中だろ」

岡部「あぁ、これから最終作戦に移ろうと思う、健闘を祈っててくれ、エル・プサイ・コングルゥ」

紅莉栖「聞いちゃいないし」

岡部「フゥーハハハ!!やはりお前のようなじゃじゃ馬乗りこなせるのは俺くらいのものだな!!」

紅莉栖「・・・」

紅莉栖「そう言えばあっちでもフォーク貰ったんだった」

岡部「!?!??!?!!!!!????」

紅莉栖「いいわね、日によって使いたいフォークが選べるだなんて贅沢よね」

岡部「!!!???!?!!!????!!!!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 07:55:40.43 ID:LyIrUTDDO

岡部「・・・ふ、フゥーハハハ!!嘘をつくんじゃないぞクリスティーナァ・・・!お前のような・・・」

紅莉栖「ほらこれ、あっちはBBQとかが多いから結構大きめのフォークくれたのよね」チラッ

岡部「」

岡部「・・・お前・・・もしかしてあっちで・・・モテてるのか・・・?」

紅莉栖「・・・んー、まぁ人並みじゃないかしら、私は可愛げがないってよく言われるし微妙なとこ」

紅莉栖「先輩は一部の人にはモテモテだけどね」

岡部「・・・」

岡部「もしもし、俺だ、最終作戦は失敗だ」

紅莉栖「ちょ!?岡部!どこ行くの!?」

岡部「帰って寝る、持病のRS頭痛がぶり返してきた」

紅莉栖「もうそんな事ないだろ!ちょっ!岡部!!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 07:58:26.23 ID:LyIrUTDDO

岡部「という訳でな」

ダル「あー、要するに嫉妬」

岡部「嫉妬ではない!断じてな!そう!いうなればこれは・・・!」

ダル「そういうことばっかり言ってるから牧瀬氏の心が離れていくんじゃね?」

岡部「ぐおっ・・・」

ダル「年に二、三回しか会えないのに先に口をついて出るのが軽口だったら牧瀬氏も呆れると思われ」

岡部「・・・やはりそうだろうか・・・」

ダル(うわっ、マンドクセ)


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 08:00:01.64 ID:LyIrUTDDO

ダル「それで?それが悩みなん?」

岡部「・・・うむ・・・いや、悩みといえば悩みだが」

岡部「・・・まぁ要するに、俺はあいつを誰にも渡すつもりは無いというわけだ」

ダル「ふむふむ」

ダル(牧瀬氏も同じ気持ちだろJK)

岡部「だから俺はクリスティーナと・・・」

岡部「紅莉栖と結婚したい」

ダル「!?」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 08:03:47.37 ID:LyIrUTDDO

ダル「え?なんて言ったん?結婚?マジで言ってる?」

岡部「あぁ」

岡部「俺は紅莉栖を誰にも渡すつもりは無い、たとえ俺より魅力的な奴がいようが俺はあいつが言い出さない限り自分から身を引くことは無い」

岡部「最初こそはあいつがどこかで生きていればそれでいいと思ってた」

ダル「あぁ・・・例の世界線漂流だっけ」

岡部「そうだ、俺はあいつを助ける時に決意したんだ」

岡部「たとえ元の関係に戻れなかろうがそれでも構わない、俺は、俺の好きなあいつが生きてさえいればそれで満足なのだと」

岡部「だが、あいつが微かにでも世界線漂流の出来事を覚えていてくれて、その決意は鈍った」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 08:08:15.84 ID:LyIrUTDDO

岡部「どうしようもなく望んでしまった、あいつと俺の未来を」

岡部「世界線漂流中での、あいつと俺の関係の、続きを」

ダル「・・・」

岡部「以前鈴羽が言っていた、シュタインズ・ゲート世界線は不確定な未来の世界だと」

岡部「それはつまり、誰にでも自分の未来を選びとる権利がある世界ということだ」

岡部「だが、あいつは覚えている、デジャビュのように微かだったとしても、心が覚えている」

岡部「俺と過ごした時間のことを」

岡部「その感情に引っ張られ、自分では納得が行っているつもりでも、実の所は違うのかもしれない」

岡部「俺という存在が関与しなければ、あいつはもっと相応しい、あいつ自身が選んだ人間と恋仲に落ちていたのかもしれない」

岡部「どうだ、笑うか?」

岡部「それでも俺は、手放したくないんだ」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 08:12:58.15 ID:LyIrUTDDO

岡部「俺にはわからないんだ」

岡部「俺のやった事は間違っていない、紅莉栖を救ったことは確実に正しかった」

岡部「だが、その後のことはどうだ?」

岡部「あぁ、いいですよ、気にしないで」

岡部「その一言で済んだはずだ」

岡部「目の前で危険な人を助けるのは当然のことですから」

岡部「それで済んだはずだ」

岡部「だがそれでも、ぐらついてしまった俺は、あいつの事をクリスティーナと呼んでしまった」

岡部「間違いじゃないなんて誰が言える?俺がそう呼ばなければあいつとはそれで終わりだったはずだ」

岡部「・・・」

ダル「・・・」

ダル「つまり、結婚したいけど踏み切れない、そゆこと?」

岡部「・・・うむ」

ダル(本気でマンドクセ、お互い好き同士なら良いんじゃね?)


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 08:17:22.02 ID:LyIrUTDDO

ダル「なぁなぁオカリン」

ダル「そもそもどうして牧瀬氏の今の感情はRSの微かな記憶に引っ張られた結果のものだって言いきれるん?」

ダル「普通に好きかもしれないじゃん」

岡部「・・・あぁ、そうかもな、だがそれは推論に過ぎない」

岡部「恋人なら良いだろう、やはり間違いだった、あいつがそう思えば俺は潔く身を引くつもりだ」

岡部「だが結婚となったら話は別だ、将来を2人で歩んでいくその誓を立てることは」

岡部「・・・その誓を立てる決意は、本当に今ここにいる紅莉栖から生まれたものなのか?・・・そういう疑問が頭から離れない」

ダル「・・・それって詰んでね?いくらあの牧瀬氏でも1度や2度くらいオカリンのこと好きって言ったことあるだろ」

ダル「でもオカリンはそれが本当に今の牧瀬氏から出た言葉なのか信用出来ない、そゆことでしょ?」

岡部「・・・う、うむ・・・」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 08:24:41.26 ID:LyIrUTDDO

ダル「詰んだな」

岡部「お前っ!人の事だからって・・・!」

ダル「だってそうだろ、牧瀬氏が何を言ってもオカリンはその言葉を信用出来ない、だったらもう打つ手がないと思われ」

岡部「・・・だから、こうやってお前に相談しているのだ」

ダル「・・・」

ダル「オカリンは深く考えすぎなんだお」

岡部「・・・だな、深く考える機会があったものでな、3週間ほど」

ダル「まぁ、僕が言えるのはそんなに多くないけれど、一つ言うとすれば」

ダル「オカリンが助けた牧瀬氏は、オカリンが諦めた牧瀬氏であって、オカリンとは一生関わらなかった牧瀬氏だお」

岡部「・・・?」

ダル「オカリンほどじゃないにしても、皆デジャビュという形で微かな記憶を持ってる、それってつまり、当たり前だけど同一人物だってことじゃね?」

ダル「あ、僕今から阿万音氏とメイクイーンでデートだから、じゃあね」

岡部「おいっ!!?意味深な言葉を吐いて出ていくな!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 08:27:35.21 ID:LyIrUTDDO

岡部「あいつめ・・・」

紅莉栖「割と空気が読めるって言うのはありがたい事よね、橋田ってもしかしてあんたより空気が読めるんじゃない?」

岡部「馬鹿を言うな、あいつは・・・」

岡部「クルルィスティーナッ!?」

紅莉栖「いつもより多い巻舌ありがと」

紅莉栖「・・・」

岡部「いっ、いつからそこに!?」

紅莉栖「いつからだと思う?」

岡部「もしかして・・・」

紅莉栖「さぁ、お得意の時間跳躍で確かめてくればいいんじゃない?」

紅莉栖「・・・ねぇ、岡部」

岡部「・・・」

紅莉栖「正座」

岡部「・・・はい」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 08:30:36.19 ID:LyIrUTDDO

紅莉栖「さぁて、何からしようかしら、あっ、あんたの前頭葉を切り取ってポン酢で美味しくいただくって言うのはどうかしら、そうと決まったらみんなを呼んだほうがいいわよね」

岡部「・・・止めてくれ・・・まゆりは・・・相当食べる・・・」

紅莉栖「・・・はぁ・・・あんたってホントどうでもいい事で悩むわよね」

岡部「どっ、どうでもいいだと!?俺にとっては大事なことだ!」

紅莉栖「あのね、私にとってはどうでもいいことなの」

紅莉栖「私の感情がどこから出てきたーだの、本当のところはーだの、違う未来があったーだの」

岡部「ぜっ、全部聞いているではないか!」

紅莉栖「岡部」

岡部「・・・っ・・・?」

紅莉栖「私は、あんたが大好きよ」

岡部「・・・!!」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 08:33:40.98 ID:LyIrUTDDO

紅莉栖「そりゃあ、私だって今まで恋をしなかったとは言わない、人並に誰かを好きになってそして人並な恋は人並みに終わって言った」

紅莉栖「そして、今度はあんたに恋をしたの」

紅莉栖「大きな声で変なことを叫ぶあんたを、バカバカしいことを本気で実行しようとするあんたを」

紅莉栖「・・・ちょっぴり仲間思いなあんたを、気が付けば私は目で追ってた」

紅莉栖「いつしかその気持ちはどうしようもないくらい大きくなって、自分じゃ抑えきれないくらいになって」

紅莉栖「そして、アメリカであんたと思いを確かめあったとき、正直脳みそがバグを起こしたと思うくらいの衝撃だった」

紅莉栖「こんなに幸せなことってあっていいんだろうか、って」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 08:37:51.97 ID:LyIrUTDDO

紅莉栖「どうしようもないくらいには、あんたが好き」

岡部「・・・お前、恥ずかしくないのか・・・?」

紅莉栖「・・・」

紅莉栖「・・・ふふ」

紅莉栖「恥ずかしいに決まってるだろ・・・!!これでも涙堪えてるんですけど何か!」

岡部「すっ、すまん」

紅莉栖「・・・ともかく、まぁそういうわけ」

紅莉栖「私はたとえ本当に自分自身であったとしても、過去の自分の意見になんかとらわれない」

紅莉栖「過去の私がどれだけあんたを好いていようと、私は絶対に流されない」

紅莉栖「・・・だけど、それでも、私はあんたを好きになった」

岡部「だがそれは・・・!」

紅莉栖「言ったはずよ、いえ、言ったかしら?」

紅莉栖「例えどれだけあんたが迷おうと、私だけはあなたを探し出してみせる」

紅莉栖「居なくなってしまっても、探して探して探し抜いて、そして」

紅莉栖「見つけたあんたに言ってやるのよ、クリスティーナって呼ぶなってね」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 08:42:04.62 ID:LyIrUTDDO

紅莉栖「分かる?私はあんたが助けた紅莉栖であり、あんたが助けられなかった紅莉栖なの」

紅莉栖「そして、それでも私は今ここにいる自分の気持ちを1番に生きてる」

紅莉栖「本当の本当に、今ここにいる私は、あんたのことが大好きよ」

紅莉栖「例え、世界を何度変えようと、どれだけあんたと・・・、あなたと離れようと」

紅莉栖「この世界で生きているのなら、私はきっとあなたに会いに行く」

紅莉栖「これは私の脳みその1番深いところに、継続して、そして根強く残る私の決意」

紅莉栖「たかだか世界線変動なんかで、変えられて堪るもんですか」

紅莉栖「私が離れていくのが怖いのなら、強く抱いて私を離さないで」

紅莉栖「私も絶対に、あなたの手を離したりしないから」

岡部「紅莉栖好きだ、結婚しよう」

紅莉栖「ぶっ!?」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 08:46:38.55 ID:LyIrUTDDO

紅莉栖「おっ、おまままま!?」

岡部「お前の言葉を受けてお前に言いたいことが沢山あるのだが正直まとまらん」

紅莉栖「だからって、やっと捻り出した言葉がそれか!?」

岡部「あぁ、お前が好きだ」

岡部「今すぐにとは言わない、だが・・・」

紅莉栖「・・・分かった」

岡部「・・・!」

紅莉栖「私も今すぐにとは言わない!こここ、ここ、こう言うのってきちんと両親に挨拶して、色んな人に報告して、初めて行うものだから!」

紅莉栖「・・・で、でも・・・とりあえず・・・予約は承った・・・と、する・・・」

紅莉栖「・・・か、から・・・とりあえずその証を見せろ・・・ちゃんと言え」

岡部「?好きとはもう言ったではないか」

紅莉栖「・・・ま、ままままだあるだろ・・・」

岡部「・・・愛している、クリスティーナ」

紅莉栖「・・・こんな時まで・・・」

紅莉栖「・・・私もっ!」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 08:47:42.83 ID:LyIrUTDDO








紅莉栖「これあげる」

岡部「これ、お前があっちでもらったフォークでは無いのか?」

紅莉栖「そう、私には必要ないからあんたにあげるわ」

岡部「・・・Oって彫ってあるんだが」

紅莉栖「・・・」

紅莉栖「・・・コケたらそんな傷がついた」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 08:48:26.46 ID:LyIrUTDDO

おわり


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 10:50:51.81 ID:MoX9myCXo

乙乙、とてもよい
そしてオチ好き


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 12:41:11.82 ID:ynxaKN1f0


やっぱええなぁこの二人





『STEINS;GATE』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿