TOP > アイドルマスター > 春香「ポッキーだよ!」美希「トッポなの!」

春香「ポッキーだよ!」美希「トッポなの!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 04:17:52.37 ID:LO+EZ5/60

春香「おはようございまーす!」

美希「春香おはようなのー」

春香「あれ、今日は美希だけ?」

美希「うん、今はね。もうすぐみんなも帰ってくると思うけど」

春香「そうなんだ」

美希「ねえ春香、お菓子ちょうだい?」

春香「あはは…ごめん、昨日買えるのが遅くって、今日は持ってきてないの」

美希「むう、まあいいの。この棚に小鳥秘蔵のお菓子が…」ガサゴソ

春香「ちょっと美希!勝手に食べたらだめだよ!」

美希「こんなにいっぱい一人で食べたら小鳥が太っちゃうって思うな。だからこれは美希なりの優しさなの」

春香「い、いいのかなあ…」

美希「ポッキーとトッポがあったの」

春香「ポッキーとトッポって似てるけど、やっぱりポッキーの方がおいしいよね!」

美希「はあ?トッポの方がおいしいに決まってるの」

春香「ポッキーだよ!」

美希「トッポなの!」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 04:18:31.35 ID:LO+EZ5/60

ワイワイガヤガヤ

真「ただいま!」

伊織「ただいま、って騒々しいわね、二人で何してるの」

美希「二人ともいいところに帰ってきたの!」

春香「ねえ!二人はポッキーとトッポ、どっちが好き?」

真「ボクはポッキーかなあ、入ってる本数が多いから、みんなで食べるときに便利だし」

伊織「私はトッポね、最後までチョコたっぷりだから」

真「はあ、最後までチョコたっぷりなんていいながら、中はスカスカじゃないか」

伊織「何よ!ポッキーなんてプリッツにチョコ塗っただけじゃない!」

真「なんだと!」

伊織「なによ!」

雪歩「ふ、二人とも落ち着いて…」

真・伊織「雪歩は黙ってて!!」

雪歩「ひう!」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 04:19:28.29 ID:LO+EZ5/60

春香「あれ、雪歩帰ってきてたんだ」

雪歩「ひ、ひどい!ちゃんとただいまって言ったよ!」

美希「二人がうるさくて聞こえなかったの。それより雪歩はトッポ派?ポッキー派?」

雪歩「わ、私?私はトッポ派かなあ」

真「ゆ、雪歩、どうして…」

雪歩「だってポッキーって袋の向き間違えたり、中で折れてたりするとチョコの部分直接触らなきゃいけないから」

美希「夏場は特にべたべたするの」

伊織「にししっ!これでトッポ派が優勢ね♪」

千早「そうでもないわ」

春香「おかえり千早ちゃん!」

千早「ええ、ただいま」

美希「ということは千早さんはポッキー派なの?」

千早「そうね、ポッキーの方がサクサクしているから好きよ」

美希「むう、また振り出しに戻ったの」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 04:19:58.30 ID:LO+EZ5/60

律子「ただ今戻りましたー!」

あずさ「お疲れさまです~」

春香「あ、お帰りなさい。あの、二人はトッポとポッキーどっちが好きですか?」

あずさ「そうねえ、ポッキーかしら。周りにチョコが"ついてる"ってことで縁起がよさそうだし」

律子「それならトッポだって、夢が"詰まってる"アイドルにはぴったりのお菓子じゃないですか?」

あずさ「あらあら、そう言われてみればそうですね、どっちにしようかしら~」

律子「私もどっちも好きよ」

美希「大人はズルいの」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 04:20:29.26 ID:LO+EZ5/60

貴音「ただ今戻りました」

響「ただいま!」

美希「お帰りなの響、貴音。ねえ、二人はトッポとポッキー、どっちが好き?」

響「うーん、自分はトッポかな、
食べごたえがあるから」

貴音「わたくしはぽっきーでしょうか、あの種類の多さはトッポにはない魅力があります」

真「確かに!ハート型のポッキーとかかわいいよね!」

春香「そうだよ!人気商品だからたくさん種類が出てるんだよね!」

雪歩「人気がないからレパートリーの多さで勝負してるんじゃないですかあ?」

美希「雪歩の言う通りなの、売っては絶版を繰り返して、キャラづくりに迷走する売れないアイドルみたいなの」

春香「へえ、じゃあトッポはポッキーの真似しただけの便乗アイドルだね」カチン

美希「むっ、ちょっと先に出ただけなのに偉そうなの」カチン

ギャーギャーワーワー

律子「ちょ、ちょっとやめなさいよ…」

あずさ「あらあら、どっちもおいしいわ~」パクパク


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 04:20:57.33 ID:LO+EZ5/60

亜美「たっだいま→!!」

真美「ただいまー、みんな騒がしいけどどったの?」

春香「お帰り、亜美、真美!私たちとポッキー食べない?」ズイ

美希「違うよ春香!亜美と真美は美希たちとトッポ食べるんだよ?」ズイ

伊織「さあ選んで!」

貴音「選ぶのです!亜美!真美!」

亜美「そんなことでケンカしてたの?」

真美「外まで丸聞こえだったYO?」

真「そんなことってなんだよ!」

雪歩「そうだよ!とっても大事なことだよ!」

真美「お菓子なんてその日の気分で選べばいいじゃんよ」

亜美「そうそう、お菓子は楽しく食べなきゃ意味ないじゃん?」

千早「…確かにその通りだわ…」

響「自分たち周りが見えなくなってたさー…」

春香「…美希、ごめんね?ひどいこと言って」

美希「ううん、先にひどいこと言ったのは美希なの」

春香「じゃあみんなで食べよう!ポッキーもトッポも!」

美希「うん!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 04:21:30.49 ID:LO+EZ5/60

小鳥「はあ、買い出し疲れた…」

小鳥「みんな!お菓子買ってきたわよ!」

小鳥「はい!きのこの山!」


春香「わあっ!きのこの山大好きです!」

美希「さすが小鳥なの!」

真「やっぱりきのこだよね!」

伊織「たけのこなんて邪道だわ」

雪歩「たけのこの里は穴掘って埋めちゃいたいですう」

千早「歌が歌えたとしてもたけのこの里のCMにだけは出たくないわ」

貴音「きのこの山…なんと甘美な響きなのでしょう…」

響「ハム蔵たちもきのこの山大好きだぞ!」

亜美「さっきはああ言ったけど、たけのこの里だけは別っしょ~」

真美「そうそう、たけのこ派とは一緒にお菓子食べたくないっていうか」

律子「はあ、たけのこの里なんて無駄な商品、なんでまだ売っているのかしらね?」

あずさ「私、たけのこ派の男性とは絶対にお付き合いしたくないわ~」

小鳥「うふふ、買ってきてよかった♪」



おわり


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 04:25:20.97 ID:LO+EZ5/60

おまけ


やよい「うっうー!遅くなりました!」

千早「お帰りなさい高槻さん、私とポッキーゲームをしましょう」

伊織「何言ってんの千早!やよいは私とトッポゲームをするんだから!」

やよい「??何だかよく分からないですけど、食べ物で遊ぶのはめっ!ですよ!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 04:31:37.41 ID:LO+EZ5/60

コンビニのお菓子コーナーでふらふらしていた時に思いついたのに、書き終えたらこんな時間でした。
もうすぐ仕事の時間じゃないか(憤怒)

安価SSとかやってる人はなぜあんなに早く面白いネタを思いつけるんですかね?





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿