TOP > ガヴリールドロップアウト > ガヴリール「急いで隠さないと!?」

ガヴリール「急いで隠さないと!?」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/28(月)13:48:40 ID:LTB

~ある日~

ガヴリール「………」ゴソゴソ

ヴィーネ「ガヴ、私の机で何してるの?」

ガヴリール「あ、ヴィーネ…見てくれ。今の私の気持ちをお前の机に書いたんだ」

ヴィーネの机『ネトゲ、最高!!』

ヴィーネ「って、アンタ、私の机になに書いてんのよ!?」


2: 名無しさん@おーぷん 2018/05/28(月)13:51:55 ID:LTB

ガヴリール「別にいいだろ?」

ヴィーネ「ダメに決まってんじゃないの!! 早く消しなさい!」

ガヴリール「いやあ、無理なんだよ」

ヴィーネ「はぁっ?」

ガヴリール「ほら……」スッ

『油性のマジックペン』

ヴィーネ「はあぁぁぁーーー、なんで油性のペンで書いてんのよ!? 拭いてもおちないじゃないの!!?」

ガヴリール「あはは、だから無理だって…」


3: 名無しさん@おーぷん 2018/05/28(月)13:57:21 ID:LTB

ヴィーネ「あはは、じゃないわよ!? 拭いてもダメなら、別の方法d」

ガヴリール「あっ!?」ビクッ

ヴィーネ「ん、なに…どうしたのよ、ガヴ?」

ガヴリール「後ろ……」スッ

ヴィーネ「後ろ………あっ!?」クルッ、ビクッ

グラサン「………………」ゴゴゴゴゴゴ

ヴィーネ「あ、先生……」

グラサン「月乃瀬」

ヴィーネ「は、はい!?」ビクッ

グラサン「これは一体、なんだ?」スッ

ヴィーネの机『ネトゲ、最高!!』

ヴィーネ「あ、いや、これは!?」

グラサン「まだ時間がある。ちょっと職員室まで来い?」

ヴィーネ「………はい」ショボーン


4: 名無しさん@おーぷん 2018/05/28(月)14:36:41 ID:LTB

ガヴリール「あっ、ヴィーネ…」

ヴィーネ「」ギロッ

スタスタスタスタ



ガヴリール「…………チェッ、なんだよ!! あの私を恨むような眼は!!!」

ガヴリール「たかが、油性ペンで書いただけじゃねぇか。」ブツブツ



ガヴリール「………そうだ!」ニヤリ


5: 名無しさん@おーぷん 2018/05/28(月)14:54:19 ID:LTB

サターニャ「ガヴリール、ヴィネットがグラサンに連れていかれたけど、何かしたの?」

ガヴリール「……………」カキカキ

サターニャ「ちょっと、この私を無視するなんていい度胸n」チラッ

紙『わたち、低レベルのダメダメあくまでちゅ~(似ても似つかわしいようなヴィーネのイラスト付き)』

サターニャ「ぶっふ///////」プルプル

ガヴリール「うわぁ、サターニャいたのか!?」

サターニャ「い…いた……わよ。そ、それより……なに…よ……この……イラストwww」ゲラゲラ

ガヴリール「あぁ。ヴィーネだよ!」

サターニャ「ヴィ、ヴィネットっ!/////」クスクス


6: 名無しさん@おーぷん 2018/05/28(月)14:56:27 ID:LTB

サターニャ「なんでこんなもん、書いてんのよ?」クスクス

ガヴリール「あぁ、実は………」カクカクシカジカ

サターニャ「へぇ~、それでこんなこと書くなんてアンタも子供っぽい所あるのね」

ガヴリール「子供だけどな……。」


7: 名無しさん@おーぷん 2018/05/28(月)15:02:16 ID:LTB

ヴィーネ「はぁ~」

サターニャ「お帰り、ヴィネット。その様子だと滅茶苦茶叱られたようね」

ヴィーネ「うるさい!! ……………それよりガヴ」

ガヴリール「んっ?」

ヴィーネ「アンタのせいで滅茶苦茶怒られたのよ!! さっきのは許してあげるけど……」

ヴィーネ「もし次、私を怒らせるようなら………」

ガヴリール「お、怒らせるようなら、なんだよ……?」ビクビク



ヴィーネ「アンタ、半殺しにするからね!!!」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


8: 名無しさん@おーぷん 2018/05/28(月)15:04:23 ID:LTB

ガヴリール「ヒィッ!?」ビクッ

ヴィーネ「ふん!!」プイッ

サターニャ(ヴィネット、今日だけなんだか悪魔らしい…わね)ビクビク



ラフィエル(うふふふっ♪)ニコニコ


9: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)19:03:49 ID:Za0

サターニャ「ガヴリール、アンタさっきのヤツ、さっさと隠した方が…」

ガヴリール「ヴィーネが来た瞬間すぐに机にしまったよ…。けど、見つかるのも時間の問題かもね」

サターニャ「破いちゃえば?」

ガヴリール「考えたけど、破いてるところをヴィーネに見られそうで怖いしなぁ」

サターニャ「だったら、見つからないようなところで?」

ガヴリール「変な行動しただけでもヴィーネに怪しまれそうだ…あいつ、察しがいいしね」

サターニャ「じゃあ、どうするのよ?」

ガヴリール「う~ん………」


10: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)20:51:39 ID:Za0

ラフィエル「うふふ、私がお手伝いしましょうか?」ヒョコ

ガヴリール「うわぁ、ラフィ!?」ビクッ

サターニャ「びっくりしたぁ…アンタ、いつの間に!!」

ラフィエル「ガヴちゃんがヴィーネさんの机に油性ペンで「ネトゲ、最高」と書いていた所から見て、聞いてましたよ」ニコリ

ガヴリール「つまり、最初から居たって事じゃねぇか!!?」


11: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)20:56:44 ID:Za0

サターニャ「で、お手伝いってどういう事よ?」

ラフィエル「そのままの意味ですよ」

ガヴリール「つまり、私がヴィーネをバカにするふざけたイラストをなんとかするってことか?」

ラフィエル「うふふ♪」ニコニコ

ガヴリール「いや、止めとくよ。どうせ、いつもサターニャを導るように、私に対しても変な事でもする気なんだろ!」

ラフィエル「あら~、それは残念。私も力になれると思いましたが…」

サターニャ「力になれる、っていうのも怪しいのよ…アンタ。」


12: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)21:08:18 ID:Za0

ガヴリール「さて、どうやってこれを消すべきか…」スッ

紙『わたち、低レベルのダメダメあくまでちゅ~(似ても似つかわしいようなヴィーネのイラスト付き)』

まち子「あれ、天真さん、どうしたの?」

ガヴリール「お、委員長…」

まち子「何か紙を見ながら深刻そうな顔してたみたいだけど、何を見て落ち込んでたの?」チラッ

ガヴリール「あ、別に見なくていいものだから、大丈夫!!?」バッ

まち子「えっ?」

ガヴリール「あ、それより委員長、いらない紙とかを細かくして無くすとか…そういう方法ない?」

まち子「いらない紙を細かくする? 普通に破くとかじゃなくて??」

ガヴリール「そう。破くんじゃなくて細かく細かくする方法…」

まち子「シュレッダーとかに掛けると紙は粉々に出来るっていうのならあるけど」

ガヴリール「それだ!!」


13: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)21:13:36 ID:Za0

ガヴリール「」

まち子『シュレッダーは職員室にあるけど、訳を話さないと使わせて貰えなかったわね…』

ガヴリール「まっ、訳は適当に話せばいいや。とにかくヴィーネに見られる前に隠さないと…」

~職員室~

ガヴリール「失礼します…」ガラッ

ヴィーネ「あれ、ガヴ?」

ガヴリール「ゲッ!?」

ヴィーネ「ん、なに、今のゲって??」

ガヴリール「あ、いや、なんでもないんだ!? それよりヴィーネはどうしてここに?」

ヴィーネ「提出物よ。先生の机に置きに来て、職員室を出ようとした所よ」

ガヴリール「そ、そうか…。」


14: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)21:16:43 ID:Za0

ヴィーネ「で、ガヴはどうしてここに?」

ガヴリール「あ、いや、私もちょっとな…」

ヴィーネ「ふぅ~ん。でも、アンタやけにたどたどしいわね?」

ガヴリール「はぁっ?

ヴィーネ「さては、悪い事して先生に呼び出されたんでしょ!」

ガヴリール「ち、違うよ。ただ、さっきあんなに事して怒られたばっかだったからだよ、ヴィーネに!?」

ヴィーネ「あぁ。まだ気にしてるの…もういいわよ。済んだ事だし、私も今回は許したんだからもう気にしなくていいのよ」

ガヴリール「あっそ……ははは!?」ダラダラ


15: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)21:18:56 ID:Za0

ヴィーネ「ん? ガヴ、アンタなに持ってるのよ?」

ガヴリール「あっ!?(ヤッベェ!!)」

ガヴリール「い、いや大したものじゃないんだ!? おっと、私は行かないと…じゃ!!」ダッダッダ

ヴィーネ「あっ、ガヴ!?」

ヴィーネ「………………行っちゃったわ。なんなのよ…。」


16: 名無しさん@おーぷん 2018/05/31(木)01:04:46 ID:JPI

ガヴリール「くっそぅ。職員室だとヴィーネがいるし、紙の事も目を付けられたから、あそこで廃棄するのは無理だな」

ガヴリール「………そうだ! 困ったときの後輩だ!!」ポチポチ

タプリス『はい、なんでしょうか、天真先輩?』

ガヴリール「タプリス、困った事が起きた、すぐに下界に来てくれ!」

タプリス『あっ、その……すみません!!』

ガヴリール「えっ?」

タプリス『今休み時間ですけど、まだ学校がありまして…』

ガヴリール「いや、そんなもん、ほったらかしてすぐに来い、先輩命令だ!」

タプリス『先輩命令ですか…………うぅ…。その、すぐに駆け付けたいですけど、本当にすみません!! 学校をサボる訳にはいかないので!!!』


17: 名無しさん@おーぷん 2018/05/31(木)01:34:29 ID:JPI

ガヴリール「……………はぁ、お前だけが頼りなんだけどな…」

タプリス『わ、私だけが…/// ハッ、やっぱり駄目です!』

タプリス『すみません。あっ、もう次の授業が始まりますので、失礼します! 本当にお力になれなくてすみません、天真先輩』プチッ

ガヴリール「あっ、おい!?」

ツーツーツー

ガヴリール「……チッ!! 肝心な時に役に立たない後輩だ、まったく!!!」


18: 名無しさん@おーぷん 2018/05/31(木)01:46:14 ID:JPI

サターニャ「ふふん、まだ解決にしてないのね?」

ガヴリール「チッ、サターニャかよ! 私は今機嫌が悪いんだ…ヘタに刺激すんだったら容赦しねぇぞ?」ギロッ

サターニャ「うぅ…。そんなに困ってんなら、これ使いなさいよ!」スッ

ガヴリール「あぁん、なんだよこれ?」

サターニャ「魔界通販で買った、上から塗ると文字や絵が消える特殊な絵の具よ!」

ガヴリール「絵の具って…」

サターニャ「安心しなさい。これは白色の絵の具だから塗れば文字が消えて白紙よ」

ガヴリール「確かに白だから上から塗れば消えるけど、いくら何でも近くから見ればバレるだろ、塗った跡とかで?」

サターニャ「それも大丈夫よ。上から塗ったら文字だけじゃなくて、塗った跡も消えるから他人から見ればただの白紙に見えるって仕組みなのよ」

ガヴリール「ふぅ~ん。まっ、騙されたと思って使ってみるか…」

サターニャ「信用してほしいわよ、そこは!?」


19: 名無しさん@おーぷん 2018/05/31(木)01:49:33 ID:JPI

ヌリヌリヌリ

ガヴリール「おっ!」

白紙『』マッシロ

サターニャ「どうかしら?」フフン

ガヴリール「おー、大したもんだ!! 確かに文字も絵も見えない上、塗った跡も完璧に消えてるから完全な白紙にしか見えないな!」

サターニャ「そうでしょ、そうでしょ♪ 私に感謝しなさいよ!」

ガヴリール「癪だが、サターニャもたまには役に立つんだな…ほら、感謝したぞ?」

サターニャ「めんどくさそうにするなぁ!! 適当な感謝になってんじゃないの!!?」


20: 名無しさん@おーぷん 2018/05/31(木)01:57:25 ID:JPI

~教室~

ヴィーネ「あっ、ガヴ!」

ガヴリール「よっ!!」

ヴィーネ「アンタ、さっき何を持ってたのよ?」

ガヴリール「いやぁ、ただの白紙だよ…ほら?」ピラッ

ヴィーネ「あ、ほんと! でも、提出物とかならまだしも、なんでわざわざ白紙なんか持って職員室に来たのよ?」

ガヴリール「細かいは気にすんなって、あんまり気にしてると病気になるぞ?」

ヴィーネ「平気で寝不足ばっかして、今にも病気になりそうで心配なアンタに言われたくないわよ!」


21: 名無しさん@おーぷん 2018/05/31(木)02:00:04 ID:JPI

スゥーーー

ヴィーネ「あれ?」

ガヴリール「どうした?」

ヴィーネ「この白紙……なんだか薄らだけど、文字が見えてきたような……」

ガヴリール「えっ!?」チラッ

紙『わたち………』

ガヴリール「あぁぁーーっ!!?」ビクッ

ヴィーネ「うわっ、何よ急に、声なんかあげて!?」ビクッ


22: 名無しさん@おーぷん 2018/05/31(木)02:02:27 ID:JPI

ガヴリール「いや、なんでも………ちょっとトイレ!!」ダッ

ヴィーネ「あっ、ガヴ!?」



ヴィーネ「なんなのよ…さっきから………怪しいわね」ジイィィィーーー


23: 名無しさん@おーぷん 2018/05/31(木)02:04:41 ID:JPI

~廊下~

サターニャ「~♪」

ダッダッダ

サターニャ「んっ?」チラッ

ガヴリール「おい、クソ悪魔ぁーーーー!!!」ドゴッ

サターニャ「ぐえっ!?」

ガヴリール「お前ーーー、どういう事だ?」ゴゴゴゴゴゴゴ

サターニャ「は、はぁ…なによどういう事って?!」


24: 名無しさん@おーぷん 2018/05/31(木)02:10:51 ID:JPI

ガヴリール「とぼけるな! 見ろ?」ピラッ

紙『わたち、低レベルのダメダメあくま』

サターニャ「あっ、消したはずの文字が浮かんできてるわね……」

ガヴリール「浮かんできてる、じゃねぇ!! お前、塗ったら完全に消えるとか大丈夫だって言ったよな?」

サターニャ「え、えぇ…」

ガヴリール「これのどこが大丈夫なんだよ!!! 不良品だろ、その絵の具!!?」

サターニャ「………時々欠陥品もあるって話を聞くけど、たまたま私が購入したこれもまさかの不良品だったのね…。」ズーン

ガヴリール「いや、今欠陥品だって知ってもおせぇよ!! なんとかしろ…さっき危うくヴィーネに見られそうになったんだぞ!?」


25: 名無しさん@おーぷん 2018/05/31(木)02:13:08 ID:JPI

サターニャ「いや、私もこれが欠陥品って分かったらどうにもならないわよ。それにもう他に道具もないし…」

ガヴリール「他の方法、あんだろ?」

サターニャ「ないわよ!!」

ガヴリール「ないわけないだろ!! しっかりと方法を見つk」



ラフィエル「うふふ、お困りのようですね♪」ヒョコ、ニコニコ


26: 名無しさん@おーぷん 2018/05/31(木)02:26:30 ID:JPI

サターニャ「うわぁ、また!?」

ラフィエル「ガヴちゃん、もう一度言いますが、私がお手伝いしましょうか?」

ガヴリール「…………」

ラフィエル「信用できない事は分かります。けど、他にその紙をなんとかする方法はないですよねぇ~?」

ガヴリール「うぅ………」

ラフィエル「さぁ、どうしますか?」ニコリ

サターニャ「ガヴリール、ラフィエルの手を借りるような事は絶対n」



ガヴリール「分かった。なんとかしてくれ、ラフィ!」スッ

サターニャ「えぇっ!?」

ラフィエル「ふふ、そう答えてくれると信じてましたよ、ガヴちゃん」

ラフィエル「文字通り、お任せください♪」ニコリ


サターニャ(嫌な予感が………)


27: 名無しさん@おーぷん 2018/06/01(金)01:02:07 ID:c8U

ラフィエル「終わりましたよ」

ガヴリール「おぉ~、早いな! 紙はちゃんとなんとかしてくれたんだよな?」

ラフィエル「もちろんです、はい!」スッ

大量の紙『』ズラーーー

ガヴリール「へっ?」

ラフィエル「紙を大量にコピーしておきましたよ♪」ニコリ

ガヴリール「はああぁぁぁぁーーーーーーーーっ!!?」

サターニャ(やっぱり………)


28: 名無しさん@おーぷん 2018/06/01(金)01:05:42 ID:c8U

ガヴリール「なんで増やすんだよ!? 何とかするから手を貸したんだろ?!」

ラフィエル「うふふっ。何とかするというのはですね………」



ラフィエル「事態をもっと面白くする為の、お手伝いですよ!」ニコリ

ガヴリール「はぁっ!?」

ラフィエル「そもそも最初から私は紙を無くす為の手伝いをするとは一言も言ってませんが…。」

ガヴリール「なんだよそりゃあ!?」

サターニャ(ガヴリールも馬鹿ね。最初に断ったみたいに、再度も断れば良かったのよ…私の言う通りに)


29: 名無しさん@おーぷん 2018/06/01(金)01:22:25 ID:c8U

ラフィエル「では、私は隠れて見守っておりますので、これで!」シュン

ガヴリール「あっ、ラフィ!? …………チッ、あのバカが!!!」

サターニャ「ガヴリール、とにかくラフィエルが増やした紙ごと全部消さないとマズイわよ?」

ガヴリール「うるせぇ!! 余計な手間を増やしたラフィのせいだ!! こうなったらヴィーネの悪口はラフィが書いたって事にしよう」ニヤッ

サターニャ「えっ、でも上手くいくはずg………!!?」ビクッ

ガヴリール「上手くいくはずだ。今から手を加えてあいつに擦り付ければ……って、どうした、いきなり言葉止まってるぞ、サターニャ?」

サターニャ「あ、あわわ……」ガタガタ

ガヴリール「なんだよ?」

サターニャ「う、後ろ……」スッ

ガヴリール「後ろ?」クルッ


30: 名無しさん@おーぷん 2018/06/01(金)01:23:16 ID:c8U

ヴィーネ「」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ








ガヴリール「……………っ!!?」


31: 名無しさん@おーぷん 2018/06/01(金)01:26:39 ID:c8U

ガヴリール「ヴ、ヴィーネーーーッ!!!?」

ヴィーネ「………ガヴ」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ガヴリール「な、なんだ……?」

ヴィーネ「これ、なに?」スッ

紙『わたち、低レベルのダメダメあくまでちゅ~(似ても似つかわしいようなヴィーネのイラスト付き)』

ガヴリール「あ……あぁ………!?」ガタガタ

ヴィーネ「ふぅ~ん。低レベルで、ダメダメの悪魔………普段から私をそういう風にバカにしてたのね、ガヴは………」ギロッ

ガヴリール「あ、わわわ………」ブルブル


32: 名無しさん@おーぷん 2018/06/01(金)01:31:12 ID:c8U

ヴィーネ「ガヴ、私言ったよね……今度私を怒らせるような事したら半殺しにするって?」ギロッ

ガヴリール「あ……わわわわ………!?」ブルブル

ヴィーネ「私を怒らせて…わざわざ半殺しにされたいのなら………」






ヴィーネ(悪魔モード)「お望み通りにしてやるわよ!!!!!!!」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


33: 名無しさん@おーぷん 2018/06/01(金)01:37:47 ID:c8U

ガヴリール「ヒイイィィィィィーーーーーーーッ!!?」

ヴィーネ「ここじゃ迷惑になるから、ちょっと校舎裏まで行きましょうか?」ガシッ

ガヴリール「や、やめてくれぇ…!?」ガタガタ

ヴィーネ「ガヴウゥゥゥーーーー、アンタが悪いのよ?」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ガヴリール「そうだ、サターニャ助けてくr」クルッ

シーーーーーン

ガヴリール「って、居ねぇっ!?」


34: 名無しさん@おーぷん 2018/06/01(金)01:39:39 ID:c8U

~物蔭~

サターニャ(ごめんガヴリール。怒ったヴィネットをなんとかするのは無理…)

~別の物陰~

ラフィエル(ふふふっ、お望みの展開になりました♪ さて、ガヴちゃんはどうなるのでしょうか?)ワクワク


35: 名無しさん@おーぷん 2018/06/01(金)01:41:47 ID:c8U

ヴィーネ「さて………覚悟しなさい…………ガヴ?」ギロッ

ガヴリール「や、止めて……くれぇ………」ブルブル

ヴィーネ「………」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ガヴリール「い、いやだ………」ズルズル







ギャアアアアアアアアアアアアアアァァァァァァァァァーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!!!


36: 名無しさん@おーぷん 2018/06/01(金)01:42:39 ID:c8U

その後、ガヴリールは全治一ヶ月の大怪我を負って、入院したそうな…。



おしまい





『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿