TOP > シンデレラガールズ > 藤原肇『ロス;タイム;ライフ』

藤原肇『ロス;タイム;ライフ』

1: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:30:05.88 ID:VpeZTL9h0

注意 
こちらSSは初めて投稿するため至らぬ点が多々ございますが温かい目で見てください

この話では死を扱います
グロはないですがキャラが死ぬ等が嫌いな方andキャラのしゃべり方などに違和感を思われた方はそっと閉じていただければ幸いです
ps 以前別所にて書かせていただいた短編をリメイクしただけです、以前に投稿されているロスタイムライフシリーズの作者とは何ら関係がございません


2: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:31:43.76 ID:VpeZTL9h0

「よい...しょっと...うん、完成♪」

私はろくろを回す手を止め、笑みを浮かべた

目の前には茶碗が二つ、私の分と...プロデューサーさんへの分

「後はこれを焼き上げて...釉薬を塗って完成っと。喜んでくれるかな、プロデューサーさん」

私は茶碗を手に取り、竈に歩きながらふと思い出した。


3: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:32:16.08 ID:VpeZTL9h0


「そういえば今度プロデューサーさん陶芸やってみたいっていってたから...今度誘ってみようかな」


4: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:33:23.35 ID:VpeZTL9h0

そう思いながら私は竈に陶器を入れ、焼き上げを始めた


思えば、うかつだった
もしこの時違和感に気が付けれればあんなことにはならなかっただろう


5: !random 2018/06/04(月) 22:34:10.60 ID:VpeZTL9h0

火の加減を見るために竈に近づいたとき





陶器を入れた窯が突然爆発した、


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 22:34:48.59 ID:VpeZTL9h0

私の頭の中に今までの思い出が思い浮かぶ

これが走馬灯なのかな?


私は目をつぶり、最期の時を待った


7: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:35:19.44 ID:VpeZTL9h0

が、破片はいつまでたっても飛んでこない

私はゆっくりと目を開けた


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 22:35:57.73 ID:VpeZTL9h0

次の瞬間、ホイッスルの音とともに、4人の黒子が出てきた、一人は電光掲示板を持っている。



『さて、今回も試合開始のホイッスルの音が鳴りました、今回の選手は藤原肇、窯の爆発に巻き込まれ死亡、今回の時間は...』




電光掲示板には【3;00】と書かれていて、刻一刻と減っている。


9: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:36:56.20 ID:VpeZTL9h0

「なに...これ...私...助かった...の?」


すると黒子の一人が出てきて合掌し、空に指を挙げた

ああ、やっぱり死んじゃったんだ...




あれ?でもなんで私今いるのだろう?


10: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:37:37.77 ID:VpeZTL9h0

その疑問に答えるようにもう一人の黒子の人が腕時計を指さし、走る動作をした。

「腕時計...時間...時間が減る...走る...ロスタイム?」

先ほどの黒子の人が頷く。


11: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:38:13.59 ID:VpeZTL9h0

『おっと藤原選手、ルールを理解したようです、ここまで5分、上々の滑り出しですね』



『そうですね、これは今までで一番いい結果になるのではないでしょうか』


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 22:38:46.00 ID:VpeZTL9h0

つまりあと私にのこされた時間は2時間55分...



私は迷わず携帯を取り出し、プロデューサーに電話する


13: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:39:46.83 ID:VpeZTL9h0

私は迷わず携帯を取り出し、プロデューサーに電話する


「はいもしもし?肇か?どうしたんだ?」

いつもと変わらない声

私は覚悟を決めて話す

「実は私...」


14: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:40:33.55 ID:VpeZTL9h0

とその時、黒子の人の一人がホイッスルを鳴らし黄色いカードを挙げた


『おっと、イエローカードが出ました、いけませんねぇ、自分の死を伝えるのはルール違反です』


『毎回出ますよね、この手のイエローカード』


15: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:42:19.85 ID:VpeZTL9h0

イエローカード...注意...もしかして自分の死を伝えてはいけない...のかな?

「どうしたんだ?」

「あーいえ...前にプロデューサーさん陶器作りたいとおっしやってたじゃないですか、今から作りませんか?」

私は咄嗟に話題を変えた

内容は嘘ではない


16: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:44:23.65 ID:VpeZTL9h0

「今からか...わかった、今ちょうど仕事が終わるからそのあと向かう、だから多分1時間後かな?」

「わかりました、私の家で待ってます。」


そういって私は電話を切ると、ろくろの準備をしていつでもできるようにした。


窯は...電気窯を使えばいいかな


17: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:45:59.62 ID:VpeZTL9h0

『おっと藤原選手、これは陶芸をするようです!』


『彼女らしいですね、ところで窯はどうするつもりなのでしょうか?』

『情報によりますと電気窯で作るようです』




時間を見るとあと2時間30分になっていた。


18: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:47:22.81 ID:VpeZTL9h0

「黒子さん、手紙は大丈夫?」


黒子の人は頷いた。

私は机から紙とペンを取り出して、いろいろな人に手紙を書いた

おじいちゃんや父さんや母さん、そしてプロデューサーさんやほかの子たち

そうして書いているとインターフォンが鳴る音がした

掲示板を見ると時間はあと1時間半


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 22:49:27.30 ID:VpeZTL9h0

「こんにちわ、プロデューサーさん」
私は精一杯笑顔を作り出迎える

「こんにちわ、にしても急だな...何かあったのか?」

心が痛む...けれど正直には言えない


「いえ...今日は天気がいいので陶芸日和なので...そしてプロデューサーさんが前に陶芸をやってみたいとおっしゃっていたのを思い出して...つい」

私は頭の中で精一杯文章をひねり出した。

「そうか...まあいいや、お邪魔するぞ?」


「どうぞ、すでに用意は完了してますよ。」


21: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:53:38.48 ID:VpeZTL9h0

そして私はプロデューサーさんに陶芸のコツを教えつつ、茶碗が完成した。

プロデューサーを送るころには時間はあと5分と迫っていた。

黒子の人は...寝ちゃってますね






『私毎回思うんですがそろそろ彼らリストラして若い元気な人を入れるべきだと思うんですよね』


22: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:54:39.20 ID:VpeZTL9h0

「それでは、プロデューサーさん、焼きは時間がかかるのでまた後日、持ってきますね?」



「わかった、楽しみに待っておくよ。それでは、また明日」




「はい、また.........明日」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 22:55:42.72 ID:VpeZTL9h0

玄関の扉が閉まる
決して来ない明日という日


私はその場にうずくまる


「嫌だ...死にたくない...」


目から涙がこぼれてくる

止めようとしても止めることのできない...涙


24: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:57:28.69 ID:VpeZTL9h0

『おっと藤原選手、のこり5分ですがここで感情が一気に出てきたか?』



『まあ普通に考えて残り5分で死ぬという現実は辛いですからね、ですがその未来は避けることができないですから、否が応でもあの場所に戻らないと』


25: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 22:58:37.79 ID:VpeZTL9h0

「だけど...行かなきゃ...せっかく与えてくれた機会なんだから...」

私はあの竈に行き、時間を待つ

掲示板はあと15秒となっていた


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 22:59:35.03 ID:VpeZTL9h0

残り10秒、皆の顔を思い出しながら思い出が頭に流れる







残り5秒、お父さんやお母さん、祖父や祖母の顔を思い浮かべる












残り1秒、プロデューサーさんの顔が思い浮かんだ


27: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 23:00:13.13 ID:VpeZTL9h0

残り...0秒



鳴り響くホイッスルの音




そして、時は動き出す


28: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 23:00:59.59 ID:VpeZTL9h0

3年後



「もうあれから3年か、早いものだな、なあ...肇。」


29: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 23:02:00.72 ID:VpeZTL9h0

俺は写真に向かって語り掛ける。


俺が帰った後、窯が爆発したらしい、俺は急いで病院に駆け付けたがその時には...すでに事切れていた


そして翌日、俺やほかのアイドルあてに手紙が見つかった


事故死だったのにまるで予測していたかのような...そんな手紙だった


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 23:02:41.91 ID:VpeZTL9h0

祭壇の前には、あの時作った茶碗が置いてある。


俺はそこに水を注ぎ、置いた


「それじゃ、仕事...行ってくるよ。」



どこか、写真が笑っているような、そんな気がした。


31: ◆nvhFKwL266 2018/06/04(月) 23:04:14.68 ID:VpeZTL9h0

以上で終了です

5 6 8 12 19 23 30番でトリップ等がうまくできてないですがすべて自分です

次回もし書くのならばこのシリーズ...もしくは何か違う作品を投稿するかもです

依頼出してきます





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿