TOP > シンデレラガールズ > 美世「20歳組で」友紀「誕生会!」

美世「20歳組で」友紀「誕生会!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:20:06.87 ID:A2cVSd7K0

美世「20歳組で」友紀「親睦会!」の一応続きです
http://s2-log.com/archives/37018802.html


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:21:29.48 ID:A2cVSd7K0

2月26日 女子寮 友紀宅

みんな「千秋ちゃん誕生日おめでとー!!」

千秋「ありがとう、みんな 誕生日会なんて子供の頃以来だわ…」

友紀「今日は千秋ちゃんのためにみんなプレゼントを用意したんだー!」

千秋「そんな、別にいいのに…」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:23:26.88 ID:A2cVSd7K0

友紀「遠慮しない遠慮しない!私からはこれ!」

若葉「これは…」

ケイト「グローブ…デスネ!」

洋子「グローブ… 友紀ちゃんらしいけど、ちょっと千秋ちゃんには合わない気が…」

友紀「そんなことないよ!千秋ちゃん、今度一緒にキャッチボールしようね!」

千秋「そうね、たまには体を動かすのも悪くないわ…ありがとう」

友紀「えへへー」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:24:19.22 ID:A2cVSd7K0

洋子「私からはこれ!スポーツウェア!」

友紀「あー!グローブは千秋ちゃんに合わないとか言っときながら自分だってそんなんじゃんよー!」

洋子「い、いいでしょ別にー!ねっ千秋ちゃん!」

千秋「ふふっ、そうね…ありがとう洋子さん」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:25:36.81 ID:A2cVSd7K0

ケイト「私からはこれデス!」

茄子「これは、お酒ですか?」

ケイト「そうです!故郷から取り寄せた地元では有名なお酒デス!千秋はお酒が弱いからこれで特訓するといいデス!」

千秋「そ、そうね ありがとうケイトさん」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:27:32.47 ID:A2cVSd7K0

由里子「ユリユリたちからは!」

比奈「これっス!」

千秋「何かしら?本のようだけど…」

比奈「まぁ、見てみればわかるっス」

千秋「?……!こ、これは///」パラパラ

由里子「ふっふっふ、比奈ちんと協力して作った美里×千秋の薄い本だじぇ!」

比奈「製作期間一ヶ月の自信作っスよ」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:29:07.46 ID:A2cVSd7K0

千秋「な、な、な///」

美里「あらぁ、二人共とっても絵が上手なのねぇ♪」

美世「若葉ちゃんは見ちゃダメだよ」メカクシ

若葉「また子供扱いして!」プクー

千秋「……///」ジー

洋子(千秋ちゃん…熟読してる…)

友紀「あ、あのー千秋ちゃん?」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:29:51.76 ID:A2cVSd7K0

千秋「…はっ!コホンッ せっかく二人が一生懸命作ってくれたものだから、大切にするわ、どうもありがとう」サッ

クラリス(大切そうにバックにしまいましたね…)

若葉「私からはこれです」

千秋「この箱は何かしら?中に何か入っているわね…」

若葉「それ、ジグソーパズルなんです」

千秋「ジグソーパズル?」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:30:43.00 ID:A2cVSd7K0

美世「あー、そういえば若葉ちゃんの趣味だったよねー」

若葉「はい、いい暇つぶしになりますしなかなか楽しいですよ!」

千秋「ふふ、おもしろそうね、ありがとう若葉ちゃん」

クラリス「私からはこれを…」

美世「わっ!可愛いマフラー!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:31:46.27 ID:A2cVSd7K0

千秋「これ、高かったんじゃないのかしら…?」

クラリス「実はこれ、私の手作りでして…」

洋子「えっ?これクラリスちゃんが作ったの!?」

クラリス「お恥ずかしながら…///」

友紀「すっごい上手だねー」

比奈「女子力高いっスね」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:32:31.01 ID:A2cVSd7K0

千秋「ありがとうクラリスさん これなら寒い冬も乗り越えられそうね…」

クラリス「喜んでもらえてなによりです」

茄子「私からはこれですー」

千秋「これは…お守りかしら?」

茄子「はい、私が子供の頃から通ってる神社で買ってきました♪」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:33:06.25 ID:A2cVSd7K0

美世(茄子ちゃんが買ってきたお守り…)

比奈(めちゃくちゃ効き目ありそうっス)

千秋「ありがとう、大切にするわ…」

美世「私からはこれを…」

千秋「これはCDね」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:34:06.08 ID:A2cVSd7K0

美世「うん、私車でよくクラシック聴いてるんだけど、千秋ちゃんもクラシック好きだったから…」

千秋「聴いたことないものばかりね…ありがとう美世さん、帰ったらさっそく聴いてみるわ」

友紀「これであとは美里ちゃんだけだね」

ケイト「美里は何を持ってきたんですか?」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:34:54.08 ID:A2cVSd7K0

美里「私はぁ…」

千秋(美里…)ドキドキ

美里「私自身をプレゼントしちゃおっかなぁ♪」

千秋「な…///」ドキッ

由里子「」ガタッ

比奈「」ガタッ

茄子「あらあら♪」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:35:46.67 ID:A2cVSd7K0

美世「ちょっと美里ちゃん?///」

美里「うふふ、冗談ですよぉ」

由里子「チッ」

美世「もう、美里ちゃんったら…」

千秋(美里…///)ポー


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:36:30.70 ID:A2cVSd7K0

友紀「で、美里ちゃんは何持ってきたの?」

美里「私は旅行セットですぅ これひとつあればどこに行っても大丈夫な代物ですよぉ」

洋子「ほら千秋ちゃん?美里ちゃんがプレゼントくれるってよ」

千秋「…はっ!あ、ありがとう…間中さん…///」

美里「ふふ、どういたしましてぇ♪」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:37:47.32 ID:A2cVSd7K0

友紀「さて、プレゼントも無事渡せたし…」

友紀「今夜も飲むぞー!!」

美世「またこの前みたいにならないように気をつけてよ」

友紀「わかってるって!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:38:23.05 ID:A2cVSd7K0

1時間後

友紀「もう…勘弁してぇぇぇええええ!!」

クラリス「あなたも学習しない人ですね、友紀さん…」グビグビ

茄子「ふふっ、おイタはめっ!ですよ♪」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:39:49.70 ID:A2cVSd7K0

若葉「だからいちゅまでもころも扱いするなって言ってんらろぉ!!」

美世「きゃははははははは!若葉ちゃん全然怖くないよ!」ケラケラ

ケイト「お二人はなんの話をしてるんデスカ?」

比奈「ピーーーーーーーーーーーーーーー」

由里子「ピーーーーーーーーーーーーーー」

洋子「…Zzz」スヤスヤ


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:40:33.60 ID:A2cVSd7K0

千秋「これは…ひどいわ…」

美里「うふ、前もこんな感じだったよぉ、千秋ちゃんもねぇ」

千秋「うそ、私も…?」ガーン

美里「それにしても今日は千秋ちゃん酔わなかったんだねぇ」

千秋「えぇ、今日はあまり飲まなかったから…」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:41:43.68 ID:A2cVSd7K0

美里「…」

千秋「間中さん…?」

美里「抜けがけしちゃおっか♪」

千秋「え?///」

美里「行こっ、千秋ちゃん」グッ

千秋「あっちょっと、引っ張らないで…」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:42:45.78 ID:A2cVSd7K0

女子寮 美里宅

千秋(結局来てしまったわ…)

美里「いらっしゃい千秋ちゃん」

千秋「もう…間中さん強引なんだから…」

美里「美里…」

千秋「え?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:43:36.76 ID:A2cVSd7K0

美里「もう二人きりなんだから美里って呼んでよぉ」

千秋「あぁ、ごめんなさいね…美里…///」

美里「千秋ちゃんよく言えましたねぇ」ナデナデ

千秋「も、もう、子供扱いして…///」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:44:17.63 ID:A2cVSd7K0

美里「ねぇ千秋ちゃん」

千秋「なぁに?美里」

美里「誕生日おめでとう」

千秋「え?」

美里「さっきはドタバタしててちゃんと言えなかったからぁ…」

千秋「美里…」キュン


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:45:22.78 ID:A2cVSd7K0

美里「うふ、千秋ちゃん、飲み直ししましょうか」

千秋「そうね、さっきケイトさんにもらったお酒もあるし」

美里「外国のお酒飲んでみたぁい♪」

千秋「もう美里ったら…」フフッ

美里「それじゃあ改めて、誕生日おめでとう千秋ちゃん♪」カンパイ

千秋「ありがとう、美里…」カンパイ


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:46:36.33 ID:A2cVSd7K0

千秋「うーん…ここは…?」

美里「千秋ちゃん目ぇ覚めた?」

千秋「美里…?私…」

美里「千秋ちゃん、酔って寝ちゃったんだよぉ」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:47:35.15 ID:A2cVSd7K0

千秋「そうだったの…あれ、今何時…?」

美里「今、夜中の12時を回ったところね」

千秋「12時…こんな形で誕生日を終わらせてしまうなんて情けない…」

美里「ねぇ千秋ちゃん、今日はもう遅いし泊まっていったら?」

千秋「そうね、明日は仕事もオフだし、そうさせてもらうわ…」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:48:38.52 ID:A2cVSd7K0

千秋「あ、でも…」

美里「でもぉ?」

千秋「着替えとか何も用意してなかったわ…」

美里「それなら大丈夫よぉ」

千秋「え?」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:49:23.73 ID:A2cVSd7K0

美里「さっきの旅行セットに下着や歯ブラシが入ってるからぁ♪」

千秋「そうなの、助かったわ」

美里「お洋服は私の貸してあげるから大丈夫よぉ」

千秋「悪いわね美里…」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:50:34.87 ID:A2cVSd7K0

美里「いいのよぉ、じゃあさっそくお風呂に入ってきたら?私はもう入っちゃったからぁ…」

千秋「そうさせてもらうわ」

美里「ごゆっくりー♪」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:51:16.16 ID:A2cVSd7K0

お風呂

千秋(ふぅ…気持ちいいわ…)

千秋(それにしても、美里の家にお泊り…)

千秋(しかも美里と二人きり…)

千秋(…)

千秋(…///)


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:52:24.28 ID:A2cVSd7K0

美里「千秋ちゃん、着替えここに置いとくねぇ」

千秋「美里!?う、うん、ありがとう///」

美里「?どうしたの?」

千秋「べ、別に何でもないわっ!!」

美里「変な千秋ちゃん」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:53:01.48 ID:A2cVSd7K0

千秋(私ったら何考えてるのかしら…さっさと体洗って出ましょう…)ザバァ

美里「千秋ちゃん」

千秋「ん、なぁに?美里…」

美里「お背中流しまぁす♪」ガラッ

千秋「えっ!?ちょっ、美里!?///」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:54:04.50 ID:A2cVSd7K0

美里「女の子同士なんだからいいじゃない」

千秋「でも…恥ずかしい…///」

美里「照れない照れない♪サービスですよ!サービス!」

千秋「なんなのその口調…わかった、お願いするわ…」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:55:06.55 ID:A2cVSd7K0

美里「うふ、気持ちいい?千秋ちゃん」ゴシゴシ

千秋「えぇ、とっても気持ちいいわ…」

美里「よかったぁ、じゃあ背中終わったから今度は前を…」

千秋「! 前はいい、前は自分でやるわ!!//」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:55:58.56 ID:A2cVSd7K0

美里「もぉ、照れ屋さんなんだから…じゃあ風邪ひかないようにちゃんと温まってきてねぇ」ガラ

千秋「えぇわかったわ…//」

美里「それではごゆるりと~♪」ガラッ

千秋「はぁはぁ…///」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:56:34.16 ID:A2cVSd7K0

脱衣所

千秋(まったく美里ったら…///)

千秋(下着は…これね…って!なにこれ!Tバック!?///)

千秋(もう、美里ぉぉお///)

千秋(でもこれを履くしか…仕方ないわね)


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:57:41.49 ID:A2cVSd7K0

千秋(…)

千秋(すごくスースーするわ…)

千秋(それで…着替えがこれね…)

千秋(美里の服…)


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:58:27.30 ID:A2cVSd7K0

千秋(…///)スンスン

千秋(美里の匂いがするわ…//当たり前だけど…)

千秋(って、これじゃあ変態じゃない…何やってるのかしら私…)

千秋(早く着替えてしまいましょう…)


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:59:04.38 ID:A2cVSd7K0

寝室 

千秋「美里?お風呂ありがと…」

美里「…」スースー

千秋「寝てる…まぁ、もう遅いし仕方ないか…」

千秋「…可愛い寝顔ね」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 17:59:40.40 ID:A2cVSd7K0

千秋「…」キョロキョロ

千秋(ちょっとくらいなら、いいよね?)

千秋「美里…//」チュッ

千秋「ふふっ//」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 18:00:13.36 ID:A2cVSd7K0

美里「素面でちゅーしてくれたのは初めてだねぇ」

千秋「えっ!?あなた起きて…」

美里「寝たふりして驚かそうと思ったのにぃ…」

美里「千秋ちゃんのえっちぃ♪」

千秋「ななな…///」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 18:00:54.14 ID:A2cVSd7K0

美里「でもぉ、千秋ちゃんがその気ならぁ…」

美里「もっとすごいことしてあ・げ・る♪」

千秋「え?えぇ??////」

美里「今夜は寝かさなぁい♪」

千秋「いやぁぁぁぁあああ///」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 18:01:51.75 ID:A2cVSd7K0

終わりです

一日遅れたけど千秋ちゃん誕生日おめでとう!





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿