TOP > アイドルマスター > P「ぽよんぽよんしたい」

P「ぽよんぽよんしたい」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 20:49:44.90 ID:vsg2lJU6o

765ASです。書き溜めですので、すぐ終わります。
なお、このSSは皆さまの想像力にお任せする部分が非常に多く含まれております。
想像力豊かにお楽しみください。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 20:51:38.57 ID:vsg2lJU6o

~765プロ事務所~

P「……」カタカタ

小鳥「はい、はい。…それでは宜しくお願い致します」ガチャ

小鳥「ふぅ」

P「……れた」ボソッ

小鳥「何か言いましたか?プロデューサーさん?」

P「つかれたぁんもぉぉぉん!」バッ

小鳥「ぅわっ!どうしました!?」

P「はぁ~~~……」タメイキ

P「音無さん」

小鳥「は、はい」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 20:52:06.01 ID:vsg2lJU6o

P「毎日毎日、残業残業……。最近定時で帰れたのいつですか?」

小鳥「えぇっと……、先々月?いえあれは違うし…」

P「もうプロデューサーは疲れましたぁん!」

P「アイドルに癒してもらいたい」

小鳥「みんなは疲れ知らずですよね。毎日明るいですし、嫌な顔もしてませんし」

P「というわけで音無さん」

小鳥「は、はい」

P「今から帰ってきたアイドルに、全力でぽよんぽよんさせてもらいます」

小鳥「ぽ、ぽよんぽよん?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 20:52:48.90 ID:vsg2lJU6o

P「ええ、ぽよんぽよんです」

小鳥「それってどういう……」

P「こんな感じです」

P「おとなしさぁぁああん」バッ ダキッ

小鳥「きゃあっ!」

P「僕はもうつかれたぁぁん!癒してくださぁぁぁいぃぃん」ポヨンポヨン

小鳥「あっ、や、プロデューサーさん!そんないきなり」

P「……と、まぁこんな感じです」パッ

小鳥「はっ、あ…もうおしまいですか…?」

P「あくまでこれはデモンストレーションです。アイドルには全力でいきます」

小鳥「あの、どう考えてもこれセk」

ガチャ

P「あ、誰か帰ってきたみたいですよ」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 20:53:33.90 ID:vsg2lJU6o

真「ただいま戻りましたー!」マッコマッコリーン

P「まことおおおおおおぉぉぉ!おつかれさまぁぁぁぁ」ダッ

真「うわぁっ!ダリャッ」スッ ヒュバッ

P「ごゥっ!!!」ドゴォッ

ドシャァッ

P「」シーン

真「って、ぷ、プロデューサー!!ごめんなさい!大丈夫でしたか?」

P「あ、ぁあ……なんくるないぞ…」ムクリ

小鳥「すごくフラフラしていますよ…」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 20:54:09.34 ID:vsg2lJU6o

P「ごほんっ、改めてお疲れ様、真」

真「は、はい!ただいまです!」

P「で、プロデューサーは疲れたんだ。お腹も痛いし」

真「はい!…はい?」

P「だから癒しておくれぇぇぇ!!!」バッ ダキッ

真「ぅわわわっ、へ?プロデューサー!?」

P「うひょぉぉぉぉ…ぉぉ??」スルンスルン

真「んっ、……プロデューサー?」

P「ぽよんぽよんできないじゃないか真。これじゃプロデューサー癒されないぞ」

真「……」

スッ ドゴォッ!!!    バキィッ ドシャッ…

P「」シーン

小鳥「ぷ、プロデューサーさんが…ドアを突き破って事務所の外に…」

真「プロデューサーの…馬鹿ぁぁ!!!」タッ

小鳥「あっ、真ちゃん!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 20:55:35.42 ID:vsg2lJU6o

P「何もあそこまで怒るこたないでしょう…」イテテ

小鳥「100:0でプロデューサーさんが悪いですからね」

P「疲れたしお腹も痛いし、背中もヒビ入ったし」

小鳥「反省してくださいね。あとで真ちゃんにもフォローする」

P「はい。では次のアイドルに癒してもらいましょう」

小鳥「駄目だこのプロデューサー。早く何とかしないと」

小鳥(あと、私が思うのもなんだけど、こういう系って初手で事故る事ってないわよね普通
…)

P「この後は…お、竜宮組が帰ってくるらしいぞ」

小鳥「嫌な予感しかしない」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 20:56:18.62 ID:vsg2lJU6o

ガチャ

律子「戻りました~」フゥー

P「いざ!りっちゅゎぁぁぁん!おつかれぇぇえぇ!!」ダッ ダキッ

律子「キャッ!?な、なに!?プロデューサー!?」

P「プロちゃんはおつかれたんですぅ!癒しておくれぇ~」ポヨンポヨン

律子「ちょ!どこ触ってっ!こ、こら!!怒りますよ!」

P「はぁぁぁん!りっちゅゎんのぽよんぽよん癒されるぅぅぅぅ」ポヨンポヨン

律子「んっ、ぷろ…い、い、か、げ、ん、に…しろ!!!」バシッ

P「あぶっ」ベシャッ

律子「さぁて…プロデューサー?」ボキボキ

P「り、りつk」

律子「こっちに来なさい!!」ギュッ

P「いだだだ!耳を引っ張らないで!ごめんなさいごめんなさい!」ジタバタ

バタン

小鳥「だろうと思った…。社長室でお説教ね…」

小鳥(しかも2連続災難。うちの子達ってプロデューサーさんなら~みたいな子もいるはず
だけど、運が無いというかなんというか…。)


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 20:57:02.76 ID:vsg2lJU6o

P「何もあそこまで怒るこたないでしょう」ヒリヒリ

小鳥「プロデューサーさんが全部悪いですからね」

P「さて、律子もどっか行ったことだし、竜宮組のほかの面子に…」スクッ

小鳥「懲りましょうよ」

P「やぁ伊織、お疲れ様」ヒョコッ

伊織「あんた、律子に何したのよ。すっごく怒ってたわよ」

伊織「宥めるためにあずさと亜美が付いていっちゃったケド」

P「いやなに、ちょっと仕事でへましちゃってな」ハハハ

伊織「何よそれ、ちゃんとフォローはしたんでしょうね?」

P「おうバッチリよ。カバー力には定評のある俺だぞ?」

伊織「それ一回やらかさないと発揮できない力じゃない」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 20:57:49.49 ID:vsg2lJU6o

P「もちろん、みんなをカバー(物理的)することもできるぞ」スッ

伊織「へぇ…って、何よ。何で近づいてくるのよ」

P「うおぉぉぉぉぉ!!伊織ぃぃぃぃぃ」バッ

伊織「ひゃっ!ちょっ…!にゃにを!」

P「プロデューサーを癒しておくれいおりんんんんんんん」ポヨポヨ

伊織「あっ!こら!変態!なにしt」

P「ふわぁぁぁぁぁぁぁ!!」ポヨンポヨン

伊織「ちょっ!とぉ…」

ピュン

 プスッ

P「ぁぁ阿”っ―――」ピタッ

ドシャァッ

P「」シーン


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 20:58:15.98 ID:vsg2lJU6o

小鳥「ぷ、プロデューサーさん!どうしたんですか?」

伊織「…?もしかして…」チラッ

伊織「やっぱり、私のSPが麻酔銃を撃ったのよ」ユビサシ

小鳥「んん……?あ、いた。あんなところから狙撃したのね…」

伊織「それにしても…こいつがやったことは許されることじゃないわ」パチンッ

SPs ザッ

小鳥「わっ、体格のいい男だらけ」

伊織「運んでちょうだい」

SPs スッ ザッザッザッ

小鳥「プロデューサーさんが連れて行かれちゃった…」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 20:58:59.99 ID:vsg2lJU6o

P「何もあそこまで怒るこたないでしょう」ズキズキ

小鳥「伊織ちゃん、よく解放してくれましたね」

P「『これから伊織のことをもっと大事にする』とか、そんな言葉をいっぱい並べたら開放してくれましたよ」

小鳥「げ、下衆…」

P「??」

P「さぁって、次いきますか」

小鳥「だから懲りましょうよプロデューサーさん…」

ガチャッ

P「お、この時間はたしか」

千早「お疲れ様です」

小鳥「嫌な予感だらけ」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 20:59:37.13 ID:vsg2lJU6o

P「お疲れ千早。どうだった?」スクッ

千早「いつも通りです。しいて言えば、少し改善点が見つかったくらいでしょうか」

P「そうか、あまり無理はするなよ」スッ

千早「はい。…あの、プロデューサー?」

P「どうした」

千早「距離が…近いのですけれど、私、何かしましたか?」

P「いや、千早は何もしていないよ。プロデューサーは日々の業務に疲れたんだよ」

千早「はい。…はい?つかれ…え?」

P「ちーたんのぽよんぽよんで癒しておくれ!!」バッ

千早「ひゃっ!」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 21:00:03.88 ID:vsg2lJU6o

P「うおおぉぉぉぉぉぉ!!ちはややああああ…ぁ?」スルンスルン

千早「…?」

P「…?」

P「…」スッ

P「うおおぉぉぉぉぉぉおぉ!!」ポヨンポヨン

千早「んぁっ!プロデューサー!?」

P「はぁぁぁぁぁちーたんのぽよんぽよんいやされりゅぅぅぅぅぅ」ポヨポヨ

千早「やめ…!やめてください!」バッ

千早「……見損ないました!失礼します!」

P「…」

小鳥「…」

P「千早、結構ぽよんぽよんできたな」

小鳥「早くフォロー行ってきなさい」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 21:00:41.90 ID:vsg2lJU6o

春香「まったくもうプロデューサーさんは!」プンプン

P「面目ない」

春香「千早ちゃんがどれだけプロデューサーさんを信頼していたか分かりますか?」プリプリ

P「申し訳ない」

春香「そんなにぽ…ぽよん…がしたいならわt」

P「すまない」

春香「私じゃ駄目なんですか!?」

P「…春香?」

春香「ぅえぇっと…な、なんでもないです!」

春香「ごほんっ、と、とにかく!千早ちゃんにしっかり謝ってくださいね!」

P「ごめんなさい」

春香「そう、そんな感じで!」

P「わかった。それじゃ言ってくる」スッ トコトコ

春香「はい!ちゃんと言ってくださいね!」

春香「……」

春香「あれ?私のターンこれでおしまい?」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 21:01:24.43 ID:vsg2lJU6o

P「何とか許してもらえました」

小鳥「本当ですか?」

P「ええ、『実はマッサージのつもりだったんだ』とか、いっぱい言ったら信用してもらえ
ました」

小鳥「く、屑…」

P「??」

P「さて、喉が渇きましたね」

小鳥「…あ!今給湯室にいるのって」

P「おーい、雪歩~」スッ トコトコ

小鳥「あ、てめ、このやろ」

雪歩「プロデューサー?どうかしましたか?」

P「いやなに、雪歩の淹れたお茶が飲みたくなってね」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 21:02:11.81 ID:vsg2lJU6o

雪歩「ほ、本当ですか!すぐ淹れますね!」

P「ああ、お願いするよ」

雪歩「は、はいぃ!」

雪歩「~♪」カチャカチャ

P(雪歩は今お茶を淹れている。つまり俺に背を向けている)

P「今だ!雪歩ぉぉぉぉ!!!!」バッ

雪歩「きゃっ!?」

P「うほほおぉぉぉぉぉぉぉ!!!」ポヨンポヨン

雪歩「ひ、ひやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」ジタバタ

P「雪歩茶癒されりゅぅぅぅぅぅうぅぅぅ」ポヨポヨポヨ

雪歩「や、やあめぇ……!!」スッ キラン

雪歩「やめてくださいぃぃぃ!!!!!!」ブン!!!!

ゴガッ

―――

――




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 21:02:47.33 ID:vsg2lJU6o

P「―――」

 さん!   サー ん!
P「―――」

 プロ ューサ さん!

P「―――」

小鳥「プロデューサーさん!」

P「はぁっ!!」ガバッ

小鳥「プロデューサーさんっ!よかった…!」

P「お、俺は……いつっ!」

小鳥「あまり無理はしないでください」

P「えっと…?」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 21:03:23.62 ID:vsg2lJU6o

小鳥「雪歩ちゃんのスコップがジャストミートして、生きているだけ奇跡ですよ」

P「雪歩は…?」

小鳥「血だらけのプロデューサーさんを見て気を失いました。今は家で安静にしているそうですよ」

P「そうですか」

小鳥「あと、これは雪歩ちゃんのお父様からの伝言なのですが」

P「はい」

小鳥「『後でツラァ貸せや』と…」

P「」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 21:04:02.84 ID:vsg2lJU6o

P「何もあそこまで怒るこたないでしょう」マキマキ

小鳥「よく生きて帰ってこられましたね」

P「『責任取ります!』って強く言ったら許してもらえました」

小鳥「え、それって」

P「お茶…、こぼしちゃったもんな。弁償しなきゃ」

小鳥「え、全然意味が違うと思いますけど」

P「さて、頭の怪我もだいぶ良くなったんで」

小鳥「え、1日で完治したんですか?何者ですかあなた」

P「今日はだれが来るかなぁん」ルンルン

小鳥「え、今度も懲りてないんですか?馬鹿ですかあなた」

ガチャッ

やよい「おはようございまーす!」ガルーン

P「きたっ!」ガタッ

小鳥「ちょっ、やよいちゃんはさすがにまずい!」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 21:04:29.17 ID:vsg2lJU6o

P「おはようやよい!」

やよい「プロデューサー!おはようございます!」

P「今日もやよいは元気だな」

やよい「はい!元気モリモリです!」

やよい「それじゃ、朝のあれいっきますよー!」スッ

P「おう!」スッ

やよい「おはようの~、ハイッ」

P「タ~ッ…」ススッ…

バシィッ!!!!

P「――ッ!!!な、ナニぃッ!?」

伊織「……」

千早「……」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 21:04:55.05 ID:vsg2lJU6o

P「お、お前ら…今日は収録じゃ…」

伊織「…ンなこたどぉでもいいのよ!」

千早「プロデューサー。いくら貴方でも、越えてはいけないラインがあります」

P「な、にを…」

伊織「アンタ、今やよいにナニしようとしたのよ」

P「は、え?なにって」

千早「惚けても無駄です。貴方の手は、私以外触れてはいけない領域に踏み入れようとして
いた」

P「クッ…俺はただ」

伊織「ただもダダもないわよ」

P「……こうなったら」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 21:05:21.47 ID:vsg2lJU6o

P「実力行使だっ!うおぉぉぉ!!!」バッ

伊織「千早っ!」

千早「水瀬さん!」

伊織千早「「ハァッ!!」」ブァッ

バチィィィィィィ…ン!!!

P「―――」ジィィィィン

小鳥(だ、ダブルビンタっ!!!)

ドシャァッ

P「」シーン

やよい「はわっ、な、なにごとですかぁ!?前が見えませんー!」ジタジタ

小鳥「やよいちゃんは見なくていいのよ~オホホ」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 21:05:55.47 ID:vsg2lJU6o

亜美「つんつん」

P「」シーン

真美「つんつん」

P「」シーン

亜美「これは…」

真美「事件の香りですな」

亜美「…それでは真美警部!」

真美「ハッ、なんでしょう亜美刑事!」

亜美「ここに倒れているのは」

真美「ハッ、我々のプロデューサーであります」

亜美「そしてここにあるのは」スッ

真美「ハッ、黒の油性ペンであります」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 21:06:22.44 ID:vsg2lJU6o

亜美「それでは、現場検証を行う!」キュポン

真美「ハッ、わたくしめも手伝います」スッ キュポン

P「」

亜美「それー」バッ

真美「たー」ババッ

ガシッ ガシッ

亜美真美「「!?!?」」

P「おまえら……」グググッ

亜美「あ、あぁ」

真美「兄ちゃ…」

P「んっふっふ~」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 21:06:48.66 ID:vsg2lJU6o

亜美「ヒッ!」

真美「あ、あの…」

P「お仕置きだこのじゃじゃ馬姉妹めぇ!」バッ

亜美「ひぁっ!」

真美「ぅわっ!」

P「このこのこのこのぉぉぉぉぉぉぉ!!」ポヨポヨポヨ

亜美「ちょっ!兄ちゃん!」

真美「んっ!そこは!」

P「うひょひょひょぉ姉妹ぽよんぽよんじゃああああぁい!」ポヨポヨ

亜美「うわーん!この変態兄ちゃん!」

真美「ひやぁっ!ケーサツに言うよ!」

P「うへへっへへへはあはははっはははひひひ」

貴音「はいやっ!」バッ

P「ぅぉっ!!」グルンッ

ドシャッ

P「がっ!」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 21:07:14.91 ID:vsg2lJU6o

貴音「貴方というお方は…なんということを」

亜美真美「「お姫ちん!」」

亜美「うわーん!怖かったよぉ~」ビー

真美「兄ちゃんが壊れちゃったよぉ~」ビー

貴音「よしよし、もう大丈夫ですよ。亜美、真美」

貴音「さて、あなた様」

P「は、はい…」

貴音「少々、お仕置きが必要ですね?」

P「は、はい…」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 21:07:41.72 ID:vsg2lJU6o

美希「ほんとにもうハニーってば」プンプン

P「すまない」

美希「事務所の皆に変なことしてるんだってね」プリプリ

P「面目ない」

美希「みんな怒ってるんだからね」プリプリ

P「申し訳ない」

美希「ちゃんともう1回謝らなくちゃいけないって思うな」

P「ごめんなさい」

美希「そうそう!あ、でも」

美希「美希なら、いつでも…いいよ?」

P「…?何がだ?」

美希「へ?あ、あの…ぽy」

ガチャ

響「はいさーい!」

P「響っ!うおぉぉぉぉぉ!!!」バッ ダッ

ウギャー!!ヘンタイダゾー!! バシーン!! ドシャァッ

美希「……あれ?美希の番これでおしまい?」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 21:08:07.49 ID:vsg2lJU6o

P「ぬっふっふっふ」

小鳥「どうしたんですかプロデューサーさん。気持ち悪い笑い方して」

P「なぁんとぉ今日はぁ」

小鳥「かなり気持ち悪い」

P「あずささんの撮影現場にお迎えに行くんですよぉ~これからぁ~」

小鳥「そうですか、よかったですね」

P「あずささんのぽよんぽよんは凄いぽよんぽよんですからね」

小鳥「これ以上ないくらい下衆い顔してますよ。あと気持ち悪いです」

P「うぇっへっへ」

小鳥「朝〇葉くんに謝ってください」

P「そろそろ時間ですね…それじゃ行ってきます!アデュー!」バッ

小鳥「なんで捕まらないんだろうあの人」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 21:08:34.38 ID:vsg2lJU6o

ブロロロ…キッ ガチャッ

P「着いたぜ!撮影現場!」バーン

あずさ「あ、プロデューサーさ~ん」フリフリ

P「あずささん!お疲れ様です。どうでしたか?」

あずさ「バッチリでした。これもプロデューサーさんのお陰かしら」ウフ

P「それはよかった!それじゃ、送りますので乗ってください」

あずさ「は~い。」トテトテ

P(ふっふっふ、いつぽよんぽよんしてやろうかしらぁん)ドアアケー

あずさ「あっ」コケッ

P(――ッ!!!あずささん!転ん――)バッ

あずさ「きゃっ」ドッ

P「んがっ」ダキッ


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 21:09:02.07 ID:vsg2lJU6o

ポニョォォォ~~~~ン

P(!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?)

P(pypypypypypypypypy!!!!!!!!!!!!!!!!!!)

P((^_-)-☆(^^)/(^^♪”(-“”-)”( ;∀;)( ゚Д゚)( ^)o(^ )(‘ω’)(#^^#))

P(           (‘◇’)ゞ           )

P(             )

P(明日も、お仕事頑張ろうっ!)

と、心の底から思ったPであった。



HAPPY END





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿