TOP > 遊☆戯☆王 > 不動遊星「戦姫絶唱しないシンフォギア?」

不動遊星「戦姫絶唱しないシンフォギア?」

2018/06/22 11:02 | 遊☆戯☆王 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 18:09:21.76 ID:PZSGrd5MO

遊戯王5D'sと戦姫絶唱シンフォギアのクロスです。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 18:16:34.49 ID:PZSGrd5MO

弦十郎「そう言えば、お前達って恋をしたことがあるのか?」

クリス「はぁ!?恋!?おっさんはいきなり何訳わかんねぇこと言ってんだ!?」カァ

弦十郎「いや、青春真っ盛りであるはずの若者がこれだけ揃っているのにも関わらず、誰も恋人がいないと言うのはおかしいだろうと思ってな」

響「こ、恋人…」ゴクッ

翼「つ、剣たるものそんな事に構ってる暇は…」

マリア「でも、確かに私達の年代で誰も恋をしていないって言うのは問題かもしれないわね」

切歌「問題なのデスか?」デス?

調「私は別に今のままでも…」

弦十郎「君達の仲が良いのは知っている!!しかし、異性にも目を向けるべきだとは思わんか!?」

響「で、でも師匠ぉ…」

遊星「話は聞かせてもらった」

全員「「遊星!?」」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 18:19:31.91 ID:PZSGrd5MO

遊星「俺も君達の絆の深さは知っている。だが、だからと言ってこのままでいいと言うわけではないんだ」

響「でも遊星は絆があればどんな苦難も乗り越えることができるって…」

遊星「ああ。だがそこに絆だけでなく愛の力も加われば…もっと大きなことができると思わないか?」

マリア「何故そこで愛…」ハァ

響「……わかりました!私やってみます!!」

クリス「ちょ、お前本気か!?」

響「大丈夫!へいき、へっちゃらだよ!クリスちゃん!!」

翼「しかし、いきなり恋だなんてどうするつもりですか?」ウーン

弦十郎「無理矢理恋人を作った所で意味はないし、そんなものに時間を割く理由もない」

弦十郎「だから今回は恋人を作るための告白の練習でもしてみたらどうだ?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 18:20:15.72 ID:PZSGrd5MO

調「告白の…?」

切歌「練習…?」デース

弦十郎「ああ。ここにいる遊星くんを自分の想い人だと思って、君達の思いの丈を伝えるんだ!!」

響「ゆ、遊星に…?」

翼「思いを…」

クリス「伝えるだぁ!?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 18:21:19.65 ID:PZSGrd5MO

遊星「ま、待ってくれ!何故俺なんだ!!」

弦十郎「何、いい機会だと思ってな」

遊星「いい機会…?」

弦十郎「前の戦いで、ここにいる全員は少なからず君に感謝をしているはずだ」

調「そ、それは…」

切歌「その通りデスけど…」

弦十郎「それに絆の力を皆に教えたのは君だ。それなら、愛の力を皆に教えるのも君の役目ではないのか?」

遊星「……」

響「ゆ、遊星?」

遊星「……わかった。俺は全力で君達の思いに答えよう!!」

遊星「さぁ、俺に皆の熱き思いをぶつけるんだ!!」バーン!!


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 18:28:55.66 ID:PZSGrd5MO

クリス「……本当にやんのか?これ…」

翼「やるしかないんじゃないか…?」

マリア「何故か遊星もやる気になってるみたいだしね…」ハァ

切歌「でも何だか面白そうデース!!」デスデース

調「じゃあまずは誰が…」

響「よし!一番槍はこの私!!立花響がいきます!!」

クリス「あのバカで大丈夫か?」

翼「何、あの立花が後れをとるはずがない」

遊星「…よし!全力でこい!!」

響「はいっ!!最速で!最短で!真っ直ぐに!!この拳で想いを伝えます!!」

遊星「なるほど。響らしい………拳?」

響「私のこの想い…!!届けぇぇぇええええええ!!!!」ドゴーン!!

遊星「ぐわぁああああああ!!!」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 18:31:16.43 ID:PZSGrd5MO

遊星「…死ぬかと思った」

クリス「お前…やっぱり本当のバカだな」ハァ

響「だってだって…告白なんてしたことないから全然わかんないよ!」

翼「ふっ…ならここは先輩である私が皆に手本を見せてやろう」

クリス「は!?先輩が!?」

マリア「翼の告白?…気になるわね」フム

切歌「これは期待デース!」

調「どんなのだろう…」

遊星「……」ゴクッ

翼「いざ…推して参る!!」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 18:32:48.39 ID:PZSGrd5MO

翼「すまないな。こんな夜中に呼び出したりして…」

遊星「別に構わない。だが、急にどうしたんだ?」

翼「…お前と一緒にこの夜空に浮かぶ月が見たくてな」

遊星「月?」

翼「そうだ。お前と一緒だと…この月が綺麗に見えるんだ」

遊星「…そうなのか?別にいつもと変わらないと思うが」

翼「え?」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 18:34:09.43 ID:PZSGrd5MO

遊星「どうした?」

翼「えっと…月が綺麗なのだ」

遊星「そうか」

翼「……」

遊星「???」

―Ya-Haiya-セツナヒビク―

遊星「!?」

―Ya-Haiya-ムジョウヘ―

遊星「ま、待ってくれ!!何でシンフォギアを纏って…!?」

翼「四の五の言うなぁぁああああ!!!」ドゴーン!!

遊星「ぐわああぁぁああああ!!!」バーン!!

響「遊星ぇぇぇっ!!??」ガーン!!



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 18:35:51.85 ID:PZSGrd5MO

翼「……」ズーン

マリア「まあ今のは翼の言葉の意味を汲み取れなかった遊星が悪いわね…」

切歌「んん?翼先輩は結局何が言いたかったんデスか?」デス?

調「きりちゃん…」

マリア「翼。今回は相手が遊星だったから失敗しただけで、告白自体は素敵だったと思うわよ?」

翼「…マリアならどうするんだ?」

マリア「え……私?」

響「確かに、マリアさんなら私達とは一味違う感じの告白になりそうですね!」

調「これは期待」ジー

切歌「マリア!ここはいっちょしでかすデス!!」

マリア「…そうね。わかったわ。なら見せてあげる!!私の告白を……!!」


マリア「マイターン!!」





11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 18:37:33.66 ID:PZSGrd5MO

マリア「今日はありがとう。私の休日に付き合ってくれて」

遊星「別に構わない。またいつでも誘ってくれ」

マリア「…あなたにはいつも助けられてばかりね」

遊星「助けてもらっているのはこっちも同じだ。いつもありがとう」

マリア「ふふっ。私はきっと、あなたと今この瞬間を過ごすために戦ってきたのかもしれないわね…」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 18:38:33.84 ID:PZSGrd5MO

遊星「…それはどういう意味なんだ?」

マリア「そ、それくらい察してくれると助かるんだけど…」モジモジ

遊星「そうか」

マリア「…その冗談とかじゃないから」

遊星「ああ。…やはり俺はいい仲間を持った」

マリア「…え?」

遊星「ありがとうマリア。俺もお前と言う仲間を持てて本当によかったと思っている」

マリア「な、仲間?」

遊星「ああ。これからもよろしく頼む」

マリア「も、勿論よ…」グスッ


―いますぐにjust?saw?now痛む間もなく―
―だからそんな世界は―

遊星「!?何故二人が!?」

―?切り刻んであげましょう―
―?伐り刻んであげましょう―


遊星「ぐわああぁぁぁああああ!!!」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 18:39:46.92 ID:PZSGrd5MO

マリア「やっぱり無理だったのよ…私に告白なんて……」グスッ

翼「でも凄くマリアらしい可愛い告白であったと思うぞ?」

マリア「っ!!翼っ!!」ダキッ

翼「よしよし…」

遊星「……」チーン

響「遊星…大丈夫…?」

クリス「こいつも何で告白するって言ってんのに、ああ言う返し方をするのかねぇ…」ハァ

弦十郎「結局遊星くんも絆に関しては詳しいのかもしれないが、愛に関しては疎いようだな」

響「それって…遊星も愛がどんなものかわからないってこと?」

弦十郎「この様子を見ると、だがな」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 18:41:44.92 ID:PZSGrd5MO

切歌「それなら、直接攻撃デス!!」

調「きりちゃん。何か考えがあるの?」

切歌「私にはこれがあるデース!!」スッ

調「こ、これは…!!」

   てがみ

調「……」

切歌「遊星!これあげるデス!!」

遊星「あ、ああ」ペラッ

『背景、かみサマへ えっと、はじめましてデス…』

遊星「これは…なんだ?」

切歌「何って手紙デスよ」

遊星「この謎ポエムにいったいどんな意味が…?」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 18:42:33.34 ID:PZSGrd5MO

調「きりちゃん。交代。私のターン」

切歌「え!まだ私のターンは終わってないデスよ!?」

調「いいから。…遊星」

遊星「何だ?」

調「……」ジー

遊星「……」

調「……」ジー

遊星「……」

調「……」ジー

遊星「…調?」

調「……」ジー

遊星(なんだ…これは……)


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 18:45:17.62 ID:PZSGrd5MO

翼「やはり初めての行為と言うものは難しいものなのだな」ウンウン

響「やっぱり私達が愛を語るにはまだ早かったのかなぁ…」

弦十郎「愛を語るのに早いも遅いもないさ。それにまだ遊星くんに思いを伝えていない者が一人いるだろ?」

翼「!」

クリス「……」

響「…クリスちゃん?」

クリス「……」ハァ

クリス「おい、一度しか言わないからよく聞けよ」

遊星「あ、ああ」

クリス「私はお前に感謝してる。お前がいなかったらきっと、私はもっと馬鹿をやってたと思う」

クリス「お前が私をどう思ってるかは知らないが、私はお前に出会えてよかったって思ってる」

クリス「…ありがとな」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 18:46:57.96 ID:PZSGrd5MO

響「く、く、く、クリスちゃんが…」

弦十郎「デレた……だとぉ!?」

切歌「すごく…可愛かったデス…」

調「はわぁ…」ポー

マリア「ちくしょう!!敵わないワケだ!!」

クリス「ば、馬鹿か!あくまで演技で練習でやったまでだ!!本気にすんなよな!!」

遊星「……」フッ

クリス「何笑ってんだよ!何か文句でもあんのかよ!?」

遊星「お前だけじゃないさ…」

クリス「…へ?」

遊星「お前に…お前達に出会えて本当に良かった。これは俺の本音だ」

遊星「ありがとう」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 19:06:47.81 ID:zXCMY4XpO

弦十郎「さて、もう今日は時間も遅いし解散にするか!」

響「はぁ…もうお腹ペコペコだよ…」

翼「それなら皆で食事というのはどうだ?」

響「マジっすか!」

マリア「そうね。せっかくだし皆で食べに行きましょうか」

クリス「だったら店が込み合う前にさっさと行くぞ?こっちは有名人が二人もいるんだからな」

切歌「そこに気遣えるクリス先輩は流石デース!」

調「そういうことは言わなくてもいいんだよ。きりちゃん」

響「よし!それじゃ、遊星も行くよ?」

遊星「…そうだな」

遊星(俺は本当にいい仲間を持った)


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 19:15:52.75 ID:zXCMY4XpO

今回はこれで終わりです。

いずれ戦姫絶唱するほうのシンフォギアとのクロスを書くつもり





『遊☆戯☆王』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿