TOP > ガヴリールドロップアウト > サターニャ「これはあったかもしれない世にも奇妙なガヴリールドロップアウトのお話」

サターニャ「これはあったかもしれない世にも奇妙なガヴリールドロップアウトのお話」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 16:57:40.161 ID:yel8RqDu0.net

サターニャ「ガヴリールの持ってる笛っていつでも世界を滅ぼすことができるのよね」

サターニャ「あの笛っていっつも不思議に思ってたのよね~」

サターニャ「吹いたら一体どうなってしまうのかしら?」


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:00:56.295 ID:yel8RqDu0.net

『天使の笛』

ガヴリール「ぐでー…… 」

サターニャ「ガヴリール、今日こそ勝負よ!」

ガヴリール「んー?まぁ暇つぶしになる程度ならいいぞー」

ヴィーネ(最近やけにサターニャとガヴリールの仲が良すぎる気がする)

ヴィーネ(最近サターニャの勝負を受け入れてばかりで…)

ヴィーネ(これは気が気でないわ)


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:03:09.525 ID:yel8RqDu0.net

サターニャ「ガヴリールー!!遊びに来てやったわよーー!!」ピンポンピンポンピンポン

ガヴリール「んあー?サターニャ?まぁ…入れよ…」

ヴィーネ(……い、家にまであげるなんて…しかもあんなにあっさりと!)

ヴィーネ(やはり二人の仲には何かあるわ…)


7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:06:35.517 ID:yel8RqDu0.net

翌日

ヴィーネ「おはよーガヴ。」

ガヴリール「んあーおはよ、ヴィーネ」

ヴィーネ「き、昨日サターニャがガヴんち来てたみたいだけど何してたの?」

ガヴリール「え、なんで知ってるの?」

ヴィーネ「い、いや偶然見かけちゃっただけよ!?」

ガヴリール「ちょっとサターニャの遊びに付き合ってやっただけだよ」

ヴィーネ「ふーん」


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:09:23.674 ID:yel8RqDu0.net

サターニャ「なんと、その後私とガヴリールは一緒に寝たのよ!」

ヴィーネ「は、はあ!?」

ガヴリール「いや、昼寝してただけだよ。サターニャと遊んでると眠くなるから…」

ヴィーネ「いいいい一緒に寝たってあんたたちまだ高校生なのに!!//」

ガヴリール「ヴィーネさん、人の話聞いてました?」


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:11:42.835 ID:yel8RqDu0.net

ヴィーネ「サターニャ」

ヴィーネ「今日の放課後、屋上来てくれる?」

サターニャ「へ?どうしたの、ヴィネット?」

ヴィーネ「話があるわ」

ガヴリール「……」


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:15:49.166 ID:yel8RqDu0.net

──放課後

ヴィーネ「ねぇ、サターニャ」

サターニャ「へ?何よこんなところに呼び出して」

ヴィーネ「サターニャはガヴのこと好き?」

サターニャ「き、急に何よ、確かに最近よく遊んでくれるしき、嫌いではないけど…//」

ヴィーネ「そう……」

ヴィーネ「私にとってはね、あなたは邪魔なの……ガヴは私だけのものよ……」ギラッ

サターニャ「ヴィ、ヴィネット…それは…」


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:20:22.276 ID:yel8RqDu0.net

サターニャ「ちょ、ちょっと待って、落ち着いて話し合いましょう、ヴィネット!」

ヴィーネ「もう遅いのよ、何もかも」

ヴィーネ「私の気持ちはもう止められない…」

ヴィーネ「さよなら、サターニャ。」ザクッ

サターニャ「うっ、けほっけほっ、そんな……ヴィネッ……ト……」バタッ

ガタッ

ヴィーネ「!?」

ヴィーネ「誰?」


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:23:13.013 ID:yel8RqDu0.net

ラフィエル「ヴィーネさん……サターニャさんをつけていたらこんなことに…」

ヴィーネ「ラフィエル……見てたのね……」

ラフィエル「そんな……ヴィーネさんがこんなことやるなんて…嘘ですよね…」ウルウル

ヴィーネ「うるさい!うるさい!」

ラフィエル「こんなことしてガヴちゃんが喜ぶとでも思うんですか!」

ヴィーネ「あなたも見てしまったからにはやらないとダメみたいね…」ギラッ

ラフィエル「ヴィ、ヴィーネさん!?」


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:25:10.867 ID:yel8RqDu0.net

ヴィーネ「さよなら、ラフィ。」グサッ

ラフィエル「ヴィーネ、さん…なん…で……」バタッ

ヴィーネ「これでガヴは私のもの……」

ヴィーネ「私の邪魔をするやつは誰もいなくなったわ!」

ガタッ

ヴィーネ「!?」

ヴィーネ「まだ誰かいるの!?」


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:28:12.342 ID:yel8RqDu0.net

ガヴリール「ヴィーネ……」

ヴィーネ「ガヴ!?どうしてここに!?」

ガヴリール「放課後ヴィーネがサターニャを呼び出してたからこっそりつけてたんだよ……」

ガヴリール「あぁ……サターニャ……ラフィエル……」ポロポロ

ヴィーネ「ガヴ、違うの、これは……」

ガヴリール「こんな世界……こんな世界……」

ガヴリール「私は認めない!!」

ヴィーネ「!!」


30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:30:26.299 ID:yel8RqDu0.net

ガヴリール「こんなことになるなら……もっと早く吹いておけばよかった……」

ヴィーネ「そ、それは……それだけはやめて!!」

ヴィーネ「わ、私は……」

ガヴリールは勢いよく笛を吹いた

プーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヴィーネ「ガヴが大好きなだけだったのに……」

そんな言葉もガヴリールの耳には届かず


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:31:04.547 ID:yel8RqDu0.net

AA


35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:34:05.385 ID:yel8RqDu0.net

サターニャ「吹いただけで世界がリセットできる。なんて便利なのかしら?」

サターニャ「でも、使う前には少し考えた方がいいかもしれないわね」

サターニャ「今回は残念ながら世界は滅びてしまったけど」

サターニャ「今度の世界は長続きさせたいわね」

デレレレレレンデレレレレレンデーデンデンデンデン

おわり


41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/22(水) 17:37:29.461 ID:ln8j4fU30.net




『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

229. YOMICOMER2017年10月07日(土) 21:04 ▼このコメントに返信
サターニャがナレーターしてて草
コメントの投稿