TOP > 艦隊これくしょん > 時雨「提督が上半身裸でマラソンしてる・・・」

時雨「提督が上半身裸でマラソンしてる・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 22:01:38.78 ID:URQJ6ePT0

時雨「提督は立派だね。見習うよ!」キラキラ

夕立「夕立も一緒に走るっぽい!」ポイー

村雨「提督、結構いい体してるなー♪」ニヤニヤ

春雨「何か叫んでますけど大丈夫でしょうか・・・?」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 22:06:19.65 ID:URQJ6ePT0

―――数時間前

雷「司令官帰ったわよ!」

提督「おうおつかれ」

暁「って、ずいぶん暑いじゃないこの部屋」

提督「遠征の帰りだし、そう思うんだろ」ブルブル

暁「28度強って汗かいちゃうわよ」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 22:12:39.18 ID:URQJ6ePT0

提督「むしろ寒くね?」ガタガタ

雷「え?まさか司令官・・・」ピトッ

電「わっ!すごい熱なのです」ピトッ

提督「ホントだ・・・体力には自信あったんだがな」

提督「まあ執務を休むわけには・・・っと!?」フラフラ

響「司令官!?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 22:17:09.62 ID:URQJ6ePT0

雷「そんなんじゃ駄目よ!ゆっくり休んで!」

響「今日は動かないほうがよさそうだね」

提督「ああ。布団で寝て過ごすさ」

電「シャツが汗でベトベトなのです」

雷「体拭いてあげるわ」

提督「すまない。迷惑かけるな」ヌギヌギ


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 22:22:28.60 ID:URQJ6ePT0

暁「キャッ!?レディの前で脱ぐなんて何考えてるのよ///」

提督「上くらい別にいいだろ」

響「ハラショー///」ジーッ

電「はわわ、すごい筋肉なのです///」チラッ

雷「い、いいモノ持ってるわね司令官///」ハァハァ

雷・電・響「・・・・・・」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 22:27:21.97 ID:URQJ6ePT0

響「暁、司令官は私達に任せてくれないか」

電「なにか食べ物を作って来てほしいのです」

雷「精のつくものがいいわ!」

暁「?」

暁「よく分からないけど分かったわ」

暁「おかゆでも作ってくるから待っててよねっ」スタスタ


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 22:33:13.44 ID:URQJ6ePT0


雷「さあ司令官!下も脱いで」グイッ

提督「え?上だけで十分だぞ」

電「風邪のときこそ、清潔にするのが大事なのです」ハァハァ

提督「いや、間違ってはないけどさ」

響「司令官。薬をどうぞ」

提督「ありがとう響」

響「さあ口を開けて。司令官」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 22:37:43.18 ID:URQJ6ePT0

提督「薬くらい自分で飲める」

響「いいじゃないか。ほら、あーん」

提督「あ、あーん」ゴクッ

響「ふふっ。上手に飲めたね」

提督「なんか今日の響は変だな」

響「早く元気になってほしいからさ」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 22:43:03.93 ID:URQJ6ePT0

響「それに・・・いつも頼れる司令官が、こうも弱ってるのを見てると」

響「・・・ふふっ」ゾクゾクッ

提督「?」

雷「しかしこの部屋あっついわね」ヌギヌギ

電「ちょっと汗ばんできたのです」パサッ

響「じきに汗だくになるから大丈夫だよ」ファサッ

提督「え、なんでお前らも脱ぐんだ?」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 22:47:56.20 ID:URQJ6ePT0

雷「それより、元気は出たの?」ノシッ

提督「響の薬で少しは楽になったような」

提督「(そしてなぜか別のところも元気に!?)」ギンギン

電「は、初めてだけど頑張るのです!」ドキドキ

提督「初めてって何!何を頑張るの!?」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 22:54:17.04 ID:URQJ6ePT0

響「病人なんだから安静にしててほしい」スッ

提督「(響のひんやりした手が・・・気持ちいい)」

提督「って!病人なんだから安静にさせろーーー!」ダダダッ

電「はわわ、司令官さんが逃げたのです」

雷「背筋もありね///」

響「すぐに連れ戻さないと」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 22:56:38.92 ID:URQJ6ePT0

提督「はああー心なしか熱があがったような」

大鳳「ええっ!?提督がついに露出趣味に・・・///」カアアッ

提督「ちょ、大鳳!?この姿にはワケが」

・・・・・・・・・・。
・・・・・・。
・・・。


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 22:57:09.89 ID:URQJ6ePT0

提督「まあそんな事情で上の服が無いんだ」

大鳳「いけませんよ提督!風邪なのにそんな格好をしていては!」


大鳳「まずは体温を上げ、免疫力を高めること。次に発汗による水分を補うための水分補給。加えて、消化のよいものを食べるなどして免疫力をつけなくては。暑いからと服を脱いで体を冷やしていては治るものも治りません!」

提督「大鳳・・・おまえはできるやつだと思っていたよ」ウルウル

大鳳「軍人たるもの体調管理も仕事のうちですよ?」

提督「そうだな!風邪ごときに負けてられるか!」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 22:57:42.92 ID:URQJ6ePT0

大鳳「いい心掛けです」

大鳳「では走り込みから始めましょうか」キラキラ

提督「は?」

大鳳「体温を上げて、汗をかくにはもってこいですよ!」

大鳳「それに風邪なんて気の迷い!走れば治りますよ!」

提督「このっ・・・スポコン野郎がああああああ」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 22:58:28.47 ID:URQJ6ePT0

雷「見つけたわ!」

提督「ちっ、こうしちゃいられねぇ」ダダダダッ

大鳳「さあ大鳳出るわよ!駆逐艦のみんなも元気かな?」キラキラ

響「任務(意味深)を始めようか///」ハァハァ

電「なのです!///」ハァハァ

島風「駆けっこしたいんですか?負けませんよ?」キラキラ

提督「なんだお前!?」ゼェゼェ

提督「誰か助けて!」
>>1に戻る







『艦隊これくしょん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿