TOP > ミリオンライブ! > グリP「このみさんかわいい」

グリP「このみさんかわいい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 21:30:33.53 ID:jfMhT/GL0

このみ「え?いきなりなんですか?」

グリP「いや、思ったことをそのまま口にしただけです」

このみ「本人を目の前によく言えますね…あ、資料できましたよ」

グリP「おうサンキュー。いやー、このみさんが事務手伝ってくれて助かります」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 21:32:55.75 ID:jfMhT/GL0

このみ「いえいえ、小鳥さん、プロデューサーさん、律子さんの三人で50人もいる事務所をやりくりするなんて大変ですものね」

グリP「流石はこのみさん、そういう配慮できるところが大人ですね」

このみ「ふふん、まあ私くらい大人だと当たり前ですよ」

グリP「そこがまた魅力的なんですよね」

このみ「今日はまた積極的ですね…」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 21:35:03.25 ID:jfMhT/GL0

グリP「あ、ファンレターどうぞ」

このみ「どうも。『わたしもこのみさんみたいにもっとかわいくなるようにがんばります 10さい 千枝』、『かおる、このみちゃんみたいなアイドルになりたい! 8さい かおる』ってまた子供からかー…」

グリP「嫌なんですか?」

このみ「嫌じゃないわよ、寧ろ嬉しいわ。けど、子供からのファンレターだと大抵『可愛い』って言われるのよねー。アダルティーな魅力を売りにしたい私としては複雑かな」

グリP「すみません、俺がこのみさんの望む仕事見つけられなくて」

このみ「まだまだ先がありますから!大人の余裕を持って行きましょう」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 21:38:22.57 ID:jfMhT/GL0

グリP「そうですね…。けどそれって外見のことですよね?」

このみ「まあ、そうですね」

グリP「逆にそそるものを感じますよ。外見は下手な小学生より小学生っぽくロリロリしてるけど中身はしっかりしているお姉さん。俺としてはすごく好みですけど」

このみ「む、その発想はなかった」

グリP「結構ウケいいと思いますよ」

このみ「でもアダルティーを売りに…いやギャップを狙うってのも…うあーどうしよう」

グリP(やっぱかわいい。すごく魅力感じるんだよな…アイドルにこんな感情持っちゃいけないんだろうけど)


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 21:41:22.59 ID:jfMhT/GL0

このみ(そういえばさっきからプロデューサーさん、私のこと褒めてばかりだけどなんでだろ)
このみ(もしかして私のことが好きだとか…アハハないない。もっと大人っぽい女の人が似合うもの)

このみ「って私は大人じゃないのー!」

グリP「このみさん?どうしたんですか突然」

このみ「い、いえなんでもありません」カアアッ


グリP「ふー終わった終わった。お疲れ様です。お茶どうぞ」

このみ「どうもー」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 21:44:25.52 ID:jfMhT/GL0

グリP「……」ズズーッ

このみ「……」ズズーッ

P・このみ((会話が続かない))

グリP(いかん、意識し始めた途端マトモに顔すら見れなくなってしまった)

このみ(なんでプロデューサーさんの顔すら見れないのよ私!別にプロデューサーさんのことなんか…)

グリP「えーっと…このみさんって休日何してるんですか?」
グリP(お見合いみたいな質問するなよ俺!)

このみ「えーっと、ツ○ヤで北米ドラマのDVD借りて見て、オンラインの麻雀で適当にボコボコに…あ、今のなしで」

グリP「ま、麻雀ですか…」

このみ「なしでって言ったじゃないですかー!」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 21:47:31.85 ID:jfMhT/GL0

グリP「あとその外見で日本酒も好きなんですよね…」

このみ「ちょっと引かないでくださいよ、私24歳ですよ、24歳。お酒くらい嗜みますよ」

グリP「小学生がお酒飲んじゃだめですよ」

このみ「小学生じゃないです。家で飲む分にはいいんですけど店で飲もうとするとね…」

グリP「ああ、なんとなく想像つきますね」

このみ「行きつけのところなら店長も分かってるんですけど、試しに新しい居酒屋行くとね…まず店にいる全員がこっちを見ます」

グリP「そりゃ可愛い小学生が一人で居酒屋なんかに入るのなんて普通ありませんからね」

このみ「それで席着いてお酒頼むじゃないですか。すると『お嬢ちゃん、未成年がお酒はダメだよ』って。一度も最初の注文でお酒飲めたことがありません」

グリP「そりゃまあそうですよね」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 21:52:05.57 ID:jfMhT/GL0

ガチャ

小鳥「あ、プロデューサーさん、このみさんお疲れ様です!」

このみ「律子さんこそお疲れ様」

グリP「ああ、お疲れさま。まだ仕事ですか?」

小鳥「いえ、財布を忘れてしてしまって…あ、あったあった」

グリP「そうか、じゃあ事務所も閉めちゃうか」

このみ「そうですね」

小鳥「じゃあ私が鍵返しときますね」

グリP「ありがとうございます」


グリP「さて、結構暗くなってるし帰るかな…」

このみ「あ、あの、プロデューサーさん?」

グリP「ん?なんですか?」

このみ「そのー…今からよかったら飲みに行きませんか?///」
このみ(うわー誘っちゃった…いや、デートでも何でもないし?いつもお世話になってる人と飲みに行くなんて普通じゃない。なのになんでこんなにドキドキしてるのよ…)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 21:57:17.52 ID:jfMhT/GL0

グリP「そうですねー、帰ってもすることないし、いいですよ」

このみ(やった!)
このみ「じゃあ私のオススメの居酒屋行きましょう!」


このみ(結局店に着くまで会話がなかった…)

グリP「あ、ここですか!一度来てみたかったんですよね」

このみ「丁度よかったですね!ささ、入りましょ入りましょ!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 22:03:25.21 ID:jfMhT/GL0

ガラガラー

店長「へいらっしゃい!お、このみちゃんじゃないか!」

このみ「こんばんは店長」

店長「いやー最近テレビに出るようになったな!ウチも『馬場このみ行きつけの居酒屋』として繁盛するかもな!」

このみ「そんなまだまだですよ!でも、店長のためにも頑張りますね!」

店長「体には気をつけてな!ん?そっちの兄ちゃんは誰だ?もしかしてこのみちゃんの」

このみ「ち、違いますって!プロデューサーさんですよ!前に話してた!」

店長「あーあの新人プロデューサーか!おい兄ちゃん!このみちゃんがトップアイドルになるのもアンタの腕にかかってるからな!期待してるぞ!」

グリP「は、はい!頑張ります!」

店長「気に入った!今日は酒三杯はタダにしてやる」

このみ「ありがと!じゃあ焼酎と焼き鳥のモモで!」

グリP「俺はビールで」

店長「はいよ!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 22:08:37.15 ID:jfMhT/GL0

グリP「いい人ですね、店長さん」

このみ「でしょ?色々ある店の中で一番はやっぱここね。人もいい、味もよし、値段も中々」

店長「おいおい褒めたってもう一杯タダにするくらいしかしないぞ?ほい焼酎とビールと焼き鳥」

このみ「やりぃ!」

グリP「ははは…」


このみ「それでじむしょでの話の続きなんれすけど…」

グリP「このみさん完全に酔ってますね…焼酎飲み過ぎですよ」

このみ「ぜんぜんよってませぬ!でー、つづきなんですけどー。
未成年っていわれて、持ってるみぶんしょーめーしょーを見せたんれすよ。そしたらえーっ!ておどろかれて…うぅ…」ヒックヒック


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 22:13:31.63 ID:jfMhT/GL0

グリP「このみさん泣かないでくださいってば」

このみ「だってー…みんなみんな『このみちゃんかわいい』って…だれひとり私を大人って見てくれないんれす…」

グリP「……」

このみ「他にもジェットコースター乗ろうとしたら身長が足りませんねーって。生まれてこの方一度も乗ったことがないし」
このみ「あとは補導!夜中にコンビニでおつまみかおうかなーって思って外出たら警察の人に捕まって。みぶんしょーめーしょ見せたらまたえーっ!ですよ…」
このみ「わたしなんれどーせ…………」

グリP「このみさん?」

このみ「zzz...」

グリP「寝ちゃったよ…どうするかな…」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 22:19:27.70 ID:jfMhT/GL0

店長「男なら送ってけ!ガハハハ!」

グリP「送ってけって…気持ちよさそうに寝てるし…」
グリP「寝てる時は本当の子供っぽいよなぁ。24歳には見えないぞ」

グリP「……ハッいかんいかん、いくら合法とはいえアイドルに手を出すのは…」
グリP「ほら、このみさん起きてください、帰りますよ」

このみ「うぅーん…プロリューサーさんおんぶー…」

グリP「はいはい。よっと…うわ、軽すぎる。それじゃあ店長、ここに勘定置いておきますので」

店長「はいよ」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 22:27:07.78 ID:jfMhT/GL0

グリP「今の状況って他人から見たら父と娘かな…。それにしてもこのみさんって本当に24歳なのか?」
グリP「確かプロフィールによると身長143cm、体重37kgだよな…やよいと全然違わないぞ」

このみ「ん~…プロデューサーさん~…」

グリP「ハハッ寝言言ってるよ。ってなんで俺の名前が?」

グリP「はー、なんでアイドルなんか好きになっちゃったんだろう」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 22:31:00.83 ID:jfMhT/GL0

グリP「こんな気持ちじゃ仕事に身が入らないぞ…いっそ諦めるか…」

ギュッ

このみ「プロデューサーさんありがとう…」

グリP「…寝言、だよな?一体どんな夢を見てるんだ?」
グリP「夢かぁ…俺の夢は勿論このみさんをトップアイドルにすることだよな。でもこのままじゃトップアイドルになんかできないぞ」


グリP「…そうだな、もうやるしかないか」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 22:36:39.53 ID:jfMhT/GL0

グリP『このみさん、やっとてすよ!』

このみ『なれたの…?私がトップアイドルに…?』

グリP『ええ!俺たちやったんですよ!遂に成し遂げたんですよ!』

このみ『なんか実感が湧きません…夢じゃないんですか…?』

グリP『夢なんかじゃありませんよ!このみさん!』

このみ『プロデューサーさんありがとう…』
このみ『…あの、プロデューサーさん。トップアイドルになったら言おうとしたんですけど…私あなたのことが――』


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 22:39:13.84 ID:w5fqTYWX0

このみ(…あ。寝ちゃってたのか…なんかいい匂いする)
このみ(なんだ…今の夢か…折角プロデューサーさんに伝えられると思ったのに。あ、トップアイドルになれたと思ったことを残念がるべきかな)

グリP「やっと起きましたか」

このみ「プロデューサーさん…私…ってなんで私おんぶされてるんですか!?」

グリP「このみさんがおんぶしてくださいって言ったんですよ?結構子供っぽい面もあるんですね」

このみ「え、私そんなこと言ったんですか?///」カアアッ
このみ(酔ってたとはいえ、まさかプロデューサーさんにそんなこと頼むなんて…)

グリP「…このみさん、少し公園寄ってもいいですか?話したいことがあるんです」

このみ「?いいですけど…話したいことって?」

グリP「………」

このみ(顔が赤くなってる…なんでだろ…)


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 22:43:21.10 ID:jfMhT/GL0

このみ「もうこんな夜遅くだから人っ子一人いませんねー」

グリP「頑張れ俺…絶対伝えるんだ…失敗しても気にするな…」ブツブツ

このみ「どうしたんですかプロデューサーさん。一人でブツブツ言って」

グリP「いえいえ、なんでもありません!ちょっと降りてもらっていいですか?」

このみ「あっはい。ありがとうございました」

グリP「えっと…その、このみさん、俺と初めて会った日のこと覚えてますか?」

このみ「ええ、忘れられるはずありませんよ…」


グリP『えっと、あなたが馬場このみさん?今日から君をプロデュースすることになった者だけど…』

このみ『あ、あなたが社長の言ってた新人プロデューサーさんで?はじめまして、馬場このみです。私もアイドルになったばかりなんですけど、お互い頑張りましょうね!』

グリP『目標はもちろんトップアイドルですよね!』

このみ『はい!あの、変なこと聞いていいですか?私のプロフィール見ましたか?』

グリP『まだですけど、何か?』


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 22:45:30.02 ID:jfMhT/GL0

このみ『私の第一印象、教えてもらえますか?』

グリP『そうですねぇ…落ち着いた大人、ですかね』

このみ『ほ、ほんとですか!やった、やった♪』


このみ「あなただけですよ…私を初めに『大人』って言ってくれたの…とても嬉しかったです」
このみ(そこから一緒に仕事をして恋心が芽生えたのかもね)


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 22:50:09.35 ID:jfMhT/GL0

グリP「前は大人らしい内面と後ともらしい外見からアイドルとしての魅力を感じたんです。その魅力をもっと引き出せたらって思って」

このみ(そのわりには来る仕事が可愛い子がやりそうなものばかりですけどね)

グリP「でも最近は」

このみ「ん?」

グリP「最近はアイドルとしての馬場このみじゃなく、女性としての馬場このみの魅力を感じるようになったんです」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 22:52:37.33 ID:jfMhT/GL0

このみ(え…え…それってつまり…)

グリP「このみさん!俺、あなたのことが好きです!付き合って下さい!」

このみ「………」

グリP(あ、これ失敗したか…?でも失敗したらしたで仕事に専念でき)

このみ「うっ…うわあぁぁぁん!」ブワッ

グリP「え?」
グリP「このみさん!?泣くほど嫌なんですか!?」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 22:54:53.07 ID:jfMhT/GL0

グリP(これは心に来るぞ…!明日立ち直れてるかどうか危ういな…)

このみ「嫌なわけ、ないじゃないですか!」

グリP「え、だって」

このみ「嬉し泣きです…私も、プロデューサーさんのことが好きだから」

グリP「……うん?」

このみ「うん?じゃないですよ」

グリP「じゃあ。両想いってことですか?」

このみ「あはは、そうなりますね」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 22:57:36.83 ID:jfMhT/GL0

グリP「や…やったぁ…」

このみ「返事まだでしたね。こちらこそよろしくお願いします、プロデューサーさん」

グリP「はい!」

このみ「まったく、担当アイドルに告白だなんて。それほど私の大人の魅力が伝わったのかしらー?」

グリP「そうですね。けど、それだけじゃないんですよ」

このみ「他にもなきゃ困りますよ」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 23:00:35.41 ID:jfMhT/GL0

グリP「怒りませんか?」

このみ「怒りませんよ」

グリP「背伸びしようとしてるところがまた…」

このみ「身長の話はいいでしょう!」

グリP「違いますよ。大人っぽく見せようとしてる子供っぽさも素敵だってことです」

このみ「さっき言ったことと矛盾してませんか?」

グリP「よく分かんないんですよ自分でも」

このみ「そんなものですかね?まあ私は大人だから許してあげますよ」

グリP「プッ」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 23:02:26.17 ID:jfMhT/GL0

このみ「笑いましたね?大方『また大人ぶったな』って思ったんですね?」

グリP「な、なんで分かるんだ…」

このみ「好きな人の考えることなんてお見通しです。それよりも今のは大人な私でも怒りました、許しません」

グリP「すみませんでした!何でもするから許してください!」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 23:05:25.43 ID:jfMhT/GL0

このみ「何でも、ですか?それじゃあ、まずは私のことは呼び捨てで、敬語は使わないで下さい」

グリP「分かったよこのみ…ってまずはってことはまだあるのか?」

このみ「そりゃ勿論。次は、私を必ずトップアイドルにすると誓って下さい」

グリP「最初からそのつもりだが…俺は馬場このみをトップアイドルにします!」

このみ「うんうんよろしい!それじゃあ最後に二つね!」



このみ「抱きしめて…『大人な』キスしてください…」


おわり


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05(火) 23:07:29.48 ID:jfMhT/GL0

読んでいただいた方ありがとうございました
SS初挑戦でしたが色々な意味でキレイに書けませんでした

このみちゃんはアイマス、モバマス、グリマス内でも最強の合法ロリだと信じてます





『ミリオンライブ!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿