TOP > 月刊少女野崎くん > 佐倉「あ! みこりん顔真っ赤だよ! もしかしてまた痛い台詞言ったの?」

佐倉「あ! みこりん顔真っ赤だよ! もしかしてまた痛い台詞言ったの?」

1: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 22:47:46.41 ID:bpctLDULO

御子柴「いや……言ってねぇよ///」

御子柴「……つーか顔真っ赤じゃねえし///」

佐倉「いや、誰がどう見ても真っ赤だと思うけど……」

佐倉「そんなに恥ずかしいんなら言わなきゃいいのに……」

御子柴「だから言ってねぇーって!!///」

佐倉「いや、だって……湯気すごいよ?」

御子柴「……」フラッ

佐倉「え……」

バタン!!

佐倉「みこりん!!?」


2: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 22:48:42.27 ID:bpctLDULO

佐倉「ちょっとみこりん!! 大丈夫!!?」

御子柴「はぁ……はぁ……///」

佐倉「……!! すごい熱!!」

佐倉(そっか、みこりんは恥ずかしがってたから顔が真っ赤だったんじゃなくて……)

佐倉(熱を出してるから真っ赤だったんだ!!)

佐倉「みこりん!! 保健室行こう!!」

御子柴「言われなくても……行くっての……///」

佐倉「ほら! 私も一緒に行くから!!」

御子柴「大丈夫だって……俺一人で行け……///」フラッ

佐倉「大丈夫じゃないって!! 兎に角私も行くから!!」


3: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 22:49:09.09 ID:bpctLDULO













御子柴「……」

御子柴「……!!」

御子柴「……保健室」

佐倉「目、覚めた?」

御子柴「!! 佐倉……」

佐倉「よかったぁ……」


4: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 22:49:44.79 ID:bpctLDULO

佐倉「先生がしばらく寝てなって」

御子柴「……なんでお前がずっと保健室にいるんだ?」

佐倉「先生今、用があって席を外してるんだって」

佐倉「だから私が代わりに見てるんだ」

御子柴「……別に見る必要ねぇんじゃねぇか? 俺が暴走するわけじゃねぇし」

佐倉「でも……みこりんをほっておくわけにはいかないよ」

佐倉「それに今放課後だからずっとここにいていいし」

御子柴「佐倉……」


5: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 22:50:19.23 ID:bpctLDULO

御子柴「野崎んとこ……行かなくていいのか?」

佐倉「今日は野崎くん、剣さんと打ち合わせだから。 先帰っちゃった」

御子柴「……部活行かなくていいのかよ?」

佐倉「うん、自由参加だし」

御子柴「……」

御子柴「……ありがとな」

佐倉「どういたしまして!!」


6: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 22:50:50.90 ID:bpctLDULO

先生「体調よくなった?」

佐倉「あ、先生」

御子柴「まぁ……前よりかは」

先生「帰れそう?」

御子柴「ああ……全然大丈夫っすよ」

先生「そう……なら良かった。 佐倉さんありがとう」


7: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 22:51:24.75 ID:bpctLDULO

帰り道

御子柴「……」

御子柴「なぁ佐倉」

佐倉「?」

御子柴「お前そんなに俺に近いと……お前も風邪引くぞ?」

佐倉「でも……みこりん一人じゃ歩けないでしょ? だからこうやって……」

御子柴「……やべえ、もうちょい大人しくしといた方が良かったかもしれねえ」フラ~

佐倉「ね? 私がいて良かったでしょ?」

御子柴「……こんなんだったら……もうちょい保健室にいりゃ良かったな」

御子柴「……いやよくねぇ!!」

佐倉「え? なんで?」

御子柴「あのままいたら親が迎えに来るなんて流れもありえる!!! そんなの恥ずかし過ぎるだろ!!」

佐倉「あはは……考えすぎだよ」


8: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 22:52:04.32 ID:bpctLDULO

佐倉「あ! 風邪薬買っとく!? 家にある!? 冷えピタとかは!?」

御子柴「……あるから大丈夫」ズズ

御子柴「……なぁ佐倉」

佐倉「何?」

御子柴「なんで……そこまで俺に優しくしてくれるんだ?」

佐倉「なんでって……友達だからだよ!!」

御子柴「……!!」


9: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 22:52:39.57 ID:bpctLDULO

御子柴「で、でも……いつものお前なら……野崎にしか目がいかないから……俺の事なんかほっておいて……」

佐倉「ちょっと待って!! 私そこまで非道なイメージある!!?」

御子柴「……おう」

佐倉「ええ……」

佐倉「でも……目の前で友達が大変な目にあってたらほっておけないでしょ?」

佐倉「それに……ライバルなら尚更だよ!!」

御子柴「ライバル……俺が……?」

佐倉「うん!! みこりんは私のライバル!!」


10: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 22:53:06.74 ID:bpctLDULO




















野崎『見てくれ佐倉!! この花を!!』

佐倉『!! これって……みこりんが描いたの?』

野崎『ああ……俺の知らないうちに御子柴はここまで描けるようになっていたんだ』

野崎『俺も……いつかこれぐらい描けるようにならないとな』

佐倉『……』

佐倉(野崎くん……すごい嬉しそうだなぁ……みこりんすごいなぁ……)

佐倉(……私もこんな風に思われたい!! みこりんに負けてられないよ!!)


11: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 22:53:39.94 ID:bpctLDULO




















御子柴「なるほどな……それで俺がライバルってわけか」

佐倉「うん!! 野崎くんは絶対に譲らないよ!!」

御子柴「……ちょっと待て!! まるで俺が野崎を狙ってるみてーな言い方やめろ!! 俺にそっちの気はねぇよ!!」

佐倉「え、で、でも……」

佐倉「……兎に角!! ライバルが倒れてたら張り合いないでしょ!? だから助けるの!!」

御子柴「……まぁいいや。 その理由で」


12: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 22:54:10.76 ID:bpctLDULO

御子柴「わざわざありがとな。 家の前まで。 反対側なのに」

佐倉「ううん! 気にしないで!! お大事にね!!」

タッタッタッ……

御子柴「……」

御子柴(今度……お礼しねえとな)


13: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 22:54:43.96 ID:bpctLDULO

別の日

御子柴「いやー、すっかり治ったぜ」

瀬尾「おーイケメンじゃん。 風邪治ったんだ」

御子柴「まぁな」

御子柴「……! なぁ、佐倉いるか?」

瀬尾「千代? 千代なら今日休み」

御子柴「!!」

瀬尾「熱出たんだってさー」

御子柴「……」

御子柴(まさか……俺の所為か?)


14: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 22:55:14.27 ID:bpctLDULO

御子柴「野崎!! 聞いたか? 佐倉が風邪だってよ!!」

野崎「ああ、らしいな」

御子柴「俺……学校終わったら見舞いにいこうと思う」

野崎「見舞いに……?」

御子柴「ああ。 風邪を引いたのは……俺のせいだ」

御子柴「だったら見舞いぐらい行かねーと……」

御子柴「……!! そうだ野崎、お前も行かねーか? きっとお前が来てくれたら佐倉も……」

野崎「……すまない、今日は剣さんと会う約束をしていて……」

御子柴「今日もかよ!!」


15: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 22:55:45.33 ID:bpctLDULO

御子柴「……分かった。 じゃあ俺一人で行くわ」

野崎「場所は分かるのか?」

御子柴「……!! やべ、知らねえ……」

鹿島「御子柴ーおはよー」

御子柴「!!!」

鹿島「……?」


16: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 22:56:17.88 ID:bpctLDULO

佐倉の家

佐倉「うう……///」

佐倉「まさかみこりんから風邪をもらっちゃうなんて……///」

ピンポーン

佐倉「……!! 誰だろう……十和が帰って来たのかな?」

ガチャッ

御子柴「佐倉!!」

佐倉「みこりん!?」


17: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 22:56:44.74 ID:bpctLDULO

佐倉「な、なんで!? なんでみこりんがここに!!?」

御子柴「なんでって……見舞いに来たに決まってんだろ」

佐倉「で、でも……なんで私ん家知ってたの?」

御子柴「……鹿島に聞いたんだよ」

御子柴「……本当はあいつも来る予定だったんだけどな。 部活ずっとサボってばっかでそろそろ顔出せねえとやばいらしくてな」

佐倉「あはは……堀先輩に引きずられてるのが想像できるね」


18: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 22:57:15.94 ID:bpctLDULO

御子柴「ほら……元気が出るもん持って来たぞ」

佐倉「え……?」

御子柴「今日学校で撮った野崎の写真だ」

佐倉「!!!!」

御子柴「本当はよ……メールで送ろうとしたけど……」

御子柴「ほら……前に送った時は容量オーバーで見られなかったろ?」

御子柴「だったら直接見せたらいいと思ってよ」

佐倉「みこりん……」

御子柴「これで……借りは返したからな」

佐倉「……うん!! ありがとう!!」


19: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 22:57:42.41 ID:bpctLDULO

御子柴「……それとお前」

佐倉「?」

御子柴「……俺の為に泣くなよ」

佐倉「え……?」

御子柴「いや……俺全然覚えてねーんだけど……」

御子柴「瀬尾が言うにはよ……お前……」

御子柴「俺が倒れた直後、泣いたらしいな……」

佐倉「!!」


20: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 22:58:11.86 ID:bpctLDULO

御子柴「俺なんかの為に涙流すなよ……」

御子柴「お前は……野崎だけ見てりゃいいんだよ」

佐倉「だ、だって!! あんな苦しそうなみこりん……今まで見た事なかったから……」

佐倉「死んじゃうのかなって思っちゃった……」

御子柴「馬鹿……そう簡単に死なねえよ」

佐倉「ば、馬鹿って言わないでよ!! 心配したんだから!!」

御子柴「……まぁお前の気持ちも分からなくないな」

御子柴「なんせ……こんな美少年が死にそうだったんだからな☆」

佐倉「……これは熱があるわけじゃないよね?」

御子柴「おう///」カァァ


21: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 23:02:18.19 ID:bpctLDULO

御子柴「……つーわけで早く治せよ」

御子柴「その……ライバルなんだからよ」

佐倉「うん!!」

バタン!!

佐倉「……」

佐倉(こうしちゃいられない!! 早く治さなきゃ!!)

佐倉(みこりんに勝つ為に!!)



















次の日

佐倉「おはようみこりん!!」

御子柴「! もう治ったのか!!?」

佐倉「私は一日で治したけどみこりんは三日もかかったね!! 私の勝ちだよ!!」

御子柴「なんだそりゃ……」

御子柴「……治ってよかったな」

佐倉「うん!!」


22: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/30(土) 23:02:57.05 ID:bpctLDULO
















御子柴「どうだこの花!! お前にゃ真似できねーだろ!!」

佐倉「そ、それだったらみこりんだって私みたいにベタできないでしょ!!」

若松「ふ、二人とも!! 喧嘩はやめてください!!」

御子柴「いやちげえよ」

若松「え?」

佐倉「こうやってみこりんが挑発する事によって私の闘争心が震え上がってベタが上手くなるって作戦だよ!!」

若松「」

佐倉「みこりん……私頑張るからね!!」

御子柴「……頑張れよ佐倉」

終わり





『月刊少女野崎くん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿