TOP > 咲-Saki- > 菫「照にドッキリを仕掛ける?」

菫「照にドッキリを仕掛ける?」

2018/07/08 00:01 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:01:57.82 ID:MLT5xQiH0

白糸台高校

麻雀部部室

淡「はいー♪」

菫「・・・・まったく、何を言い出すかと思えば」ハァ

淡「それじゃ早速行きましょう!」

菫「は?待て待て勝手に進めるな。私は反対だ」

淡「ええー?」ブー

菫「そもそも上級生相手にドッキリを仕掛けようとする時点で大問題だ」

淡「むぅー」

菫「今回は聞かなかった事にしておくから、不穏な発言は慎むようにしろ」

淡「引けません!」

菫「・・・なんだと?」

淡「テルーの為にもなるから!」

菫「照の為になるドッキリ?訳が分からないぞ」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:05:36.30 ID:MLT5xQiH0

淡「だって菫先輩が聞く耳もたないから!」

菫「む・・・そうか、早合点だったか?すまない、では教えてくれ。照の為とはどういう事かを」

淡「えへへ~♪んとですね、テルーは普段無愛想!」

菫「知っている。それで?」

淡「だからね、みんな話しかけづらいんだよ!」

菫「・・・・まぁ、確かに淡以外の人間はそうか・・・話してみると普通なんだがな」

淡「そう!それ!だから、テルーに話しかけやすい雰囲気になれば、チームも和気あいあい!」

菫「なるほど・・・ではその雰囲気にするにはどうするんだ?」

淡「ここでドッキリだよー!」ヘヘー

菫「ふむ・・」

淡「テルーがドッキリに引っかかる。『ひっかかっちゃった。えへへ』ってなる。みんな仲良し」

菫「そう都合よくいくだろうか?」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:11:00.83 ID:MLT5xQiH0

淡「もう、菫先輩は文句ばかりだー」

菫「・・文句ではないが・・・・・ちなみにどのようなドッキリなんだ?具体的に教えてくれ」

淡「んっとね。テルーが普段言わないような事を言わせるんです!」

菫「普段言わない事・・・?」

淡「そそ。いつもと違うテルーにみんなビックリ!親しみやすく感じて、話しかけやすくなるに違いない!」

菫「・・・それは一理あるが・・・一体どうやって言わせる気だ?」

淡「・・・売店を使います」

菫「売店?」

淡「たかみ先輩に売店の売り子さんに変装してもらいます!」

菫「・・・・?」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:13:39.36 ID:MLT5xQiH0

淡「そして、取り扱ってる商品の名前を、テルーが言わないであろう言葉に変える!」

菫「・・・」

淡「あーら不思議。テルーが注文すると同時に、普段言わない言葉が聞けちゃうよー?」ワンダホー!

菫「・・・・・引っかかると思うか?」

淡「当然!」ムン!

菫「・・・はぁー・・」

淡「なんでため息つくんですかー!大丈夫だよ!ね?だから菫先輩も協力して!」

菫「・・・何をすればいいんだ?」

淡「売店の売り子がたかみ先輩だってテルーにばれない様にフォローをお願いします!」

菫「・・・・再度確認するが、照の為を思ってのドッキリなんだな?」

淡「もちろんですよー♪」

菫「分かった。それなら付き合おう」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:16:24.54 ID:MLT5xQiH0

淡「やたー!でわ、テルーが来たら作戦開始~!」

ガチャ

照「・・・売店に寄りたかったんだけど」

誠子「すみません。みんなで一緒に行こうという事で・・・」

照「・・・そう?」

淡「来た来た!それじゃ売店へゴー!」

照「え・・うん・・・」

菫「ふう・・・」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:19:49.93 ID:MLT5xQiH0

売店

尭深「いらっしゃいませ」

菫(変装って・・・制服にエプロン付けているだけじゃないか!やる気があるのか?)

照「・・・・・」

菫(ほら、怪しんでいる)

照「・・あの売り子さん」

菫「ど、どうした?」

照「どこかで会った事ある気がする」

菫「うっ」

菫(淡、なんとかしないとバレるぞ?)チラ

淡(菫先輩お願いしゃーす!)グッ


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:21:21.58 ID:MLT5xQiH0

菫「くっ・・・それはアレじゃないか?前世で何かあったのかもしれないな」

照「・・・素敵」

菫「だな。素敵な事だから、売り子さんは放っておいて、何か買ったらどうだ?」

照「うん・・どれにしようかな・・」ムーン

菫(・・・・気付いてない)

尭深「本日は商品名オールチェンジの日ですので、よろしくお願いします」

照「分かった」

菫(なんの疑問もなしか・・・)

尭深「買いたい商品名をちゃんと言ってくださいね」

照「うん」

淡「テルー、これ買ってよ~」イヒヒ


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:23:53.42 ID:MLT5xQiH0

照「これ?分かった。えっとこれは・・・『すばら?』」

淡「あー!テルー、ダメだよ~」

照「え?」

淡「ほら、ここの張り紙読んでみて」

照「?・・・・・・『商品を注文する際には、感情を込めてください』」

尭深「そういう事になってますので。この商品は、生き生きと楽しい感じで言ってください」

照「分かった」コホン

淡「・・・」ワクワク

照「『すばらっ♪』」ニコーッ

淡「プーッ」ククク

菫(完全に引っかかっているな・・・・)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:26:20.24 ID:MLT5xQiH0

照「あとは・・・・『ちょーうれしいよー』」ワハーイ

淡「ププププ・・」

菫(・・・・だが・・)

照「あ、これもいいな・・『お持ち帰りぃ~!』」

淡「あははは!」ケラケラ

菫「・・・・・やめろ」

淡「へ?」

菫「これを続けたところでなんの意味もない。親しみなど湧かん」

淡「えー!?そんな事ないよー!」

菫「そうだろう!?亦野!」

誠子「え?あの・・・はい」

菫「ほら見ろ、亦野も同意している」

淡「ブー!亦野先輩イエスマン~」

誠子「う・・」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:32:26.41 ID:MLT5xQiH0

菫「セリフのチョイスも微妙だしな」

淡「・・・・そんな事ゆーなら菫先輩が考えてよー」

菫「なに?私が?」

淡「そ。今のテルーはドッキリに引っかかってるからどんなセリフでも言ってくれるし」

菫「・・・・!」

菫(確かに・・・普段の照なら、すばらとか言う訳がない・・・)

菫(・・・どんなセリフでも照は言ってくれる?・・・どんな・・・セリフでも・・)ゴクリ

菫「・・わ、分かった。私に任せろ」

淡「わはーい!お願いしまーす」

尭深「あの・・・言わせたいセリフをこのシールに書いて下さい。商品に貼りますので」

菫「あ、ああ・・・」カキカキ


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:35:45.62 ID:MLT5xQiH0

照「・・・・」マダー?

尭深「お待たせしました。もう一度注文をお願いします」

照「うん。・・・あ、これにしようかな」

尭深「はい。えー・・・・こちらの商品は、うつむいて恥じらいながら注文してください」

照「分かった」

菫「・・・・」ドキドキドキ

照「・・・『私のおっぱい・・・小っちゃいかな?・・触ってみて?』」カァァ..

菫「っし!!」グッ!

淡「んー?」

誠子・尭深「・・・・」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:40:05.54 ID:MLT5xQiH0

菫「こ、これも頼んだらどうだ!?」

照「?分かった」

尭深「これは・・・・はぁ・・・顔を赤らめてボーっと放心した感じで甘えながら注文してください。擬音も丁寧にお願いします」

照「難しそう。でもお菓子食べたいから頑張る」

菫「・・・・」ゴクリ

照「・・・『はぁ・・菫のココ・・・すっごくエッチだね?ペロ・・・ペロ・・・はぁあぁ・・・』」

菫「しゃあーーー!!!」

淡・誠子「!」ビクッ!

尭深「はい。私のおっぱい・・・小っちゃいかな?・・触ってみて?と、はぁ・・菫のココ・・・すっごくエッチだね?ペロ・・・ペロ・・・はぁあぁ・・・です。どうぞ」

照「お菓子ゲット・・」ウレシ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:44:22.15 ID:MLT5xQiH0

菫(これは素晴らしい・・・次は何を言ってもらおうか・・・)

尭深「えっと・・・」

淡「・・・んー・・・じゃあそろそろ戻りましょうか?」

菫「!?待て!まだまだだ!」

照「え?」

淡「・・・菫先輩?」

菫「いや、もうこの際だ、私が売り子をやる!どんどん注文してくれ!照!」ウリコー!

照「・・・でも・・・もうお菓子買ったし・・」

菫「お金はいらないから!」

照「・・・それなら買う」

菫「よし!それでは・・・」

菫(待てよ?セリフを言わせるのもいいが、少し趣向を変えてみるか)

菫「・・・ちょっと待って」カキカキカキ..ペタペタ


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:48:55.87 ID:MLT5xQiH0

菫「よし!・・・商品名の質問に答えてください!」

照「商品名の質問?」

淡「意味分かんないー」

菫「すぐに分かるから!じゃあこのお菓子!」

照「んと・・・『一番感じる性感帯はどこですか?』・・・え?」

菫「そういう商品名なんだなぁ・・・では答えてくれ!」ニマニマ

照「・・・・・・・おへそ」

菫「違う!」

照「!」ビクン

菫「そういう・・・逃げ口上みたいなのはダメだ!ちゃんと真実を言ってくれ!偽りの仮面をかぶるな!」

照「・・・・・」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:51:39.73 ID:MLT5xQiH0

菫「商品名とは、お菓子に込められた願いだ。それに答えずして幸せはない!さぁ、性感帯を言うんだ!!」

照「・・・・・・・あ、あそこ//」カァァ

菫「!!ちょ、ちょっと待ってくれ!・・・よし用意出来た」

淡「・・・なにそれ?」

菫「ボイスレコーダーだ。領収書代わりに録音する。・・・これでよし。さ、もう一度。一番感じる性感帯は?」

照「・・・・・あそこ///」

菫「おぉう・・・なるほどなぁ」クホ

淡「あ、あの・・・菫先輩・・・」

菫「次はこの商品!はい!」

照「・・・・『自分を慰めるペースは?~いやらしい意味で~』」

菫「さぁさぁ・・・」

照「・・・///」

菫「何をためらう必要がある!注文するだけだろう?ほら、あとがつかえてるから早く」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:57:50.50 ID:MLT5xQiH0

照「い・・・一週間に一回・・・///」

菫「ゲットだぜー!!!」キャッホーゥ!

淡「あの・・・ほんともう・・」

菫「よしよし!では今度は普通に注文してもらおうかな!これとこれ注文して!」

照「・・・・///」コホン

照「『わ、私・・・菫のおっぱい・・・もっと吸いたいの・・・お願ぁい・・・』」

菫「YES!」

照「『菫・・・もう許してぇ・・・おしっこ漏れちゃうよぉ~』」ウルウル

菫「ほら見ろーーー!舐めるなバカヤロー!!」ワッホー!

淡「しゅ、終了終了!!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 21:03:00.41 ID:MLT5xQiH0

菫「む、なんだ?クライマックス直前で・・・」

淡「だって・・・なんか変な感じだし・・・」

菫「あ・・・・」

菫(そうだ、ドッキリだった・・・舞い上がってすっかり忘れていた)

菫「・・・んん!そうだなそろそろ終わりにするか」

菫(照のエッチな声も録音出来たしな)

淡「うんうん、それがいいよ」

菫「・・・・・・・では私はそろそろ戻る。あまり油を売っていてはダメだぞ?じゃあな」スタスタ

淡「あ、はい・・・」

照「うん」

尭深・誠子「お疲れ様でした・・・」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 21:07:12.28 ID:MLT5xQiH0

空き教室

菫「・・・・」バタン

菫(よし・・・・)ピッ

菫『一番感じる性感帯は?』

照『・・・・・あそこ///』

菫「ぬわぁああ!!あそこ!抽象的!推理必須、謎解きたい!!解けたら嬉しい、今日イチ嬉しい!!うわぁああ!!」ゴロゴロゴロ

照『自分を慰めるペースは?・・・・・・・い・・・一週間に一回・・・///』

菫「ひぃぃ!慰めっ!これも抽象的、謎っ謎ぉ!でも解けた!オナ○ーだ!私天才!頭脳労働希望!脳内革命!オナウィークデイ!」ゴロロロ

照『わ、私・・・菫のおっぱい・・・もっと吸いたいの・・・お願ぁい・・・』

菫「うおおおおお!照!照!可愛い!可憐、可憐!吸わすよ吸わす!頼まれ吸わす!願いは叶う!すぐ吸わすぅ!!」ゴロゴロゴロ!

菫「私の双丘、照ウェルカム!先端の凸、照の凹を待つ!ひたすら待つ!旅は終わらない~!」ゴロゴロ

照『菫・・・もう許してぇ・・・おしっこ漏れちゃうよぉ~』

菫「わあああ!崩壊!危険!溢れる!漏らとりあむ!受け止め弘世の出番!メインキャスト!クレジットで一番上ぇ!!」アヒィィィ!


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 21:14:31.00 ID:MLT5xQiH0

空き教室前廊下

誠子・尭深「・・・・・弘世先輩・・・」

淡「・・・まさかこんな簡単に引っかかるなんてねー」

照「そこが菫の可愛いところ」

淡「でもテルーも回りくどい事するねー?」

照「こうでもしないと菫の気持ちが分からないから」

淡「えー?テルーに気があるのバレバレだと思うけど」

照「・・・・・そうかな?」

淡「そうだよ・・・ま、いいや。お腹空いた。たかみ先輩、お菓子ちょうだーい♪」

尭深「はい。どうぞ」

『はぁ・・菫のココ・・・すっごくエッチだね?ペロ・・・ペロ・・・はぁあぁ・・・』

淡「・・・・・・やっぱいらない」

照「・・・無防備な菫・・可愛い・・・」ポ

菫「照のおっぱいペロペロしたい!DよりEより照カップ!照恥丘!ディセンバー恥丘!開幕フィンガー立候補!オープン記念日早くきてぇ!」ワァーア!

【完】


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 21:16:40.04 ID:MLT5xQiH0

読んでくれた人ありがとう。

それと・・・なんかごめんなさい。


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 21:18:47.35 ID:H1lz4QNo0

いやまさかの菫さんだった





『咲-Saki-』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿