TOP > 艦隊これくしょん > 明石「私が提督とクリスマスデート?!」

明石「私が提督とクリスマスデート?!」

1: ◆RgF.6MREXo 2015/12/20(日) 16:07:35.35 ID:np8cZAp/0

明石「…………」

カーンカーン
ギュイーンガガガガ

明石「…………ふぅ。改修成功」

明石(これで……今日の作業は終わりかな…)

明石「って、もうこんな時間。工廠に籠ってると時間が分からな……っ、痛たた……」

明石(流石に何時間もぶっ続けで作業してると体にくるなぁ)コキコキ

明石(まあ、いつも通り寝れば治るかな…)

明石「…………ふぅ」

シーン

明石「…………静かだね。一人だから当たり前だけど」

明石「………」

明石(……少しだけ寂しいな)

明石(……ううん。これが、私の仕事だもんね。やることは沢山あるんだし……うん)

明石「あ………指が真っ黒…」

明石(いつにも増して真っ黒。作業内容的にしょうがないけど………今日は――に時間がかかりそう)

コンコン

明石「ん?」

提督「おーい、明石いるかー?」

明石「え、提督? ち、ちょっと待って下さい」サッ


2: ◆RgF.6MREXo 2015/12/20(日) 16:08:44.35 ID:np8cZAp/0

提督「失礼するぞ」ガチャ

明石「お疲れ様です。作業の方は無事終了しました」

明石(こんな時間に提督が来るなんて珍しいですね…)

提督「ご苦労だった。……体の方は大丈夫か?」

明石「はい?」

提督「いや、随分と詰め詰めの作業スケジュールだったからな。もう少しゆとりを持っても良いんだぞ」

明石「いえ、大丈夫です。これが、私の仕事ですから」

提督「そうか…あまり無理はするなよ」

明石「はい」

提督「えーと、そうだ。明石。25日なんだが……」

明石「はい、25日の改修予定ですね。その日は……」

提督「あー違うんだ。改修じゃなくて」

明石「あ、修理ですか。じゃあスケジュールを…」

提督「そうじゃなくてな…」

明石「?」


3: ◆RgF.6MREXo 2015/12/20(日) 16:09:34.29 ID:np8cZAp/0

提督「その…もし、明石が良かったらクリスマス、一緒に出かけないか」

明石「……………へ?」

明石「くりすます……ああ、クリスマスですか」

提督「ああ」

明石「……え………………ええええええ?!?」

提督「だ、駄目か?」

明石「べ、べべ別に良いですけど……提督は良いんですか?」

提督「そりゃあ、誘ってるのはこっちだし」

明石「あ、そそそそうですよね……あはは…」

提督「じゃあ、そういう事で。詳しい日はまた後で連絡する」ガチャバタン

明石「は、はい…」


4: ◆RgF.6MREXo 2015/12/20(日) 16:10:55.05 ID:np8cZAp/0

明石「……………」

明石「く、クリスマス…私が提督と……? ど、どういうこと…」

明石「夢じゃないわよね……」ギュー

明石「い、いひゃい……夢じゃなひ…」

明石「あわわ……ど、どうしよう……」

ーーーー
ーーーー

大淀「はぁ、提督にクリスマスデート誘われたけど、どうすれば良いか分からない?」

明石「う、うん」

大淀「それはクリスマスに業務が入っている私への当てつけですか?」

明石「ち、違います! 本当に分からないんですよ!」

明石「そもそもなんで提督は私なんか……。私は戦線で活躍もしてないし、こんな煤と機械油まみれの女よりもっと他の娘の方が……」

明石「あ、もしかして提督は誰かと間違えているんじゃ…….」

大淀「………明石の中での提督からの評価はそんな感じなんですね」

明石「だって事実じゃないですか…」

大淀「はぁ……工廠に篭りっきりなのも考え物ですね」

明石「?」

大淀「じゃあ、他の娘と変わってもらったら?」

明石「え?! だ、駄目です!」


5: ◆RgF.6MREXo 2015/12/20(日) 16:11:43.39 ID:np8cZAp/0

大淀「まあそうですよね……で、私に何が聞きたいんですか?」

明石「その……いわゆるデートのコツとか。大淀ってよく提督と出かけてるから…」

大淀「……誤解があるようですが、あれは仕事ですからね。デートじゃありませんよ」

明石「そうなんですか? 皆が言っていたからてっきり…」

大淀「頭が痛くなってきました……」

明石「お願いします! こんどお昼奢りますから!」

大淀「というか、具体的には何をアドバイスすれば良いのですか?」

明石「え、服とか…」

大淀「そっからですか…別になんでも良いのでは?」

明石「何でもって…あ、クリスマスだからイルミネーション巻くとか?」

大淀「ああ……これは重症ですね」

明石「え、駄目ですか?」

大淀「……しょうがないですね。昔からのよしみです。助けましょうか」

明石「あ、ありがとうございます!」


6: ◆RgF.6MREXo 2015/12/20(日) 16:14:53.97 ID:np8cZAp/0

ーーーー
ーークリスマス当日

明石「………」ソワソワ

明石「………」キョロキョロ

明石(鎮守府前にヒトサンマルマル。後十五分だわ)

明石(時間、間違えてないよね……。あ、そういえば昨晩この時計落としたんだった…)

明石(もしかして壊れて時間が狂ってるかも?! ど、どうしよう…修理….)

提督「明石。早いな」

明石「ひゃい?! て、提督?!」

提督「お、おお…どうした慌てて?」

明石「あ、ああ……今日はお日柄も良く…」

提督「?」

明石「あ、違っ……えーと。ま、待った?」

提督「??」

明石「ううん、今来たとこ……ってこれも違う違う…」

提督「明石」ガシッ

明石「ふぇ?」

提督「落ち着け」

明石「は、はい……」


7: ◆RgF.6MREXo 2015/12/20(日) 16:16:42.56 ID:np8cZAp/0

ーーーー
ーー

明石「すいません、お見苦しい所をお見せしました…」

明石(うう…何をやってるんだろう私…)

提督「いやいや、こっちも驚かせてすまなかったな」

提督「というか、アレだな。さっきの明石は中々新鮮で面白かったよ」

明石「も、もう。からかわないでください///」

提督「じゃあ、行こうか」

明石「は、はい」

明石「あ……て、手を……」

提督「ん? どうした?」

明石「……な、なんでもないです」

明石(うう…駄目、出来ない……)


8: ◆RgF.6MREXo 2015/12/20(日) 16:18:10.78 ID:np8cZAp/0

ーーーー
ーー

明石「すいません、お見苦しい所をお見せしました…」

明石(うう…何をやってるんだろう私…)

提督「いやいや、こっちも驚かせてすまなかったな」

提督「というか、アレだな。さっきの明石は中々新鮮で面白かったよ」

明石「も、もう。からかわないでください///」

提督「じゃあ、行こうか」

明石「は、はい」

明石「あ……て、手を……」

提督「ん? どうした?」

明石「……な、なんでもないです」ギュッ

明石(うう…駄目、出来ない……)



9: ◆RgF.6MREXo 2015/12/20(日) 16:19:24.27 ID:np8cZAp/0

ーーーー
ーー映画館

明石「ここが映画館ですか。私、初めて来ました」キョロキョロ

提督「俺も久し振りだなぁ」

明石「あそこは何ですか? 売店?」

提督「ああ……えーと、飲み物とか売ってる…まぁ、映画館の間宮さんみたいなところだな」

明石「間宮さん? じ、じゃあ最中とかカレーとかあるんですか?」

提督「最中とカレーはないかな…」

明石「ないんですか……」シュン

提督「それで、明石は何が見たい?」

明石「え、えーと…」

明石「こ、このホラー映画がみたいです!」

明石(これでドサクサに紛れて提督に…///)

提督「おお、ホラーか? いいな。明石もこういうの好きなのか」

明石「え? は、はい! 前から見たかったんですよ!」

提督「これめちゃくちゃ怖いらしいからなぁ…楽しみだ」

明石「め、めちゃくちゃ怖い…?」


10: ◆RgF.6MREXo 2015/12/20(日) 16:20:50.05 ID:OtPA2NP7O

ーーーー
ーー

明石「あ……あああ………」

明石(こ、怖いいいいいい?!)ガシッ

提督「ひぎぃ!? ちょ、明石強く掴みすぎ……」

明石「あああ…腕が…腕が……」ギリギリ

提督(あ、明石。折れる! 腕折れちゃう!)

明石「あわわわ……」

提督(ヒエー……)

ーーーー
ーーーー

明石「ほ、本当にすいませんでした!」

提督「い、いや気にするな。確かに怖かったからしょうがないさ」

明石「うう…すいません」

提督「えーと、次は…」

明石「はい……あ///」グウゥ

提督「あはは……ちょっとお茶でもするか」

明石「は、はい…」

明石(は、はしたないと思われちゃったかな……)


11: ◆RgF.6MREXo 2015/12/20(日) 16:22:19.27 ID:OtPA2NP7O

ーーーー
ーー喫茶店

提督「ふぃー、さて何にしようかなぁ」

明石「………」

明石(ここは、女の子っぽい食べ物を…)

提督「明石、注文決まったか?」

明石「はい、私はパフェを」

提督「パフェか。明石は甘いのが好きなんだな」

明石「お、女の子ですから…えへへ…」

オマタセシマシターゴチュウモンドウゾー

明石「あ、私はこのジャンボレッドキャッスルパフェで…」

提督「ん…大きいやつだけど大丈夫か?」

明石「はい、お腹空いてるので……そ、それに良かったら少しシェアしましょうよ」

明石(提督と二人で一つのパフェを……///)

提督「ああ、なるほど。それなら大丈夫か」


12: ◆RgF.6MREXo 2015/12/20(日) 16:23:20.83 ID:OtPA2NP7O

ーーーー
ーー

オマタセシマシター

パフェ「」ドーン

提督「大丈夫じゃなさそうだった…」

明石「ええ……な、何このサイズ」

提督「あ、明石……残しても俺が食べるから大丈夫…」

明石「い、いえ。頼んだのは私ですから、提督は食べたい分だけ食べてください!」

提督「大丈夫か…?」

明石「はい…あ、明石。参ります!」

ーーーー
ーーーー

明石「うっ…….うぐっ……」パクパク

提督「明石……俺が食べるから」

明石「明石は……ら、らいじょうぶです…責任もって最後まで……」パクパク

明石「うっ………うう」パクパク

明石「……かんひょくです……」

提督「だ、大丈夫か?」

明石「うう…は、はい…」

提督「明石…その、顔がクリームで凄いことに…」

明石「え?! み、見ないで下さい!」

提督「ほら、拭くからじっとしてろ」

明石「ううぅ…すいません」


13: ◆RgF.6MREXo 2015/12/20(日) 16:25:59.20 ID:OtPA2NP7O

ーーーー
ーー雑貨屋

明石「わぁ…色んな物がありますね…」

提督「この前、教えてもらったんだ。アーンティークな小物もあって良い雰囲気だろ」

明石「はい! 見てるだけで楽しいですね」

提督「何か欲しいのがあったら買ってあげるぞ」

明石「え? ほ、ほんとですか? じゃあ……」

明石(あ……この歯車のペンダント可愛いな……)

明石(……でも、高いし……私なんか…ペンダントを買ってもらえる程、親密じゃないよ……ね)

明石「…じゃあ、この小物で」

提督「そんなんで良いのか。何でも良いんだぞ」

明石「いえ、映画や食事代まで出してもらいましたから…」

提督「んー……そうか」

明石「わ、私。他の見てますね!」

提督「ああ」

明石(意気地なしだなぁ…私)


14: ◆RgF.6MREXo 2015/12/20(日) 16:27:13.76 ID:OtPA2NP7O

ーーーー
ーーーー

提督「もう真っ暗だな」

明石「はい…」

提督「後もう少しで門限か…」

明石(なんだか失敗ばかりだったな……提督にも迷惑ばかりかけちゃった)

明石(提督もせっかくのクリスマスなのに…つまらなかったかな…)

明石(私なんかじゃなくて、もっと別の娘だった方が楽しかったのかな…)

提督「明石、最後に寄りたい所があるんだが良いか?」

明石「え? は、はい……」

ーーーー
ーーーー

明石「わぁ……綺麗なイルミネーションですね」

提督「ああ、幻想的だよな…」

明石「………とっても、キラキラしてて…」

提督「これを明石見せれて良かったよ」

明石「はい……本当に綺麗で…」ツー

提督「….…明石?」

明石「あ…ご、ごめんなさい。大丈夫、大丈夫です…」


15: ◆RgF.6MREXo 2015/12/20(日) 16:28:37.63 ID:OtPA2NP7O

明石「でも提督も酷いですよねっ」

明石(あれ……)

明石「こんな綺麗なイルミネーションならもっと別の娘に見せてあげた方が良かったですよっ」

明石(違う…こんな事言いたくないのに….…)

提督「明石……」

明石「もっと戦果をあげている娘とか沢山いるじゃないですか」

明石「私なんてお洒落じゃないし、女の子っぽい趣味もないし、きっと機械油臭いし、手はいつも真っ黒だし…それにそれに….…」

提督「………」

明石「あ、あはは….…なに言ってんだろ私……」

明石「ごめんなさい…本当にごめんなさい……帰りま…」

提督「明石」ギュッ

明石「え?」


16: ◆RgF.6MREXo 2015/12/20(日) 16:30:51.43 ID:OtPA2NP7O

明石「て、提督……手を離してくださ」

提督「明石の手」

明石「わ、私の手がどうしたんですか。………がさがさで汚いですよ…」

提督「明石。俺はな、艦娘の中で明石の手が1番女の子らしいと思うんだ」

明石「え……」

提督「男の整備兵なんかはな、機械油で爪が真っ黒に染まっちまうんだ」

明石「………」

提督「毎日念入りに洗えば良いんだが、どうせまた黒くなる。まぁ野郎共は気にしないから別に良いが」

提督「でも、明石の爪は違う。綺麗なピンクだ。真っ黒になった後もキチンと毎日磨いてるんだろう」

明石「……き、気付いていたんですか」

提督「まぁな………それで、なんというか…」

提督「そういう所が凄く女の子らしいというか……その、可愛らしいと思うんだ」ポリポリ

明石「も、もう。たかが指だけなのに何を言ってるんですか///」


17: ◆RgF.6MREXo 2015/12/20(日) 16:34:26.86 ID:OtPA2NP7O

提督「す、すまん……。でもそれだけじゃない。他にも明石にしかない物を俺は沢山知っている」

提督「明石が工廠で頑張っているのを知っているし、明石がいるから皆が戦えるんだ」

提督「…だから、あまり自分を卑下しないでくれ」

明石「提督……」

提督「……ほら」スッ

明石「あ……これは…歯車のペンダント……」

明石「…い、良いんですか?」

提督「クリスマスプレゼントだ」

提督「迷いそうになったら、それを見て今日の言葉を思い出してくれ」

明石「はい…ありがとう…ありがとうございます…!」

提督「ああ……。時間か…そろそろ戻ろうか」

明石「……! あ、あの!」

提督「ん?」

明石「…手。繋いでも…良いですか」

提督「…もちろんだ」ギュ

明石「あ…。あったかい…」

明石「あったかい提督の手……」

明石(そっか……ちゃんと見ていてくれたんだ…提督は)


18: ◆RgF.6MREXo 2015/12/20(日) 16:36:04.65 ID:OtPA2NP7O

ーーーーーーーー
ーーーー
ーー

カーンカーン
ギュイーンガガガガ

明石「ふぅ……」

明石「んー……痛っ…いてて…」

明石「………」

明石(もう……こんな時間…)

明石「………」

明石「………」チャラッ

明石「……」ギュッ

明石「よし、もう一息頑張りますか」



ーー完ーー





『艦隊これくしょん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿