TOP > アイドルマスター > 真美「おっぱいソムリエ?」

真美「おっぱいソムリエ?」

1: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 06:24:32.41 ID:ce1iLzwbo

この真美SSは

P「おっぱいソムリエ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1367038660/

とは別の世界線になります。

このSSはフィクションであり、登場する団体・人物 などの名称はすべて架空のものです。


2: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 06:27:13.63 ID:h2MhWpq/o

18071509081.png


10: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 12:46:50.75 ID:qKG0GEtOo

P「そう!ついにおっぱいソムリエの資格が取れたんだよ!」


真美「兄ちゃん…いくらまだ真美が中学生だからって…」

真美「それは流石にセクハラっしょ……」

P「チミィ。おっぱいソムリエにヨコシマな含みは一切無いのだよ?」


11: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 12:47:42.10 ID:qKG0GEtOo

真美「横島?ゴーストスイーパー?」

P「おぉ、懐かしいな!良く知ってたな!」


真美「んっふっふ~♪ぴよちゃんが借してくれたのだYo!」

P「面白かったか?」


12: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 12:48:33.88 ID:qKG0GEtOo

真美「うん!なんかボン☆キュッ☆ボン☆のお姉ちゃんが格好良かった」

P「あぁ~」

真美「真美も将来はあれくらいセクチーになれるかな?」


P「うーん…それはプロデューサーとしては期待する事しか出来ないな」

真美「そーだよね。神様に祈るちか無いよね」


13: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 12:49:25.64 ID:qKG0GEtOo

P「だけどな、真美?」

P「叶えられるかも知れない」




P「───そう。おっぱいソムリエならね」


14: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 12:50:27.43 ID:qKG0GEtOo

真美「な、な、な、なんだってぇぇぇぇっ!?」


P「良いリアクションありがとう」ナデナデ

真美「えへへ」


P「ここでおっぱいソムリエについて説明しよう」

真美「お願いするであります兄ちゃん教官!」ビシッ


15: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 12:51:26.59 ID:qKG0GEtOo

P「おっぱいソムリエとは・・・」


真美「───とは・・・?」ゴクリ


P「おっぱいを知り尽くした者だけがなれる上級職だ!」

真美「つまり兄ちゃんは賢者でありバトルマスターなんだね?」


16: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 12:53:06.36 ID:qKG0GEtOo

P「いや……もう、勇者───と言っても過言じゃない」フフン


真美「ま、真美の想像の更にその先…だと…?」

P「あぁ。すまないな。真美」

真美「真美はついていけるだろうか…」


P「ちなみに真美はBカップでサイズは───っ!?」


17: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 12:53:59.82 ID:qKG0GEtOo

P「ちっ!スカウターが壊れてやがる!」

真美「んっふっふ~。兄ちゃんだけが成長したと思ってるのかい?」



P「なん…だと…?」



真美「───真美はあと変身を二回残している。この意味が分かるな?」


18: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 12:54:44.87 ID:qKG0GEtOo

P「くっ…流石、成長期。75だと…」

真美「んっふっふ~♪」


P「しかし、喜ぶのはまだ早い!鍛錬を怠ればそこで成長が止まる可能性がある」

真美「えぇぇぇっ!?じゃあじゃあ真美、一生このままって事?」

P「その可能性はある。そして亜美だけが成長する可能性もある」


19: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 12:55:53.24 ID:779cMrIKo

真美「うあうあ~…なんとかならないのっ!」


P「安心しろ!真美には、おっぱいソムリエがついている!」

真美「兄ちゃん……」ほろり

P「真美、あの星が見えるか?巨乳の星が…」


真美「み…見えるよ…兄ちゃん!」


20: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 12:56:45.14 ID:779cMrIKo

真美「真美は今、モーレツに感動している!」

P「じゃあ、そろそろおっぱいソムリエの仕事に移らさせてもらいますね」


真美「あ、はい」


21: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 12:57:29.57 ID:779cMrIKo

P「まずは見(ケン)だ」じーっ


真美「う、うん…」どきどき


P(目に宿る意思の固さ!まだ内に秘められたままの底深い能力!)

P(それは鍛錬によっていかようにもその表情をかえることができる…!まさにダイヤモンド)


22: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 12:58:12.12 ID:779cMrIKo

真美「に、兄ちゃん…そんなに見つめられると、なんだか恥ずかしい…よ?」 ドギマギ


P(真美はフローレス…ゆえに危うくもある…か…)


真美「兄…ちゃん?」

P「あ、スマン。それにしても本当に成長してるんだな」


23: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 12:59:05.09 ID:779cMrIKo

真美「そりゃ真美は、まだ13だもん」


P(13歳にしてこの膨らみか…)




P(えげつねぇな)


24: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 12:59:47.72 ID:779cMrIKo

P「真美ちょっとジャンプしてみてくれないか?」

真美「ジャンプ?ほいほーい」ぴょん


プルっ


P(この揺れ、13歳の『それ』としては明らかに異質)

P「続けて続けて!」


25: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:00:35.86 ID:779cMrIKo

真美「連続だね!」ピョンピョン


プルっ

ぷるん


P(末恐ろしいとはまさにこの事か)


26: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:01:23.77 ID:779cMrIKo

P「俺の手拍子に合わせて!」パンパンパパン

真美「ほっ…ほっ…ほほっ!」ピョンピョンピョピョン


プルっ

プルっ

ルクプルンっ


P(なんて柔軟な動きを見せる膨らみなんだ…)パンパン


27: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:01:57.36 ID:779cMrIKo

真美「兄ちゃん?」ピョンピョン


P(いっそ『今』、摘み取ってしまいたい)パンパパン

真美「兄ちゃんってば」ピョコピョピョーン


P(俺の中のコスモが高まっていくのを感じる)パパンパパパンパ


28: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:02:52.69 ID:779cMrIKo

真美「うあうあぁっ?はっ、早いっYo!?」
ピョコリンピョコピョピョコリン


P(そう。俺は今、真美Pなんだ!)


P「───もう、どうなっても知らないんだからねっ!?」

真美「ひゃっ!?なんでいきなり、いおりんの真似っ?」


ステーン


29: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:03:33.76 ID:779cMrIKo

真美「いたた…もーっ!兄ちゃんが変な事言うから転んじゃったじゃんかっ!」ぷんぷん


P(可愛い───っじゃなくて)


P「す、スマン。大丈夫か?ほら、手を貸せ」さっ


30: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:04:30.57 ID:779cMrIKo

真美「うん───あっ!」バッ

P(え?手を振り解かれたんですけど…)

真美(あっ…つい真美の手汗が気になって叩いちゃった…)


P「・・・・・」

真美「・・・・・」


P(そうだ。死のう)トボトボ


31: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:05:49.42 ID:779cMrIKo

真美(ど、どうしよう…なんか窓の方に歩いて行ってるんだけど…)


真美「に、兄ちゃん違うの!真美、汗掻いたかもだから…だから、とっさに…」


真美「あぅ……兄ちゃんが嫌だったとかじゃなくて…」

真美「真美も……ホントは兄ちゃんの手を握りたかったんだよ…?」


32: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:06:38.49 ID:779cMrIKo

P(もう、一周回って結果、死ぬレベルの可愛いさなんだけど)

P「ははは」クルッ


P「いつもレッスン終わったら飛び付いてくるくせに手汗なんか気にするなよ」さっ


真美「そ…そだよね…」きゅっ


33: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:07:24.16 ID:779cMrIKo

P(真美を引っ張ったら爽やかな匂いが鼻孔いっぱいに)スンスン

真美「うぅ…」コソッ

真美(真美、汗臭く無いよね?)スンスン

P(やっべ。この香り、缶詰めにして売り出したい)スンスン


34: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:08:05.20 ID:779cMrIKo

真美(どうしよう、汗臭かったら嫌われちゃうかも…)


P(そうだ。このまま一生分の酸素を貯えよう)スンスンスンスンスンスン

真美「に、兄ちゃん!」


P「なんだ?俺は今忙しいんだが」スンスンスンスンスンスンスンスン


35: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:08:41.42 ID:779cMrIKo

真美「ま、真美!汗…臭く無いかなっ?」

P「そんなわけ無いだろ」スンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスン


真美「ほ、ホントに?」

P「うんスん」スンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスン


36: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:09:37.65 ID:779cMrIKo

真美「じゃあ、ちゃんと確かめてよっ!」ぎゅぅっ

P「んぁ!?」

P(何これ?真美の胸に顔が?いや、顔に真美の胸が?)

真美(うわぁぁぁ~勢いで抱きしめちゃったよぉぉ!)ぎゅぎゅーっ



P(今こそ全ての力を使う時が来たようだな)プス


37: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:11:11.30 ID:779cMrIKo

真美(真美の心臓の音が聞こえちゃいそうだよ…ん?鼻息?)


プス←空気吸った音


ププス←ちょっとだけ出して吸った音


プスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプス


38: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:12:21.98 ID:779cMrIKo

真美(えっ!?何かめちゃ凄い勢いで吸ってる!?)


プスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプス


P(ふぉぉぉぉぉぉぉ!燃えろ俺のコスモおぉぉぉいっ!)


39: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:13:40.19 ID:779cMrIKo

プスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスプスススススススススススプススススススススススス

真美「ちょ、ちょっと兄ちゃん!?吸いすぎだよぅっ!?吐いて!?」


40: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:14:26.76 ID:779cMrIKo

プスプスプスプススススススススススススプスプスプスプスプススススススススススススプスプスプスプスプスプスプスプスプスプススススススススススススプスプ…………ス……プ……ス


P(どうやら、俺はここまでか…もうこれ以上は吸えない……スマン真美…)


41: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:15:06.29 ID:779cMrIKo

─────そうか。


────────これが。







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


P「ぶはぁぁぁぁぁぁぁ────!ふはぁ!ふはぁ!」ゼーゼー


42: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:15:53.57 ID:779cMrIKo

真美「だ、ダイジョブ兄ちゃんっ!?」


P「あ、あぁ…もう少しで『arcadia』に届きそうだった…」

真美「どゆ事っ!?」

P「安心しろ…俺は真美のプロデューサー…。真美を残して死んだりはしない…」

真美(こ、これって、そーだいなフラグとかじゃないよね?)おろおろ


43: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:16:38.78 ID:779cMrIKo


P「よ…よし、ウォーミングアップは終了だ」


44: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:20:04.19 ID:QlwuUJRHo

P「はい!『良いおっぱいは良い土壌から』せいっ!」

真美「良いお…って、何言わそうとしてんのっ!?」

P「おっぱいソムリエの格言だ」

真美「ふーん。どじょうを食べるの?」


P「えっ?」

真美「えっ?」


45: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:20:54.44 ID:QlwuUJRHo

P「例え話だぞ?」


真美「え?あ、わ、分かってるよっ?」あせっ

P「んん。じゃあこう言い換えても良い」

P「健全な肉体には健全なおっぱいが宿る」

真美「あ、それならなんとなく分かった」


46: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:22:09.55 ID:QlwuUJRHo

P「よし。まずはストレッチからだ!」

真美「おぅともさ!」

P「じゃあいつものレッスン前の柔軟体操な」


真美「んー。じゃあ、ちょっと上脱ぐね?」

P「おぅともさ!」

P(ほほぅ。下はヨガウェアのピンクキャミか)


47: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:24:18.34 ID:QlwuUJRHo

真美「んしょっと…」ぬぎっ

P「預かっとくな」

真美「あ、ありがと」



P(はぁぁぁ真美の上着匂いたいスンスンしたいクンカクンカしたい)
─────────この間0.7秒────────────
P(ダメ。俺はおっぱいソムリエであって、変態では無い)


48: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:25:19.78 ID:QlwuUJRHo

P(さっきはちょっとはっちゃけ過ぎただけ)キリッ

真美(急に格好良い顔になった)

真美(なんか、二人きりだと思うと緊張する…)ぐっぐっ

P(急に前屈しだした…?)

真美(これなら顔が赤くなってもバレないよね)

P(ずっと水泳の飛び込む時みたいなポーズのままなんだけど)


49: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:26:06.43 ID:QlwuUJRHo

P「どうしたんだ真美?」

真美「うぇぇぃっ!?な、何が!?」


P(なんで顔、真っ赤っかなんだ?)


P「あ、前屈し過ぎて頭に血が上ってんのか?」


真美「あ、そ、そう!それかも!」


50: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:26:56.19 ID:QlwuUJRHo

真美「なんか顔が熱くてクラクラする…」

P「お、おい…とりあえずそこで座れ!」

P「今タオル濡らして持って来てやるから!」バタバタ


真美「う、うん…」ペタン

真美(今のうちにこの顔の火照りを…)パタパタ


51: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:27:44.49 ID:QlwuUJRHo

P「タオル持って来たぞ!はい顔に当てる!」

真美「あ…気持ち良い」ほっ


P「ほら、背中支えとくからこっちにもたれろ」

真美「あ、ありがと兄ちゃん」


P(あ、なんかあすなろ抱きみたいな体勢になってしまった)


52: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:29:06.28 ID:QlwuUJRHo

真美(あれ?これって、もしかしてぴよちゃんが彼氏が出来たらして欲しいって言ってたやつかもっ)



真美(………………………彼氏………)ボンっ


P(顔はタオルで隠れてるんだけど、見えてる耳が真っ赤…)

P(あ、違う。俺はおっぱいソムリエ略してぱいリエだ)

P(おっぱい…おっぱい…いや、これだとまんま変態みたいだな)


53: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:29:57.10 ID:QlwuUJRHo

真美(あ、ちょっと収まって来たかも)ヨロッ

P「動けそうか?」

真美「う、うん。なんか大丈夫っぽいよ?」


P「良かった。じゃあ、座ったままで出来るストレッチからしようか」

真美「ん。わかった。んしょ」グイ


54: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:30:47.08 ID:QlwuUJRHo

P(で、また前屈しだしたんだが)


真美(真美のバカッ!どんだけ伸ばしたいんだYo!)ぐっぐっ

真美(うあうあ…絶対、変な子って思われてるよ…)ぐっぐっ



P(可愛いなぁ)


55: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:31:29.66 ID:QlwuUJRHo

P(ちょっと待て俺は、ぱいリエ)

P(これは今、おっぱいチャンスじゃないのか?)



※おっぱいチャンスとは普段拝めない角度からの胸チラなど、多種多様に渡る限定的なエンペラータイムである。


56: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:32:24.36 ID:QlwuUJRHo

P(ぱいリエとしての、その職務を全うする時が来たようだな)すすす…

真美(ん?兄ちゃんが前に移動してきた)ぐっぐっ


真美(真美がちゃんと運動出来てるか確認してるんだね?)ぐっぐっ


真美(Do-dai兄ちゃん?真美の運動、ばっちりっしょっ?)ぐっぐっぐっ


57: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:33:10.35 ID:QlwuUJRHo

P(この角度、ばっちり谷間が見えうわなにこれすご…………ふぅ。)





P(人はどこから来てどこに行くのだろうか……)


58: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:34:08.03 ID:QlwuUJRHo

真美(なんか、何とも言えない匂いがする)スンスン


P(なんかムラムラしなくなった)


真美(なんか兄ちゃんがキリストの様に慈悲に満ちた顔を…)



P(これがぱいリエを極めし者だけが到達出来る頂か)


59: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:34:56.45 ID:QlwuUJRHo

P「よし、身体は温まったか?」

真美「ばっちりっ♪」b


P「さて、ここからが本番なわけだが」

真美「ばっちこーい☆」




P「真美は本当にボンキュッボンになりたいのか?」


60: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:36:00.50 ID:QlwuUJRHo

真美「んん……?」ぱちくり





P「ぱいリエとして言わせて貰う」

真美(ぱいリエ?)


61: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:36:46.34 ID:QlwuUJRHo

P「巨乳になりたいならそれでも良い」


P「美乳を目指すならもちろん手伝う」





P「真美のおっぱいには無限の可能性がある!」


62: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:37:39.17 ID:QlwuUJRHo

真美「真美のおっぱいに…無限の可能性が…?」



P「あぁ。何も今すぐに巨乳になれる訳でも無いし」

P「ゆっくり自分の胸と付き合っていけば良い」


P「───おっぱいに貴賤無し!」


63: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:38:39.56 ID:QlwuUJRHo

真美「そっか…そうだよね …真美…なんか焦ってたのかも知れない…」


真美「真美ね?おっぱいが大きくなったら大人の仲間入りが出来ると思ってたんだ」

P「思春期は、大人に憧れるもんだよ」


P「でもな?慌てて大人になったって何も良い事なんか無いよ」

P「大人になってからもっと、若い時を楽しめば良かったって後悔したりするんだ」


64: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:39:29.12 ID:QlwuUJRHo

P「真美は真美」


P「ゆっくり、真っ直ぐ、美しく育って行けば良いよ。なっ?」なでなで


真美「兄ちゃん………うん。そだね!」



真美「何になるかは真美次第って事だよね☆」



65: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 13:40:17.10 ID:QlwuUJRHo

─────こうして、真美はゆっくりだけど真っ直ぐに。

少しづつ大人になって行くんだと思う。

真美は真美。

いつか兄ちゃんと並んで歩いてもおかしく無いように。

少しずつ未来に向かって歩いてく。

その先に、兄ちゃんが待ってくれてるから。


            
              おしまい────。


74: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 14:19:47.11 ID:LhRKddpAo

真美「ねぇねぇ兄ちゃん」

P「ん?」

真美「兄ちゃんはどれくらいのおっぱいが好き?」ムニムニ

P「ぶふっ!?」ビシャ

P「コホッコホッ…おま…お茶返せっ!」

※Pはまだ賢者タイムを引きずってます。


75: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 14:20:53.19 ID:LhRKddpAo

真美「えぇっ!?真美のせいっ?」


P「双海真美?淑女たるものがおっぱいとは何事ですっ!」キリッ

真美「お、お姫ちん…」


真美「じゃなくて、それこそ兄ちゃんのせいじゃん!」


76: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 14:21:39.88 ID:LhRKddpAo

真美「兄ちゃんがおっぱいおっぱい言うから!」


真美「何かおっぱいって恥ずかしく無い言葉なのかもって勘違いしちゃったんだYo!」


P「す、すまん」

真美「それで?」


77: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 14:22:36.15 ID:LhRKddpAo

P「んー。巨乳は楽しいし、美乳は素晴らしい」


P「微乳は可愛いし、無乳はむしろ神々しさすら感じる」


真美「つまり?」



P「おっぱいに貴賤無し!」


78: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 14:23:48.62 ID:LhRKddpAo

真美「うぁうぁ~…それじゃ答えにならないよっ!」


P「むぅ」

真美「あ、じゃあじゃあ…真美はどのおっぱいが似合うと思う?」

P「美乳」


真美「そ、即答なんだ!あ、亜美は?」


79: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 14:24:37.68 ID:LhRKddpAo

P「巨乳の手前の微巨乳」

真美「えっ!?なんで亜美は微巨乳なのさ?ズルいよ!」



P「その対比にすることでより真美が萌える」


80: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 14:25:36.61 ID:LhRKddpAo

真美「萌えるっ…て…喜んで良いの?」

P「うん。真美は萌えるべきだ」


真美「分かった!真美メラメラ燃えて来たよ!目指すは美乳だね!」


P「うんうん頑張れ」なでなで

真美「う、うぁぅ…///////」


81: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 14:26:35.94 ID:LhRKddpAo

真美「じゃあ、おっぱいソムリ…いえ、ぱいリエ先生!」


真美「是非ぱぱっと美乳になる極意って奴を教えてもらえませんかね?げへへ」



P「美乳に近道無しっ!」ピシッ

真美「な、な、な、なんだってぇぇっ!?」ガーン


82: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 14:27:30.39 ID:LhRKddpAo

P「それに本気で美乳になりたいならテイスティングをしないと管理出来ないからな」

真美「じゃあ、まずはそのテイスティング…?から!」


P「Yes!ロリータ!No!タッチ!」


真美「何それ?」

P「美しいモノに触れること自体が罪ってこと」


83: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 14:28:10.32 ID:LhRKddpAo

真美「ま、真美って…その…美しいの?」

P「もちろん」

真美「あ…あんがと///////」

P「どーいたしまして」

真美(うぅ………///////)モジモジ


P(なんだ?トイレ我慢してるのか?)


84: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 14:28:50.89 ID:LhRKddpAo

真美(───はっ!?違う違う!真美は美乳になりたいんだYo!)


真美(くっ…こうなっちゃら!)

真美(せぇぇい!)ぎゅぅぅぅ

P「こ、こら急に抱きつくな!」


真美「んっふっふ~♪」


85: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 14:30:03.34 ID:LhRKddpAo

真美「テイスティングとやらをしてもらうまで離れはせん!離れはせんぞ~っ!」ぎゅぅぅぅぅ

P「おっぱいが当たってるから離れなさいっ!」ぐぐぐっ

真美「真美は兄ちゃんに似合うような素敵な美乳にな、り、た、い、の!」ぐぎぎぎ

P「ぐぬぬぬ。分かった…テイスティングするから」


86: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 14:30:58.45 ID:LhRKddpAo

真美「イェーイ!兄ちゃんよ☆ろ☆し☆く~☆」

P「後悔するなよ…」



真美「ばっちこいだよ!真美の決心は固いんだかんね!」



P「じゃあ、服脱いで?」

真美「えっ!?な、なんで!?」


87: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 14:31:35.58 ID:LhRKddpAo

P「テイスティングとは試飲とか試食って意味だ」

真美「試飲…試食…?……ってことは?」


P「真美をいただきますってこと」

真美「えぇぇぇぇっ!?せ、セクハラじゃんか!」

P「うん。でもぱいリエの仕事だからなぁ」


88: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 14:32:43.83 ID:LhRKddpAo

P「良いおっぱいは良い土壌から」


P「徹底した環境と徹底した管理からしか良いおっぱいは生まれない」


P「まぁ、ごくまれに極上の天然物が生まれる時もあるけど…」


89: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 14:33:34.60 ID:LhRKddpAo

真美「うぅ……分かった……」


P「そうか!諦めてくれたか!」



真美「えっ?」

P「えっ?」


90: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 14:34:36.17 ID:LhRKddpAo

真美「真美、めちゃ恥ずかしいけど兄ちゃんなら良い…よ?////」





P(───理性さんがログアウトしました)ポン


P(り、理性なんか最初から人間には備わって無かったのか?)


108: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:06:53.70 ID:JI3Ra/H9o

P「じゃあ、テイスティングから…」

真美「いきなり強く揉んだりしたら駄目だかんね?」


P「なに言ってるんだ?いきなり直揉みとかしたら俺が昇天するからな?」

真美「昇天っ!?…そ、そうなんだ…」どきどき


109: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:07:30.83 ID:JI3Ra/H9o

P「じゃあ、取りあえずさっき着直した上着とキャミソール脱いでくれ」

真美「う、うん…」どきどき


スルっ

パサっ

ススルっ

パサっ


110: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:08:28.18 ID:JI3Ra/H9o

真美(あれ?どきがムネムネしてるのってもしかして真美だけなのかな…?)

P(俺はプロデューサー俺はプロデューサー俺はプロデューサー俺はプロデュー…)

真美(あれ…なんで?涙が…止まれ…止まってよ……ぐすっ)すーっ

P(俺はプロデューサー俺はプロデューサー俺───!?)

P「ま、真美!?どうしたんだ?」


真美「兄ちゃん?」ぽろっ


111: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:09:06.60 ID:JI3Ra/H9o

真美「真美って…魅力、無いのかな…?」ぽろぽろ

P(はわわわっ…真美が泣いてる…)あたふた


真美「兄ちゃんは真美を見てもドキドキしないの?」


真美「真美…こんなにドキドキしてるよ…?」ぎゅっ

P(あわわわっ…俺の手を握ってどうするつもりだ!?)


112: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:09:49.43 ID:JI3Ra/H9o

真美「……………」ぴと

真美「……ね?真美の心臓の音聞こえるよね?」




─────ブラの上からでも分かる。


────────おっぱいと共にずっとそこにあったのか。


113: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:11:03.46 ID:JI3Ra/H9o



見えないけど、そこにある。   真美の心。



114: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:12:00.44 ID:JI3Ra/H9o

弱々しく震えてるけれど。

暖かい。




手が届かないからと、言い訳した。

求めれないからと、諦めた。


115: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:12:45.83 ID:JI3Ra/H9o

手を伸ばせば触れる事が出来たのに。

求めれば、近づける。

近づけば触れられる。



俺は、真美の可能性すら、摘もうとしてたのか?



俺は…おっぱいソムリエなのに。


116: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:13:38.12 ID:JI3Ra/H9o


※その前にプロデューサーです。


117: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:14:23.60 ID:JI3Ra/H9o

P「真美………俺はついに届いたんだな…」ポロポロ

真美「兄ちゃん……えへ………なんで泣いてるの?ふふっ」


P「ははは、笑うなよ…でも嬉しい。やっと触れられたんだ」

真美「真美も…嬉しいよ。ぐすっ…やっと触ってくれたんだね」ポロポロ


P「ははっ…泣くなよ……はははっ」


118: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:15:01.03 ID:JI3Ra/H9o

真美「んもう!笑うこと無いじゃん」





俺が泣いたら真美が笑う。

真美が泣いたら俺が笑う。


119: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:15:32.23 ID:JI3Ra/H9o

そうすればきっといつだって笑顔で居られるのだから。








             おしまい─────。


120: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:16:22.93 ID:JI3Ra/H9o


P「って夢を見たんだ」


121: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:18:00.95 ID:JI3Ra/H9o

真美「夢じゃないよっ!?ちゃんと真美を美乳にしてよ!」


P「じゃ、じゃあ、匂いかがして貰って良いですかね?えへっえへへっ」テレテレッ


真美(さっきの感動台無しだし…なんか兄ちゃんが凄く変態さんぽいよ…?)


122: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:18:42.37 ID:JI3Ra/H9o

真美「ま、真美さっきの運動で汗かいちゃったから…く、臭いかも知れないよ?」


P「望む所です。せい!」ばふっ


真美「ひゃぁんっ!?いきなり顔押し付けないでよっ!?」

P(な、なんだこれは!?)ぐいぐい


123: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:19:25.96 ID:JI3Ra/H9o

P(さっきとは比べものにならない優しい匂い)スンスン

P(少し湿った谷間の匂いはお姉さんの香りがする)スンスン

P(ま、真美さん?真美さんなのかっ!?)


P(あ、アカン…もう止まらん!辛抱たまらん!)


124: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:19:55.77 ID:JI3Ra/H9o

スンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスン


P(ふおぉぉぉぉぉっ!谷間の匂ひぃぃぃ良いぃぃぃ!)


真美「ひゃん!?兄ちゃん…鼻息がこちょばいよ…」


125: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:20:27.29 ID:JI3Ra/H9o

スンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスンスン



P(おっぱい道とは谷間で死ぬ事と見つけたり!)


126: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:21:06.99 ID:JI3Ra/H9o

真美「んっ…はぁ…兄ちゃん…そんなに匂ったら真美…お、おかしくなっちゃう…よ?」


P「真美!」ガシッ


真美「な……なに?」

P「ブラ外していいよね?ね?ね?せーい!」ずりっ

真美「いやぁっ!?もうっ!急にずり下げるなっ!真美にも準備ってものが………」


127: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:21:49.62 ID:JI3Ra/H9o

P「桜色のぽっち……」

真美「み、見るなぁっ!?」バッ

P「せい!」ガシッ

P(ふっふっふっ…両手さえ押さえてしまえば、こっちのもんでげす)


真美「こっ…こんなの、恥ずかしいよぉ兄ちゃん!」ウルっ


128: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:22:28.66 ID:JI3Ra/H9o

P(真美…くっ…すまん!しかし止める気は無い!)


真美「兄ちゃん…ね?止めよ?…ね?真美恥ずかしくて死んじゃうよ…ね?」


P「真美」にっこり

真美「にっ、兄ちゃん!わかってくれ───」

P「いただきます!」はむっ


129: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:23:02.04 ID:JI3Ra/H9o

真美「いやぁぁぁぁっ!口の中に入れたらダメっ」ばたばた


P(甘っ!汗、甘っ!なにこれ…)レロっ

P(メロンくらい甘い気がする!も、もっと)チューっ


真美「ひぐぅぅぅ────!?」びくびくっ


130: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:23:34.86 ID:JI3Ra/H9o

真美「ぅあ…はぁ…あ……で…ちゃ……」ぶるっ


      ちょろろろろ…


P(あ……)


──────
────
──


131: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:24:03.63 ID:JI3Ra/H9o

P(真美の御小水は雑巾で拭いたけども)

P(真美が下半身にタオルを巻いてソファで拗ねてる)

真美「・・・・・・」むすっ

P「ま、真美…その…スマン…」


132: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:24:42.94 ID:JI3Ra/H9o

真美「・・・ぷんっ」ぷいっ


P(可愛い。ズルい。流石真美ズルい)


真美「…真美………めちゃ恥ずかしかったんだからね?」

P「はい。すいません。全部自分の責任です」

真美「もう、良いんだけどさっ…」


133: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:25:31.20 ID:JI3Ra/H9o

真美「真美、初めてだったんだよ?もうちょっとデリカットに扱ってよねっ」

P「デリケートな」

真美「あ、そう、それかなっ?」


真美「隣。来て?」ぽんぽん

P「お、お邪魔します…」ぎし…


134: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:26:01.51 ID:JI3Ra/H9o

真美「んっふっふ~♪」だきっ


P「あ、こら急に抱きつくな!お前、ブ、ブラだけなんだぞっ!?」




真美「知ってるよ?」


135: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:26:57.49 ID:JI3Ra/H9o

真美「なんか兄ちゃんっておっきい弟みたい!んふふっ♪」


P「せめてお兄さんにしてくれよ」


真美「んー?兄ちゃんは兄ちゃんだけど兄ちゃんは真美の弟なんだよ?ん?あれ?」

P「ぷっ……なんだよそれ?ははは」


真美「ねぇ兄ちゃん?」


136: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:28:00.35 ID:JI3Ra/H9o

P「ん?」

真美「真美のおっぱい舐めて?」

P「お、おぅふ…」

P(頭を抱きかかえられてしまった)


真美「早く早くっ!」

P(なにこの小悪魔)レロん


138: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:29:38.15 ID:JI3Ra/H9o

真美「ん…ふぁ…なんか気持ち良い…かも…んふ」

P(主導権を取り戻さなければ…)レロレロッ


真美「んふふ。兄ちゃん可愛い♪」ナデナデ


真美「ずっと甘えてて良いからね♪」ナデリナデリ



P(これ、完全に尻に敷かれる気がする)


139: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:30:45.59 ID:JI3Ra/H9o

     NO ロリータ NO LIFE



        NO おっぱい NO LIFE


140: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 20:31:23.25 ID:JI3Ra/H9o

どちらかを失うよりもどっちも愛する。



きっとそれが世界平和に繋がる。

      






           おしまい────。


153: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 21:07:02.60 ID:AOn6solpo

おまけ。




むにむにむにーむむにむにっにー。

真美「兄ちゃん?」

P「ん?」

むにむにーむむにむにむにー。


154: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 21:08:02.27 ID:AOn6solpo

真美「なんで真美の胸をキラメキラリのリズムで揉むのっ!?」


P「え、あ、スマン!?……つい」

真美「ついじゃないっしょ!?」

真美「兄ちゃん?これって浮気だよ………」


P「ち、違う!ただリズム感が良かったから…」


155: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 21:08:56.78 ID:AOn6solpo

真美「リズムで揉まれるとなんかイラってくんだけど…?」


P「す、スマン……」


P(あの日からすっかり尻に敷かれてしまった)

P(真美はすっかり美乳アイドルとしてグラビアでも引っ張りだこだった)


P(でも…今日、引退した)


156: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 21:09:48.10 ID:AOn6solpo

真美「んもう!今まであんまり一緒に居れなかったんだから今日からは真美だけを見てよ!」


P「ごめんごめん。真美可愛いよ、ふーっ」

真美「ひゃっ!?あーっ!やったなぁー?うりゃー!」



P「こ、こら!急に暴れたらお腹の子供がびっくりするだろ!?」


157: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 21:10:40.48 ID:AOn6solpo


真美「あ、そうだった…ごめんね」なでなで


真美「真美がお腹の赤ちゃんなでるから」


真美「兄ちゃんは真美の美乳を維持する事に専念して!」



P「あ、はい」


158: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 21:11:42.68 ID:AOn6solpo

もみもみっみ もーもみー
もみもみっみもーみもみもみ
もみもーみ………



「もうっ!まっすぐのリズムで揉っむっなぁぁっ!」



            おしまい─────。


159: ◆cjitx1hLjk 2013/04/28(日) 21:14:18.87 ID:lfCWK7mpo

これで、全部終わりだす。


おっぱいソムリエとはなんだったのか・・・


次はもうちょっと、ぱいリエっぽい事したいです。

   今日一日付き合ってくれてありがとう。


161: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/28(日) 21:22:24.27 ID:LHiGqx0ao

真美乳美味しい!一番好きなおっぱいです!





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿