TOP > 咲-Saki- > 洋榎「みかんなくなった」絹恵「ちょっと待ってな」

洋榎「みかんなくなった」絹恵「ちょっと待ってな」

2018/07/21 00:03 | 咲-Saki- | コメント(0)
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 19:52:41.82 ID:unZDfdnI0

絹恵「台所にあるから取ってくるね」

洋榎「頼んだー」

・・・・・・・

洋榎「・・・遅いなぁ」

洋榎「何してんにゃろ?みかん取ってくるぐらいすぐやろうに」

洋榎「・・・ひまや」

洋榎「なんかおもろいテレビやってるかな」ピッ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 19:55:35.75 ID:unZDfdnI0

トイウワケデデスネー   アハハーナルホドー!

洋榎「やっぱこの人のトークはおもろいなぁ」

洋榎「人の笑いのツボようわかってて、でもおもろいだけやのうて温かさもあってっていうかなんというか」

洋榎「・・・・・・」

洋榎「絹ぅーーー!!なにしてんのーー??」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 20:01:26.84 ID:unZDfdnI0

~スーパー~

ラッシャッセー

絹恵「まさかお姉ちゃん、おみかん全部食べてまうとはなぁ」

絹恵「まぁついでに買わなあかんもんもあったからええんやけど・・・」ハッ

絹恵「お姉ちゃんに一言でかけるって言ってこればよかった」

絹恵「まあえっか。さーて今晩は何作ろっかなー♪」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 20:07:20.48 ID:unZDfdnI0

~愛宕家~

ソウソウ・・・ッテナンデヤネン!   ワハハハハハ

洋榎「・・・」

洋榎「いくらなんでも遅すぎる」

洋榎「たかがみかん取りに行くだけでこんなかからへんやろ」

洋榎「テレビも飽きてきたなぁ・・・ふあぁぁ」アクビ

洋榎「かと言ってこたつから出るのは億劫やし・・・」

洋榎「そうやメールすればええやん。なんでこんな馬鹿正直に待ってたんやろウチ」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 20:11:45.72 ID:unZDfdnI0

~スーパー~

カガヤイテーココイチバンー♪

絹恵「あっ、お姉ちゃんや」ピッ

洋榎『いまどこ?おみかんまだー?』

絹恵「やっぱ声掛けていくべきやったかな。『ごめんなお姉ちゃん。おみかんなかったからスーパーまで買いに来てるねん。ついでに晩御飯の材料も買うつもりやねんけど何食べたい?』・・・っと」ピッ

絹恵「これでよし、っと」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 20:16:33.36 ID:unZDfdnI0

~愛宕家~

イーマーヲーヌケダーソー♪

洋榎「おっ、来た来た」ピッ

洋榎「・・・晩御飯?絹のやつえらい早い時間から準備しt・・・」トケイミル

5:30PM

洋榎「えっ!?もうこんな時間かいな!ウチどんだけテレビ見てたんや!?」

洋榎「うあ~~せっかくの休日やっちゅうのにぃぃ~」ジタバタ

洋榎「・・・・・・」ピッピッピッ


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 20:21:53.50 ID:unZDfdnI0

~スーパー~

カガヤイテー♪

絹恵「来た来た」ピッ

洋榎『どうしよ絹!!せっかくの休日やのに今日なんもしてへん!!うわああああ』

絹恵「ふふっ。焦ってるお姉ちゃんかわいいなぁ」

絹恵「晩御飯のこと聞いたのに全然ちゃう返事してるし」

絹恵「そういうとこもかわええなぁ」フフッ

ピッピッピッ


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 20:28:54.09 ID:unZDfdnI0

~愛宕家~

イーマーヲー♪

ピッ

絹恵『たまにはゆっくりしてもええと思うよ。ところで晩御飯何食べたい?』

洋榎「うう・・・さっきお昼食べたとこみたいな感じやのに、もう晩御飯やなんて・・・そんなオカルトありえへんやろ・・・」

洋榎「こんなんじゃ腹減るわけn」グゥゥゥゥ

洋榎「・・・・・・」

ピッピッピッ


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 20:33:44.94 ID:unZDfdnI0

~スーパー~

ココイチバンー♪

ピッ

洋榎『からあげ。もしくはラーメン。あっ、ラーメンの場合は豚骨な。異論は認めへんで』

絹恵「お姉ちゃん・・・」

絹恵「・・・」ワナワナワナ

ピッピッピッ


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 20:45:18.35 ID:unZDfdnI0

絹恵『お姉ちゃん、からあげはいいけど、ラーメンは醤油できまりやろ?』

洋榎『えっ??何言うてんの?ラーメン=豚骨やん。異論は認めへんて言うたやん』

絹恵『ラーメンと言えば醤油しかないやん。お姉ちゃん今日一日中ぼーっとして頭の回転弱なったんちゃう?』

洋榎『おうおう言うてくれるやんけ。でもな、ラーメンは豚骨。それ以外は許されへん。絹もウチの妹やからわかってくれるやろ?』

絹恵『姉妹の仲やからキツく言わせてもらうけど、ラーメンは醤油以外ありえへんよ』

洋榎『絹・・・絹がそんな子やとは思わへんかったわ・・・信じてたのに』

絹恵『私もお姉ちゃんがそこまでカタブツやとは思わへんかったわ・・・。でも買い物に来てるんは私やし、決定権は私にあります!じゃああとで!』

洋榎『じゃあなんで聞いたんや・・・』


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 20:51:50.10 ID:unZDfdnI0

~愛宕家~

絹恵「ただいまー」ガチャッ

洋榎「・・・・・・」

絹恵「はい、お姉ちゃん。おみかん買ってきたし」ドサッ

洋榎「・・・トウ」

絹恵「え?」

洋榎「・・・アリガトウ」ボソッ

絹恵「うん」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 20:58:56.35 ID:unZDfdnI0

洋榎「・・・絹のアホ」

絹恵「ん?」

洋榎「もう知らんっ」プイッ

絹恵(お姉ちゃん・・・)

絹恵(とか言いつつ早速みかんに手ぇ伸ばしてるし)ジーッ

絹恵(かわいい)クスッ

洋榎「なんや?ウチの顔にみかんでも付いてんのか?」モグモグ

絹恵「ううん。何でもないよ」

絹恵「今日の晩御飯、からあげラーメンやし」

洋榎「なんやそれ!?めっちゃうまそうやないか!」ガタッ

絹恵「味はとんこt 洋榎「醤油でええよ」

絹恵・洋榎「「えっ??」


とりあえずカン


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:29:59.88 ID:unZDfdnI0

7:00PM

絹恵「お姉ちゃーん。晩御飯できたでー下りてきてー」

洋榎「はいよー」


洋榎「おっ!めっちゃうまそうやん!」

絹恵「やろー?ちょっとがんばってみてん」ニコッ

洋榎「してラーメンの味は・・・?」

絹恵「ん、ひみつ」

洋榎「」ブゥー


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:38:10.48 ID:unZDfdnI0

絹恵「じゃあそろそろ」

洋榎・絹恵「「いただきまーす」」

洋榎「ラーメン道の鉄則その1、まずは香りを楽しみながらスープを飲むべし」

絹恵「ラーメン道なんか聞いたことないよお姉ちゃん」

洋榎「」ズルズル

洋榎「!(これはもしや)」

洋榎「絹!!」

絹恵「ん?」

洋榎「このスープ・・・!」

絹恵「うん、豚骨醤油やで」ニコッ


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:45:09.02 ID:unZDfdnI0

洋榎「絹ぅ~~!お姉ちゃんは信じてたで!あんたはやればできる子や!!」

絹恵「ふふ、ありがとうお姉ちゃん」

洋榎「この麺の細さ、硬さ、最高や!」

洋榎「そしてからあげも一緒に食べると・・・」モグモグ

洋榎「ふああぁぁ~~」ホクホク

絹恵「どう?おいしくできてる?」

洋榎「うん!さすがはウチの妹や!これなら毎日食ってもええわ!」

絹恵「そんな大げさな」ハハ

絹恵(やっぱりかわええ)


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:48:50.89 ID:unZDfdnI0

・・・・・・・・・

洋榎「ごっそーさん!また作ってな」

絹恵「こんなんでよかったらいつでも作るで」

洋榎「お、この番組からあげ特集やて!」

絹恵「ほんまや。おいしそうに焼けてるなぁ」

洋榎「ウチらそのおいしいのをさっき食べてんで?」

絹恵「そうやね。これじゃあ私らまるで・・・

洋榎・絹恵(勝ち組・・・!!)ホワワァン


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:52:33.78 ID:unZDfdnI0

7:57PM

~台所~

絹恵「豚骨醤油なんか初めてつくったけど、案外いけるもんやな」

絹恵「また今度作ろ」

絹恵「お姉ちゃんも嬉しそうでよかった」フフ

<絹ー、ディス○バリーチャンネル特集始まるでー!

絹恵「わかってるー!もう終わるしー!」

絹恵「今日のテーマはなんやろう」ワクワク


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:58:57.78 ID:unZDfdnI0

絹恵「今日のテーマなんなん?」タッタッタッ

洋榎「今日は恐竜やて!」

絹恵「恐竜かぁ。おもしろそうやね」

洋榎「絹はちっちゃい頃将来の夢は恐竜博士って言うてたなぁ」

絹恵「え、そんなこと言ってたっけ?」

洋榎「言うとったよ」

絹恵「お姉ちゃんは記憶力ええなあ」

洋榎「せやろーさすがやろー?」

絹恵「うん」クスッ


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:07:20.20 ID:unZDfdnI0

8:54PM

洋榎「あ~~おもしろかった~」ノビーッ

絹恵「恐竜番組なんて久々やったしね。また放送してくれんかな」

洋榎「絹」

絹恵「なに?」

洋榎「ガオーーッ!」オソイカカリ

絹恵「きゃあああああ!?」ニゲ

絹恵「何???いきなりどうしたん??」

洋榎「恐竜ごっこや!」ガオーッ

絹恵「ちょっ 待っ てえええ!」ダッシュ


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:12:53.80 ID:unZDfdnI0

10:03PM

カポーーーーーン・・・

洋榎「いやー疲れた疲れた!疲れて汗かいた時は銭湯に限るな!」

絹恵「それはこっちのセリフやで、、、いきなりすぎてびっくりしたわ」フゥ

洋榎「ははは。でも絹も途中からノリノリやったやん」

絹恵「いやっ、あれは、その・・・///」

洋榎「その?」

絹恵「うっ・・・」

洋榎「」ジーッ

絹恵「見っ、見んといて!」バシャバシャ

洋榎(素直になれない絹かわええ)


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:19:47.19 ID:unZDfdnI0

洋榎「なあ、絹」

絹恵「なに、お姉ちゃん?」

洋榎「人間ってちっぽけやな」

絹恵「いきなり何言い出すん」

洋榎「いや、さっきみたいな番組見てるといつも思うんやけど」

洋榎「うちらは毎日がんばって生きてるけど、それを宇宙的な規模で考えるとほんまにちっぽけなことなんやなぁ、って」

洋榎「なんかすべてがどうでもよくなるっていうか」

洋榎「全国で負けたことなんてちっぽけに感じてしまうっていうか」

絹恵「お姉ちゃん・・・」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:24:36.49 ID:unZDfdnI0

洋榎「絹、うちは 絹恵「負けへん」

洋榎「え?」

絹恵「私は負けへんよ。今年は」

絹恵「私が上級生としてチームを引っ張って、全国で勝つ」

絹恵「お姉ちゃんができひんかった分も、私が勝つから」

絹恵「だから見ててな」ニコッ

洋榎「絹・・・」


洋榎「風呂入ってるときくらいメガネ外したら?」

絹恵「なんかいろいろ台無しやわ」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:30:12.65 ID:unZDfdnI0

11:12PM

洋榎「軽くのぼせたわ・・・」グデー

絹恵「そら1時間以上入ってたらこうなるわな・・・」グッタリ

洋榎「扇風機~」アアアアアアア

絹恵「冬にそれするとなんかシュールやね」クスッ


洋榎「さて、風呂上がりやしやることは一つ」

絹恵「銭湯後に飲むものと言えば・・・」

洋榎「コーヒー牛乳!」絹恵「ホットココア!」

洋榎・絹恵「「えっ」」


もういっこカン!


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:32:17.40 ID:spM4nHW+0

乙やで


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:32:43.09 ID:m5peuXex0

乙なのよー





『咲-Saki-』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿