TOP > 機動戦士ガンダム > ユッキー「僕の最高の友達」

ユッキー「僕の最高の友達」

1: ◆jZl6E5/9IU 2018/07/19(木) 21:42:54.11 ID:GvlLbeVs0

GBN

リク「よーし! 今日はどんなミッションやろうか?」

ユッキー「最近この連戦ミッションがなかなか流行ってるらしいよ、やってみない?」

モモ「あ、私これやりたい! 宇宙のお花の撮影だって!」

サラ「キレイ…」キラキラ

ユッキー「それただのELSだよ…っていうか、こないだ花なら採集でやったじゃん」

モモ「違うの! あれも確かにキレイな花だったけど、こっちはこっちでいいっていうかさー」

サラ「うんうん」フンス

ユッキー「女の子だなぁ……」


2: ◆jZl6E5/9IU 2018/07/19(木) 21:44:21.78 ID:GvlLbeVs0

リク「まぁまぁ。じゃあ、後でその採集ミッションの方に行こうよ。どうせ今日は始めたばっかだし。時間あるって」

ユッキー「うーん、まぁりっくんがそう言うならいいけどさ」

モモ「ありがとりっくん! よーし、パパっと終わらそう!」

サラ「がんばって、モモちー!」

リク「よし、じゃあがんばろう、皆!」

ユッキー「うん、がんばろう! りっくん!」


3: ◆jZl6E5/9IU 2018/07/19(木) 21:45:54.66 ID:GvlLbeVs0

マギー「――あらま、今日も元気ねー皆!」

リク「あ、マギーさん!」

タイガーウルフ「よう、ちゃんと修行してるか、リク? 機体がよくなっても、お前もよくならなきゃ意味がないんだからな」

リク「あ、タイガーさんも!」

シャフリヤール「この脳筋の言うことは無視していいよ、それよりももっとダブルオースカイを愛で磨くといい、リクくん」

タイガーウルフ「んだとこの野郎!」ウガー!

シャフリヤール「何だ?」フン

リク「ま、まぁまぁ。シャフリさんもタイガーさんも落ち着いて……」

マギー「まったくしょうがないわねぇ……」フー


4: ◆jZl6E5/9IU 2018/07/19(木) 21:47:01.11 ID:GvlLbeVs0

ヤイノヤイノ

ユッキー「……」

モモ「相変わらず、皆りっくんのところによく来るねー」

サラ「リク、人気者?」

ユッキー「そうだね…りっくん、すごいや……」



ユッキー(僕の友達のりっくんは、すごい子だ。同じタイミングでこのGBNを一緒に始めたのに、りっくんはどんどんゲームが上達して。ガンプラのビルド能力に関していえば、まだまだ僕の方が上だとは思うけど、でも、いい先生がついて、それも並ばれそうだ)

ユッキー(おまけに、上位のランカーの人たちからは目をかけられて、チャンピオンとも仲良くなって…まぁ、僕だって一応はフレンド登録してもらったけれど、正直、りっくんのついでみたいなものだと思うし)

ユッキー(自分なりに活躍もしてるし、りっくんと遊ぶのは楽しいから、別に今に不満があるわけじゃないんだ。でも、ちょっとだけ、りっくんが羨ましいと思う。……真っ直ぐにどんどんと成長していくりっくんみたいに、僕もなりたいなぁ。これからも、一緒に仲良く遊びたいから)


5: ◆jZl6E5/9IU 2018/07/19(木) 21:47:47.48 ID:GvlLbeVs0

お台場 ガンダムベース

ユキオ「」カリカリ…

リク「あ、ユッキー! 何してるの?」

ユキオ「あ、りっくん。ちょっと装備の調整と見直し」

リク「ふぅん。それってこないだのロータスチャレンジで使ったMIRV?」

ユキオ「うん。また使う機会があるかもしれないでしょ? せっかくだし、ね」

リク「そっか」ガサゴソ

ユキオ「りっくん?」

リク「いやさ、俺もダブルオーの整備しようと思って。隣、いい?」

ユキオ「もちろんだよ!」ニコリ


6: ◆jZl6E5/9IU 2018/07/19(木) 21:50:55.59 ID:GvlLbeVs0

リク「」カリカリ…

ユキオ「」カリカリ…

ユキオ「……りっくんさ」

リク「ん?」

ユキオ「最近、すごいよね。前から、上達が早いって思ってたけど、近頃はメキメキと操縦技術が上がってるっていうか。製作技術だって、ダブルオースカイ、よくできてるしさ」

リク「え? そう?」

ユキオ「そうだよ。僕、驚いてるんだ。りっくんにはセンスがあるって思ってたけど、ここまでだなんて、思ってなかったから」

リク「……へへ、ありがとう、ユッキー。ユッキーに褒めてもらえると、俺、嬉しいよ」


7: ◆jZl6E5/9IU 2018/07/19(木) 21:53:21.89 ID:GvlLbeVs0

ユキオ「……僕さ、りっくんと遊んでて、大丈夫?」

リク「へ?」

ユキオ「だって、りっくん、どんどんGBNですごい人たちに目をかけられてるじゃないか。タイガーさん、シャフリさん、マギーさん…それにロンメル大佐に、チャンピオンまで」

リク「注目してもらってるのは、俺たちビルドダイバーズの皆だろ?」

ユキオ「そんなことないよ。皆、りっくんが気に入ってるんだ。…僕には分かるよ。だって、僕もりっくんのことが大好きだしさ」

リク「ユッキー……」

ユキオ「……僕さ、もっと強くなりたい。すごい人たちに見守ってもらってるりっくんと並んで遊ぶためにも、もっと強くなりたいんだ」


8: ◆jZl6E5/9IU 2018/07/19(木) 21:54:19.84 ID:GvlLbeVs0

リク「……あのさ、ユッキー」

ユキオ「何?」

リク「俺、ユッキーのこと、すごいやつだって思う」

ユキオ「え?」

リク「ガンプラ愛もそうだし、ガンプラを作る技術だって、ほら、このMIRV一つ取っても、こんなにクオリティが高いの、俺には絶対作れないからさ」

ユキオ「……」


9: ◆jZl6E5/9IU 2018/07/19(木) 21:56:56.74 ID:GvlLbeVs0

リク「覚えてる、ユッキー? 初めて二人でGBNの試合見たときのこと」

ユキオ「覚えてるよ。あんまり興味なさそうだったりっくんが、どんどん目を輝かせてさ」

リク「俺、生まれて初めてだったんだ。あんなに大興奮したの。ガンプラバトル、かっこよくて、すごく楽しそうで」

リク「あの日、ユッキーが誘ってくれたから、今の俺があるんだと思う。いろんな人たちと繋がって、ガンプラバトルが楽しめてると思う」

ユキオ「りっくん……」

リク「それにさ、ユッキー。こうやって一緒にガンプラ作れる友達は、ユッキーしかいないんだよ? 確かに、チャンプとかロンメル大佐とか、タイガーさんにシャフリさん、マギーさんだって、すごい人たちかもしれない」



リク「――でも、俺が一緒に遊びたい、一番の友達はユッキーだけなんだ。だから、大丈夫とか、そんなの気にしなくていいよ」


10: ◆jZl6E5/9IU 2018/07/19(木) 21:58:43.23 ID:GvlLbeVs0

ユキオ「りっくん……!」

リク「っていうかさ、むしろ、俺と一緒に遊んでて、ユッキーは大丈夫だった?」

ユキオ「な、何言ってるのさ! 大丈夫に決まってるよ! 僕、りっくんがいるから、ここまでGBNが楽しめてるんだから!」

リク「そっか。よかった。俺もそうだよ。ユッキーと、もっと一緒にGBNを、ガンプラバトルを楽しみたい。だから、これからもよろしくな、ユッキー」

ユキオ「……うん。ありがとう、りっくん。僕こそ、よろしくね」

リク「」ニコリ

ユキオ「」ニコリ

リク「あ、そうだ! 今度、こういうのダブルオーに付けようと思うんだけどさ…」

ユキオ「え、どれどれ?」



ユキオ(――りっくんは、優しい。僕にとって、やっぱり最高の友達だ。りっくんがいてくれて、よかったと思う)

ユキオ(……気にするな、ってりっくんは言った。けれど、僕はなおさらに強くなりたいと思った。最高の友達の気持ちに、応えるためにも)

ユキオ(――待っててね、りっくん。僕、強くなる。強くなって、りっくんともっとGBNを楽しめるようになるんだ。それが、友達として僕にできることだと、そう思うから)


11: おまけ ◆jZl6E5/9IU 2018/07/19(木) 21:59:30.81 ID:GvlLbeVs0

ロールプレイは大事

GBN ビルドダイバーズ フォースネスト

モル「きゅきゅー」フワフワ

サラ「ふふっ」ナデナデ

アヤメ「……」ジー

コーイチ「……気になるなら、触らせてもらえばいいと思うよ?」コソッ

アヤメ「! い、いえ。別に…」チラッチラッ

コーイチ「…ロールプレイする上でキャラを貫くのは大事だけど、フェスのときにそういうの好きなのはもう皆にはバレてるし、変に意地にならなくても……」

アヤメ「い、意地なんか張ってないわ。ええ、まったく」

モル「きゅっきゅー」クルクル

サラ「いい子、いい子」ナデナデ

アヤメ「くっ……」ジー


12: ◆jZl6E5/9IU 2018/07/19(木) 22:00:44.45 ID:GvlLbeVs0

モモ「サラちゃん、触っていい?」

アヤメ「!」

サラ「うん、もちろん」ニコリ

モル「きゅー?」

モモ「あー! かーわーいーいー!」モフモフモフモフ

モル「きゅー」

アヤメ「! くうっ……」ウズウズウズウズ

コーイチ「あ、あはは…ほら、あんな感じで頼めばいいと思うよ?」

アヤメ「…………検討、しておくわ」ウズウズ

コーイチ(頼むんだろうなぁ…)


13: ◆jZl6E5/9IU 2018/07/19(木) 22:03:45.71 ID:GvlLbeVs0

短いながら以上
次回はサンライズ島的なサムシングをユッキーが経験すると聞いたので実に楽しみ
ジェガンはともかくジムⅢなんてメインに選ぶ辺りユッキーはなかなか中学生らしくない子だと思いました(小並感)

読んでくれる人がいればありがとう 二週間が遠い…





『機動戦士ガンダム』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿