TOP > シンデレラガールズ > 加蓮「アイドルの、北条加蓮です!」ぷちかれ「アイドル!」

加蓮「アイドルの、北条加蓮です!」ぷちかれ「アイドル!」

198: 名無しさん@おーぷん 2018/07/23(月)23:57:20 ID:UYp

ベテトレ「ワン・ツー・スリーフォー……北条、少し走り気味だ、周りをよく見ろ!」

加蓮「はいっ!」

ベテトレ「五十嵐は周りを気にしすぎだ、周りから見た自分を意識しろ」

響子「は、はいっ、気をつけます!」

ベテトレ「輿水!…は特にないな」

幸子「は、はいっ!……ってないなら何で呼んだんですか」

ベテトレ「気分だ。……よし、それまで!」パンパン

幸子「気分て…いや、まぁ構いたくなるカワイさなのはわかりますけど」

ベテトレ「各自ストレッチと水分補給、しっかり行うように。今日のレッスンはこれまで!」

「「「ありがとうございましたー!」」」


199: 名無しさん@おーぷん 2018/07/23(月)23:57:39 ID:UYp

~廊下~


P「あ、聖さん、お疲れ様です」

ベテトレ「プロデューサー殿。…ちょうど良かった、少し、時間を頂けないだろうか」

P「構いませんけど……何か問題でも?」

ベテトレ「ここでは何だから…他の者に聞かれない場所に」

P「なら今の時間は……面談室ですね、行きましょうか」


200: 名無しさん@おーぷん 2018/07/23(月)23:58:00 ID:UYp

~面談室~


ベテトレ「私が個人の事に公で口を出すと、贔屓をしているととられかねないからな…」

P「何か、あったんですね…」

ベテトレ「ああ、ここ最近…北条のテンポが他と比べて走り気味でな」

P「加蓮が?」

ベテトレ「何かこう、微妙な差でしかないのだが……恐らくは無意識でずれているんだろうな…」

P「ふうむ……」

ベテトレ「元々、北条は他と比べてもどこか危うさと言うか……ともすれば悪い意味で、どこか生き急ぐようなパフォーマンスをする事が多かったように思うんだ、昔から」

ベテトレ「最近はそれも落ち着いてきてたのだが……ここに来て、どうも…ぶり返したようだな」

P「…まさか、加蓮の身に何か…」

ベテトレ「いや、恐らくだがそれはない。……と、断言するにも私では些か畑違いだが…それでも、長くトレーナーをしている者の勘によるところだが」

P「と、なると……」

ベテトレ「心当たり、ありませんか、プロデューサー殿」

P「………以前と違う、という点でなら一つ心当たりがあります」

P(もしかすると、アイツ……)


201: 名無しさん@おーぷん 2018/07/23(月)23:58:32 ID:UYp

~事務所~

※ぷちかれ達がライブ映像を見ているようです。


ぷちかれ「アイドル…」「アイドル…」「ポテェ…」


P「今日も見に来たんだな、ぷちかれ達」

ちひろ「食い入るように見てるんですよ、1日。加蓮ちゃんが出てくると、ぽてーっ、て大騒ぎなんですから、ふふ。」

P「そうですか…加蓮がホントに大好きなんだなあ、ぷちかれは」

ぷちかれ「カレン!」「カレン」「ポテエエエエ」

ちひろ「加蓮ちゃん出たみたいですね、今」

P「ははは、わちゃわちゃしてて和むなぁ…」

P(けど……恐らくは…)


ガチャリ

加蓮「ただいま戻りました~」


202: 名無しさん@おーぷん 2018/07/23(月)23:58:50 ID:UYp

P「お、お疲れさん。冷蔵庫にスポドリ入ってるよ」

加蓮「うん、ありがと……あ……」

ぷちかれ「カレン」「アイドル-」「キラキラ…」

加蓮「…………」

P「加蓮」

加蓮「え、あ、うん……何、どうかした?」

P「…よしよし」ナデナデ

加蓮「あ……」

加蓮「Pさん…私……」ジワッ

P「ちひろさん、もう少しだけぷちかれ達、お願いします」コソッ

ちひろ「廊下、突き当りの部屋なら今オッケーです」コソッ

P「加蓮、行くぞ」

加蓮「うん……ごめん…」

P「大丈夫だから。ほら、手」スッ

加蓮「ん…ありがと…」ギュ


203: 名無しさん@おーぷん 2018/07/23(月)23:59:12 ID:UYp

~別室~

P「とりあえず…お茶でも飲んでさ」コトッ

加蓮「…こうやって話すの、結構久々だよね…ちょっと役得かも…へへ」

P「…無理して、笑わなくていいんだぞ」

加蓮「…バレたか。バレるか。だよね。」

P「こないだのサマーライブからだよな、ぷちかれ達がアイドルにドハマリしたのって」

加蓮「うん、凄く嬉しかった。もっともっと頑張ろうって、思えたんだ、あの時」

加蓮「けど……気ばかり焦ってさ、何ていうのかな……足元見えてない感じって言うか……うかれてるつもりはないんだよ、だけど」

P「怖く……なったんじゃないか、間近で好意を向けられて」

加蓮「……ううん、違う」

加蓮「ただ、私さ、言ったよね、昔…病院のベッドで、TVで見たアイドルに憧れたって話」

P「ああ」

加蓮「別にさ、有名なアイドルに憧れたわけじゃないんだ。けど、何ていうか……私には、生きる意味だったの」

加蓮「あのアイドルに憧れて、どこかで人生を諦められずにいた。しがみついて生きてこられた。それは、間違いなく…あのアイドルがいたからなんだ」


204: 名無しさん@おーぷん 2018/07/23(月)23:59:28 ID:UYp

加蓮「なんて、引くよね、重いよね、アタシ……けど、ホントにさ」

P「大丈夫だ、引かないさ。俺だって業界人だ、それは軽んずべきものじゃないとわかってる」

加蓮「……Pさん、さ……アタシ……大丈夫かな……あのアイドルみたいにさ……まだまだ、全然、足りないって……わかってるの、アタシっ………!」ポロ…ポロ…

P「加蓮…」

加蓮「いいのかな……アタシで……あんなふうに憧れて貰えるアイドルで……アタシ………うっ………あぁぁ……」


P(ずっと、弱さを見せられなかったんだな)

P(憧れられている、その相手が近くにいる事で、加蓮は……)


205: 名無しさん@おーぷん 2018/07/23(月)23:59:45 ID:UYp

P「加蓮、大丈夫だ。ぷちかれ達はお前を見限ったり、冷めたりなんてしないよ」

加蓮「本当…? でも、だってまだ……」

P「憧れていたアイドルに追いつけていないから、か。でもな、加蓮」

P「憧れとか理想とか、夢とか希望とか……目的とか、存在理由なんてものはさ、きっと完成されたものじゃない。……一つきりじゃないんだよ」

加蓮「………ぐすっ」

P「あるべき姿とか、確かにそれを目指して走ることは大事だし、そうやって成長するからこそ見つけられるものも、見つけてもらえるものも、ある」

P「俺だってまだまだ未熟だし……ちひろさんだって、ベテランのセイさんだって間違いも犯すし、つまずくことだってある」

加蓮「Pさん、達でも…?」

P「当たり前だ、俺なんてうっかりミスはしょっちゅうだし、アイドルに置き換えても……楓さんなんか酒癖凄いし」

加蓮「楓さんに言いつけるよ?もう」クスッ

P「完璧な人なんていやしないって事さ、それに…」


206: 名無しさん@おーぷん 2018/07/24(火)00:00:13 ID:zZ5

P「間違えたら、それを正して導いてやれる。倒れたら、手をとって助け起こしてやれる」

P「そんな仲間が…お前にはたくさんいるじゃないか、加蓮」

加蓮「……一人じゃ、ない?」グス

P「……少し前にさ、ぷちかれ達がおかゆ作って、持ってきてくれたんだろ?」

加蓮「あ………あっ……」ポロッ

P「大丈夫だ、憧れられることを、怖がらなくていい。」

P「胸を張ろう、加蓮。顔を上げて、ぷちかれ達にも、皆にも、ありのままの北条加蓮をさ…見せて、いいんだ」


ぷちかれ「カレン」「ナカナイデ」「ゲンキ」ボコッ

加蓮「わっ……だ、ダメでしょ、アンタ達、そんなとこ穴掘ったりしたら……もう、ぐすっ……あはは……」

泣きながら笑顔を浮かべる加蓮。

その表情は、嘘も、偽りも、諦めも、寂しさも、曇りもなく。

P(きっと、大丈夫だ。そうだろ?)

未来の、トップアイドルなら!


207: 名無しさん@おーぷん 2018/07/24(火)00:00:50 ID:zZ5

~ライブ会場~

加蓮「じゃあ、まずはこの曲で!…皆、見えてる? 私、北条加蓮の……全力のステージ!」

ワアアアアアアア……

加蓮「今日は覚悟してよ?……忘れられなくしてあげるから」ニヤッ

「いくよ!皆!BEYOND THE STARLIGHTっ!!」


ゴールはない世界に。

P「さあ、お前達も行って来い、ぷちかれ軍団!」

「「「「「ポテエエエエ」」」」」ダッ

加蓮「誰よりも!光れ…………っ!」


私の。生きている証をー!




つづく。


208: 名無しさん@おーぷん 2018/07/24(火)00:02:03 ID:zZ5

最終回ではないですよ。
次回から再び日常回です。

お目汚し、失礼をば。





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿