TOP > シンデレラガールズ > 双葉杏「詳細病」

双葉杏「詳細病」

1: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:23:58.23 ID:N5P0E6yz0

コメディです


2: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:24:37.88 ID:N5P0E6yz0

----------事務所----------


ザーザー


双葉杏「……うわ、降ってきたよ。めんどいなぁ」

杏「レッスンは午前だけだったから早く帰ればよかった……」ハァ……

杏「えっと、天気予報は……、ん、夕方くらいに上がるっぽいね。それまで待ってよっと」

杏(あんまり騒がしいアイドルが来ないといいけど)

ガチャ

杏(うわ、誰だ?)

嬉しい鷺沢文香「こんにちは……、杏さんだけですか……?」

杏(あ、文香なら……、ん???)


3: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:25:27.36 ID:N5P0E6yz0

嬉しい文香「どうかしましたか……?」

杏「え? あ、いや、なんでも……」

嬉しい文香「よもや、休息の時を邪魔してしまったということでは……」

杏「いやいや、そんなことないけど……」

嬉しい文香「それならばよいのですが……」トコトコ

杏(……表情は、いつもの文香だけど)

嬉しい文香「? あの……、私の顔に、何か……?」

杏(試してみるか……)

杏「文香、なんかいいことあったの?」

驚く文香「……っ!?」

杏(変わった!?)


4: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:26:11.57 ID:N5P0E6yz0

驚く文香「も、もしや表情に出ていたのでしょうか……? お恥ずかしい限りです……」

杏「いや、表情というか……、勘? というか……」

嬉しい文香「先ほど、贔屓の小説家の方のサイン会に行ってきたのです」

杏「なるほどね~(戻った……。驚きが消えたってことか……?)」

反省する文香「しかし……、他人の目に見える程に浮かれていたとは、反省しなくてはなりませんね……」シュン

杏「別にいいと思うけどね?(ちょっとカワイイな)」

決意する文香「少し、兵藤さんにポーカーフェイスというものを教わりに行ってきます……」

杏「方向性がおかしくない!?」


5: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:26:58.35 ID:N5P0E6yz0

去る文香「では、私は失礼します……」ガチャ

杏「じゃーねー(そこもかよ)」


杏「……」

杏(……いや、文香だけ特別って可能性もあるし)

杏「……うん、次に来る人はきっと普通! そうであってくれ!」

ガチャ

ずぶ濡れ日野茜「ボンバー!!! こんにちは! 杏ちゃん!!!」

杏「あああああ!!!! もう!!!!」


6: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:27:40.38 ID:N5P0E6yz0

ずぶ濡れ茜「ど、どうかしましたかっ!? そんな大きな声出して!!!」

杏「そもそもずぶ濡れなんて見ればわかるって!!! ほら! タオル!」ポーイ

ずぶ濡れ茜「ありがとうございます!!! いやー、ランニングしてたら急に降られてしまいました!」ワシャワシャ

杏「なんで雨宿りしないのさ……」

20%乾いた茜「ランニング中に立ち止まるなんてできません!」

杏「ん!?」


7: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:28:26.25 ID:N5P0E6yz0

40%乾いた茜「でもこれは流石にシャワーに行った方がいいですねっ!!!」

杏「待って何そのペース」

60%乾いた茜「ペース??? ランニングのお話でしょうか!?」

杏「何? 自然発熱で? ドライヤーいらずなの?」

80%乾いた茜「ドライヤーですか!? 使ったことないですね!!!」

杏「そんな人間いるのか……」

80%乾いた茜「みんながドライヤーを勧めてくれるのですが、私には不要ですね!!!」

杏「今どき小学生でも使ってると思うけど」

80%乾いた茜「そういうものなんでしょうか……!?」

杏「……」

80%乾いた茜「? 杏ちゃん、どうかしたんですかっ!?」

杏「早く100%になれよ!!! Windowsアップデートかよ!!!!!」


9: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:29:15.64 ID:N5P0E6yz0

94%乾いた茜「う、うぃんどうず??? 私、ぱそこんはからっきしでして……!!!」

杏「刻むな!!!」

100%乾いた茜「???」

杏「あ、ようやくなった……」

乾いた茜「杏ちゃん、今日は何を言ってるのかよくわかりません……」

杏「よくわかんないのは杏の方なんだよ……」

乾茜「?」

杏「略すな!!!」


10: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:30:17.35 ID:N5P0E6yz0

~茜ちゃんはシャワーに行きました~


杏(はぁ~……、めんどくさいな……)

杏(誰も来なければ助かるんだけど、そんなこと言ってると……)


ガチャ


杏「やっぱり……」

とにかく明るい十時愛梨「こんにちは~」

杏「アウトアウトアウト!!!」


11: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:31:13.60 ID:N5P0E6yz0

とにかく明るい十時「??? よくわからないですけど、この部屋、暑くな……」

杏「会話の初手でぶっこんでこないでよ!!!」

とにかく明るい十時「あ、大丈夫ですよ~、安心してくださいっ! この下はちゃんと……」

杏「わざとだよね!? そのワードチョイス!」

とにかく明るい十時「芸能界って、一芸だけで生き残れるほど甘い場所じゃないと思うんです」

杏「誰の目線で話してるの!?」

とにかく明るいけど10分後からレッスンなのを忘れている十時「ちょっと休憩……」

杏「レッスン行け!!!!!」


12: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:32:06.03 ID:N5P0E6yz0

~愛梨はレッスンに行きました~


杏「ってかだんだん細かくなってない……?」

杏「最初は"嬉しい"だけだったのに……」


ガチャ


難事件を抱える安斎都「こんにちは! 杏さん、ちょっとお聞きしたいことが!」

杏「うわぁ……、もう……」

難事件を抱える都「そ、そんな面倒そうな顔をしないでくださいっ」

杏「だってさぁ……。まあいいや、なんか事件……?」

難事件を抱える都「さすが杏さん! 話が早い」

杏「手短にね」

難事件を抱える都「はいっ! 実はみちるさんからの依頼なんですが……」

杏「依頼人の時点でもう内容が想像できるよ……」


13: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:33:10.82 ID:N5P0E6yz0

難事件を説明する都「簡単に話しますと、まずみちるさんは25個のパンを机に置いて、食べながら読書をしていたらしいんです」

杏「"まず"の時点で常人の理解力を軽く超えてくるよね」

難事件を説明する都「ところが、みちるさんによると『24回しか食べてないのにパンがなくなった』らしいんです!」

杏「知らないよ……、数え間違いでしょ?」

難事件を説明する都「いいえ、確かに『24回しか嚥下していない』と」

杏「なんで喉を通った回数でカウントしてるんだよ」

"嚥下"という言葉の意味がよくわかっていない都「まったくですね!」

杏「調べてから来てよもう!!!」


14: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:33:58.13 ID:N5P0E6yz0

杏を頼る都「なにかわかることはないでしょうか……?」

杏「そんなこと言われても……」

杏ならなんとかしてくれると信じる都「やはり難しいでしょうか……」

杏(そんなに期待しないでよ……!)

これ以上は杏に迷惑をかけられないと思う都「……それでは、私は捜査を続けるので、なにかわかりましたらご一報を!」

杏(あああ! もう!!!)

杏「ちょっとまって!」

ビックリ都「え?」

杏「そんなビックリ箱みたいな書き方」


15: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:35:04.13 ID:N5P0E6yz0

杏(今の杏の状態なら、犯人が目の前にいればわかりそうだし……)

杏「……とりあえず、みちる呼んできてくれない?」

みちる 呼ぶ 都「はいっ!」

杏「なんでカタコト?」


~数分後~


ミチル ヨンダ ミヤコ「来てもらいました!」

杏「なんで悪化してるの!?!?」

最後の2個は同時に呑み込んだことをすっかり忘れている大原みちる「杏さん! 聞いてください!」

杏「お前もうホントふざけるなよ!!!!!」


16: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:36:16.90 ID:N5P0E6yz0

いきなりの大きい声に驚く2人「!?」

杏「解決だよ解決!!! 帰れ!!!」

よくわからないみちる「?」

なぜ怒ってるのか全然わからなくて怖い都「す、すみませんっ!?」

杏「……いや、これ都は完全に被害者だけどね?」

パンが食べたいみちる「それで、あたしのパンは……?」

杏(……説明しても証明手段ないし)

杏「……今さら1個戻ってきてもしょうがないでしょ? 次のパンを買う時に1個多く買えばいいじゃん。 事務所で犯人捜しなんてむなしいよ」

納得みちる「なるほど!」ポンッ

杏「苗字かよ」

感心都「さすがです!」

杏「苗字かよ」


17: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:37:20.43 ID:N5P0E6yz0

----------------------------------------


杏「とんだ難事件だったよ……」ハァ……


ガチャ


カワイイ輿水幸子「こんにちは! 今日もボクはカワイイですね!」フフーン

杏「あー、はいはい、カワイイカワイイ」

雑でもカワイイと言われて嬉しい幸子「フフーン! 杏さんもボクには及びませんが中々ですよ!」

杏「んー……」

反応が良くないので疲れてるのではないかと推測する幸子「……杏さん、お疲れですか?」

杏「ちょっとね……」

構ってもらえないのは悲しいが休んでほしいので勉強の準備をする幸子「ではボクは宿題をやるので、杏さんは休んでいていいですよ!」

杏「あー、悪いねー……(幸子でよかった……)」


18: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:38:31.42 ID:N5P0E6yz0

宿題をやる幸子「……」カリカリ

杏(……)

宿題をやる幸子「……」カリカリ

杏(……)

わからない問題がでてきた幸子「……?」ピタッ……

杏(……)

詰まった幸子「……」

杏(……)

悩む幸子「……」ウーン……

杏(……)

杏に聞けばわかると思うが、ゆっくり休ませたいと思い頼らない幸子「……」チラッ

杏(……)

全く糸口が掴めない幸子「……」グヌヌ

杏(……)

頑張る幸子「……」ウーン……

杏(……)

諦める幸子「……」ハァ……

杏「もう!!! しょうがないなあ!!!!!」


19: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:39:56.89 ID:N5P0E6yz0

ビックリ幸子「あ、杏さん!?」

杏「そのビックリした時の表記、流行ってるの!? ほら! 問題見せて!」

Sachiko who is surprised by Anzu's behavior「え? え??」

杏「急に英語で!? 関係代名詞who!?」

数学の教科書を見せる幸子「え? 英語ではなくて数学ですけど……」

杏「こっちの話!!!」


20: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:41:01.33 ID:N5P0E6yz0

杏の機嫌が悪そうなので1度で聞き取らなきゃと身構える幸子「こ、この問題なんですが」

杏(なんか気を遣わせてる……)

杏「こういう問題は、こっちに補助線を引いて考えるんだよ」スー

目からうろこしみず幸子「なるほど!」ナルホドー!

杏「語呂がいい」


21: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:42:04.32 ID:N5P0E6yz0

無事に宿題が終わりレッスンへ向かう幸子「ありがとうございました。お疲れなのに……」

杏「いいよいいよ……(アレじゃ寝るに寝れないし)」


"カワイイ"幸子「では、行ってきますね!」ガチャ


杏(……やっぱり幸子はこれが似合うね)

杏(今度、余裕がある時は構ってあげよっと……)

杏(……あー、ダメだ、大声出したから眠くなってきちゃった)

杏(ちょっと……、ひと眠り……、しよ……う……)Zzz……


22: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:43:06.41 ID:N5P0E6yz0

----------------------------------------


杏「……」Zzz……


ガチャ


??「!」トコトコ

杏「……」Zzz……

??「……」ソロソロ

杏「……」Zzz……

??「……」ソローリソローリ

杏「……ん……?」パチッ

??「!!!」

杏「はっ!? 誰!?」ガバッ

毛布を手に持つ神谷奈緒「あ……! えっと……、その……」

杏「なんだ、奈緒か……。あれ? 毛布?」

寝てる杏に毛布を掛けようとしたが見つかってしまい、恥ずかしいけど言い訳が苦しい奈緒「こ、これは……、その……、お、落ちてたんだ!!!」

杏「ホントに苦しいな! 別にいいじゃん善意なんだし!!!」

優しい奈緒「そ、そうだな……、毛布くらい掛けないと風邪ひくぞ? はい」

杏「ありがと……」モゾモゾ

優しい・眉毛・奈緒「じゃ、あたしは行くから」

杏「善人に限っていじるのやめない?」

眉毛・眉毛・眉毛「?」

杏「もう説明でもなんでもないよ。誹謗中傷だよ」


23: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:44:27.31 ID:N5P0E6yz0

----------------------------------------


杏「もうちょっと眠ろう……」


杏「……」Zzz……


ガチャ


???「!」トコトコ

杏「……」Zzz……

???「……」ソロソロ

杏「……」Zzz……

???「……」ソローリソローリ

杏「……ん……?」パチッ

???「!!!」

杏「またか!? 誰!?」ガバッ

杏のおでこに積み上げるためのマカロンを持っている緒方智絵里「え、えっと……」

杏「智絵里ちゃん!?」


24: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:45:24.94 ID:N5P0E6yz0

杏のおでこにマカロンを積み上げようとしたが見つかってしまい、しかも言い訳がサイコな智絵里「こうすれば運がよくなるって……、ガゼッタ・デロ・スポルト誌に書いてあった気が……」

杏「状況から発言まで全部意味わかんないね!?」

なんとか乗り切りたい智絵里「マカロン……、食べる?」

杏「よく言えるな!!!」

褒められて照れる智絵里「えへへ……」

杏「どの発言でそう思ったの!?」

日本経済と年金制度の未来を憂う智絵里「じゃあ、お仕事に行ってくるね!」ガチャ

杏「最後まで杏と会話のキャッチボールをしてくれなかったね智絵里ちゃん」


25: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:46:17.25 ID:N5P0E6yz0

----------------------------------------


杏「疲れた……」

杏(というか、もう雨も上がってるし、帰るかな……)

杏「これ以上ここにいたら身がもたないよ……」

疲れた杏「帰り支度しよっと」

杏「……!? あれ? い、今、違和感が……」

杏「気のせい……?」

警戒する杏「大丈夫かな……」

驚く杏「うわ! まただ!」

たじろぐ杏「なになになに!? なんなのコレ!」

狼狽える杏「ち、ちょっと! だ、誰か!」

意識が薄れる杏「ち……ちょ……、助け……」

杏「」バタン

杏「」


26: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:46:58.45 ID:N5P0E6yz0

----------------------------------------



杏「うわああああああああああああああ!!!!!!」ガバッッ



奈緒「うわ! ど、どうしたんだ!? うなされてたけど……」

杏「な、奈緒……。あれ? 毛布?」

奈緒「あ、ああ、毛布くらい掛けないと風邪ひくぞ? はい」

杏「ってか! ふ、普通だ!」

奈緒「はぁ? というかもう遅いから、起きたなら帰った方がいいんじゃないか?」

杏「ってことは……」

杏「夢オチ……かよ……」ガクン


27: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:47:46.69 ID:N5P0E6yz0

奈緒「あ、テレビつけていいか?」

杏「どうぞ……」

奈緒「サンキュ」ピッ


「さて、今回は、イタリア発の幸運のおまじないをご紹介!」

「なんと、寝ている人のおでこにマカロンを10個積み上げると幸せになれるそうです! みなさんも是非、試してみては?」


杏「!!!???」


ガチャ


智絵里「あ! 杏ちゃん、奈緒さん、こんにちは!」

杏「!!!???」



おわり


28: ◆i/Ay6sgovU 2016/09/18(日) 16:49:01.47 ID:N5P0E6yz0






『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿