TOP > 咲-Saki- > 絹恵(そろそろバレンタインやな・・・)ソワソワ 洋榎「?」

絹恵(そろそろバレンタインやな・・・)ソワソワ 洋榎「?」

2018/08/08 00:01 | 咲-Saki- | コメント(0)
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 19:40:20.57 ID:DUp9WFGh0

2月9日

8:29AM

愛宕家・リビング

絹恵「・・・・・・」

絹恵「・・・・・・」ウーン

絹恵「・・・・・・!」ハッ

絹恵「・・・・・・」ウーン

ガラッ

洋榎「おはよーさん・・・」フワァ

絹恵「・・・・・・」ウーン

洋榎「・・・おはよーさん絹」

絹恵「・・・・・・」ウーン

洋榎「・・・・・・?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 19:47:35.00 ID:DUp9WFGh0

洋榎「絹?」

絹恵「・・・・・・」ウーン

洋榎「・・・・・・」ツツー(首筋なぞる)

絹恵「うひゃあっ!?」ビビクン

洋榎「朝っぱらから何ボーっとしとんねん」

絹恵「あぁお姉ちゃん?おはよう、どしたん?」

洋榎「あんたがどうしたねん」

絹恵「えっ?いや、なんもないけど」アセアセ

洋榎「なんか考え込んでたみたいやけど。悩み事やったらうちがなんでも聞くさかい言うてみ?」

絹恵「いや、別になんもないよ。心配かけてごめんな」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 19:52:07.92 ID:DUp9WFGh0

洋榎「おかんは?」

絹恵「監督ミーティングやってさ。あ、朝ごはん作っといてくれたから一緒に食べよっか」

洋榎「またミーティングかいな・・・全国2位の監督は大変やなぁ」

絹恵「お姉ちゃんお魚ほっけかあじどっちがいい?」

洋榎「ほっけ!」

絹恵「はーい。ご飯は?大盛?」

洋榎「もちのろんや」フンスッ

絹恵「はいはい。運ぶん手伝ってー」

洋榎「あいよー」テッテッテ


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 19:57:26.32 ID:DUp9WFGh0

絹恵「よいしょ・・・っと。ほんじゃあ」

洋榎・絹恵「「いただきまーす」」

洋榎「絹ーリモコン取ってー」

絹恵「はいお姉ちゃん」コト

洋榎「おおきに」ピッ

テレビ『はいっ!でははやりんが特別にチョコレートの作り方を指南しちゃいま~す☆』

洋榎「うげっ、はやりんかいな・・・」

絹恵「なんで?お姉ちゃんはやりん嫌いなん?」

洋榎「だってあの年であのキャラやで?キツいわ・・・」

絹恵「そう?かわいいと思うけどなー」

絹恵(手作りチョコか・・・ナイスタイミング)グッ


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 20:03:06.44 ID:DUp9WFGh0

洋榎「チャンネル変えるで」ピッ

絹恵「あっ!・・・」

洋榎「ん?見たかった?」

絹恵「いや、別に・・・」

絹恵「あ、私今日友達と遊ぶ約束してるし朝ごはん食べ終わったら出るね」

洋榎「おう。あんま遅うなんなよ」

絹恵「わかってる・・・ごちそうさまー」ガタッ テッテッテ

洋榎「早っ!うちより早いとは珍しいやん。そんなに早く遊びに行きたいんか・・・はっ!もしやあれか??男か??」

絹恵「ええっ!?ななななんなわけないやん!///」

洋榎「冗談やて。そんな焦らんでも・・・余計怪し見えるで」

絹恵「うう・・・///」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 20:11:16.47 ID:DUp9WFGh0

絹恵の部屋

絹恵「えーっとエプロンエプロン・・・どこやったっけな」ガサゴソ

絹恵「・・・・・・あっ、あった!服はどうしよっかな・・・汚れてもよくてかわいいやつ・・・」

絹恵「・・・これでいっか」シュルッ パサ

絹恵「んしょっと」シュルシュル

絹恵「・・・うん、オッケー、かな!」クルッ

絹恵「あとはメモ持って・・・よし、完璧」

ガラッ

洋榎「おう、もう出るん・・・ってえらい荷物あるなぁ。なにしにいくん?」

絹恵「え?いや、前に借りてた服があるからそれを返しに行くだけ」

洋榎「そっか。ほな気ぃ付けてなー」

絹恵「うん、行ってきます!」ガチャッ バタン


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 20:17:31.98 ID:DUp9WFGh0

10:06AM

とあるデパート

ワイワイガヤガヤ

絹恵「まだ1週間前やっちゅうのに、もうセールかいな。道理で人が多いわけや」

絹恵「さてと・・・ちゃちゃっと済ませて行こか。あんまり待たせられへんしな」


11:13AM

ピンポーン

『はーい』

絹恵「あっ、愛宕と申しますが、竜華さんいらっしゃいますか?」

『愛宕ってどっちの愛宕やー?』

絹恵「あっ、絹恵です」

『ふふ冗談冗談、知ってるで。ちょっと待ってなー』


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 20:23:17.01 ID:DUp9WFGh0

清水谷家

ガチャ

竜華「いらっしゃい絹ちゃん!さ、上がって上がって~」

絹恵「はい、おじゃましまーす」

怜「ご無沙汰やな絹ちゃん」ヒョコッ

絹恵「あっ怜さん!お久しぶりですー!今日はどうしゃはったんですか?」

怜「どうしたって、絹ちゃんのお手伝いに決まってるやん」

竜華「うちが呼んでん。怜も料理なかなかやしな。あかんかった?」

絹恵「いえ全然!むしろ嬉しいです。でもなんかわざわざ私のために来てもろて、なんか悪い気します・・・」

怜「ええよそんなん。うちと絹ちゃんの仲やん。気にせんとって」

怜「それにそのためだけに来たんちゃうし」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 20:32:37.02 ID:DUp9WFGh0

竜華「ほな早速始めよか!絹ちゃんエプロン持ってきた?」

絹恵「はいっ!中学の時のなんでちょっとかわいすぎですけど・・・」

フリフリ~

竜華「うわっなにそれかっわええー!」

怜「ありですね」フムフム

絹恵「や、やっぱ年の割にって感じですよね・・・///」

竜華「いやめっちゃ似合ってるで!なぁ怜?」

怜「ありありやな」マジマジ

絹恵「そっそんなまじまじ見つめんといてください///」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 20:38:53.04 ID:DUp9WFGh0

竜華「エプロンは完璧やな!じゃあ続いては材料!ちゃんと買ってきた?」

絹恵「あっはい。来る途中にデパート寄ってきたんでそこで揃えました」ガサゴソ

怜「うん。こんだけあれば十分事足りるな」

竜華「よしよし。じゃあ調理器具はこっちで用意してるから出すの手伝って」

絹恵・怜「「はーい」」


ズラッ

竜華「・・・よし。準備完了っと!」

怜「ほなぼちぼち始めよか」

絹恵「あっあの」

竜華「ん?」

絹恵「今日ってチョコ作りですよね?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 20:43:46.53 ID:DUp9WFGh0

竜華「それがどうしたん?」

絹恵「このたこ焼き機はなんですか・・・?」

怜「たこ焼き機はたこ焼き機やん。たこ焼き焼く機械やからたこ焼き機言うねんで」

竜華「そうやで絹ちゃん。ほなたこ焼き作り始めよか」

絹恵「えっ?えっ?えっ?どういうあれですか?今日はチョコ作りって前から・・・」

怜「絹ちゃん、大阪って言うたらたこ焼きやろ?」

竜華「そうやで絹ちゃん。ほら準備して準備」

絹恵「ええっ??あっ、は、はい・・・?」???

絹恵(ど、どういうこと?どうなってんの??)


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 20:48:10.04 ID:DUp9WFGh0

竜華「ぷ・・・プクク・・・」

怜「プフッ・・・ククッ」

竜華・怜「あはははははっ!!」

絹恵「?? ???」

竜華「あっはは!・・・はぁ・・・ごめん絹ちゃん、今の全部冗談」テヘ

怜「はぁ・・・はぁ・・・ごめんな、ついからかってしもて・・・ククッ」テヘ

絹恵「はぁ・・・?」

竜華「このたこ焼き機はな、生地を焼くときに使うねん」

怜「まぁ見とったらわかるわ。ほなコントは終わりにしてそろそろ本番いこか」

絹恵「あっ、は、はい!よろしくお願いします!」ペッコリン


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 20:56:14.08 ID:DUp9WFGh0

竜華「今日のテーマはこちらっ!」バンッ

怜「スイートチョコボールや!」ババンッ

絹恵「スイートチョコボール・・・?なんかすごいおいしそうな響きですね!」ワクワク

竜華「ふふっ。せやろー?じゃあまず材料の確認からっ!」

絹恵「はい!えーっと・・・明○ミルクチョコレート、明○おいしい牛乳、卵、ホットケーキミックス、はちみつ、サラダオイル、粉糖・・・でオッケーですか?」

竜華「うん。色付け用の色素はうちで用意してるから大丈夫やし」

怜「じゃあ竜華センセの料理教室始まるでー」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 21:28:48.16 ID:DUp9WFGh0

竜華「じゃあまず下準備から。絹ちゃん板チョコ用意してー」

絹恵「はい」コト

竜華「うん。じゃあそれを板目ごとに割って、それをさらに半分に割って」

絹恵「はーい」ポキッ ポキッ

竜華「怜ー。たこ焼き機スイッチ入れてあっためてー」

怜「はいよ」カチッ

絹恵「終わりました」

竜華「おっけ。じゃあ次は生地作りや」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 21:36:38.17 ID:DUp9WFGh0

絹恵「生地・・・ですか?」

竜華「そやでー。ただのチョコやったら、市販のチョコ買ってそれ溶かして固めてはい終わり、やろ?そんなんじゃつまらんからちょっとしたチョコケーキみたいな感じにしたらおもしろいやろなーって」

絹恵「なるほど」フムフム

怜「ほんで生地はどうやって作るん?」

竜華「焦らない焦らない。怜ボウル取って」

怜「はいよ」コト

竜華「おおきに。じゃ絹ちゃん、ここにホットケーキミックス入れて」

絹恵「どんぐらい入れたらいいですか?」

竜華「今日は試作品やから、あとで食べきれるくらいの量ならどんぐらいでもええよ」クス

怜「いっぱい入れて」ボソッ

絹恵「はーい」クス


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 21:40:18.72 ID:DUp9WFGh0

絹恵「こんぐらいでいいでしょうか?」

竜華「・・・・・・」アゼン

怜「ナイス絹ちゃん」ボソッ

絹恵「はいっ!」ニコ

怜「はい竜華、次次」

竜華「明日からジョギング始めなな・・・」ハァ

絹恵「次はなんですか?」

怜「竜華~はよ~」

竜華「はぁ・・・えっと、牛乳と卵とはちみつをこのボウルに入れて」

絹恵「はーい」ドバドバ


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 21:46:55.70 ID:DUp9WFGh0

絹恵「こんぐらいで大丈夫ですか?」

怜「うーんもうちょい牛乳入れたほうがええかも。まだちょっと粉っぽいから」

絹恵「はい」ドボドボ

怜「うん、そんぐらいでええんちゃうかな。ね、センセ?」

竜華「そうやね。じゃあ次はいよいよ生地焼くでー」

怜・絹恵「「おー」」

竜華「怜、たこ焼き機あったまってる?」

怜「バッチリや」

竜華「ほな、全部の穴にサラダオイルを薄くでいいから塗ってって」

絹恵「はい」ヌリヌリ


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 21:50:48.72 ID:DUp9WFGh0

絹恵「おっけーです」

竜華「ん。じゃあ生地を流し込んで・・・あ!」

絹恵「?」

怜「どした竜華?」

竜華「ちょっとええこと思いついた~♪ちょっとたこ焼き機はスイッチ切っといて」

怜「生地流し込むんちゃうの?」

竜華「その前にもう一つ下ごしらえ♪」

絹恵「でも材料ほかに買ってきてませんよ?」

竜華「大丈夫!うちにあると思うから・・・見つけるまでちょっと休憩なー」タッタッタ


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 21:58:38.82 ID:DUp9WFGh0

竜華「おっまたせー♪」ドンッ

怜「おおう!?」

絹恵「こ、これって・・・」

竜華「んふふー お・さ・け♪」

怜「しかもブランデーって・・・うちら未成年やで?」

竜華「ちょっとくらい大丈夫でしょ」テヘ

絹恵「まさか今からみんなで飲むんですか・・・?」アワアワ

竜華「うん!みんなで1杯ずつショットするで~」

怜「ほんまに言うてんの?」

絹恵「それはさすがにまずいんじゃ・・・」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 22:02:18.75 ID:DUp9WFGh0

竜華「っていうのは冗談で」

怜「・・・まぁわかってたけど」ハァ

絹恵「ですよね・・・」ホッ

竜華「まず絹ちゃん、余ってるチョコ全部細かく刻んでくれる?湯せんで溶かすから」

絹恵「はーい」トントントン

怜「うちは?」

竜華「怜はもういっこボウル用意してくれる?」

怜「はいよ」コト

絹恵「できましたー」

竜華「はーい。じゃあボウルにチョコ全部と、この生クリームを入れます」トポトポ

怜「おーうまそうなにおい・・・」ジュルリ


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 22:10:19.76 ID:DUp9WFGh0

竜華「じゃあ溶かすでー」

怜「ちゃんとかき混ぜや」

絹恵「はい」ドロドロ

竜華「あ、怜代わったって。絹ちゃんには生地焼きやってもらうから」

怜「りょーかい。絹ちゃんバトンタッチや」

絹恵「あ、すんません。お願いします」

竜華「たこ焼き機スイッチオンっと。さっき油塗ったからもう塗らんでええやろ。絹ちゃん生地入れてってー」

絹恵「はーい」ドロドロ

竜華「生地を入れる動作が滑らかやね。さすが大阪人」フフ

絹恵「いつも入れるのは違う生地ですけどね」クス


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 22:13:53.27 ID:DUp9WFGh0

絹恵「とりあえず全部埋めました」

竜華「うん。周りが固まってきたらさっき割ったチョコ入れて、時間見てひっくり返してな」

絹恵「はい」ポトポト

竜華「怜ーそっちはどう?」

怜「ええ感じやでー。あとどうすんの?」

竜華「いい頃合いになったらブランデー入れといて」

怜「量は?」

竜華「てきとーでええよ」

怜「て言われてもなぁ・・・」

竜華「ちょっとほろ酔いになるくらいで♪」

怜「はいはい・・・」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 22:49:04.71 ID:DUp9WFGh0

竜華「そっちはどう?うまいことできてる?」

絹恵「はい、いい感じに焼き色ついてきましたよ」

竜華「あーほんまやね。いい感じいい感じ。怜ーちょっと来てー」

怜「はいはーい」テテテ

竜華「アイシング作るん手伝って」

怜「おっけ。じゃあまたボウル要るね」コト

竜華「おおきに。じゃあ卵白はうちが用意するわ」トントン クチャッ シャカシャカ

怜「絹ちゃん粉糖とってー」

絹恵「はーい」トン

竜華「卵白おっけー!粉糖入れて」

怜「はいよ」バサバサ


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 22:54:33.38 ID:DUp9WFGh0

竜華「」ペロッ

怜「どない?」

竜華「うん、ちょうどいいで。さすが怜やな」ナデナデ

怜「ま、まぁな・・・///」

竜華「絹ちゃーん。どーおー?」

絹恵「たぶんできたと思います!」

竜華「どれどれ・・・おーいい感じやん!もうスイッチ切ってもええかも」

絹恵「はーい」カチッ


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 22:59:48.97 ID:DUp9WFGh0

竜華「かんせーいっ!!」ワーワーパチパチ

怜「ええ感じにできたやん。やっぱ絹ちゃんは器用やね」

竜華「さすが絹ちゃんやでー♪」ナデナデ

絹恵「い、いえっ、そんなこと・・・えへへ///」

怜「・・・・・・」

竜華「ふふっ・・・ん?怜どないしたん?」

怜「・・・別に」プイッ

竜華「ほんじゃ本日の料理教室はここまで。あとは試食会&お疲れ会になりまーす♪」

怜・絹恵「「わーい♪」」パチパチパチ


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:07:33.41 ID:DUp9WFGh0

怜「ほな早速・・・」スッ

怜「ボールケーキをフォンデュにつけて・・・いただきます」パクッ

怜「・・・」モグモグ

絹恵「ど、どないですか・・・?」

怜「・・・ん・・・うん・・・外に纏ってるチョコからはアルコールの香りがほんのりあって、噛んでいくと中からミルクチョコソースがあふれてきて、ボールケーキに絡まって・・・」

怜「・・・めちゃおいしい!」

竜華「どれどれうちも一つ・・・」パク モグモグ

竜華「・・・!うん!すごいおいしい!絹ちゃんはよ食べてみ!」

絹恵「い、いただきます」パク モグモグ

絹恵「・・・おいしい・・・!」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:11:26.43 ID:DUp9WFGh0

3:56PM

絹恵「すぅ・・・すぅ・・・」

竜華「あれ~?絹ちゃ~ん?」ツンツン

絹恵「んん・・・んぅ・・・」スゥスゥ

竜華「ふふ~。ちょっとお酒入っただけでこんななってまうなんてなぁ」フフッ

怜「・・・・・・」ポー

怜「・・・りゅうかぁ・・・」ポー

竜華「ん~?なに~?」

怜「ひざまくらぁ~・・・」ポスン

竜華「ふふ。おいで~」ナデナデ


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:17:02.00 ID:DUp9WFGh0

4:45PM

清水谷家・リビング

絹恵「・・・ん・・・・・・あれ?」フワァァ

絹恵「いつのまにソファーで・・・」ボー

絹恵「あっそういえば・・・・・・ブランデー入りのフォンデュ食べて・・・そのまま寝てもうたんか・・・」

絹恵「人の家でこんな寝てまうとは・・・失礼なことしてもうた。2人はどこ行ったんやろ」トットット

アアッ・・・アンッ・・・  ハァ・・・ハァ・・・・・・

絹恵「・・・ん?」ピタッ

トキッ・・・アッ、トキィッ・・・!

リュウカァッ!・・・ハァッ

絹恵「この部屋からや・・・」ソーッ


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:21:58.95 ID:DUp9WFGh0

竜華の部屋

竜華「あっ、ときっ!そこ・・・そこぉっ・・・!」ハァハァ

怜「んっ・・・りゅうかぁ・・・・・・」レロレロ チュパッ

竜華「あんっ!・・・あかん、もうきそうや・・・はぁん!」

怜「う・・・ちもやっ・・・!一緒に・・・いこ・・・っ?」クチュクチュ

竜華「あっ!あっ!あっ!ときっ!ときっ!ときっ!あああぁっ!!」ビビクン

怜「りゅうかぁ!りゅうかぁ!あああっ!」ビビクン

竜華「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」トローン

怜「はぁっ・・・・・・はぁっ・・・・・・」トローン



絹恵(ええええ!?あわわわわあかんもん覗いてもうた・・・///)


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:27:35.47 ID:DUp9WFGh0

絹恵(あれから40分、あの二人はあれをしてた)

絹恵(あのあとすぐにリビングに戻ったけど、終盤になるとリビングまで声が聞こえてきた)

絹恵(まさかあの二人がそういう関係やったとは)


キィッ ガチャッ

竜華「あっ絹ちゃん。おはようさん。いつ起きたん?」

絹恵「今ちょうど起きたとこです。すみません勝手に寝てしまって」アハハ

竜華「ええよええよ。もとはと言えばブランデー入れすぎた怜のせいやから」

怜「竜華がてきとうでいいって言うから・・・」

絹恵「あはは。でも、お酒が入ってたせいか、その分おいしかったです」ニコッ

竜華「お口にあったみたいでなによりや」ニコッ

怜「・・・」キュッ(竜華の袖をつかむ)


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:30:37.49 ID:DUp9WFGh0

絹恵「今日はいろいろと手伝ってくださって、ほんまにありがとうございました」ペッコリン

竜華「こちらこそ、おいしいもん食べさしてもらって。おおきにな」

怜「たいした手伝いもできんでごめんな。なんか試食だけしにきたみたいやわ」テヘ

絹恵「いえいえそんな。怜さんもいろいろありがとうございます」

竜華「またうちらにできることがあったら、いつでも連絡してな!待ってるし」

怜「いつでも遊びにきいや~」フリフリ

絹恵「はいっ!ありがとうございます。じゃあ今日はこれで失礼します!」

竜華・怜「「またね~」」フリフリ


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:35:05.51 ID:DUp9WFGh0

6:49PM

絹恵「ただいまー」ガチャッ バタン テッテッテ

絹恵「あれ?ただいまー」

シン・・・・・・

絹恵「お姉ちゃんどっか出掛けてんのかな?」

絹恵「あ、手紙。お姉ちゃんからや」

『晩ごはんまでには帰れると思う。あ、晩ごはんはからあげにしてくれると色々助かる お姉ちゃんより』

絹恵「なにが助かるねん」フフッ

絹恵「よーし。もうひと頑張りしますかっ!」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:42:05.02 ID:DUp9WFGh0

8:10PM

洋榎「ただいまー」ガチャッ バタン

絹恵「あ、お姉ちゃんおかえりー。もうご飯用意できてるよ」

洋榎「お。なになに?からあげ?」

絹恵「うん。だって唐揚げやとお姉ちゃん色々と助かるんやろ?」クスッ

洋榎「おおーさすが絹!うちは信じとったでー!」ダキッ スリスリ

絹恵「ふふっ。ほらはよ手洗ってうがいして。はよ食べよ?」

洋榎「らじゃー!」


絹恵「ほんじゃ」

洋榎「・・・おう」ジュルリ

洋榎・絹恵「「いただきまーす!」」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:47:20.53 ID:DUp9WFGh0

11:47PM

絹恵「ふぅ・・・今日は疲れたなー」

絹恵「竜華さんと怜さん、やっぱいい人やなぁ」

絹恵(でもあの二人は・・・・・・)

絹恵「・・・・・・///」プシュー

絹恵(あ、あかんあかん!あんなん思い出したら・・・)ジュン

絹恵「・・・・・・うう///」

絹恵「ちょっとくらい・・・いいよね」ヌルッ

絹恵「んっ・・・///」クチュ

絹恵(もしお姉ちゃんがあんなことしてきたら・・・どうしよ)クチュ ヌルッ

絹恵「んっ・・・んんうっ・・・!あっ・・・!」ビビクン

絹恵「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

絹恵「・・・・・・寝よ」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:51:32.04 ID:DUp9WFGh0

洋榎の部屋

洋榎「ふぅ・・・今日は疲れたなー」

洋榎「あいつらやっぱ相変わらずええやつやなぁ」

洋榎「しっかしあの二人がああいう関係やったとは・・・・・・・」

洋榎「・・・・・・///」

洋榎(あかんあかん!何思いだしてんねん!)

洋榎(ん?・・・なにこの感じ・・・?股が熱い・・・)ジュン

洋榎「・・・・・・」サワ ヌルッ

洋榎「!?」ビクッ

洋榎「・・・///」

洋榎「・・・・・・寝よ」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:51:55.43 ID:DUp9WFGh0

バレンタイン下準備編

カン


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:52:36.09 ID:DUp9WFGh0

支援保守ありがとうございました
次回はバレンタイン本編をお送りするつもりです
また会いましょう よい夢を


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 23:55:03.63 ID:TQcwH0Jp0

乙ですよー





『咲-Saki-』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿