TOP > アイドルマスター > 響「寂しくなんかない」

響「寂しくなんかない」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/09(水) 23:21:59.37 ID:/gZWI2Jh0

「おはよー、ピヨ子…」

「あら、響ちゃん、おはよ…う?」

「どうかしたのか?」

「…響ちゃん、目が真っ赤じゃない」

「え?そ、そうか?」

「何かあったの?」

「な、何でも無いよ!それよりも、今日のスケジュールは?!」

「え?ええ…9時半から、ラジオの収録。その後、13時から今度の新曲シングルのジャケット撮影。18時か20時まで次のライブのレッスン…」

「…全部、自分一人なんだね」

「え?ええ。今日は響ちゃんだけね」

「そう…」

「…響ちゃん?」

「…な、何でも無いよ!じゃあ、行ってくるね!」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/09(水) 23:22:25.40 ID:/gZWI2Jh0

「はぁ…また、1人なんだ…」

自分、我那覇響。
765プロって事務所でアイドルをやってるんだ!
最近、皆人気も凄いんだ。
でも…ちょっと、忙しすぎるかな。
プロデューサーに聞いたら、もう少しすれば落ち着くから、って言ってたけれど…

「…うん!自分一人でも大丈夫!なんたって自分は…」

完璧だから。
…完璧って、何なんだろうね。

「…ラジオの収録か」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/09(水) 23:22:56.09 ID:/gZWI2Jh0

うちの事務所は、プロデューサーと、律子と、ピヨ子がスタッフとしているだけで、だから全員の現場に絶対人が居る訳じゃない。
勿論、プロデューサーも律子も、あちこちの現場を回ってくれているけど…

「我那覇さん、お疲れ様でした。今日も完璧ですね!」

「ありがとうございました!」

「そうそう、君の所のプロデューサーさんにはもう伝えてあるんだけど、この番組、来季でリニューアルなんだけど、続けてメインパーソナリティやって貰うからね」

「本当ですか?!」

「うん、正式な事はまた、追ってあると思うけど」

やった…!このラジオ、いろんな俳優さんや歌手の人とも共演できて、すっごい楽しかったんだ!

「まあ、我那覇さん、上も期待してるみたいだから、頑張ってくださいね」

「はい!」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/09(水) 23:23:58.19 ID:/gZWI2Jh0

ラジオ局を後にして、今度は新曲のスチール撮影。
秋らしい、ちょっと落ち着いた雰囲気の曲だから、衣装もそれに合わせてシックな感じだね。

「ん?どうしたの響ちゃん、ちょっと表情暗いよ」

「あ、ご、ごめんなさい」

「ん~良いよ?そうそう、その顔、その顔!」

(…来ないなぁ)

スタジオの出入り口に目を向けても、プロデューサーも律子も来る気配はない。

(…やっぱり、1人か…)

皆、自分の事をきっと、元気で、明るくて、そんな感じの印象なのかな?
でも、ホントは…


スチール撮影も終わって、次のライブのレッスン場に向かう。
いつも通いなれた、ダンススタジオだ。

「あら?今日は響ちゃんだけなの?」

「はい、他の皆は予定が…」

「ふぅん…皆、個人個人のダンスは良いんだけど、全員合わせをしてないからなぁ。どこかでプロデューサー君に予定入れて貰わなきゃ」

そういえば、昔は皆でここに来てたのに、いつのまにか2、3人ずつしか来なくなって、今日はこうして1人だけ。
全員で踊ったのは、冬ライブ以来かな…

「じゃあ、響ちゃん、今日はキラメキラリを行こうか」

「はいっ」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/09(水) 23:25:08.12 ID:/gZWI2Jh0

「はい、お疲れ様響ちゃん」

「ありがとうございました」

「流石は響ちゃんねぇ、ダンス自体は全く問題無さそう」

「ダンス自体は?」

「…表情、暗いわよ。何かあったの?」

「え?」

壁の鏡を見ると、確かに…

「そんな顔じゃ、ライブに出れないわよ、ま、何か思いつめてるなら、吐き出しちゃうのも手だと思うわ、それじゃ、お疲れさま」


ダンスレッスンの先生の言葉が、妙に引っかかる。
自分、別に思いつめてることなんて、無いのに…

でも…何でだろう、なんでこんな顔を自分はしてるんだろう。
分かんない…

「…帰ろう」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/09(水) 23:26:30.62 ID:/gZWI2Jh0

「…自分は」

弱音なんか、吐かない。
そう決めたんだ…
自分の家のマンションの扉を開くと、玄関ではハム蔵達が待ってた。

「ただいま」

「ヂュヂュイッ」

「はいはい、晩御飯でしょ、分かったから」


ハム蔵達のご飯を用意してから、今度は自分の晩御飯。

今日はソーミンチャンプルーとお味噌汁。
…アンマーから、教えてもらったんだ。
家のご飯の味を思い出せるのは、嬉しいのと寂しいのと半分くらい。


「…」

テレビをつけると、丁度あずさささんと貴音が一緒にやってるバラエティ『あず散歩』がやってた。

「…え?!沖縄に行くのか?!…ってあずささん、流石だね、北海道に行っちゃってるよ」

沖縄か…

「…あんまー…にぃに…」

伏せてある写真立て。
思わず手が出そうになるのを、堪えた。

「…寂しくなんか」

…寂しいよ。
皆と一緒に仕事できる時は勿論すごく楽しい。
ハム蔵達も居て、家も賑やかだし…
でも…
今は、みんな忙しすぎて…

「…」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/09(水) 23:27:53.29 ID:/gZWI2Jh0

あれ?インターホンがなってる?

「?」

こんな時間に…誰だろう…

「…誰…?」

『響ー!俺だ、居ないのか?』

プロデューサー?

「な…どうしたの?」

「いや、な。近くに寄ったから」

「…嘘だ」

プロデューサーの今日の仕事の予定は、自分の家の近くなんかに来る訳が無い筈だった。

「…どうした、の?」

「どうしたもこうしたもあるか。小鳥さんから、響の様子が変だって」

「え?」

「…泣いてた、って」

「じ、自分泣いてなんかない!」

「…嘘はいけないな、響」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/09(水) 23:28:27.31 ID:/gZWI2Jh0

プロデューサーの声に、何だか無性に腹が立った。
何でだろう…違う、そうじゃない。

「嘘なんてついてない!」

「いいや、嘘だな」

「嘘じゃないもん!」

「響」

「じぶっ、嘘なんか…嘘…」

「…俺じゃ、力不足か?」

「え?」

「俺じゃ、響の力になれないか…?」

「プロデューサー…」

「…もっと甘えて欲しいんだ」

「…」

プロデューサーの優しげな声が、懐かしく感じた。

「…」

「なあ、響…」

「…うっ…うわぁぁぁぁぁぁん!」

思わず、プロデューサーに抱きついた。
温かい、ごつごつした感触。

「寂しかった…いっつも皆で話したり励ましながら仕事をしてたのに、今はみんなバラバラで…!」

「…ごめんな。俺が気付いてやれなかったばかりに…ごめんな」

「そうだよ!」

「…うん」

「…プロデューサーとも話せないし!」

「…うん」

「…っていうか…だから…その…」

勢いで言ってしまって、気づいた。
これじゃまるで…


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/09(水) 23:28:57.11 ID:/gZWI2Jh0

「べ、別にその…自分…プロデューサーのこと…」

「俺は、響の事が好きだよ」

「へ?」

「…俺は、響の事が大好きだ」

「…え?!」

ど、どういう事…って、そういう事…?!

「ど、どうしたんだ」

「…プロデューサー、その…好きって、その…自分の事、が?」

「あたりまえだ!」

「じ、自分、こんなんだぞ?」

「何がだ!背が小っちゃいのにおっぱい大きくて、強がりの癖に寂しがり屋で、料理も編み物も上手で、歌もダンスも演技も上手くて!そんな響が俺は大好きなんだよ!」

「~?!」

「お前の事を、支えてやりたい、力になってやりたい…でも、響が悲しんだり寂しがっている、そんなときに俺は何もしてやれなかった…そんな自分に腹が立つ!」

「プロデューサー…」

「だから、その…えーと…」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/09(水) 23:29:27.89 ID:/gZWI2Jh0

何で、こうして最後の最後で…

「…ここは、きっちりと決めて欲しいよね」

「…何て言ったらいいんだか…その」

「自分、その…」

「…俺は、言ったぞ」

「…その…じぶ…私…プロデューサーの事…」

「…」

「う…うがーっ!?恥ずかしいよぉぉぉぉっ!」

「な、何でだよ!俺は言ったじゃん!」

「ううう…!」

「…なあ、響、お前の気持ち、聞きたいな」

ここまで追い詰めておいて…!
意地悪なプロデューサーだ!

「…うう…プロデューサー……かなさんどー」

言った?!言っちゃったぞ自分?!

「かなさんどー…愛してま」

「駄目!ここで言わないで!」

「何でだよ!」

「恥ずかしいじゃん!」

「俺の方がよっぽど恥ずかしい!」

「それは、その、プロデューサーが悪いじゃん!」

「何だと!この!」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/09(水) 23:29:56.40 ID:/gZWI2Jh0

「ぎゃーっ!今胸触ったな!この変態!」

「おー変態だぞ!何なら撫でたる揉んだるぐりぐりしたる」

「いやぁっ!調子に乗るなーっ!」

「いでででで」

もう…ホントこのプロデューサー…
でも、嫌いじゃない…っていうかその…好き、なんだ。

「…まあ、響…その、なんだ…俺も、響のこと、かなさんどー」

「……うん…!」

そう、自分は、一人ぼっちじゃない。
プロデューサーや、皆が居るんだ…
…うん、自分、まだまだ行けるぞ!

「プロデューサー!」

「ん?」

「自分、もっともっと頑張るから…ずっと、見ててね」

「…ああ、見てるよ、お前の、一番近くでな」

「…ふふふっ…なんたって自分、完璧だからな!」





12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/09(水) 23:31:00.00 ID:/gZWI2Jh0

はいさい、お粗末さまでした。
ちょっとフライングだけど、響、お誕生日おめでとう!
ちなみに響のおっぱいは、「ある」派です。


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/09(水) 23:43:37.24 ID:xPQxHjw0o

寂しがりやなひびきんもいいよね!
乙乙


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/10(木) 00:36:38.08 ID:Qtb+fVON0

響、かなさんどー。
乙ピヨ!





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿