TOP > アイドルマスター > 春香「千早ちゃんのテンションが朝から異常」

春香「千早ちゃんのテンションが朝から異常」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 17:16:06.94 ID:bMR2MyFQ0

千早「春香!!」

春香「あ、千早ちゃん、おはよー」

千早「おはよう!!春香!!春香おはよう!!!!」バンバンバン

春香「う、うん、おはよう?」

千早「グッモーニン?」

春香「ぐ、グッモーニーン…」

千早「HAHAHAHAHA!!!YESYESYES!!!」

春香「…」

千早「………良い朝ねっ!!?」

春香「え?曇りだけど…」

千早「アッハッハッハッハッハッハ春香は、アレね!存外にアレだわ!!ほんとアッハッハッハ」

春香(何だろ…)

千早「曇りの日でもね、春香!」

春香(とてつもなく…)

千早「私達が太陽になれば良い!!………そう、思わない!?」ドヤーン!!!

春香(今日の千早ちゃんうざったい…)


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 17:18:09.59 ID:bMR2MyFQ0

ガチャ


春香「おはようございまーす」

千早「私!参上!!如月千早の出勤ですよ!出勤!!」ドバーン!!

小鳥「…」

律子「…」

千早「あ、私ったら、挨拶はちゃんとしなきゃ、ですよね?おはよーーーございまーーーす!!!!」ンアーーーー!!!

春香「うるさ…っ!」

小鳥「…あ、お、おはよう、春香ちゃん、と、千早ちゃんで良いのよね?」

律子「良く出来たキグルミとかじゃないわよね?」

千早「小鳥さん」ズイ

小鳥「あ、は、はい」

千早「純度1000%如月千早ですよ!!!うふふ!!!!」ニコニコニコニコニコ

小鳥「え?あ、うえ?なんだろ、凄くあの、絡み難い……」

律子「ど、どうしたの千早、今日は朝からゴキゲンね?」

千早「いやねー律子ー!!そんな事ナッシィングよー!!!あははは!あ、ガム食べる?」サッ

律子「あ、ありがとう」

春香「えっと、千早ちゃん?」

千早「何かしら!?春香!?」

春香「どうしたの?」

千早「ん?」

春香「え?」

千早「春香」

春香「あ、はい」

千早「スマイルスマイル!!スマイル体操!!いっくよーー!!!」

春香「えっ!?」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 17:22:41.50 ID:bMR2MyFQ0

千早「さーみんなー!?集まって~!!」

春香「」チラ

小鳥「」ブンブン

律子「」ブンブン

春香「………わ、わーい」

千早「スマイル体操?」

春香「…ん?え?」

千早「スマイルたいそ~う?」

春香「………い、いっくよー」

千早「ぜーーったい!!ハーーッピーー!!!」

春香「い、いち、に」

千早「ぜーーーーんたい!!!ハーーーーッピーーーー!!」

春香「さん、し…」



小鳥「アレ、何ですか?」

律子「かつて無い程のテンションね、あんな千早初めて見ました」

小鳥「どうしたんでしょうか?」

律子「まぁ、胸がらみでしょうね、成長でもしたんでしょう」

小鳥「え!?それは、大変ですよね?千早ちゃんの重要なステータスの一つですし」

律子「えぇ、それが本当なら重大な事です」



千早「いっちにいちに前に進めファイトオー!!いつでもどこでも?」

春香「えっと」

千早「いつでもどこでも~?」

春香「…ごーごーごーごー」

千早「イエーイ!!」

春香「わ、わーい」



小鳥「とりあえず、このままじゃ春香ちゃんが可愛そうですし」

律子「そうね、まさかのフルコーラスに春香もハニワみたいな顔になってきてるし」

小鳥「じゃあ、律子さん、お願いします」

律子「え?いやですよ、小鳥さん聞いて下さいよ」

小鳥「えぇ!?あの千早ちゃんにですか?」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 17:26:11.23 ID:bMR2MyFQ0

千早「まったね~!!!」

春香「あ、あはははは」

千早「……ギュイーン♪デデデデン♪デデデ、デデデ、デデデデ♪」

春香「えっ!?」



律子「ほら!小鳥さん!千早がIwantのイントロ歌い始めちゃいましたから!!」

小鳥「そ、そんな事言われても、正直に突っ込んだ春香ちゃんが、あの仕打ちを受けているわけですから…」


ヴァイ…


律子「ほら!春香のあんな元気の無いヴァイ聞きたく無かったでしょ!!」

小鳥「そ、それはそうですけどぉ…」


ガチャ


貴音「おはようございます、なにやら騒がしいですが…」

小鳥「!!!」

律子「!!!」

春香「た、貴音さん!!!助けてっ!!!」

千早「あ!四条さん!チーーーーーッス!!!!」

貴音「あ、はい、皆、おはようございます?」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 17:34:53.10 ID:bMR2MyFQ0

春香「…」

律子「お、おつかれ、春香」

小鳥「良い、感じの、あの、デュオだったわ、よ?」

春香「…」

律子「ほ、ほら、千早の興味の貴音に移ったみたいだし!ね!」

小鳥「ほら、春香ちゃん、元気だして!」

春香「…ヴァイ」



千早「四条さん!今日もナイス銀髪ですね!!」

貴音「そうでしょうか?いつも通りですよ」

千早「いやー!輝いてますよ!スーパー貴音人って感じですよ!!」

貴音「すぅぱぁ?確かにたまに利用しますが…」



律子「噛み合わないことセガサターンの如しね!」

小鳥「確かにすぐテレレテレレテレレレ♪ってなりますけどセガのハード馬鹿にしないで下さい」

春香「あ、ほら!話が進みますよ!!」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 17:41:08.90 ID:bMR2MyFQ0

千早「今日はグラビアでしたよね?」

貴音「あ、はい、午後からですね」

千早「………まぁ、四条さん、いつまでも2番目の位置に居られるって思ってないほうが良いですよ?」

貴音「え?はい?」

千早「私、日々、成長してますからっ!!」ドヤーン

貴音「そうですか、良く解りませんが、それは、まこと、よき事ですね」

千早「その余裕も!今日までですからね!!」

貴音「あの、千早?どうかされましたか?いつもと様子が違うようですが」

千早「私のココを見てください」

貴音「胸、ですか?」



律子「やっぱり胸の話なのね」

小鳥「春香ちゃん、千早ちゃんの胸の変化に気付いた?」

春香「毎日凝視してますが、コンマミリの変化も無いと思うんですが…」

小鳥「そうよね、私のイーグルアイでも変化は見当たらなかったわ」

律子「何者だよ、貴方達…」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 17:44:57.39 ID:bMR2MyFQ0

千早「どうですか?」ドヤーン

貴音「………」サワッ

千早「アルカディア!!??な、何するんですか!四条さん!!」

貴音「あ、いえ、胸を見ろと言うので」

千早「触れとは言ってません!………んもう!!」

貴音「…すみません千早、わたくしには千早の胸に何があったのか、皆目検討もつきません」

千早「えー!!!!!!本当ですかー!!!!!!?」

貴音「はい」

千早「聞いた!?律子!?」

律子「…やべ、コッチに標的を変えた」

千早「まー!いー!りー!まー!しー!たー!よー!おー!とー!なー!しー!さー!ん!!」

小鳥「そ、そそそそそそうね」

千早「ほんと、どないなっとるんですかね!?春香!?」

春香「本場の人に怒られるよ、千早ちゃん…」

千早「ん~~~じゃあ、音無さん!」

小鳥「ピヨッ!?」

千早「言っちゃってください」

小鳥「え?え?な、何を?」

千早「私の、ココ、どうなったか、言っちゃってください」トントン

小鳥「え?」リツコサン!?

律子「…」フイッ

小鳥「え!?」ハルカチャン!?

春香「…」プイ

千早「さ、どうぞ?」


小鳥「え、えっと………………大きく…なりました、か?」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 17:49:22.40 ID:bMR2MyFQ0

千早「…」

貴音「…」

春香「…」

律子「…」

小鳥「………な、なーんて」



千早「あーーー!!!!やっぱりバレてーーーーらーーーーー!!!!もーーーーーー!!!!!」



小鳥「当たってたんだ…」

千早「やっぱり解っちゃいましたかね?解っちゃいますよねぇー!?私一瞬サトラレになっちゃった?とか思いましたけど、解っちゃいますよねぇ~」

春香「うわぁ、フルスロットルでウザイ」ボソッ

律子「こ、こら、春香!」

千早「………春香」

春香「あ、ヤベ」

千早「………解るわ、だってこの面子の中だったら、まず真っ先に私に抜かれるのは春香ですものね」

春香「あ?」

千早「春香だったら…そうね、あと10日、10日あれば抜きさって見せるわ!!」

春香「………」

貴音「胸が大きくなったのですか?」

千早「そうなんです、今朝計ったら73cmありました!!」

律子「誰も望んでないわよ、それ」

小鳥「ですよね…」

春香「ダメだよ…」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 17:56:55.65 ID:bMR2MyFQ0

貴音「千早も未だ成長の段階にあったとの事ですね」

千早「そうですね、いや、全く、その通りですね!!」

春香「千早ちゃんっ」

千早「何かしら?10日後私にバストサイズを抜かれる春香」

春香「彼氏でも出来た?」

律子「!?」

小鳥「!?」

千早「は!?い、イキナリ何を言うのよ春香!?」

春香「揉んでもらっているんでしょ?」

千早「そ、そそそそんなわけないじゃない!!」

春香「じゃあおかしいよ、千早ちゃん、今まで自分で豊胸体操を引くくらいの勢いで一生懸命やってたけど全く効果なかったのに、急に」

千早「そ、それは」

春香「何か秘密があるんでしょ?何か詰め物したり!!」

千早「違う!違うわ!!100%千早乳よ!!」

小鳥「千早乳って…」

律子「搾乳量が期待できそうもない名前ですね」

春香「じゃあどうやって大きくしたの!私!大きい千早ちゃんなんて嫌いだな!!」

千早「は、春香…」

春香「揉みたくても大きくなったらヤダなって、ずっと揉まずにいたのに!!そんなのって無いよ!!」

小鳥「キ マ シ タ 律子「今はややこしくなるからやめとけ、鳥」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 18:03:00.64 ID:bMR2MyFQ0

千早「…冷水」ボソッ

春香「え?」

千早「………今日、朝から蒸し暑かったじゃない?」

春香「うん」

千早「朝、気持ちをシャッキリさせるために冷水でシャワーを浴びたの」

春香「うん、それで?」

千早「それで日課のお風呂上り後の身体測定をやったら…」

春香「1cmでかくなってた、と」

千早「」コックリ

春香「冷水浴びるのにそんな効果があるなんて…」


小鳥「乳首浮いてただけじゃね?」


春香「え?」

千早「は?」

小鳥「それ、寒さで乳首が浮いてただけだって」

千早「え?乳首って、え?」

春香「千早ちゃん!」

千早「え?」

春香「計ろう!!」

千早「え?え?え?」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 18:04:59.65 ID:bMR2MyFQ0

……

…………

………………


ガチャ


春香「ただいまッス~」ニコニコニコニコ

律子「どうだったー?」


千早「まぁ、胸なんてどうでもいいですけど………」


小鳥「あ、72だったのね」

春香「バッチグー!!」

貴音「古っ」

春香「ちょちょちょちょっと~古風な言い回しがお得意な貴音さんに言われるとは~~タッハ~~~!!!」

千早「春香、少し騒ぎすぎじゃない?」

春香「ごめんごーーー千早ちゃん、ごーーめーーんーーごーーってーー!!」バシバシバシバシ

小鳥「嬉しかったんでしょうね」

律子「今度は春香がウザいわね」

春香「もう千早ちゃんの胸はファイルガイアだから育たないってー」ニコニコニコニコ

千早「っっっく!!!!」

貴音「ふぁる?」

小鳥「惑星よ、荒野の」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 18:07:45.97 ID:bMR2MyFQ0

律子「まぁ、とりあえず一件落着ね」

千早「…」ズーーン

小鳥「しばらく、引きずりそうですけどね…」

春香「胸の大きい千早ちゃんなんて絶対ダメです!!揉まずに育てないようにしているんですから」


真「それに関しては異論を唱えたいな!!」バーン!!


貴音「おや、真」

真「僕は常日頃から雪歩に揉まれまくっているけど、そんなに育たないよ!!」

雪歩「真ちゃ~ん」モミモミモミモミ

春香「でも2cm大きくなったじゃん」

真「あ、そう…だね」

雪歩「うふふふふふ~~」モミモミモミモミ


響「でかくなるだけでもないさー!!!」バーーン!!


貴音「おや、響」

響「自分、美希や貴音に揉まれまくった結果、3cmもサイズダウンしたぞ!!」

貴音「ひ、響///それは言わないと///」

響「貴音がお尻ばっかり揉むからお尻まで小さくなったんだぞ!!!」

貴音「響っ///////」

小鳥「貴音ちゃんはお尻ちんだけあって、尻派…と」

律子「あ、これ、収集つかなくなる感じしてきたわね…」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 19:07:57.75 ID:xmi//PkD0

千早「もう…どうでもいい」

春香「千早ちゃんはそのままが一番なんだよぅ!!」

千早「ちなみに家の事務所で一番成長したのは誰なの?」

春香「亜美と真美かな?えっと確か4cm大きくなったって」


千早「よっっっっっっーーーーーーーーーーー!!!!!」バターン


小鳥「双子で揉み合いっこ!!!!!ブッハ!!!!」ブバッ!!


真「凄いな双海姉妹、犠牲者があっという間に二人も」

雪歩「真ちゃん真ちゃん真ちゃん」スリスリスリスリ

響「ん~~本当に揉まれるだけで大きくなるのか~?」

貴音「響は小さくなってしまいましたし」

律子「ちゃんとした揉み方なら大きくなるようよ?」


千早「そんなわけあるかぁぁあああああああああ!!!!」


春香「千早ちゃん、自主トレはかかさなかったから…」

真「努力の末の叫びだね…」


ガチャ!!


社長「話は聞かせてもらったよ!!!」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 18:10:16.07 ID:bMR2MyFQ0

律子「考える限り最悪の人が来たわ」

小鳥「今件に関してはまったく期待できないどころか早急にお帰り頂きたいですね」

真「やな予感しかしないね」

雪歩「真ちゃぁん…」スハースハースハースハースハー…

響「この事務所の社長の扱いって…」

貴音「それで高木殿?どのような用向きで」

社長「うむ、何、君達が胸を揉めば胸が大きくなると言う話をしているのを小耳に挟んでね」

律子「社長には関係ないと思いますが…って言うか絶対揉ませませんからね?」

社長「馬鹿言っちゃあいけない、アイドルに手を出すなんて社長のする事じゃない」

小鳥「ピヨッ!!!ダメですよ!?セクハラですよ!?」

社長「音無君は…ちょっと、熟れすぎ感がな…」


小鳥「おい順二朗!!!テメェ!!!髪全部引き抜いて新キャラにするぞ!!コラァ!!!」


真「お、落ち着いて小鳥さん!!」

響「ぴーよーこー、落ーちー着ーいーてー!!」

社長「と言う事で入ってきたまえ!!」


ガチャ


P「///////」


黒井「ウィ」



春香「わーーーーーー、もう、嫌な予感しかしない」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 18:11:57.81 ID:bMR2MyFQ0

高木「見たまえ!正しい胸の揉み方で鍛えられて彼らを!!」


バサッ


P「////////」


黒井「パーフェクト…」


千早「」

春香「」

小鳥「プロデューサーさんはなかなかどうして…」

律子「可愛い…」

響「え!?」

貴音「ふむ…」

真「胸筋よりぷにってしてるね」

雪歩「」ンフーンフーンフーンフーンフー…


社長「この二人を見ていただければ解るように正しい揉み方は確実にバストアップを現実の物とする!!」


千早「春香、今すぐ覚えて、実施訓練で良いわ」

春香「揉まれろと!?嫌だよ!自分で受けなよ!」

千早「春香は私が社長に揉まれても良いと言うの?」

春香「いや、それは……あの……って言うか!私は良いの!?」

響「貴音は社長に揉み方習うべきだぞ」

貴音「そうですね…高木殿!是非ご教授を!!」

真「僕はいいかなー…雪歩が居るし」

雪歩「この、筋肉と、脂肪の、絶妙な、バランスが」モミモミモミモミモミ…

律子「………さ、仕事仕事」

小鳥「そうですね…」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 18:13:01.40 ID:bMR2MyFQ0

……

…………

………………

春香「いやー結局、765プロ、ナイスボディーな事務所になっちゃいましたねー」

律子「本当に効果があるなんてね…中学生組なんて肉付きが良すぎて…ちょっとマニアックな感じよね…」

響「自分は、元に戻っただけだけどな」

貴音「響はどんな姿でも愛らしいですよ、うふふふふ」

真「貴音は…なんと言うか、もう、凄いね」

雪歩「真ちゃん真ちゃん真ちゃん真ちゃん…」スハスハスハスハスハ…

小鳥「もう、皆サイズが変わったから衣装変えが大変だわ…」


千早「…」


春香「…あ、あのさ、千早ちゃん、人には向き不向きがあるって言うか」

律子「そうよ!千早は、あの………その姿で完成しているのよ!!」


千早「…」


響「ほ、ほら!余計な脂肪は歌の邪魔かもしれないしな!!」

貴音「そうですね、その可能性は否定できない所です」


千早「…余計?」


真「響…余計な事を…」

雪歩「んふふふふふふふふ真ちゃーん」クンカクンカクンカクンカ


千早「余計って言ったわよね?我那覇さん」

響「う、あ…あの」

千早「ちょうだい?それ、頂戴よ?邪魔なんでしょ?歌よりダンスの方が邪魔そうじゃない?きっと邪魔よ、そうよ、すぐよこしなさい、痛くしないわ、一瞬よ?さぁ、今すぐにその堕肉をぉ!!私にぃ!!!!」

響「うーーがーーー!!助けてーーー貴音ぇ~~~!!!」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 18:15:26.48 ID:4EZcGH7DO

ん?Pは女なのか?


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 18:17:02.08 ID:bMR2MyFQ0

……

…………

………………

……………………


春香「なんて事、あったわねぇ」

千早「そうねぇ、うふふふ」

春香「懐かしいわねぇ、千早ちゃん?貴女昔はそんなだったじゃない」

千早「嫌だわ春香、もう半世紀も昔の話じゃない、うふふふふ」

春香「最後まで、胸は小さかったけど…アイドルとして一番輝いていたのは…千早ちゃん、よ」

千早「もう、春香?私達には優劣は無かったわよ、皆良くて、皆凄かった………そして私は」

春香「千早ちゃん…」

千早「………最後まで72だった、それだけよ、そしてそれは…今もね」

春香「この歳までそのプロポーションを維持するのは大変だったでしょう?」

千早「いいえ、この胸だけは、太っても痩せても変わらなかった、もう一種の呪いなんじゃないかって」

春香「うふふ、不思議ねぇ」

千早「でもね、良かったと思っているの」

春香「千早ちゃん…」

千早「だって、こうも考えられるでしょ?この胸のお陰で私の人生はあったと」

春香「そう、だね…その通りだよ」

千早「そう考えると、この72に、感謝…しているの」

春香「…うん、うん、立派だよ、千早ちゃん立派」グスッ…

千早「神様の贈り物なんじゃ、ないかなって、思ったの」

春香「うん…うん…」


千早「…………………………」


春香「…………………………」


千早「………あぁ、そういえばね、春香」

春香「うん、どうかした?千早ちゃん」

千早「最近発売したバナナ豆乳が胸が大きくなるって話題なんだけど、どうなのかしら?」

春香「まだ努力してたのぉおおおぉおおおおおおお!!!!!!!!!」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 18:18:06.43 ID:bMR2MyFQ0

はぁ~~もう、何だよこれ!!

あ、終わりです。

雪歩の扱いすみません。


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 18:22:08.95 ID:bMR2MyFQ0

あ、すみません、Pは男です、濃厚なアレです。誰も得しない。





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿