TOP > 咲-Saki- > 久「ラブリー眼帯ねぇ…」美穂子「!?」

久「ラブリー眼帯ねぇ…」美穂子「!?」

2018/08/11 00:31 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:00:12.94 ID:UvQziGWi0

2月13日

久(明日はバレンタインだから、チョコ買わなきゃ…)

久(会社の先輩とか、営業先の人とかね。後、買わなきゃうるさい子が一人ね)



デパ地下

久「えーと、チョコっと…」キョロキョロ

優希「そこのキレイなお姉さん!チョコをお探しだじぇ?」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:04:47.73 ID:UvQziGWi0

久「えぇ、義理チョコいくつかと、本命チョコ一つね」

優希「義理チョコなら、これなんかオススメで…。ってあれ?」

久「なるべく高そうに見えて、実は安いチョコとかね、ふふふ。あら?ネームプレートが片岡?」


久「優希じゃない!」

優希「あーーーーー、部長だ!?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:11:49.06 ID:UvQziGWi0

久「やだー、久しぶりじゃない!」キャッキャッ

優希「部長、元気してたか!?」キャッキャッ





久「へぇー、ここでアルバイトしてるのね」

優希「そうだじぇ。部長は、今は何してるんだじぇ?」

久「私は、保険の営業よ。まぁ、最近始めたの」

優希「スーツが似合ってるじぇ!」グッ


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:17:45.42 ID:UvQziGWi0

久「じゃあ、とりあえず優希のオススメのチョコ貰っておくか」

優希「毎度あり~、チョコタコスは残念ながらないんだじぇ」

久「それはいらない」



久「ふぅ…」ドッサリ

優希「いっぱい買ったなー」

久「えぇ、営業だからね。配り歩くわ。優希は、義理チョコとかあげないの?」

優希「ん~、明日は友達と会う予定もないし。今年は本命チョコ一つだじぇ」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:22:27.60 ID:UvQziGWi0

優希「部長部長、一番大切なチョコ忘れてるじぇ」チラッ

店で一番高いチョコを見せる優希

久「えっ、あ…、あぁ、うん。そうね」

久(たかッッ!?まぁ…、たまにはいいか)

久「じゃあ、これ下さい。優希、なかなか商売上手じゃないの」

優希「和ちゃんも、これ買って行ったじぇ。毎度あり~」

優希「メッセージカードとか書くか?」


12: 実は十兵衛ちゃん、何の関係もないSSなんだ 2013/02/15(金) 00:26:48.87 ID:UvQziGWi0

久(正直、めんどい)

久「いや、いいわ。長い付き合いだし…、今更伝える事なんてね」

優希「わかったじぇ。代わりにこれプレゼントするじぇ」

久「眼帯?ハート型の眼帯とか珍しいわね」

優希「ラブリー眼帯って言うらしいじぇ」

久「ラブリー眼帯ね…」ウーン

優希「アクセサリーとして使ってもよし!飾ってもよし!部長はたくさん買ってくれたから、プレゼントするじぇ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:32:48.17 ID:UvQziGWi0

久「じゃあ、優希。保険が必要になったら、すぐ呼びなさいよ」

優希「はいはい~」

久「後、結婚式はいつやるの?」

優希「今年中に出来たらと思ってるじぇ」フリフリ

久「そう…。ふふっ、またね」フリフリ





久の家

久「ただいま~」ドサッ

美穂子「おかえりなさい!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:37:20.53 ID:UvQziGWi0

美穂子「ご飯にしますか?お風呂にしますか?私にしますか?」

久「ご飯で」

美穂子「ご飯にしますか?私にしますか?」

久「…ご飯で」コホン

美穂子「ご飯は、後10分ほどで炊き上がります。しばし、お待ちを…」

美穂子「で、私にしますか?」

久「ノーサンキュー。お風呂、入る」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:41:10.01 ID:UvQziGWi0

お風呂場

久「お風呂って、鍵かけれないからなぁ…。不便」

久「美ー穂ー子ー、お風呂に入って来ないでよー!」


美穂子「はーいー!入りません」

久「絶対よ!絶対に入って来ないでね!」

美穂子「はーいー」



久「さて、今日のバブは…。柑橘の香りっと」ポトン


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:45:28.52 ID:UvQziGWi0

シュワシュワ~~

久(お尻に泡を当てると気持ちいいのよねぇ…)

久「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛…」フニャア


ガラガラ

美穂子「また、お尻にバブの泡当ててるんですか?」

久「ひゃっ!?入ってくるなって言ったじゃん!」

美穂子「入らないつもりでしたけど、やっぱり我慢出来ませんでした」シュン


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:50:33.27 ID:UvQziGWi0

久「あぁ~そ~。さっさと出たら?」

美穂子「…寒い、寒いです」ブルブル

久「…」ジーーー

美穂子「寒いなぁ…、裸は寒いですよぉ」ブルブル

久「ちっ…、明日は入って来ないでよ」ザバッ


一人分のスペースを開ける久

美穂子「わ~い♪」ピョン


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:55:04.74 ID:UvQziGWi0

美穂子「大変です!久の胸が大きくなってます!」モミモミ

久「…高校生の時から大して変わってないけど?」

美穂子「いやぁ…、私にはわかります!」モミモミ

久「誰かさんが、毎日揉むからじゃない?」

美穂子「ふぅーむ、一体誰が…」モミモミ

久(今日も平和だわ…)

美穂子「上埜さん…」スリスリ


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:58:48.65 ID:UvQziGWi0

久「体、洗ってあげるから出なさいよ」ザパー

美穂子「はい」


久「はい、脇あげてー」ゴシゴシ

美穂子「はーい」

久「腰、浮かしてー」ゴシゴシ

美穂子「はいはーい」

久「美穂子は胸が大きいから、谷間もしっかり洗わないと…」ゴシゴシ

美穂子「はぁ…あんっ…」ビビクン


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:04:13.40 ID:UvQziGWi0

久「さて、そろそろ出るか」

美穂子「え~、もうですか?」

久「お腹すいたのよ。早く、ご飯の支度してちょーだい」ワシャワシャ

美穂子「わかりましたよ」





久「はぁ~、食った食った…」ポンポン

美穂子「今日はバレンタインだし、デザートもありますよ」

久「あら、そうなの?手作り?」

美穂子「もちろん、気合と愛情をこめて、5品用意しました」バン


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:09:52.59 ID:UvQziGWi0

久「ひゅー、流石美穂子。どれ食べてもいいの?」

美穂子「もちろん。全部久のために作りましたから」ドヤッ

久「麻雀のプロ辞めて、パティシエになってもいいくらいの出来ね」

久「あんまり食べると太りそうだし、このティラミス一つにしておくわね」

美穂子「はい、どうぞ召し上がって下さい」

久「ん~~~~まい」パクパク


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:13:58.85 ID:UvQziGWi0

久「あぁ、私もチョコレート買って来たのよ」ゴソゴソ

美穂子「まぁ!?私にですか!」

久「だって、忘れたらご飯抜きとか言い出しそうだし…」ボソッ

美穂子「どんなチョコかしら?」ワクワク


久「高かったし、味は期待出来ると思う」パカッ

美穂子「わぁ~~~、美味しそうなチョコですね」キラキラ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:16:59.66 ID:UvQziGWi0

久「じゃあ、ゆっくり食べてね」

美穂子「本命チョコですか?義理チョコですか?」

久「そんなのいちいち言わなくてもわかるでしょ?義理で、こんな高いチョコ買うわけないし」

美穂子「ですよね。聞いてみただけです」ニコニコ

久「ったく…」ジトー

美穂子「あっ、これバレンタインのメッセージカードです」スッ


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:22:22.50 ID:UvQziGWi0

久「ふーん。毎年、よく凝った物作るわねぇ…。ここで読んでみてよ」

美穂子「え゛っ!?そ、それは…、はははは恥ずかしいので///」ゴニョゴニョ

久「冗談よ。後で読むからね」

美穂子「は、はい///感想は、言わなくていいです」

久「さーてと…、ドラクエでもやって寝るか…」

美穂子「…」チラッ

美穂子「…」チラッ

美穂子「あー、膝枕されたいなー」チラッチラッ


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:26:26.79 ID:UvQziGWi0

久「足が疲れるから…、や!」

美穂子「そこを何とか」ウルウル

久「やーだー。私は寝るんだー」ゴロン

美穂子「…」ウルウル

久「ふんふーん♪」ピコピコ

美穂子「膝枕してくれないと、明日の晩御飯がカップラーメンになるかも」ボソッ

久「!?」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:31:43.01 ID:UvQziGWi0

久「くっ…、なんて卑怯な…」ワナワナ

美穂子「ま、無理にとは言いませんけどね。カップラーメン何がいいですか?とんこつ、みそ、塩味のどれがいいですか?」

久「もう!わかったわよ!膝枕くらいすりゃいいんでしょ!」

美穂子「わ~い」ゴロン

久「この甘えん坊め」ナデナデ

美穂子「何とでも言って下さい」スリスリ


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:35:48.99 ID:UvQziGWi0

久「そう言えば、最近。私のお腹が少し出て来たと思わない?」

美穂子「そうですか?」プニプニ

久「最近、飲み会多かったからなぁ…。どうも体型が崩れて来てるような」

美穂子「仕方ないですよ。人間、年には勝てません」

久「美穂子は、私とは逆に年取るたんびにキレイになってない?」

美穂子「それは私が恋してるからですよ。恋する女はキレイになるって言うじゃないですか」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:40:23.99 ID:UvQziGWi0

久「恋ねぇ…。私にも恋に憧がれる乙女な時代が…」ウーン

美穂子「ほらほら、恋する相手は目の前に居ますよ」

久「…もう一緒に居るのに慣れたからね」プイ

美穂子「ですね。私は毎日、ドキドキしてますよ?」

久「へぇー、今も?」ナデナデ

美穂子「当然です。心臓がバクバク言ってます」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:42:38.07 ID:UvQziGWi0

美穂子「触って確かめて下さい」

久「ふぅーむ」ピトッ

ドクンドクン

久「ホントだ」

美穂子「あっ、もっと触って下さい!」

久「続きはベットの上でしましょう。って、今日は疲れたからまた明日ね」

美穂子「昨日も明日って言ってましたよ!?」


47: 俺も、小西寛子十兵衛ちゃんのが好きなんだよねぇ 2013/02/15(金) 01:49:12.42 ID:UvQziGWi0

久「そう言えば、これ貰ったんだけどつけて見る?」スッ

美穂子「眼帯ですか?」

久「そうそう、ハート型の眼帯って珍しいでしょ」

美穂子「そうですね。わかりました、つけてみます」シュルシュル

久「あははははは!似合う似合う」バンバン

美穂子「なんでしょう…、すごく力がみなぎって来るような…」ゴゴゴ


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:54:14.27 ID:UvQziGWi0

美穂子「久、やっぱり今日は寝かせません!」

久「えっ…」

美穂子「ご覚悟を…」ヌギヌギ



久「ぎょえええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!」ビクンビクン

美穂子「上埜さんの美乳揉みます!」サワサワ



竹井さん家の夜は長い


終わる





『咲-Saki-』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿