TOP > ポケットモンスター > レッドとエリカ、時々不正解。

レッドとエリカ、時々不正解。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/07(火) 22:42:47.31 ID:Xpe7qb0V0

:補足
ポケモンSS
初代風味
主にレッドとエリカのお話し(予定)


場所は
タマムシシティ

そこでレッドはグリーンとポケモンバトルをしていた。

レッド「・・・くっ・・負けた・・っ?」

グリーン「やっぱ俺って天才?」

グリーン「お前は、ポケモンの特性、役割、タイプを全く理解してないな。」

グリーン「お前のポケモンのレベルを上げる地道な努力だけは、認めてやる。だが、
それだけじゃあ、もう俺には勝てない。お前の限界はここまでだよ。あばよ。」


レッドは めのまえが まっくらに なった


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/07(火) 22:44:59.40 ID:Xpe7qb0V0

レッド「うっ・・・・」

???「お気づきになられましたか?」

レッド「・・・ここは」


バカ広い和室の部屋
そこに敷布団をちょこんと敷かれ、そこで眠っていたレッド
外を見ると、隅々まで手入れをされた美しい庭園。


???「ずいぶん長い間気を失ってらっしゃったので心配いたしました」

レッド「・・・ああ。ポケモンバトルで負けちゃって・・・そのショックで。・・・」

???「ポケモンバトル。貴方もトレーナーなのですね。お名前は?」

レッド「あ、・・・レッド・・です」

???「レッド・・・最近巷で有名なトレーナーの方ですね。今はもうジムを三つも制覇されたのでしょう。」

レッド「え?どうしてそんなことまで・・・」

???「フフフ・・・貴方はホントにとっても有名人なのですよ。貴方自身が知らないだけで」

レッド「・・そろそろいきます。もっと強くならなきゃ・・。・・色々と、その、ありがとう・・ございました。」

???「あらあら。もう行かれるのですか。頑張って下さいね。・・またお会いしましょう」

レッド「・・え?・・は、はい」

レッド(なんだか、不思議な人だな・・)


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/07(火) 22:47:43.22 ID:Xpe7qb0V0

タマムシシティ市街

レッド(凄いお嬢様だったな・・。普段はなにしてる人なんだろう)

レッド「・・・まあいいや・・もっと・・・もっと・・・強くならなきゃ」


数週間後

タマムシシティ郊外の草むら

レッド「・・ポケモンの特性、タイプも勉強した。役割を考えてパーティも組んだ。」

レッド「これなら、もうグリーンにも、いや、タマムシジムのジムリーダーにだって負けない」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/07(火) 22:51:39.48 ID:Xpe7qb0V0

タマムシジム前

レッド「・・・よし」

男「おーっす!未来のチャンピオン!」

レッド「うわっ」

男「ついにエリカに挑戦するのか。彼女は、他のジムリーダーとは違うから、気を付けるんだぞ!」

レッド「・・・え?どういう風に違うの・・?」

男「それは・・・やってからのお楽しみ!頑張れ未来のチャンピオン!」

レッド「・・・わかった」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/07(火) 22:52:57.38 ID:Xpe7qb0V0

タマムシジムに入ったレッドは、ジムの奥で、一度会ったことのある女性を見つけた。
彼女は、スヤスヤと居眠りをしている・・・

レッド「・・・あの」

エリカ「すー・・すー・・あらいけない。ついつい居眠りを・・あまりにも気持ち良くて・・」

エリカ「・・・お久しぶりですわね。レッドさん。」

レッド「あなたが、ここのジムリーダーだったのですね・・」

エリカ「負けた直後の貴方の、自信の喪失感を見て、言い出せませんでした。・・ごめんなさいね」

レッド「・・たしかに、あの時は失意のどん底でしたが、もう負けません。強くなる努力をしてきましたから」

エリカ「そうですか。それは楽しみですわ。あ、そうそう、貴方を倒したと自慢げに言ってたグリーンって御方。
わたくしが丁重に倒させて頂きました。さて、はじめましょうか」ニコ・・・

レッド「!!」


タマムシジムのジムリーダー、エリカが勝負をしかけてきた!


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/07(火) 22:58:51.40 ID:Xpe7qb0V0

レッド「貴女が草タイプ使いのジムリーダーだってコトは把握してます。」

レッド「いけ!ウインディ!」

エリカ「おいきなさい、シャワーズ」

レッド「!?!?」

・・・・・・・・・

ウインディはちからつきた

レッド「くそっ・・・でも自分はこんな想定外のコトもあろうと役割だって決めてるパーティなんだ!」

レッド「いけ!レアコイル!」

・・・・・

シャワーズはちからつきた

エリカ「おいきなさい、サンドパン」

レッド「・・・」

・・・・・
・・・

レッドはエリカに負けてしまった


レッド「草タイプのジムリーダーのはずなのに・・・一匹も草タイプがいないじゃないですか・・・なんで」

エリカ「フフフ、貴方が勝とうとし過ぎるから、こうなったのですよ」

レッド「・・・え?」

エリカ「また挑戦しに来てください。わたくしの言葉をよく考えて」


レッドは めのまえが まっくらに なった


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/07(火) 23:03:36.19 ID:Xpe7qb0V0

数日後

タマムシジム


エリカ「・・・こられましたね。答えは見つかりましたか?」

レッド「・・勝とうとしなければいい。簡単なことです」

レッド「いけ!コイキング!」

エリカ「・・・・」

レッド「はねるをしつづけるんだ!」

エリカ「貴方の答えはこれですか。」

エリカ「心底、失望致しました。」


タマムシジム、ジムリーダーのエリカが勝負をしかけてきた!


エリカ「おいきなさい、ウインディ」

レッド「!?!?!?!?!?」

コイキングはちからつきた

レッド「そんな・・・卑怯だ!自分はコイキングしか・・・いけ、コイキング!」

エリカ「交代しますわ、おいきなさいレアコイル」

レッド「・・・!!!!俺がつかってたポケモンたち・・・」

・・・・
・・・

レッドはエリカに負けてしまった。


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/07(火) 23:04:27.19 ID:Xpe7qb0V0

レッド「・・ひどい・・俺が使ってたポケモン達を・・そのままマネして・・・」

エリカ「だって、貴方から、ポケモンに対する思いが1mmも感じなかったのですもの」

エリカ「なので、貴方が考えた強さだけを求めたパーティーで、こてんぱんにしてあげたんです」

レッド「・・・え」

エリカ「勝とうとしないバトルなんて、ただの試合放棄」

レッド「だって、勝とうとしすぎるってエリカさんが・・・!」

エリカ「貴方は極端ですね。でも純粋。その純粋さは大切ですわ」

レッド「・・じゃあ、一体どうすれば」

エリカ「・・・貴方が最初に選んだポケモンはなんですか?」

レッド「・・フシギダネです」


エリカ「存じております」


レッド「・・・でも、グリーンに、負けた・・・フシギバナにまで育て上げたのに・・・」

エリカ「その一回の敗北で、最初に選んだポケモンを見捨てたんですか」

レッド「!」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/07(火) 23:05:06.32 ID:Xpe7qb0V0

エリカ「貴方のパーティーに、フシギバナはいなかった。」

エリカ「勝つというのは、簡単な事ではありません。運、実力、その他色々な要素があります」

エリカ「ですが、勝っても負けても、そこに、自分が一番好きなポケモンを使ったかどうかで、悔いが残る、残らないかが
決まります」

レッド「・・・でも、自分は、グリーンに言われて・・・このままじゃ、お前は限界だって・・・」

エリカ「その人は、貴方の強さに勝つためだけの努力をしてきたのでしょう。でも、勝ったところで意味があるのかしら」


エリカ「貴方は最初に出会ったポケモンを育て上げて今まで勝ってきた。だから、貴方は、”フシギダネを使う”強いトレーナー
として、沢山のトレーナーのココロに残るトレーナーになったのです」


エリカ「ただの強いトレーナーなら、そこらじゅうにゴロゴロしてますわ。」

エリカ「だから、強さだけのパーティー、貴方の作ったパーティーをあえてわたくしが使った。」

エリカ「勝っても全然嬉しくありませんでした。それだけです」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/07(火) 23:05:33.73 ID:Xpe7qb0V0

レッド「・・・・・」

エリカ「次が最後のチャンスです。では、ごきげんよう」


レッドは めのまえが まっくらに なった


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/07(火) 23:11:20.04 ID:Xpe7qb0V0

数か月後

タマムシジム


エリカ「・・・おはようございます」

レッド「・・・挑戦しにきました」

エリカ「手持ちのモンスターボールは一つですか」

レッド「はい」

エリカ「では、わたくしも一体のみでいかせて頂きます」

レッド「・・・たのんだぞ、フシギバナ」

エリカ「はじめまして、レッドのフシギバナ。おねがいしますね、ラフレシア」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/07(火) 23:12:18.02 ID:Xpe7qb0V0

・・・・
・・・・・・・・・
・・・・

レッドはエリカとの勝負に勝った。

レッド「・・・はあ・・・はあ・・・」

エリカ「まいりましたわ。おじょうずですこと」

レッド「草タイプの使いこなし・・・圧巻でした。」

エリカ「フフフ、勝ったのにまるで負けたようなセリフ」

レッド「俺はフシギバナのレベルを上げてただけですから・・」

エリカ「貴方は地道な努力をし、そして最初に選んだポケモンを信じて一対一で挑んできた」

エリカ「わたくしは、そんな貴方のまっすぐさにココロを動かされ、自分の一番信じたポケモンで真っ向勝負をした。」

エリカ「草タイプ使いとしても、わたくしの完敗ですわ」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/07(火) 23:13:33.22 ID:Xpe7qb0V0

エリカ「勝利の証にこれを。」

エリカ「これはレインボーバッジ。全てのタイプの色がちりばめられたバッジ。」

エリカ「ポケモンの全てのタイプ、特性、相性、役割、それらを知ったうえで、自分が最後に信じるポケモンはなんなのか、それを問いかける意味が
込められているのですよ」

レッド「・・・だから色々なポケモンを・・・」

エリカ「フフフ。他のジムリーダとは違いましたでしょ?」

レッド「・・・なんだか、ジムリーダーのポリシーを知れた気がします。」

エリカ「この先、また同じタイプの偏ったジムリーダー達と対戦することになるでしょうけど、このジムでの教訓は忘れないで
ほしいですわ。彼らのポリシーを知ったうえで、ジムリーダーの強さを、本当の意味で感じてほしいですわ」


レッド「・・・はい!・・・ありがとうございました。エリカさん。」

エリカ「ごきげんよう。」ニコ


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/07(火) 23:19:14.87 ID:Xpe7qb0V0

・・・・

月日は流れ、数年後

シロガネ山にて、

レッド「・・・・・・・・・・・」

エリカ「さがしましたよ。レッドさん。こんな最果てのところに、いらしたのですね」

エリカ「チャンピオンおめでとうございます。」

レッド「・・・・・・・・・・・」

エリカ「なんだか嬉しくなさそうですね。」

レッド「・・・・・・・・・・・」

エリカ「貴方は強さを手にいれました。まさしく、最強の」

レッド「・・・・・・・・・・」

エリカ「ただ、ココロが壊れてしまった。強さを追い求め過ぎて・・・・」

レッド「・・・・・・・・・・」

エリカ「ポケモンバトルですね、分かりました。」

ポケモントレーナーのレッドが勝負をしかけてきた!


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/07(火) 23:21:04.92 ID:Xpe7qb0V0

レッド「・・・・・・・・」

レッドはフシギバナをくりだした

エリカ「・・・貴方はホントに強くなった・・けど、わたくしは昔の貴方の方が好き。いいえ、大好きだった。」

レッド「・・・・・・っ」

エリカ「おゆきなさい、セレビィ」

エリカ「時間を巻き戻させて頂きます」


おわり





『ポケットモンスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿