TOP > 新世紀エヴァンゲリオン > アスカ「どのダチョウよ?」

アスカ「どのダチョウよ?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/08(水) 01:27:51 ID:8O6NKtec

リツコ「今回の作戦は使途の捕獲を最優先とします。作戦担当者は…」

アスカ「あたしは嫌よ!マグマに潜るなんて想像しただけで汗臭い!」

シンジ「(どうせ僕なんだろうな)」

リツコ「それは残念ね、アスカが適任だと思ったんだけど…」

アスカ「ぜーったい嫌よ!エースパイロットがどうしてそんな地味できつい仕事するってのよ!
シンジあんたがやんなさいよ!漢でしょ!」

シンジ「男だけど漢じゃないよ!」

アスカ「何を訳の分からないこと言ってんのよ!」

レイ「私がやるわ」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/08(水) 01:28:29 ID:8O6NKtec

シンジ「え?綾波?」

レイ「私の代わりはいるもの」

アスカ「あらさっすが優等生ね、じゃあ頼んd」

シンジ「リツコさん僕がやります!やらせてください!」

レイ「碇君…私じゃ心配なの?」

シンジ「そうじゃないけど…女の子にこんなきつそうな仕事させられないよ」

アスカ「バカシンジ!あたしの時と言ってること違うじゃない!」

レイ「大丈夫、私がやるわ」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/08(水) 01:29:04 ID:8O6NKtec

シンジ「僕がやります」

レイ「わたしがやる」

アスカ「………」

シンジ「僕が!」

レイ「私が」

シンジ「僕が!」

アスカ「じゃ…じゃあ…あたしが」

リツコ・レイ・シンジ「どうぞどうぞ」

アスカ「いやなんでそうなるのよ!」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/08(水) 01:29:51 ID:8O6NKtec

アスカ「はあ結局あたしが乗るのね…弐号機、カッコ悪いけど我慢してね…」

日向「弐号機、発信位置」

アスカ「あー!ちょっと待って待って!気持ちが落ち着くまで待って!」

シンジ「アスカー大丈夫?」

アスカ「大丈夫じゃないわよ!D型装甲をセットしてたって熱そうなものは熱そうよ!」

レイ「大丈夫?作戦遂行が難しいなら変わるわ」

アスカ「あんたに手柄をやるきなんてないわよ、うーでもちょっと待ってよ」

アスカ「いいっていうまで落とさないでよ!絶対よ」

ミサト「はいはい」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/08(水) 01:30:28 ID:8O6NKtec

アスカ「いい?絶対に押すんじゃないのよ!」

シンジ「大丈夫だって」

アスカ「絶対よ!絶対に押すんじゃないのよ!」

レイ「……」

アスカ「絶対に押すんじゃないわよ!」

レイ「あらよっと」ドロップキーック

アスカ「ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

シンジ「アスカああああぁぁぁぁぁぁぁぁ」

ミサト「今のはフリよね?」

リツコ「それ以外考えられないわ」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/08(水) 01:31:12 ID:8O6NKtec

それから数時間

アスカ「ったく!ひどいめにあったわよ!」

レイ「ごめんなさい…まさか知らないとは思わなかったの…」

アスカ「だから何をあたしが知らないってのよ!」

レイ「ダチョウ」

アスカ「知ってるわよ!あのでかい飛ばない鳥でしょ」

シンジ「そのダチョウじゃないと思うよ」

アスカ「どのダチョウよ?」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/08(水) 01:32:20 ID:8O6NKtec

冬月「三人共なにを喧嘩してるんだ?」

ゲンドウ「せっかくの温泉でさわぐんじゃない」

レイ「司令に副指令?」

シンジ「父さん?なんでこんな所に?」

ゲンドウ「冬月…頼む」

冬月「やれやれ…それくらい自分で言ったらどうだ。息子と風呂でスキンシップがしたいんだと」

ゲンドウ「冬月先生そんな言い方では…私はパイロットたちを褒めようと」

シンジ「父さん…僕のことちゃんと考えてくれてたんだ」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/08(水) 01:32:56 ID:8O6NKtec

ゲンドウ「いや…そうではあるんだが…冬月!はめたな!」ズイ

冬月「いつもいつもウジウジやってるから変な誤解がうまれるんだろうが!たまには父親らしくしろ!」ズイ

アスカ「あの、お二人とも?」

ゲンドウ「そういうとこ!そういうとこだよ!もっとオブラート使って親子の仲取り持てないから!だからその年で独身なんだよ!気持ち悪い!」ズイズイ

シンジ「父さん…せっかくの温泉でさわがないでよ」

冬月「お前も独身だろうが!自分の事は棚に上げおって!父としてっていうか人としてまるでダメなんだお前は!このマダオが!」ズイズイ

アスカ「ねえ優等生あんた司令と仲いいんでしょ?あんなに顔近づけて
止めないと殴り合い始めるわよ?」ヒソヒソ

レイ「大丈夫。二人共プロだから」

ゲンドウ「あー!言っちゃった!言っちゃうんだそれ!」ズイズイズイ

冬月「文句があるからこんな風に顔をm」ブッチュウウウウウウウ

アスカ「嫌あああああああああああぁぁぁぁぁ」

レイ「完璧な間合いだった」

アスカ「嫌!嫌ああああ!汚いおっさんが汚いキスを…うおええ」オボロロロロ

シンジ「アスカあああああああ」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/08(水) 01:34:02 ID:8O6NKtec

それから数日後

シンジ「それでやっと退院できたんだ」

レイ「そう、しばらくは安静にしてないといけないでしょうし、貸したDVDはまだ見れていないでしょうね」

シンジ「うんでも気持ちわかるよ、前情報なしでおっさんのディープキスなんて見たら僕もああなると思うもん」

レイ「そうね、ねっぷり舌を入れる必要はあるのかしら」

シンジ「うん温泉でいっぱい父さんとしゃべったけど溝は確実に深まったと思うよ」

レイ「なんて話しているうちに食堂についたわね」

シンジ「説明的なセリフありがとう、綾波は何食べるの?」

レイ「できればお肉の入ってないのがいい」

シンジ「日替わり定食は…熱々おでんかあ」

レイ「ごめんなさい。そのフリには答えられないわ」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/08(水) 01:35:08 ID:8O6NKtec

アスカ「あ!おーいバカシンジ―」

シンジ「え?アスカ?家で静養してなくていいの?」

アスカ「うん、優等生このDVDありがとう勉強になったわ」

レイ「いいの、分かってくれた?」

アスカ「そうね、日本にこんな伝統芸能があるなんて知らなかったわ」

アスカ「それで司令達に謝らなきゃと思ったの、あたしが吐いちゃったせいで二人のおもしろを潰しちゃったから」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/08(水) 01:35:44 ID:8O6NKtec

レイ「そうね、あなたのせいでサードインパクトも確定したし謝らなきゃいけないわね」

アスカ「いやそこまで悪い事はしてないわよ!」ドン

アスカ「」ピョン

シンジ「そうだよ綾波!アスカは傲慢で自信家で周りを見下して自分を大きく見せようとする人間の屑だけどそこまで悪くはないよ!」

アスカ「あんたはどさくさにまぎれてめちゃくちゃ言ってんじゃないわよ!」ドン

アスカ・シンジ・レイ「」ピョン

レイ「ごめんなさい、もう一回言って」
アスカ「なんで聞いてないのよ!」ドン

アスカ・シンジ・レイ・ゲンドウ・冬月・ミサト・リツコ「」ピョン

ゲンドウ「でもお前ブスじゃん」

アスカ「唐突に罵しってんじゃないわよ!」ドン

ネルフの皆さん「」ピョン

アスカ「なんだろう…この一体感…すごい…」

冬月「これが人類補完計画か…」

ゲンドウ「ああ…」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/08(水) 01:36:32 ID:8O6NKtec

ミサト「おめでとう」

レイ「おめでとう」

リツコ「おめでとう」

加地「おめでとう」

ヒカリ「おめでとう」

ケンスケ「めでたいな」

トウジ「おめでとさん」

ペンペン「クワックワ」

シンジ「肥後にありがとう。寺門にさようなら。そして上島に熱々のもち巾着を…」


アスカ「気持ちいい」

おわり





『新世紀エヴァンゲリオン』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿