TOP > アイドルマスター > 千早「萩原さんのひどい攻撃に平気な顔をしてみる」

千早「萩原さんのひどい攻撃に平気な顔をしてみる」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 17:10:38.98 ID:ZX6PZ22h0



2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 17:12:04.93 ID:ZX6PZ22h0

千早(うう……この間はひどい目にあったわ……)

千早(しかも萩原さん、新しいネタを思いついたらまた試すって……)

千早(今度あんなことされたら、本当に笑い死んでしまうかも……)

千早(何とか、対策を考えないと)


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 17:16:34.86 ID:ZX6PZ22h0

千早(……対策、か)

千早(耳をふさいで、ダジャレを聞こえないようにすればいいのかしら?)

千早(……いいえ、これはダメね)

千早(萩原さん、わざわざ私を羽交い締めにしてくるし)

千早(萩原さんは、押さえ方のコツを知っているみたいだわ)

千早(一度萩原さんにつかまったら、私の力じゃ振りほどけないわね……)


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 17:19:17.31 ID:ZX6PZ22h0

千早(つかまっても平気でいるためには、どうすればいいのかしら)

千早(……うーん……)

千早(……)

千早(…………)

千早(………………)

千早「!」ピコーン


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 17:22:13.96 ID:ZX6PZ22h0

千早(そうよ、その手があったわ!)

千早(これなら、萩原さんのひどい攻撃にも平気な顔をしていられるはずよ!)

千早(ふふふ……萩原さんの驚く顔が、目に浮かぶわ)

千早(善は急げね。さっそく買いに行きましょう)

千早(えーっと、アレはどこに売っているのかしら……?)


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 17:25:53.34 ID:ZX6PZ22h0

   数日後

雪歩「ねえねえ千早ちゃん、聞いて聞いて!」

千早「……来たわね」サッ

雪歩「また、新しいダジャレをたくさん思いついちゃったんだ!」

千早「…………」

雪歩「だから今日も、千早ちゃんをひどい目にあわせてもいいかなぁ?」

千早「…………」ニコニコ

雪歩「あ、ダメって言っても、ムリヤリ試しちゃうつもりだけど」

千早「…………」ニコニコ

雪歩「あれぇ……?」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 17:28:40.91 ID:ZX6PZ22h0

雪歩「何だか今日の千早ちゃん、随分余裕だね?」

千早「…………」ニコニコ

雪歩「これから、私にひどいことされちゃうんだよ? もっと慌てないの?」

千早「……ふふ」ニコニコ

雪歩「うぅ、何だかちょっとペースが狂うけど……」

千早「…………」ニコニコ

雪歩「と、とりあえず逃げられないように羽交い締めぇ!」ガシッ

千早「…………」ニヤニヤ


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 17:31:27.49 ID:ZX6PZ22h0

雪歩「い、いくよ千早ちゃん!」

千早「…………」

雪歩「アイスを愛す!」

千早「…………」

雪歩「……えっ?」

千早「…………」

雪歩「あ、アイスを愛すぅ!」

千早「…………」

雪歩「ア、アイスを――」

千早「ふっ」

雪歩「!?」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 17:35:59.37 ID:ZX6PZ22h0

雪歩「ど、どどどどうして?」

千早「…………」

雪歩「千早ちゃんなら、絶対に笑うと思ったのに!?」

千早「…………」

雪歩「で、でもレパートリーはまだまだあるからね!」

千早「ふふふ」

雪歩「うくっ……! そ、倉庫があそうこにあるよ!」

千早「…………」

雪歩「あ、あれ?」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 17:38:30.91 ID:ZX6PZ22h0

雪歩「あれれれ?」

千早「ふーん」

雪歩「な、何で! 何でぇ!?」

千早「…………」

雪歩「お、斧をなくして、オーノ―!」

千早「…………」

雪歩「ち、千早ちゃんにダジャレが効かない……!?」

千早「…………」

雪歩「そ……そんな……こんなハズじゃあ……?」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 17:42:02.41 ID:ZX6PZ22h0

雪歩「こ、こんなこと、絶対にあるわけないよ!」

千早「…………」

雪歩「こ、こ、この焼肉は焼きにくいですぅ!」

千早「…………」

雪歩「う、ううううううっ!?」

千早「…………」

雪歩「そ、それならっ――」

千早「もう終わりかしら?」

雪歩「!!」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 17:46:03.24 ID:ZX6PZ22h0

雪歩「ま、まだ終わりなんかじゃないよ!」ギリギリ

千早「萩原さん、あんまり強く押さえつけないで。少し痛いわ」

雪歩「あっ!? ご、ごめん千早ちゃん!」

千早「それぐらいの力なら大丈夫よ」

雪歩「うううっ……」

千早「…………」ニヤニヤ

雪歩「わ、ワープロが上手! わあぁプロみたい!」

千早「…………」ニヤニヤ

雪歩「う、う、う……」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 17:49:24.17 ID:ZX6PZ22h0

雪歩「どうして……はうううぅぅぅ……」

千早「…………」ニコニコ

雪歩「ううぅ……今日も千早ちゃんの可愛い笑い声が聞けると思ったのに――」

千早「萩原さん、驚いてるかしら? 驚いてるわよね?」

雪歩「……うん、とっても驚いたよ――」

千早「私だって、やられっぱなしじゃいられないわ」

雪歩「でも、急にこんなに平気になるなんてビックリ――」

千早「だから、ちゃんと対策を立てたのよ」

雪歩「え?」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 17:51:30.99 ID:ZX6PZ22h0

雪歩「対策? それってどういう――」

千早「萩原さんのダジャレをまともに聞いたら、確実に耐えられないのはわかっていたわ」

雪歩「ふぇ?」

千早「だから、ね……ふふっ」

雪歩「……?」

千早「萩原さんに羽交い締めにされる前に、耳栓をさせてもらったのよ!」

雪歩「み、耳栓!?」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 17:56:00.30 ID:ZX6PZ22h0

雪歩「……そうか。千早ちゃん、耳栓してたんだ」

千早「どんなに面白いダジャレでも、聞こえなければなんてことないわ」

雪歩「だから笑わなかったんだ……」

千早「今回は私の勝ちね、萩原さん」

雪歩「ふーん、そうだったんだぁ!」

千早「ふふふ、考えたでしょう?」

雪歩「どれどれ……」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 17:59:21.93 ID:ZX6PZ22h0

千早「さあ、早く私を解放してくれないかしら?」

雪歩「本当だ。両耳にしっかりとはまってるよ」

千早「ムダな事はやめて――」

雪歩「よいしょっと」ポロポロン

千早「え?」

雪歩「千早ちゃん。耳栓、取ってあげたよ?」

千早「…………」

雪歩「…………」

千早「あ、あら?」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 18:01:18.42 ID:ZX6PZ22h0

千早「え……っと」

雪歩「ふーっ」

千早「きゃあっ!?」ビクンッ

雪歩「えへへへぇ」

千早「は、萩原さん! きゅ、急に耳に息を吹き込まないで!」

雪歩「千早ちゃん、ずいぶんお耳の風通しがよくなったみたいだね」

千早「……う……」

雪歩「まさか、耳栓をしてるとは思わなかったよ! さすが千早ちゃん!」ニコニコ

千早「そ、それ程でもないけど……」

雪歩「……でもちょっとだけ、種明かしが早かったんじゃないかなぁ?」ニヤ


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 18:06:21.27 ID:ZX6PZ22h0

雪歩「私の声が聞こえないのに、もうバラしても大丈夫かな、って思っちゃたんだね」

千早「あ、え、う……」

雪歩「わざわざ自分から言わなければ、最後まで気づかなかったのに」

千早「く、くっ!」

雪歩「それも、あんなに得意げに……ふふっ」

千早「うぅ……わ、私としたことが……」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 18:09:26.83 ID:ZX6PZ22h0

雪歩「千早ちゃん、意外とおっちょこちょいなんだね……ふーっ」

千早「きゃあああっ!」ビクン

雪歩「えへへ、くすぐったかった?」

千早「あ、当たり前よ! だから、それは本当にやめて!」

雪歩「千早ちゃん、耳が弱いんだね。首筋とかどうかなぁ?」コチョコチョ

千早「ひあっ!?」ビクビクン


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 18:12:20.03 ID:ZX6PZ22h0

千早「ちょ、や、は、萩原さん、そこはダメっ……」

雪歩「こちょこちょこちょ~」コチョコチョ

千早「はふっ、く、くすぐらないでっ……ひひっ」ジタバタ

雪歩「千早ちゃんって、笑わされることには何でも弱いよね」コチョコチョ

千早「は、萩原さんだって、くすぐられるのには弱いはずよっ……」

雪歩「でも私、千早ちゃんほどダジャレには弱くないよ?」コチョコチョ

千早「それはっ……そうかもしれないけど……うくっ……」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 18:15:26.95 ID:ZX6PZ22h0

千早「あ、あの、萩原さん……も、もうこのぐらいで許してくれないかし――」

雪歩「そうだ!」

千早「え?」

雪歩「くすぐりながらダジャレを言うのも、面白いかも」

千早「!!」ギクリ

雪歩「千早ちゃん、いいアイデアだと思わない?」

千早「や、やめて萩原さん! お願いだからやめてちょうだい!」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 18:18:31.49 ID:ZX6PZ22h0

千早「そんなことされたら、私おかしくなっちゃうわ!」

雪歩「小細工なんかするからいけないんだよ、千早ちゃん」

千早「そ、そんな! だって、だって……」

雪歩「そんなにおびえなくても大丈夫だよぉ。怖くない怖くない」ニコニコ

千早「だ、誰か……助け――」

雪歩「ふーっ」

千早「ひあっ!?」ビクン

雪歩「それじゃあ改めて、アイスを愛す!」

千早「はうあっ!?」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 18:21:35.14 ID:ZX6PZ22h0

千早「や、やめ、やめへへへへへへへへへへ!」

雪歩「やったぁ! 千早ちゃんが笑ってくれた!」

千早「はひ、はひ、はひひひはひひひひぃ!」

雪歩「やっぱり、千早ちゃんは千早ちゃんのままだったんだぁ!」コチョコチョ

千早「やめて、首はひゃめてぇ! あひぇひぇひぇひぇひぇ!」ビクビクン

雪歩「倉庫があそうこにあるよ!」

千早「んぐひゅう!? きゃひひひひひいいひひひひひひひ!」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 18:24:15.48 ID:ZX6PZ22h0

千早「しゅとっぷ! お願い、一回ストップしてぇ!」

雪歩「ダメですよぉ。もっともーっといーっぱい聞かせてあげるからね!」

千早「もう、もういい! もういいから、やめて――」

雪歩「ふーっ」

千早「んきゃはひえぇ!?」ビクン

雪歩「えへへ、こちょこちょ……」コチョコチョ

千早「あっ、ひいあ! やめ、萩原しゃん、やめへぇぇ!」

雪歩「朝に麻美さんと浅倉さんに出会ったぁ!」

千早「うぶう! ひゃひゃひゃひゃひゃひゃ! ひーっ!」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 18:27:19.07 ID:ZX6PZ22h0

千早「もうらめぇ! ひゃぎわらしゃん、もうらめだってばぁ!」

雪歩「秘書のひしょひしょ話ぃ!」

千早「ぺぐぅ!? ぴきゃひゃひゃはははははやめてえ!」

雪歩「千早ちゃんって本当に、本っ当に可愛いよね!」

千早「死んじゃううううう! ふきゃひゃひゃひゃひゃ!」

雪歩「こんなに可愛い千早ちゃんと一緒にいれて、私は幸せですぅ! こちょこちょ」コチョコチョ

千早「ひぃあぁ! たしゅ、たしゅけてえええええええええっ!」ビクンビクンビクン



しばしの後、雪歩の腕の中には、涙を流してヒクヒク痙攣する千早の姿があったという。

おしまい


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/15(水) 18:27:51.61 ID:ZX6PZ22h0

以上になります。

読んでくれた方、ありがとうございました。





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿