TOP > アイドルマスター > 【アイマス】千早「願い事」

【アイマス】千早「願い事」

1: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:20:20.03 ID:8MH4KKXO0

トレーナー「よし、10分休憩!」

春香「ぜぇ、はぁ……」ハァハァ

千早「春香、大丈夫……?」

春香「だ、だいじょ……ぅ」ガックリ

千早「ゆっくり座って……ね?」

千早「はい、これお水」スッ

春香「あ、ありがと千早ちゃん……」ゴクゴク

春香「……っぷはぁ!生き返ったー!」ニッコリ

千早「もう、おじさんくさいわよ?」クスリ

春香「ま、まだ花の女子高生だよぉ!」ワタワタ

千早「はいはい、分かってるわよ」


2: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:21:49.11 ID:8MH4KKXO0

響「春香ってば、だらしないぞー!」

真「そうだよ、まだ大して踊ってないじゃないか」

春香「真と響ちゃんが体力ありすぎなんだよぉ……」ハァハァ

千早「最近は暑いものね……春香、口開けてもらえるかしら?」

春香「?」アーン

千早「はい、食べちゃって」ヒョイ

春香「んむ……しょっぱぃ」ポリポリ

千早「塩タブレットよ、水だけだと疲れやすくなってしまうから」

春香「そっかぁ……えへへ、ありがと千早ちゃん」ポリポリ


3: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:24:11.92 ID:8MH4KKXO0

伊織「千早、私にも貰えるかしら?」

千早「ええ、どうぞ水瀬さん」スッ

伊織「ありがと……もぐ」

千早「我那覇さんと真は要る?」

響「自分、ちゃーんとスポーツドリンクにしてきたから大丈夫だぞ!」

真「僕も!ゴメンね千早、わざわざ気を遣ってもらったのに」

千早「いえ、気にしないで」

千早「……誰も倒れてほしくないもの」ボソリ


4: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:25:16.42 ID:8MH4KKXO0

真「確かに……最近、熱中症とか多いもんなぁ」

伊織「暑すぎるのよ……地球にクーラー付けて欲しいわ」グッタリ

春香「皆の為にありがとう、千早ちゃん!」

千早「べ、別に大した事じゃないわ」プイッ

響「……春香が一番倒れそうだったんだけどなー」ジーッ

春香「あ、あははー……」アセアセ


5: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:26:07.37 ID:8MH4KKXO0

春香「はぁ……私も運動して体力付けた方が良いのかなぁ」

伊織「何よ、いつもはやってなかったの?」

春香「お仕事も増えたし、最近はあんまり……」

真「そうか、春香の家は結構遠くにあるもんね」

春香「うん……帰った後も走ったりする余裕がなくて」

響「でも、今は夏休みだろー?折角だし、特訓して体力つけちゃうさー!」


6: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:26:40.84 ID:8MH4KKXO0

春香「と、特訓かぁ……何すれば良いかな?」

伊織「ジム通いでもする?水瀬家自慢のトレーニングルームでも良いけど」ニッコリ

真「良いね!そうしようよ春香!」キラキラ

春香「私じゃ無茶だよぉ……」ガックリ

伊織「なっさけないわねぇ……」

響「それじゃ、ペットの散歩とかどうだ!?」

春香「私、ペット買ってないよぅ……」ガックリ

伊織「中々難しいわね……」


7: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:28:07.57 ID:8MH4KKXO0

真「そうだね……千早、何かないかな?」

千早「……それなら、朝のジョギング程度から始めてみるのはどうかしら?」

春香「ジョギング?」

千早「ええ、朝なら比較的涼しいから運動しやすいし」

千早「早朝ロケでもない限り、一定の時間が取れるでしょう?」

春香「そ、それはそうなんだけど……」

伊織「……どーせ、朝起きれないとか言い出すんでしょ?」

春香「…………」のワの

真「ああ……まぁ、休みだもんね」

響「休みの日って、ついつい一杯寝ちゃうんだよなー……気持ちは分かるさー」

春香「うん……だから、そんな一杯走れないと思うんだ」


8: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:29:08.07 ID:8MH4KKXO0

千早「……それじゃあ、私の家に泊まらない?」

真「……ん?」

伊織「千早?」

千早「そ、その……今は夏休みな訳だし」ワタワタ

千早「別に、嫌なら良いのだけれど」プイッ

春香「えっ、良いの?やったー!」

響「むぅ……それなら自分の家にお泊まりでも良かったじゃないか―!」ウガー

春香「ふっふーん、春香さんは先着順なのです!」ドヤッ

伊織「何言ってるのよまったく……」

千早「…………」グッ


9: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:29:53.54 ID:8MH4KKXO0

――――― 

千早「…………」ドキドキ

春香「おっじゃましまーっす!」

千早「……それじゃ、ご飯も食べてきた事だし」

春香「ちーはーやーちゃん!」

千早「?」キョトン

春香「お風呂にする?ご飯にする?そ・れ・と・も……」

千早「シャワーよ、早く浴びましょう」

春香「もう、折角なんだからノってよー!」


10: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:30:33.81 ID:8MH4KKXO0

――――― 

千早「…………」ジーッ

春香「千早ちゃん、どうかした?」

千早「い、いえ……なんでもないわ」

千早「…………」チラリ

千早「……くっ」


11: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:31:04.43 ID:8MH4KKXO0

――――― 

千早「それじゃ、おやすみなさ――」

春香「えーっ!?」

千早「……明日、朝起きて走るんでしょう?」

春香「でも、折角のお泊まりなのに……」プクー

春香「ね、千早ちゃん!もうちょっとお話しようよ!」ニコニコ

千早「…………」


12: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:31:44.83 ID:8MH4KKXO0

春香「……ダメ、かな?」ウルッ

千早「っ……だ、ダメじゃないわ」プイッ

春香「やった!それじゃあね……」

千早(……甘やかし過ぎかしら)

春香「……千早ちゃん?」

千早「ううん、何でもないわ」ニッコリ


13: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:32:12.63 ID:8MH4KKXO0

――――― 

千早「……ん」パチリ

チュンチュン

千早「……朝ね、少し寝過ごしてしまったかしら」

千早「春香は……」キョロキョロ

春香「…………♪」ダキッ

千早「……もう、これじゃ動けないじゃないの」クスリ


14: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:33:12.72 ID:8MH4KKXO0

千早「ほら、春香」ユサユサ

春香「んむ……お母さん、あと五分」ムニャムニャ

千早「いつまで寝ぼけてるのよ」

春香「はれ……ちはやちゃん?おはよう……」ショボショボ

千早「おはよう、春香」

千早「……涎、垂れてるわよ」

春香「えっ、ホント!?」ワタワタ


15: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:33:54.41 ID:8MH4KKXO0

春香「ちょ、ちょっと顔洗ってくるね!」ダッ

千早「あっ……」シュン

千早(もう少しだけ、このままでも良かったのに……)

千早「……!」ハッ

千早「……な、何を馬鹿な事を考えているのかしら」

千早「……私も用意しましょう」スッ


16: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:34:32.38 ID:8MH4KKXO0

――――― 

春香「ほっほっほっ……」

千早「春香、大丈夫?」

春香「うん、大丈夫だよ!朝だから結構涼しいし!」

千早「そう……それなら良かったわ」ホッ

春香「でも、こんなゆっくりで大丈夫なの?」

千早「大丈夫よ、ジョギングは喋れるくらいの速度で走るものだもの」

春香「へぇ……そうなんだ」


17: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:35:07.66 ID:8MH4KKXO0

千早「それに……」

春香「それに?」

千早「……春香と話しながら走るの、私も楽しいから」

春香「……えへへ♪」ニヤニヤ

千早「もう、春香!ちゃんと前見ないと……」カァアア

春香「へ?っとと、わぁ!?」

千早「もう……だから言ったのに」


18: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:35:40.08 ID:8MH4KKXO0

――――― 

千早「……ふぅ、到着よ。お疲れ様、春香」ニッコリ

春香「はぁはぁ……つ、疲れた」ゼェゼェ

千早「まぁ、ゆっくりでも長い時間走っていたんだもの」

千早「水分補給、しっかりね?」

春香「分かりました、如月隊長!なーんちゃって♪」テヘッ

千早「ふふっ……もう、亜美と真美みたいね」

春香「一度やってみたかったんだー♪」


19: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:37:01.81 ID:8MH4KKXO0

春香「でも……なんで神社がゴールなの?」

春香「もしかして、なにか神様にお願いしたかったりとか……」

千早「?別に何もないわよ?」

千早「家からちょうどいい距離にあったから目的地にしただけ」

春香「そ、それだけだったんだね……」


20: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:37:54.36 ID:8MH4KKXO0

春香「……よし、千早ちゃん!折角来たんだしお参りしていこうよ!」

千早「えっ?でも……」

春香「折角来たんだもん、お参りしていこうよ!」ギュッ

千早「ちょっと、春香!?」

春香「ほーら!早く早く!」


21: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:38:22.94 ID:8MH4KKXO0

――――― 

春香「千早ちゃん、お願い事決まった?」

千早「……ええ、決めたわ」

春香「よーし、それじゃ……」チャリンチャリン

パンパン

春香「…………」ムムム

千早「…………」

春香「……ふぅ、これで良いかな」


22: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:39:23.56 ID:8MH4KKXO0

千早「……春香は何をお願いしたの?」

春香「えっ?私はその……こ、転ばないように、とか」

千早「…………ふふ」クスクス

春香「あーっ、笑わないでよ千早ちゃん!」

千早「だ、だって……神様にお願いするのに、そんなお願いなんて」フフ

千早「でも春香、トップアイドルになる!とか、そういうお願いじゃなくてもよかったの?」

春香「うん、大丈夫!なんていうか、その……」

千早「?」

春香「……そういうのは、自分で叶えたいもん」

千早「……そう」


23: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:39:53.56 ID:8MH4KKXO0

春香「そうだ!千早ちゃんは、どんなお願い事にしたの?」

千早「私は……その」

春香「?言いたくない事?」

千早「……春香と、また二人で歌いたいって」

春香「え?でも、結構歌ってる様な……?」

千早「二人で、っていうのは最近なかったでしょう?」

千早「いつも、みんなで歌うのばかりだったから」

春香「そう考えたら、確かにそうかも……」

千早「……ごめんなさい、ちょっとしたワガママよ」

春香「そっか……」


24: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:40:27.76 ID:8MH4KKXO0

千早「…………」シュン

春香「……千早ちゃん!今日はまだ仕事まで時間あったよね!」

千早「え?た、確かに夕方まで仕事はないけれど……」

春香「よーし……それなら、特訓ですよ!特訓!」

千早「特訓?」

春香「そう!デュエットの練習、カラオケでしようよ!」

春香「ちゃんと出来るって分かったら、プロデューサーさんだって許可してくれると思うし!」

千早「……許可、してくれるかしら?」

春香「モッチロン!だからほら、一緒に歌いに行こ!」


25: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:41:21.25 ID:8MH4KKXO0

千早「……もう、いつも強引なんだから」

千早(……少しだけ、ウソをついた)

千早(本当は、『春香とずっと一緒にいられますように』って、お願い事だったんだけれど……)チラリ

春香「ほーら、早く!」ニコニコ

千早「……ええ」クスリ

千早(……お願いする必要なんて、最初からなかったのかもしれないわね?)

おしまい


26: ◆SESAXlhwuI 2018/08/13(月) 01:44:04.98 ID:8MH4KKXO0

はるちはssです、ここまで読んでくださった方には感謝をば
塩タブレットって結局効果があるのか、これが良く分からない
変なところがあれば、それはちーちゃんの愛と補完してくださいませ





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿