TOP > アイドルマスター > 律子「もしもし、プロデューサー」

律子「もしもし、プロデューサー」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 09:01:17.57 ID:H0QOGy2eo

律子「どうしたんですか? 電話なんて」

律子「ああ、はい、どうぞ……」

律子「…………ああー、はい」

律子「今度の土曜日ですか?多分大丈夫だと思いますけど……」

律子「はい、スケジュールの調整しておきます」

律子「いや、そんな……全然。はい……」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 09:02:30.80 ID:H0QOGy2eo

律子「ええ、ええ……」

律子「……うーん、そりゃ最初に行くんだったら、多少ベタな方が」

律子「…………遊園地とか」

律子「もー、笑わないでくださいよ」

律子「……だってほら、二人で乗れるもの、沢山ありますし……」

律子「コーヒーカップ、メリーゴーランド、ジェットコースターなんかも……」

律子「……やっぱりしめは観覧車でしょう」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 09:03:31.53 ID:H0QOGy2eo

律子「えぇー?そりゃベタベタですけど、ロマンチックじゃないですか」

律子「…………うん、まぁ」

律子「夕陽をバックに二人、揺られて……なんて」

律子「……もー!そんなに笑わないでよ!」

律子「はぁ…………もういいわよ」

律子「……あ、結局遊園地にするんですか?」

律子「ふふっ、プロデューサーも人のこと言えないじゃないですか」

律子「……はいはい、そうですね」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 09:04:45.57 ID:H0QOGy2eo

律子「え、うん。……ああ、はいはい。それなら、今週中に返してくれれば」

律子「どうでした?」

律子「…………分かってないなぁ、プロデューサーは」

律子「甘々なのが良いんじゃないですか」

律子「すごく人気の作家なんですよ?」

律子「……ええ、オフィスラブを扱った作品が多くて」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 09:05:13.01 ID:H0QOGy2eo

律子「私、好きなんです」

律子「えっ、憧れ……は、そりゃ、ありますよ」

律子「職場恋愛ってロマンチックで……あ、また笑った」

律子「もういいですよ、もーもーもー」

律子「はい……はい、はい、じゃあ、また明日……」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 09:06:06.69 ID:H0QOGy2eo

律子「…………」

律子「オフィスラブかー……」

律子「はぁー……」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 09:06:42.51 ID:H0QOGy2eo

あずさ「……もしもし、律子さん、どうしたんですか?」

あずさ「ええ、はい……今度の土曜日?お休みですか。分かりました」

あずさ「いえ、仕事だと思ってたので……はい」

あずさ「はい、はい…………」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 09:08:02.21 ID:H0QOGy2eo

あずさ「…………うーん」

あずさ「初めて行くなら、そうですね~」

あずさ「……あ、この間オープンしたっていう水族館とか」

あずさ「……ええ、ほら、隣町の」

あずさ「そうですそうです」

あずさ「……ええ、楽しそうですよ~?」

あずさ「…………はい、いえいえ」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 09:08:39.96 ID:H0QOGy2eo

あずさ「はい?はい…………プロデューサーさんに?」

あずさ「それで、何て言ってました?」

あずさ「うふふ、それはそれは……」

あずさ「そうですね~、オフィスラブですか……」

あずさ「私も結構……はい。ふふ……それ、分かります」

あずさ「そうですね。…………あ、すみません。そろそろお風呂に……」

あずさ「いえ…………はい。じゃあ、また……」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 09:11:51.15 ID:H0QOGy2eo

P「もしもし、あずささん」

P「あ、お風呂だったんですか……」

P「いえ……全然。急を要する用事じゃないので」

P「はい……」

P「あの……今度の土曜日なんですけど、遊園地、行きませんか?」

P「……えっと、知り合いと行く予定だったんですけど、仕事入っちゃったらしくて……」

P「ええ、フリーパスなので、もったいないし、一人じゃ寂しいし……」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 09:12:54.76 ID:H0QOGy2eo

P「はい……良いんですか?ありがとうございます」

P「見え見え?何がです?」

P「……そうですか、はい」

P「ええ、じゃあ、また……」

P「ははっ、そうでした。ええ……」

P「では……はい……」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 09:13:23.63 ID:H0QOGy2eo

P「……ふぅ。あれ……メール来てる」


From 律子

   この間隣町にできたっていう水族館なんか、良いんじゃないですか?
   あずささん、行きたがってましたし


P「へぇ……水族館か。良さそうだな」

P「『サンキュー。そっちのが良さそうだから、誘ってみるよ』と……」

P「……すぐ、電話しなおすってのは、いかがなものか……まあ、いいか」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 09:14:11.96 ID:H0QOGy2eo

P「もしもし、あずささん」

P「すみません、すぐ、かけ直してしまって……」

P「さっきのことなんですが、やっぱり、遊園地じゃなくて水族館とかどうですか?」

P「え?フリーパス?」

P「……あ、ああ、日にちをずらして、行くことにしたんです」

P「だから、水族館に……いや、俺、行きたいんです」

P「はい……はい……そうです」

P「いや、それは……そうですね――」





おわり


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 13:02:53.52 ID:t3Ml5ulzo

律子ヒロインだと思ったのにいいいい!!





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿