TOP > 咲-Saki-
カテゴリー  [ 咲-Saki- ]

恒子「大沼プロが芥川賞を受賞したので直撃しまっす!」

2018/07/29 00:02 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 23:47:30.50 ID:XAuFhON60

――原作の4年後くらい

健夜「ふ、ふふっ…買っちゃった」

健夜「じゃーん!CMでやってた、好きなひとを追いかけるブルーレイ!」

健夜「好きな芸能人を登録しておくとその人が出た番組をぜんぶ録画しておいてくれる…これはすごいよ…すごすぎるよ…」

健夜「これでVHSの3倍録画とはおさらばだよ!」

健夜「予約録画機能も無しに…がんばったなあ、わたし…」

健夜「えっと、これを…こうして、ここで、こーこちゃん、っと…」ピッピッ

健夜「登録っ!」

健夜「できたー!うわー、さすが最新だなあ、簡単かんたん」

健夜「えっと、今日はなにかこーこちゃんが出るテレビあるんだっけ」新聞ペラッ

健夜「あ、なにかの特集のリポーターやってる、もうはじまっちゃうね」

健夜「見ようっと」ピッ


理沙「風の中のすばる!砂の中の銀河!」みさき「みんな何処へいった~見送~られることもなく~」

理沙「草原のペガサス!街角のヴィーナス!」みさき「みんな何処へいった~見守~られることもなく~」

恒子「プロジェクトゼエェェェェッッット!!!はいどうもー!スーパーアナウンサー福与恒子でーっす!!」


咲「どうして私の胸は成長しないんだろう…」

2018/07/28 00:01 | 咲-Saki- | コメント(0)
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 19:57:12.72 ID:ptXAZSBU0

和「……」

優希「……」

和「さ、咲さん。女の魅力は胸なんかで決まりませんよ!」

優希「のどちゃんが言ってもあんまり説得力ないじぇ…」

咲「やっぱりそうだよね…」


照「宮永照、2年生です……」

2018/07/27 00:01 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/04(金) 14:59:57.11 ID:c51iRvG70

菫「って、おい、お前は3年だろ?」

照「留年した」

菫「おいぃぃ!!!!」

誠子「同じクラスですよ……」

尭深「照って呼んでいいですか?」

照「同学年だし問題ない。むしろ敬語使われると微妙」

淡「これがチャンピオン……良かったぁ……」

菫「何が良かっただ? あ?」

淡「麻雀が強ければ留年しても問題ないんだね」

菫「あるよ! ……照、一年が誤解しているぞ。なんとか言え」

照「うん。問題無い」

菫「照!!」

照「実際問題ない。プロに学歴は関係ない」

菫「あるだろ! 人として!!」

尭深「全国高校生麻雀大会で、チャンピオン、去年も2年じゃなかったっけって言われちゃう」


咲「末原先輩Lチキ買って来て下さい」

2018/07/26 00:02 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 22:13:04.01 ID:kRGbXR+q0

咲「早くLチキ買ってきてくださいよ?」

末原「は?」

咲「いや、Lチキですよ。Lチキ」

末原「いやいやいや」

咲「あれ? Lチキって知らないですか?」

末原「いや、ちょい待てや自分」

咲「ローソンで売ってるチキンですよ。LAWSONの頭文字を取ってLチキにしたらしいですよ?」

末原「そんなん知っとるわ!!」


玄「まつみけ」

2018/07/25 00:05 | 咲-Saki- | コメント(0)
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 04:01:23.35 ID:z27lV0hb0

透華「このSSは松実姉妹の平凡な日常を淡々と描くものですわ」

透華「過度な期待はしないでくださいまし!」

『松実家の朝』

玄「Zzz・・・」

宥「玄ちゃーん、朝だよー、起きてー」

玄「んんっ・・・あと5分・・・」ムニャムニャ

宥「玄ちゃんー、起きてー」

玄「んんっ・・・Zzz」

宥「玄ちゃんってば」ゆさゆさ

玄「ふぁぁ・・・」

宥「もう朝ご飯出来てるよ?」

玄「Zzz・・・」

宥「玄ちゃーん」ゆさゆさ


照「菫ってどんなセックスするの?」菫「は?」

2018/07/24 00:01 | 咲-Saki- | コメント(0)
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 22:47:55.24 ID:d80WVESA0

菫「……突然何を言い出す」

照「ちょっと興味本位で」

菫「昼間から下世話な話題を振るな」

照「菫がどんなセックスが好きか興味があって」

菫「窓から放り出すぞ……」


智美「衣に胸を隠してもらって写真集の表紙にするぞー」衣「わーい」

2018/07/23 01:01 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 02:34:33.06 ID:mTPpo5xP0

――獄中

智美「ワハハ…瞬きする間に逮捕されてしまった…まさか児ポ法がこんなに厳しいとは…」

看守「666番、手紙だ」

智美「あ、ありがとうございます」

智美「衣からか…なになに…」

「智美へ」

「ごめんなさい」

「衣が子どもだったから…智美は…」

「本当にごめんなさい」

「ごめんなさい」

智美「……このさきは、涙で滲んで読めないか」

智美「読めなくても、わかるけどな…」

智美「痛いほどわかる…衣…」

智美「ころもぉ……」

智美「…ワハハ、模範囚になろう」


咲「おーい、和。おもち触らしてくんね?」

2018/07/22 00:51 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 01:24:04.27 ID:9/WeHbAA0

咲「一生に一度のお願い!な?」

和「…」ポケー

咲「やっぱり駄目か?」チラッ

和「…」テレテレ

咲「ははは、まぁ言ってみただけさ。違う人に頼むか…」トボトボ

和「…待って下さい」ガシッ


洋榎「みかんなくなった」絹恵「ちょっと待ってな」

2018/07/21 00:03 | 咲-Saki- | コメント(0)
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 19:52:41.82 ID:unZDfdnI0

絹恵「台所にあるから取ってくるね」

洋榎「頼んだー」

・・・・・・・

洋榎「・・・遅いなぁ」

洋榎「何してんにゃろ?みかん取ってくるぐらいすぐやろうに」

洋榎「・・・ひまや」

洋榎「なんかおもろいテレビやってるかな」ピッ


菫「照、最近太ったんじゃないか?」

2018/07/20 00:02 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 18:02:26.39 ID:HkXshhJ00

照「…………」ポリポリポリ

菫「…………」

照「…………」ポリポリポリ

淡「テルー、私にもちょうだい」

照「……はい」ポリポリポリ

誠子「またお菓子ですか、ホント好きですね」


淡「サキが風邪みたいだから看病する」

2018/07/19 00:02 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/09(水) 21:56:26.34 ID:/xz+C6xG0

サキと暮らし始めてから一年ぐらい経ったころ、サキが風邪を引いた。
正直、他人を看病したことなんてないけど何とかなるだろう。

淡「サキー! 汗拭きに来たよー!」

サキの部屋のドアを豪快に開ける。
私は迷惑な行為をしているのかもしれない。
いや、している。

咲「頭に響くから静かにしてね?」

迷惑そうに体を起こしてから、私を注意をする。
やはり、私の考えた通り迷惑だったらしい。

淡「あはは! ごめんね?」

表面上は謝るが、反省をしているつもりはない。
サキもそれをわかっているのか溜息をするだけだった。


菫「部内で日記をつけようと思う」

2018/07/18 00:01 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/09(水) 20:39:35.20 ID:KNL93kyB0

菫「つまり、部室に一冊ノートを置いて、これを好き好きに書いてもらうというわけだな」

淡「面白そうじゃん!!!」ワクワク

照「興味ない」プイ

菫「まあ、置くだけ置いてみるさ」

菫「誰でも使っていいからな」ニヤ

照「………」


淡「菫先輩に変態疑惑?」

2018/07/17 01:04 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 23:35:51.16 ID:Ondw32b80

前スレ

菫「照にドッキリを仕掛ける?」
http://www.logsoku.com/r/news4vip/1356865317/



淡「テルーにちょっとエッチな事して反応を見よう」
http://www.logsoku.com/r/news4vip/1357217810/


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 23:38:22.64 ID:Ondw32b80

白糸台高校

空き教室

尭深「うん」

淡「レギュラー以外は気付いてないと思ってたけど・・・・誰が言ってたんです?」

尭深「・・・・ファンクラブの人たち」

淡「・・・・菫先輩のファンクラブ?」

尭深「・・・」コクリ

淡「・・・・その疑惑って、どの辺まできてます?ただの噂ぐらい?」

尭深「・・・・核心に近いところまで。・・・・宮永先輩に変な事してたのを目撃した人がいるらしくて・・」

淡「ぅわ・・・」

尭深「・・・それにね、他にも問題があるの」

淡「え?」


淡「整いました! 咲とかけまして淡と解きます」

2018/07/16 00:03 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 19:07:35.60 ID:p0FGJ6mJ0

菫「……」

淡「ヘイ! ヘイパスプリーズ!」

菫「ハァ……その心は?」

淡「どちらも相思相愛でしょう!」

照「おぉ」

菫「いや、間違えてるからな? 基本的なことから間違えてるからな?」

淡「えー、そうなの?」

菫「そうだ」


咲「お姉ちゃん、トイレ行きたい…」

2018/07/15 00:01 | 咲-Saki- | コメント(0)
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 21:57:47.50 ID:a15NLVuJ0

トントン

ガチャ

照「」ビクッ

咲「お姉ちゃん、起きてる?」ソロー

照「さ、咲…今、起きた」

咲「ごめんね、起こしちゃって」

照「別にいい。どうしたの?」

咲「あの…恥ずかしいんだけど、トイレに一緒に来てほしくて」

照「ああ…。いいよ」


憧「赤ちゃんってどうやったら産まれるの?」

2018/07/12 14:01 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: ◆IClzeUGWus 2018/07/08(日) 21:52:54.64 ID:7mvftKtg0

【阿知賀こども麻雀クラブ】


憧「なんで男子は外で遊んでいたのに私たちは授業だったわけ?」

和「本当ですね」

穏乃「私もドッジがよかったー」

憧「あたしドッジ嫌い。突き指して麻雀できなくなるし」

和「私もドッジボールはあまり……」

穏乃「なんで!? いいじゃん」

憧「あたしら、もう小六だよ? ドッジでテンション上がる年じゃないよ」

穏乃「特別授業よくわからなかったし、絶対ドッジの方がよかったよー」

憧「ホント、特別授業は謎だらけだったねー。結局さ、赤ちゃんってどうやったら産まれるの?」


淡「テルーにちょっとエッチな事して反応を見よう」

2018/07/11 00:05 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 21:56:50.09 ID:ska078dM0

前スレ

菫「照にドッキリを仕掛ける?」
http://www.logsoku.com/r/news4vip/1356865317/


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 21:59:09.95 ID:ska078dM0

白糸台高校

麻雀部部室

菫「・・・もう一回言ってくれ」

淡「テルーにちょっとエッチな事して反応を見ようと思って」

菫「・・・何を馬鹿な・・・」

淡「でもでも!テルーってあんまり性を感じないからー」

菫「だからといって先輩にエッチな事をしていい理由にはならないぞ?」

淡「ぶー」

菫「・・・・ちなみに・・参考までに聞いておくが、ちょっとエッチな事とは・・・どの程度だ?」

淡「へ?」

菫「だから、反応を見るためにどうするのかを聞いている」

淡「えと・・・」


憧「しず分が不足してきた」

2018/07/10 00:04 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 20:53:42.75 ID:PQhuoRDF0

穏乃「憧ーっ!!おっはよ!!」

憧「おはよ、しず」ギュッ

穏乃「ちょ、ちょっと、こんなとこで抱きつくなよ!!」

憧「しょうがないでしょ、しず分が不足してるんだから」ギューッ

穏乃「で、でもさ、ほら、周りの人が見てるし」

憧「そんなのどうでもいい」ギューッ

穏乃「うう・・・・」

憧「・・・・もしかして嫌だった?」

穏乃「そういう訳じゃないけどさ・・・」

憧「良かった」ギューッ

穏乃「・・・・・・」


久「美穂子を貸して欲しい?一回、三万円ね」

2018/07/09 00:04 | 咲-Saki- | コメント(1)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 00:29:38.02 ID:O2MSWMmB0

久「須賀君、高校卒業したのにまだ童貞なの?」

京太郎「恥ずかしながら…」

久「優希や咲とはどうなったの?和は…まぁ無理か」

京太郎「優希とは付き合ってましたが、する前に別れましたね」

京太郎「咲は…、特に何もなく高校生活が終わりました」

久「ふーん」


恭子「漫ちゃんの仕事はパンケーキ屋を装った白糸台の潜入調査やで」

2018/07/08 13:01 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/07/03(火) 21:34:12 ID:i6kwXHqY

――前略、末原先輩。 私です、上重漫です。

新緑の候、若葉の芽吹が目に眩しい今日この頃いかがお過ごしでしょうか。

…………って、

昨日も会うてたんやから知ってますけど。

来たるインターハイへ向け、麻雀部の皆は今日も厳しい練習に汗を流している頃かと思います。

その最中。他ならぬ末原先輩の命を受けて、私は今大阪を離れ――


漫「はいっ! 豚玉いっちょあがりー!」

淡「おー!」


――白糸台高校で、お好み焼きを作っています。