TOP > シャイニーカラーズ
カテゴリー  [ シャイニーカラーズ ]

【シャニマス】恋鐘「クリスマスイベントのお仕事?」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)22:17:36 ID:zSn

1.クリスマスも大忙し!


――冬、事務所

ガチャッ!

恋鐘「っはぁ~! なして今日はこんな寒いんやろうかぁ」

恋鐘「こんな寒さやと、きっとレッスン場もかまくらの中みたいに寒い決まっとるばい……」


P「お、来たか恋鐘。おはよう」


恋鐘「あっ、おはようプロデューサー……ってあれ、そこのソファに掛けとる毛布、どげんしたと?」

P「ん? ああこれか、ちょっと昨日やってた仕事が終わらなくてな」

恋鐘「あーっ! もしかしてプロデューサー、こんな寒い日に事務所に泊まったと? 風邪引くけん、ちゃーんと帰らんとあかんよ!」

P「ははは、今日はちゃんと帰るよ。さてと……それじゃ恋鐘、ほらこの資料」

恋鐘「なんね? あっ、もしかして……」

P「次の仕事の資料だよ」

恋鐘「クリスマスフェスティバルイベント……おおぉ~、クリスマスのお仕事ばい!」

P「ショッピングモールに併設されているステージに出るイベントなんだが、予定あったか?」

恋鐘「アイドルがクリスマスにお仕事せんでどげんするたい! この仕事、うちがばーっちりこなしてみせるばい!」

P「よし! それじゃあこの仕事の担当は恋鐘に決定だ。といっても、元々先方からは元気いっぱいの明るい子がいいって言われていたから、恋鐘に声掛けたんだけどな」

恋鐘「うちならいつでも元気満タン、どんなお仕事もどーんと任せんしゃい!」

恋鐘「ふっふ~ん、来てくれたお客さんみんなに楽しんでもらわんといかんね。早速プロデューサーと打合せせんと!」

P「おいおい、いまからそんなに張り切ってると途中でガス欠するかもしれないぞ?」

恋鐘「うちのやる気は底知らずけん、冬の寒さに負けんくらい頑張るばい!」


恋鐘「霧子が人を殺してまわってる!?そんなわけなか!!」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/07(日) 02:18:39.921 ID:3zxPf+MK0

恋鐘「霧子は優しい子ばい!誰ね!?そんな噂を流しとーやつは!?」

摩美々「でもー、実際に見たって人もいるよー?」
恋鐘「人違いたい!!!」ギャンギャン

咲耶「やれやれ、聞く耳を持たないみたいだね……」

三峰「じゃあ霧子のカバンを見たらいいよ、人を殺す道具が入ってるからさ」
恋鐘「うるさーーーーーい!!!」

恋鐘「皆がそんな薄情な人なんて知らんかった!仲間の事疑うなんて!!」

恋鐘「そこまで言うなら皆の前でカバンを開けて、霧子の潔白を証明するけん!」

皆「……」


【シャニマスss】めぐる「灯織ってシャワーの時おしっこしてそうだよねー!」灯織「?……してるけど?」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/11(木) 00:03:46.322 ID:rZ/OdHhU0

めぐる「え……してるんだ…あはは……」

灯織「だって気持ちいいじゃん……しない理由ないよね?」

めぐる「え…えぇ………そうなの?かな?」

めぐる(私がおかしいのかな?)

灯織「銭湯の時はうんちもするけど」

めぐる「それはおかしいよ!!」

めぐる(おかしくないよね、大丈夫だよね)

灯織「なんで?人前でうんち出来る機会なんて銭湯くらいしかなくない?」

めぐる「うんちは!!人前で!!しないの!!!」

灯織「?…………気持ちいいのにしないとかワケ分かんない!!私のことからかってる!?」

めぐる(やっぱり私がおかしいの!?誰か!誰かきてー!!)

真乃「おはようございまーす」ほわっ


白瀬咲耶「私がガチ百合という風潮」三峰唯華「違うの?」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/08(月) 20:25:33.378 ID:Z0W7FyOa0

咲耶「違うよ、女の子のファンも嬉しいんだけど私も一応女の子だよ」

摩美々「でも~ファンの娘をホテルに連れ込んでるって噂されてるよ~」

咲耶「それは噂だよ」

摩美々「ツイッターでよく咲耶様とホテルなうツイート見かけるよ」

咲耶「」


【シャニマス】灯織「スーパー銭湯……うん、ここに行こう」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/08(月)10:39:01 ID:XvO

灯織は別に1人で銭湯に行ける子だとは思っています


2: 名無しさん@おーぷん 2018/10/08(月)10:39:56 ID:XvO

――夕方、駅前

灯織「ふう、今日のレッスンも疲れた……」

灯織(なぜか休憩時間になったらめぐるがいなくなって、真乃と2人で話してばっかりだったけど……)

灯織「さてと、家に帰って晩ご飯の準備をしてからお風呂でも――」ハッ!

灯織(しまった……そういえば家のお風呂が壊れて、明日業者が来てくれるんだった……)

灯織(1日入らないのは……ダメだよね。アイドルなんだし、普段から身だしなみはしっかりしておかないと)

灯織(だけど、どうしよう……どこか温泉か、銭湯に行かないと……)

灯織(できれば綺麗なところがいいけど、温泉なんて滅多に行かないからドコにあるのか分からない……)

灯織(こんなときにレジャー施設に詳しそうな真乃かめぐるがいてくれたら……っ!?)

灯織(……ダメ、自分で温泉くらい見つけて行かないと、また2人の足を引っ張っちゃう……!)


灯織「……ん?」


『スーパー銭湯 極みスパ! 送迎バス』


灯織「スーパー……銭湯?」

灯織(なんだろう、駅前に銭湯の送迎バス……? なんで銭湯に行くのに送迎バスがあるんだろう……)

灯織(でも……送迎バスがあるってことは、きっと大きくて人気のある銭湯だろうし……)

灯織「……よし」


……
…………


【シャニマス】めぐる「おっぱい大きいと肩が凝るよね」 灯織「……」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/06(土)23:59:21 ID:jSs

※キャラ崩壊注意


2: 名無しさん@おーぷん 2018/10/07(日)00:00:15 ID:r4t

めぐる「ね、真乃」

真乃「分かるよ。困っちゃうよね」

灯織「……」ペラ

真乃「胸が大きいと男の人からも注目されちゃって」

めぐる「分かる分かるー! チラって見られただけでも気づくよね!」

灯織「……」ペラ

めぐる「あとブラのサイズも、気がつくと小さくなっててさ」

真乃「すごく分かる」

灯織「……」

灯織(なんか、さっきからディスられてるような気がする)

灯織(ううん。真乃とめぐるは優しいから、そんな無神経なこと…)

めぐる「ねえ灯織?」

灯織「!」

めぐる「灯織もそう思うでしょ? おっぱいが大きいと…」

真乃「めぐるちゃん、ダメだよ。灯織ちゃんは……」

めぐる「あ……ふふっ、そうだったね。ごめんね灯織」

クスクス

灯織「……」カチン

めぐる「でね、体育の授業とか…」

灯織「めぐる」


園田智代子「私が思うに、これは事件だよ!」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/06(土)22:10:25 ID:tjo

樹里「いきなりなんだよ……」

果穂「事件ですかっ!? 大変です! いったいどうしたんですか? ちょこ先輩!」

樹里「ノリ良いな!」

果穂「事件ですから! 当然です!」

智代子「そうそう。果穂は素直な良い子だね~。樹里ちゃんとは違って!」

樹里「……チョコ」

智代子「ひぅっ! い、言い過ぎました。ごめんなさい……」


【シャニマスss】めぐる「えぇ!?使い終わった歯ブラシでお尻を磨くの!?」灯織「そうだよ」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/05(金) 18:38:53.868 ID:eF0q+5FN0

灯織「もう捨てちゃうやつでね…すごい気持ちいいよ」キラキラ

めぐる「そうなんだ………」

真乃「今度真似してみるね♪」

灯織「病み付きになるよ」キラキラ


【シャニマスss】灯織「これは……!めぐるのパンティ……」ゴクリ

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/04(木) 01:12:30.497 ID:BgOARb2e0

灯織「めぐる………めぐる……」スンスン

灯織「~~~~~~~ったまらん!」フガフガ

灯織「めぐるぅ////」ヌギヌギシコシコ

灯織「あんあん」シコシコ

真乃「………………」

真乃(灯織ちゃん……私が履いためぐるちゃんのパンティ嗅いでシコってる……っ!)

灯織「あぁ////めぐるのおつゆが染み込んでる……////おいひいよぉ…///」シコシコ

真乃(それは私のおつゆですよ)

灯織「こんなことして…/////まるで私……ヘンタイみたい////」スンスンシコシコ

真乃(間違いなくヘンタイですよ)


【シャニマスss】灯織「プロデューサーってキモいよね」めぐる「分かる!キスも下手くそだしね!」灯織「えっ!?」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/03(水) 00:02:29.157 ID:1yLwvOcS0

めぐる「?」

灯織「えっ!?き…き……キス!!?」

めぐる「?うん」

真乃「クンニしてる時も必死で気持ち悪いですよね」

めぐる「あー!分かるー!」

灯織「くん……?何それ………」

真乃「この前あまりにも気持ち悪いから顔におしっこぶっかけちゃいました」

めぐる「わー!私も今度やろー!」

灯織「」


【シャニマス】千雪「かわいい二人はメイドさん」

1: ◆SESAXlhwuI 2018/10/01(月)19:46:40 ID:K3a

シャニP(以下、P)「よし……後はアルストロメリアの皆との打ち合わせくらいか」

P「三人とも最近よく頑張ってくれてるしな……お休みにしてもいいんだけど」

P「……よし、打ち合わせ早めに終わらせるか」

ガチャリ

P「ただいま戻りましたー」

大崎甘奈(以下、甘奈)「お帰りなさいませ、ご主人様っ♪」ニコッ

大崎甜花(以下、甜花)「お、お帰りなさい……ませ」カァ

甘奈「ひゃー☆甜花ちゃんメッチャかわいー♪」ダキッ

甜花「な、なーちゃん……恥ずかしいよ」カァ

甘奈「あー隠しちゃダメだってばー!」

P「…………」

バタン

P「おかしい、俺疲れてるのかな」ゴシゴシ


風野灯織「ピーちゃんの色でプロデューサーの状況がわかる……?」

1: ◆5AkoLefT7E 2018/09/24(月)21:48:01 ID:7PK

~283プロ・事務所~


櫻木真乃「そうなんだよ~」

ピーちゃん「クルッポー」

風野灯織「え、ええっと……? どういう……」

八宮めぐる「それほんと!? すごーい!!!」

灯織「えっ……」

真乃「私もびっくりしちゃった」

灯織「ご、ごめん、言ってる意味がよくわからなくて……」

めぐる「え? ピーちゃんの色でプロデューサーの状況がわかるんだよね?」

真乃「そうだよ? あ、ピーちゃんっていうのはこのハトさんのことで……」

ピーちゃん「クルッポー」

灯織「い、いや、えっと、聞き取れてはいたんだけど、それ以前の問題というか……」


灯織「ラッキーアイテムは……好きな、人の、Yシャツ……?」

1: ◆3xQXQ8weeA 2018/09/21(金) 20:23:45 ID:DHuVrzDg

うひゃー、daでなんで29万だしたりするの、いやがらせなの。やめようぜ頼むから(震)

これはグレ7残留いけるかなぁ……


今回は灯織がYシャツを求めてPに迫るお話です。多分同じ題材で別のもやるかも。ではお楽しみください


2: ◆3xQXQ8weeA 2018/09/21(金) 20:25:20 ID:DHuVrzDg

灯織(ふぅ……さっぱりした)ホカホカ

灯織(もうそろそろ寝る時間だし明日の運勢を見ておこう)ベッドポフン

灯織(346の人に勧められて登録してみたけど、よく当たるんだよね……)スマホポチポチ

灯織(持って行ったラッキーアイテムがちょうど活躍したり……)ラインッ

灯織(一言が的中したり……)ラインカエシ

灯織(……いいこと、あったり)メールヒラキ

灯織「明日の運勢は……」スクロール

灯織「……え?」

金運……2
仕事運……1
恋愛運……3
総合運……1

明日は最悪な一日になるでしょう。 すれ違いが続いてさみしくなるかも。


【シャニマス】灯織「いきなりステーキ……うん、ここにしよう」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/21(金)18:23:02 ID:ejo

灯織は別に1人で飯屋に行ける子だとは思っています


2: 名無しさん@おーぷん 2018/09/21(金)18:23:21 ID:ejo

――夕方、駅前

めぐる「それじゃ、私はこっちの電車だから!」

真乃「お疲れ様、めぐるちゃん」

灯織「明日もレッスン場でね」

めぐる「あ、灯織ひおり」スススッ

灯織「……なに?」



めぐる「ほら、もう暗くなっちゃうし、途中まで真乃と帰り道一緒だよね? 灯織が送ってあげないと」ヒソヒソ

灯織「え? う、うん……そう、なのかな」

灯織(真乃のほうが年上なのに私が送るの……?)

真乃「? 2人とも、どうしたの?」

灯織「あ……えっと、真乃、そろそろ暗くなる頃だし、途中まで送っていこう……かなって」

めぐる「」ウンウンウンウン

真乃「ほわっ……大丈夫だよ。今日は鳩さんたちに送ってもらうから」

バサバサバサバサバッ!!

灯織「そ、そう……」

めぐる「なーんだ」

真乃「よいしょっ、それじゃあ灯織ちゃん、めぐるちゃん、またね。むんっ!」ビューンッ!!

クルッポー

クルッポー

バサバサバッ!!

めぐる「また明日ねー!」

灯織「お疲れ様」

めぐる「それじゃあ私も電車来るし帰ろうかな。じゃあね灯織」

灯織「うん、お疲れ様」


【シャニマスSS】P「灯織を褒め倒す」

1: ◆3xQXQ8weeA 2018/09/20(木) 11:10:06 ID:MwJf958s

灯織ぃいいいいうわああああ

イルミネとPが灯織を褒め倒す。シャニマスSSもっと増えれ


2: ◆3xQXQ8weeA 2018/09/20(木) 11:12:07 ID:MwJf958s

P「へー、灯織は料理とか洗濯とか一人で全部やってるのか?」

灯織「? はい、そうですけど……どうかしたんですか?」

P「いや、えらいなって思ってさ」

灯織「……全然、えらくなんてないです。普通のことですから」

P(……ん?)





灯織「この日は……ダンスのレッスンに……」

P「おはよう灯織。スケジュールの確認?」

灯織「はい。レッスンのスケジュールを組んでるんです」

P「しっかりしてるな。無理はするなよ?」

灯織「……自分の事を自分で管理するのは普通の事です。プロデューサーもそのとこはしっかりしてください」ジトッ

P(……ふむ)


【シャニマス】凛世「親睦を深めたいのですが……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 22:53:31.26 ID:iCk5Viz70

P「え?」

凛世「親睦を深めたいのです」

P「誰と」

凛世「放課後クライマックスガールズの皆様と、です」

P「俺が見る限りでは、もう充分に深まってるように見えるけど」

P「5人ともすごく仲がいいだろ?」

凛世「はい、凛世も仲良くさせていただいております。ですが……アイドルユニットで、遥か高みを志すためには」

凛世「『結束力』が一層必要になってくると、凛世は確信しているのです……」

P「なるほど。友達としてでなく、アイドル仲間としての絆も強めたいと」

凛世「左様でございます。そこで昨日、何か良い策はないかと、思考を巡らせました」

凛世「そして……閃きました」

P「ぜひ聞かせてくれ。プロデューサーとして力になりたい」

凛世「皆様と親睦を深める方法……それは……」

――――


果穂・智代子・樹里・夏葉「みんなでゲーム?」


P「そうだ。凛世がみんなと結束力を高めるため、ゲームをしたいそうだ」

果穂「結束力……! ヒーローにも必要なものですよねっ!」キラキラ

智代子「面白そうだね!」


【シャニマス】夏休み終了前のお約束

1: ◆Vysj.4B9aySt 2018/08/30(木) 20:12:30.31 ID:JXMLXivDO

真乃「ふ、ふぇぇ」

まのちゃん「ほわ?」

めぐる「ひゅーひゅ、ひゅー」

めぐぅ「?」

灯織「ウチは真乃とめぐる……」



霧子「摩美々ちゃん……」

咲耶「さぼりぐせもここまでとは……な」

恋鐘「ノートもドリルも真っ白ばい……」

結華「やりたくない気持ちだけはわかりますが……」

摩美々「……どーしよーもない」



樹里「予想通りだな」

夏葉「テンプレってヤツね」

果穂「あたしも終わったのに……ちょこ先輩」

凛世「プロデューサー様を困らせる行為は許しません……」

智代子「あははは……」



千雪「二人とも頑張ったのね」

甘奈「甜花ちゃんも一人でできるようになったんだね……」

甜花「う、うん……」



283P(以下P)「じゃあ役者がそろった所で」

はづき「夏休みの宿題終わらせる大作戦ですね」

P「それ他のアイドルネタ」


2: ◆Vysj.4B9aySt 2018/08/30(木) 20:16:20.32 ID:JXMLXivDO

夏休み終了前ということで宿題ネタのお話です

ちなみに

イルミネーションスターは全員コレスで凛世と同じ高1

摩美々は高3

霧子、樹里、チョコ、双子は高2

という風な、独自の設定がありますので、よろしくお願いいたします


【シャニマス】ガンバレ甜花ちゃん

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/26(日) 21:41:08.01 ID:eeAjl94DO

甜花「んー」ポチポチ

ワンナイイリュージョン、ヨウコソシンセカー



テンカチャーン

甜花「わわわっ…は、はーい」

甘奈「もうすぐご飯だよー!」

甜花「わ、わかった……今、降りてく」





パクッ

甜花「うーん、なーちゃんのご飯おいしー」

甘奈「本当?甜花ちゃんが褒めてくれたー!嬉しいなー♪」

甜花「えへ……えへへ」

甘奈「そういえば甜花ちゃん」

甜花「ん?」





甘奈「夏休みの宿題って終わったのかな?」

甜花「」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/26(日) 21:43:05.98 ID:eeAjl94DO

はい、この季節多数ある夏休みの宿題ネタ@シャニマス姉妹編です

一応、姉妹と霧子にチョコに樹里は高二ということにしています

などなど、独自の設定がありますので、よろしくお願いいたします


【シャニマスSS】灯織「二人の夜」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 01:35:42.06 ID:rV4Fu6MWo

P「灯織、レッスンお疲れ様。今日も遅くまで自主練か」

灯織「プロデューサー、お疲れ様です。今日のレッスン、どうしても出来なかったステップがあったので、そこだけでも直そうかと」

P「自主レッスンを重ねるのはいいことだけど、あまり遅くまでするのはやめるんだぞ。親御さんも心配するだろうし」

灯織「両親は今日家にいないんです。父は出張で、母は用事で祖母の家に泊まるので大丈夫です」

P「それなら両親の代わりに俺が心配する。女の子が夜遅くに帰るなんて危ないからな」

灯織「それは……そうですね」

P「ということで、今日は終わりだ。休養を取ることも仕事のうちだぞ。早くしないとレッスン場閉めるぞー」

灯織「着替えてくるので少し待ってて下さい。……本当に閉めないで下さいね?」

P「しないって。今日も送ってくから待ってるよ」


【シャニマス】Pがアイドル達にヒゲを触られる話

1: ◆3CFch4BKGs 2018/08/18(土) 22:57:39.02 ID:6ayP/ErZ0

長崎弁が合っていない箇所があると思います


2: ◆3CFch4BKGs 2018/08/18(土) 23:11:10.97 ID:6ayP/ErZ0

P「これで次の企画『346アイドル前川みくの口にお魚ブチ込みドッキリ!(仮)』の説明は以上だ、質問はあるか?」

真乃「むんっ」

灯織「いいえ、特には」

めぐる「……」ジ-

P「おっ?どうしためぐる、俺の顔に何かついてるか?」

めぐる「いつも思ってたけどさ、Pはヒゲが濃いよね」

P「あぁ、毎朝剃ってるけどな…伸びるペースが早いだよなぁ…」

めぐる「ヒゲ触ってもいい?」ジョリジョリ

P「もう触ってるゥーッ!」

めぐる「この感触……クセになっちゃうな~♪2人も触ってみて!」

真乃「Pさん、おヒゲを触りますねっ」ジョリジョリ

P「ヤメロォ(本音)!ヤメロォ(本音)!」

灯織「ちょっと2人とも、Pが困ってるでしょ!?」

真乃「ほわぁ~♪」ジョリジョリ

めぐる「灯織も触ってみなよー」ジョリジョリ

灯織「わっ私はやらないわよ!」



灯織「……」ウズウズ