TOP > シャイニーカラーズ
カテゴリー  [ シャイニーカラーズ ]

【シャニマス】凛世「親睦を深めたいのですが……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 22:53:31.26 ID:iCk5Viz70

P「え?」

凛世「親睦を深めたいのです」

P「誰と」

凛世「放課後クライマックスガールズの皆様と、です」

P「俺が見る限りでは、もう充分に深まってるように見えるけど」

P「5人ともすごく仲がいいだろ?」

凛世「はい、凛世も仲良くさせていただいております。ですが……アイドルユニットで、遥か高みを志すためには」

凛世「『結束力』が一層必要になってくると、凛世は確信しているのです……」

P「なるほど。友達としてでなく、アイドル仲間としての絆も強めたいと」

凛世「左様でございます。そこで昨日、何か良い策はないかと、思考を巡らせました」

凛世「そして……閃きました」

P「ぜひ聞かせてくれ。プロデューサーとして力になりたい」

凛世「皆様と親睦を深める方法……それは……」

――――


果穂・智代子・樹里・夏葉「みんなでゲーム?」


P「そうだ。凛世がみんなと結束力を高めるため、ゲームをしたいそうだ」

果穂「結束力……! ヒーローにも必要なものですよねっ!」キラキラ

智代子「面白そうだね!」


【シャニマス】夏休み終了前のお約束

1: ◆Vysj.4B9aySt 2018/08/30(木) 20:12:30.31 ID:JXMLXivDO

真乃「ふ、ふぇぇ」

まのちゃん「ほわ?」

めぐる「ひゅーひゅ、ひゅー」

めぐぅ「?」

灯織「ウチは真乃とめぐる……」



霧子「摩美々ちゃん……」

咲耶「さぼりぐせもここまでとは……な」

恋鐘「ノートもドリルも真っ白ばい……」

結華「やりたくない気持ちだけはわかりますが……」

摩美々「……どーしよーもない」



樹里「予想通りだな」

夏葉「テンプレってヤツね」

果穂「あたしも終わったのに……ちょこ先輩」

凛世「プロデューサー様を困らせる行為は許しません……」

智代子「あははは……」



千雪「二人とも頑張ったのね」

甘奈「甜花ちゃんも一人でできるようになったんだね……」

甜花「う、うん……」



283P(以下P)「じゃあ役者がそろった所で」

はづき「夏休みの宿題終わらせる大作戦ですね」

P「それ他のアイドルネタ」


2: ◆Vysj.4B9aySt 2018/08/30(木) 20:16:20.32 ID:JXMLXivDO

夏休み終了前ということで宿題ネタのお話です

ちなみに

イルミネーションスターは全員コレスで凛世と同じ高1

摩美々は高3

霧子、樹里、チョコ、双子は高2

という風な、独自の設定がありますので、よろしくお願いいたします


【シャニマス】ガンバレ甜花ちゃん

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/26(日) 21:41:08.01 ID:eeAjl94DO

甜花「んー」ポチポチ

ワンナイイリュージョン、ヨウコソシンセカー



テンカチャーン

甜花「わわわっ…は、はーい」

甘奈「もうすぐご飯だよー!」

甜花「わ、わかった……今、降りてく」





パクッ

甜花「うーん、なーちゃんのご飯おいしー」

甘奈「本当?甜花ちゃんが褒めてくれたー!嬉しいなー♪」

甜花「えへ……えへへ」

甘奈「そういえば甜花ちゃん」

甜花「ん?」





甘奈「夏休みの宿題って終わったのかな?」

甜花「」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/26(日) 21:43:05.98 ID:eeAjl94DO

はい、この季節多数ある夏休みの宿題ネタ@シャニマス姉妹編です

一応、姉妹と霧子にチョコに樹里は高二ということにしています

などなど、独自の設定がありますので、よろしくお願いいたします


【シャニマスSS】灯織「二人の夜」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 01:35:42.06 ID:rV4Fu6MWo

P「灯織、レッスンお疲れ様。今日も遅くまで自主練か」

灯織「プロデューサー、お疲れ様です。今日のレッスン、どうしても出来なかったステップがあったので、そこだけでも直そうかと」

P「自主レッスンを重ねるのはいいことだけど、あまり遅くまでするのはやめるんだぞ。親御さんも心配するだろうし」

灯織「両親は今日家にいないんです。父は出張で、母は用事で祖母の家に泊まるので大丈夫です」

P「それなら両親の代わりに俺が心配する。女の子が夜遅くに帰るなんて危ないからな」

灯織「それは……そうですね」

P「ということで、今日は終わりだ。休養を取ることも仕事のうちだぞ。早くしないとレッスン場閉めるぞー」

灯織「着替えてくるので少し待ってて下さい。……本当に閉めないで下さいね?」

P「しないって。今日も送ってくから待ってるよ」


【シャニマス】Pがアイドル達にヒゲを触られる話

1: ◆3CFch4BKGs 2018/08/18(土) 22:57:39.02 ID:6ayP/ErZ0

長崎弁が合っていない箇所があると思います


2: ◆3CFch4BKGs 2018/08/18(土) 23:11:10.97 ID:6ayP/ErZ0

P「これで次の企画『346アイドル前川みくの口にお魚ブチ込みドッキリ!(仮)』の説明は以上だ、質問はあるか?」

真乃「むんっ」

灯織「いいえ、特には」

めぐる「……」ジ-

P「おっ?どうしためぐる、俺の顔に何かついてるか?」

めぐる「いつも思ってたけどさ、Pはヒゲが濃いよね」

P「あぁ、毎朝剃ってるけどな…伸びるペースが早いだよなぁ…」

めぐる「ヒゲ触ってもいい?」ジョリジョリ

P「もう触ってるゥーッ!」

めぐる「この感触……クセになっちゃうな~♪2人も触ってみて!」

真乃「Pさん、おヒゲを触りますねっ」ジョリジョリ

P「ヤメロォ(本音)!ヤメロォ(本音)!」

灯織「ちょっと2人とも、Pが困ってるでしょ!?」

真乃「ほわぁ~♪」ジョリジョリ

めぐる「灯織も触ってみなよー」ジョリジョリ

灯織「わっ私はやらないわよ!」



灯織「……」ウズウズ


【シャニマスSS】P「有栖川を潰す」

1: ◆/rHuADhITI 2018/08/15(水) 23:24:42.74 ID:nDR8FTNf0

注意点
・ナルトはスレタイだけ
・アイドルの両親が出てきます



P「夏葉の相棒感が辛い」

P『好きだ!(恋愛的な意味で)』

夏葉『ええ、私も好きよ(仕事仲間的な意味で)』

P「……って、なる。とても辛い」

P「どうにかしてくれ、智代子」

智代子「知りませんよ」


【シャニマス】咲耶「生活改革のための鍋パを行う」恋鐘「in女子寮たい!」

1: ◆/rHuADhITI 2018/08/11(土) 02:40:23.28 ID:IG0JApVc0

注意
・蛭谷さん(遊戯王)はスレタイだけ
・ユニット越境につき、公式の設定が無い呼称に注意
・最初だけ地の文有り


2: ◆/rHuADhITI 2018/08/11(土) 02:41:32.79 ID:IG0JApVc0

恋鐘は激怒した。

必ず、かの仕事中毒のPを正さねばならぬと決意した。

恋鐘にはプロデュースが分からぬ。

恋鐘は、アイドルである。

夢を持って上京し、それに邁進する事で生活してきた。

けれども食事の不摂生には、人一倍敏感であった。


【シャニマス】千雪「はづきさんが水着でPさんを誘惑しようとしてる…」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/25(水) 04:50:38.44 ID:HAdUNch40

はづき「じゃーん!Pさん、どうですか~?」

P「ええ!?はづきさん、なんで事務所の中で水着なんですか!?」

はづき「あ、これ、プレゼントですよ~」

P「あ、いつもありがとうございます…じゃなくて!格好!なんで!」



甘奈「Pさんとはづきさん、仲良さそうに話してるけどなんで水着なんだろ」

甜花「きっと暑いから…」

千雪「……………」

甘奈「千雪さん?なんか難しい顔して震えてるけど大丈夫?」

千雪「いえいえ…私は大丈夫よ…なーんにも気にならないわ…なーんにも…」

甘奈(めちゃくちゃ気にしてる…)



はづき「アイドル事務所の事務員は~コスプレをするものだって教えてもらったんですよ~」

P「初めて聞きましたよそんなこと!そんなわけがないでしょう!」


[シャニマス]貴方さまに、下着を……?

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/23(月) 15:38:36.98 ID:Z+M9XPWI0

凛世にπタッチをしても、「貴方さま、どうかなさいましたか……?」と尋ねられ、逆にこちらが戸惑うようになってしまった。何か新鮮な反応が見てみたいのだけれども。何かないか。

そうして探していた折に、一つのワードが目についた。

「嫌な顔されながらおパンツを見せてもらいたい」

ビビッと来た。
これだ。
凛世に嫌な顔をされながら…!
俺は凛世に頼み込んだ。


【シャニマス】めぐる「友情特権発動なう!」

1: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/22(日) 22:31:58.05 ID:RBnoJ/9DO

『さぁ、今日ははぁとの誕生日だぞ!遠慮せずにお祝いしよう!つか祝え☆』ガクガク

『はぁとちゃん、そういうのは生放送で言わない方が』ブルブル

『ナナぱいせん、普通こういうのはサプライズとかで用意しているもんじゃありませんか?』ガクガク

『だからといって……』ブルブル



キィィィィィン

『高度一万メートルからじゃ、プレゼントも持って来れないですよ!』

『誰だ!はぁとの誕生日にこんなサプライズ仕込んだヤツは!!』





プツッ

「方や、超有名アイドルは生放送でここまで主張できるのに」

「方や新人アイドルさんはユニット仲間の手で誕生会開くはずが、二人して壮絶遅刻中」



めぐる「世の中、格差社会なんだなぁ……」

めぐぅ「おけ?」

めぐる「めぐぅもそう思う?」

めぐぅ「ちゅき!」

めぐる「あは。ありがとう」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 22:34:35.42 ID:RBnoJ/9DO

7月22日は佐藤心と、八宮めぐるの誕生日

なんとなくめぐるがかわいいので誕生日SSを作りました……セリフ使いが違っていたらすみません

あと勝手にぷちキャラも作りました

こんなんですがよろしくお願いいたします


【シャニマス】千雪「はづきさんからPさんへのお手紙…?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 03:19:14.54 ID:dgMriNJm0

千雪(今日のレッスンも無事終了しました)

千雪(今は事務室に戻ってる途中ですが)

千雪(あともう少しであの人に会える…)

千雪(そう考えただけで自然と足取りが軽くなりますね~)

千雪「P さん!ってあれ、誰もいませんね…あら?」

千雪「Pさんのデスクの近くに、紙…?のようなものが落ちてますね」

千雪「誰かが落としたのかしら…」

千雪「大事な物だったらいけませんし、ちゃんと持ち主に返してあげないと…」

千雪「これは…手紙?」

千雪「………………!!」


【シャニマス】夏葉「アイドトールマスターよ!」

1: ◆ytRfQhDR4R7A 2018/07/12(木) 12:25:03.97 ID:VsBjNqgV0

注意:何!?ドトール要素は皆無なのか!?


2: ◆ytRfQhDR4R7A 2018/07/12(木) 12:27:17.24 ID:VsBjNqgV0

果穂「レッスン、お疲れさまでしたー!!」

智代子「あぅぁ……あ、足が……!」

夏葉「智代子はまだまだ体力が足りないわね。またトレーニングメニュー組む?」

樹里「そういう夏葉だって結構息切らしてた癖に」

夏葉「あ、あれは酸素を取り入れて全身の細胞を活性化させるためにわざとよ!」

樹里「ふーん……」

夏葉「そういう樹里こそ足、震えてるわよ?」

樹里「はっ、んなわけねぇだろ。視界がぶれてんじゃねぇのか?」

凛世「……」

果穂「凛世さん汗一つかいてません!スゴいですっ!」

智代子「凛世ちゃんの体力どうなってるんですか?」

凛世「?」


【シャニマスSS】真乃「六等星さん」

1: ◆/rHuADhITI 2018/07/11(水) 23:47:41.29 ID:dXfxCJxZ0

注意
※ブラックジャックの「六等星」から
※直接のブラックジャック要素はスレタイだけ
※天文の話が出てきますが、専門じゃないので変な所があったらすみません


2: ◆/rHuADhITI 2018/07/11(水) 23:49:27.48 ID:dXfxCJxZ0

ーーー

「櫻木真乃? ああ、うちのクラスだよ。呼んでこようか?」

『櫻木さん? えっと、確かこのクラスだったような……』

「アイドルしてるんだってねー。一回テレビで見たことあるよー」

『どんな子なのか、よく分かんないだよねー。話した事ほとんど無いし』

「声が綺麗だな。癒し系というか何というか……それにいい子だろ、あれ」

『なんていうか影が薄いよな。悪い人じゃ無いんだろうけど……』

ーーー


【シャニマス】甘奈「甘奈色に染め上げたい」

1: ◆SESAXlhwuI 2018/07/14(土) 23:00:38.89 ID:pXfnrk8r0

ガチャリ

大崎甘奈(以下、甘奈)「おっはよーございまーす☆」

シャニP(以下、P)「お、甘奈……おはよう」

P「ま、もうお昼なんだけどな」モグモグ

甘奈「……あれ、お弁当?珍しいね?」

P「そうか?」

甘奈「うん、いっつも外で食べてるよね?」

P「ああ……まぁ、出先はな」

P「ただ、今日は恋鐘が作ってくれたのがあったからさ」


杜野凛世「ご指導よろしくお願いします」佐久間まゆ「うふ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 04:01:54.65 ID:n+Mg/8lLO

シャニマスとデレマスの混ぜ物です

芸能界のルールとか知らないで書いてますので細かいところとかはなぁなぁで許してください


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 04:09:05.69 ID:n+Mg/8lLO

シャカPの住むアパート

シャカP(はぁ、今日は疲れたな…帰ったら軽く食ってすぐ寝るか、まだどん兵衛あったよな?)

ガチャ

凛世「プロデューサーさま、おかえりなさいませ」

シャカP「おう、ただいま」

凛世「お鞄お預かりします」

シャカP「ありがと」テワタシ

凛世「ご飯になさいますか?お風呂になさいますか?」ウケトリ

シャカP「お腹空いてるし、ご飯かな」

凛世「わかりました、すぐ温めますので少々お待ちください」

シャカP「おう」

シャカP「…ん?」


【シャニマス】果穂「大人のデートがしてみたいです!」

1: ◆SESAXlhwuI 2018/07/06(金) 23:23:35.51 ID:EJQotliu0

シャニP(以下、P)「ごふぅ!?」ブフゥ

有栖川夏葉(以下、夏葉)「んぐっ!?」

小宮果穂(以下、果穂)「?どうかしたんですか、プロデューサーさん」キョトン

P「い、いや……」

夏葉「ちょっと、プロデューサー?」

P「俺は無実だ!」

夏葉「話は警察で聞いてもらったらいいわ」ピッポッパ

P「本当に誤解なんだって!」


【シャニマスSS】甘奈「プロデューサーさんと千雪さんの距離が近い……妙だな……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 21:37:34.86 ID:LEY5gWto0

甘奈「というわけで尾行してみようと思うんだけど」

甜花「どうしちゃったの、なーちゃん君?」

※コナンネタはスレタイだけ
※二番煎じ部分あり
※多分シリアス


【シャニマス】白瀬誕生日のお白瀬

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/27(水) 00:22:23.13 ID:IoKA8J2X0

アイドルマスターシャイニーカラーズの白瀬咲耶の誕生日SSです
ゲーム内のメタネタなどが含まれてるのでご注意ください


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/27(水) 00:24:12.09 ID:IoKA8J2X0

P「♪ラブ!ラブ!ビッグバアアアアアアン!」

咲耶「!?!?!?」

P「♪あなたのことが待ちきれない夜~」

咲耶「プロデューサー、その歌は一体…?」

P「♪ドキドキしてるハート」


【シャニマスSS】果穂(19)「But who will watch the watchmen?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 21:45:22.30 ID:OJEE1Fff0

注意
※WATCHMENはスレタイと小ネタとフレーズだけ
※地の文注意
※病み果穂ちゃん
※キャラ崩壊上等
※枕バグはやばかった(過去形)


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 21:46:44.87 ID:OJEE1Fff0

P「果穂、来週はオーディションに出てもらう」

果穂「オーディションですか」

果穂「私としては、ライブも近いのでレッスンを入れて欲しいのですが……」

P「懇意にしてるディレクターさんからのご指名でな。可能なかぎり行ってもらいたい」

P「これ、オーディションの資料だ。目を通してくれ」

果穂「分かりました」

果穂「あ……このアイドルグループ……」

P「今年度のW.I.N.G優勝グループだ。近頃勢いを付けてきてる」

果穂「アイドルAさんとアイドルBさんのデュオ、でしたよね。所属は業界大手の〇〇〇プロダクション」

P「ああ。良く知ってるな……って、それはそうだよな」

果穂「……」

果穂「プロデューサーさん、今から少しレッスンスタジオ借りますね」

果穂「オーディションにむけて、動きを確認したいので」

P「……ああ、分かった。場所は押さえてあるから、気がすむまで使ってくれ」

果穂「ありがとうございます」


【シャニマスSS】P「Badの調整が消えた……だと……?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/25(月) 01:51:52.89 ID:WXGRoQEg0

※BLEACHはスレタイだけ
※調整の是非は置いておく



P「灯織! 灯織! 大変だ! 大変なことが起こったぞ!」

灯織「プ、プロデューサー!? いきなりどうしたんですか!?」

P「Bad調整ができなくなってしまったんだ!」

灯織「Bad調整……? 何ですか、それ」

灯織「ふざけているわけじゃ、ないんですよね?」

P「当たり前だ! 俺が灯織の前でふざけたりするわけないだろ!」

灯織「そ、そうですか……」

P「取り敢えず相談に乗ってくれ、灯織!」

P「6月11日くらいからできなくなってしまったんだ!」

P「Bad調整が!!」

灯織「?」