TOP > ガヴリールドロップアウト
カテゴリー  [ ガヴリールドロップアウト ]

ガヴリール「ねえヴィーネ、ねえヴィーネ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/06(金) 21:30:33.31 ID:OeURzTGa0

ヴィーネ「なぁに、ガヴ?」

ガヴリール「この前カラオケ行くって言ってたけど、日にち決まったの?」

ヴィーネ「来週の日曜日あたりにしようと思うんだけど」

ガヴリール「ふーん、来週ならでかいイベントはないか」

ヴィーネ「ネトゲ基準で考えるのやめなさいよ」

ガヴリール「ふーん、来週ならでかいイベントはないか」

ヴィーネ「……ん?」

ガヴリール「日にち決まったの?ふーん、来週ならでかいイベントはないか。来週ならでかいイベントはないか。来週ならでかいイベントはないか」

ヴィーネ「!?」


【ガヴドロ】タプリス「えっ、私の家ですか?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/04(水) 22:17:17.77 ID:Upph7630o

黒奈「うん、行きたい」

タプリス「で、ですが...」

タプリス(うう、何を考えているのか分からないです...)

タプリス(しかし悪いかたでは無さそう...なので)

タプリス「分かりました、では次の土曜日に」

黒奈「今日行きたい」

タプリス「き、今日ですか!?突然すぎません!?」


ガヴリール「天使と悪魔の十五夜」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/10/04(水) 22:59:20.385 ID:LtoRc1M60.net

ヴィーネ「うーさぎうさぎ♪何見て跳ねる♪」コネコネ

ヴィーネ「十五夜お月様見て跳ねる~♪」コネコネ

ガヴ「おっ、お団子けっこう出来てるじゃん」

ガヴ「じゃあ味見に一つ……」

ヴィーネ「駄目よ、サターニャとラフィがせっかく他のお供え物買いに行ってくれてるんだから」

ガヴ「ええー、一個ぐらいいいじゃん」

ヴィーネ「自分で作った分ならいいわよ」

ガヴ「作るのめんどい」

ヴィーネ「じゃあ駄目」

ガヴ「ヴィーネのけち」


【ガヴドロSS】サターニャ「ガヴリール、セクシーコマンドーで勝負よ!!」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/30(土) 21:41:23.765 ID:vbHY853A0.net

サターニャ「ガヴリール、セクシーコマンドーで勝負よ!!」

ガヴ「今ゲームしてるの見えないの?」ピコピコ

サターニャ「いいから勝負しなさいよ!」ギュ

ガヴ「うわぁ! なんで抱き付くんだよ……」

サターニャ「勝負しないと、このまま寝技かけて落とすわよ!!」

ガヴ「分かったよ。やるから、離せ!」

ラフィ「審判は私が務めさせていただきます!!」

サターニャ「うわぁ! だからいつもどこから出てくるのよっ!!!」


ラフィエル(今日も来てしまいました……)

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 00:58:15.94 ID:Ccx1zbX30

ラフィエル「……」ヒューン

ラフィエル「……っと」シュタッ…

ラフィエル「はぁ、今日も来てしまいました……」キュポン

ラフィエル(サターニャさん、起きてませんよね……?)

サターニャ「Zzz……」

ラフィエル「……寝てますね」

サターニャ「……んん…」

ラフィエル「…………」

ラフィエル(可愛いですね……)


ガヴリールドロップゲーマーズ ACT.2

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 02:18:33.51 ID:UtfiLquE0

このSSはガヴリールドロップアウトのキャラクター達がVRMMORPGの世界を楽しく旅する冒険ものです。


前作

ガヴリールドロップゲーマーズ


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 02:19:11.80 ID:UtfiLquE0

前回までのあらすじ

例のごとく、サターニャの唐突な提案によって始まったVRMMORPG『ドロップクエストファンタジぃ・オンライン』での冒険。

ゲーム世界で合流したガヴリール達一行は初めての戦闘を体験していた。

そして…………


ガヴリール「またこいつぼっちのくせにピザ頼んでるって思われたら嫌じゃん?」ヴィーネ「うん」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/28(木) 01:43:43.319 ID:WEDhXUIU0.net

ガヴリール「だからピザが来たときに…」

ーーーーー

配達の人「ピザでーす」ピンポーン

ガヴリール「みんな、ピザ来たぞー(誰もいない部屋で一人で叫ぶ)」

ーーーーー

ガヴリール「っていうのをやってみた」

ヴィーネ「ちょ、悲しいからやめて」

ガヴリール「いや悲しいってなんだよ、
一人でピザ食べてることか?一人じゃないふりしたことか?」

ヴィーネ「どっちもだけど!?」

ガヴリール「好きでやってるんだからほっとけ」

ヴィーネ「そもそもピザ頼まなければいいじゃない、高いんだし」

ガヴリール「いやほら、家から出るのめんどくさいじゃん?」

ヴィーネ「全然」

ガヴリール「あと急がば回れって言うだろ?」

ヴィーネ「意味分かんないわよ」


【ガヴドロ】 ヴィーネ「ガヴの性知識がやばい」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:03:02.086 ID:a0VTieOQ0.net

サターニャ「ふっふっふ…覚悟しなさいガヴリール!!これこそは魔界通販で手に入れたデビルパイソンMk-Ⅱ!!」

ガヴ「お前、またそんなもの買ってるのかよ…」

ヴィーネ「サターニャも懲りないわよね…」

ラフィ「そこがサターニャさんの面白…いいところでもあるんですけどね」

ラフィ「さて、今日はどんな面白いものをみせてくれるのでしょう?」

サタ「そう言っていられるのも今のうちよ!なんとこのデビルパイソンMk-Ⅱは…」

ガヴ「わー、すごーい」

サタ「最後まで聞きなさいよ!!」

ガヴ「まあ待てサターニャ、聞かなくてもその銃の凄さはそのフォルムから伝わってくる。本当にかっこいい銃だな、ちょっと触らせてくれよ」

サタ「へぇ、いい目をしてるじゃない、ならちょっとだけ…」

サタ「…ってなるもんですか!!前回のようにはいかないわよ!!」

ガヴ「ちっ、失敗か」


【ガヴドロSS】サターニャ「ガヴリールが妊娠……」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/23(土) 21:54:14.372 ID:7Z9v+LyF0.net

ガヴの家

サターニャ「ガヴリーリュゥ~、暇。構って」ゴロゴロ

ガヴ「嫌だよ。今ゲームしてるんだから帰れよ」ピコピコ

サターニャ「せっかくの休みなんだから私と遊びなさいよ」

ガヴ「せっかくの休みなんだからゲームさせろよ」

サターニャ「暇ぁ~」ゴロゴロ


ガヴリールドロップゲーマーズ

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 21:11:22.61 ID:ibj/lxeR0

このSSはガヴリール達がVRMMORPGの世界を楽しく冒険する冒険ものSSです。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 21:12:46.62 ID:ibj/lxeR0

序章【大いなる決闘】


~~~~~~

ゴゴゴゴゴゴ

光が霧散し、大地が割れ、空気が砕け散り、音が裂け、嵐が舞い踊る。
激しく衝突する二つの影に対しその間に存在する全ての障害は存在することさえ許されず崩壊していく……

それはあまりにも現実離れした超越的な光景………

そう これは現実ではない。


その世界の名は
『ドロップクエストファンタジぃ・オンライン』
20XX年に発売されたVRMMORPGゲーム


今このゲームを代表する最強プレイヤー二人の争いに誰もが固唾を飲んで見守っていた。

一人は金髪の人間(ヒューマン)

もう一人は赤髪の吸血鬼(ヴァンパイア)

金色の髪を持つ可憐な少女の職業(ジョブ)は狩人(ハンター)

赤髪の活発そうな明るい少女の職業は暗黒騎士(ダークナイト)


ガヴリールドロップストーリーPLUS

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 04:39:19.33 ID:X3TAu+6l0

ちょっと不思議な別世界線のガヴリールドロップアウトのSSシリーズ第三弾、『ガヴリールドロップストーリーPLUS』

敢えてタイトルが3じゃないのは続編が増える度に数字が増えていく系SSタイトルは個人的にごちゃごちゃして見づらいなと思ったらからです。(*めちゃくちゃ個人の意見です。)後は自分の好みの問題です。わかりずらいと思った人すみません


前作

ガヴリールドロップストーリー

ガヴリールドロップストーリーVol.2


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 04:41:31.21 ID:X3TAu+6l0

Gabrill Drop Story 3

Chapter.1


ガヴリール「そんなわけで今日はハロウィンです!!」

ガヴリール「楽しい仮装やおいしいお菓子で仲間たちと盛り上がれるとても素晴らしい一日のはじまりです!!」わー

サターニャ「……いや、ハロウィンだかなんだか知らないけど、勝手に部屋に上がらないで欲しいのだけれど」

サターニャ「それに私 今暇で忙しいからあんた達の相手をする時間がないの」

サターニャ「だから諦めてはやく帰りなさい」

ガヴリール「えー、いいじゃないですか」ぷくー

ガヴリール「だってサターニャさん、暇なんですよね」

サターニャ「はぁ、暇な時くらいアンタの顔を見たくないって言ってんのよ」

ガヴリール「酷いですっ!」ガビーン

ガヴリール「なんでそんな寂しい事を言うんですか?悲しいです」

サターニャ「なんでって、学校の日も休日も『サターニャさん、サターニャさん』ってくっ付いて来て……もう耐えられないの」

サターニャ「アンタとラフィエルが間を縫うように四六時中 私につきまとって来るおかげで、
おはようからおやすみまで天使がいる地獄のような生活を私はほぼ毎日送っているのよ!?」

サターニャ「こんな生活はもう嫌なの……」嘆き

ヴィーネ「なにそれ、むしろ天国じゃない」

サターニャ「百合っ子悪魔は黙ってなさい!!」ビシッ

ヴィーネ「は、はぁ!?ちょっ、ゆ、百合っ子悪魔って……誰が……そんな…」あたふた

ガヴリール「ラフィエル、百合っ子悪魔とはどういう意味でしょうか?」

ラフィエル「うーん、私にもよくわかりませんねー」ニコニコ

ラフィエル「でも、きっとヴィーネさんは百合の花を愛でるのが大好きなんだと思いますよー」

ガヴリール「そういう事でしたか、ヴィーネにはお花を愛でる姿がよく似合うと私も思っていたんですよ」

ラフィエル「ですねー」

ガヴリール「そう思うとなんだか良いですね。今度から私もヴィーネの事を百合っ子悪魔と呼んでみることにしましょうか」

ヴィーネ「ガヴ、それだけはやめて!!私の心が死んじゃう……」懇願

ガヴリール「?わかりました。ヴィーネがそこまで言うのならやめておきます」

ヴィーネ「うん、ありがとう…本当に」


ガヴリール「なんだこの揺れ……?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:05:47.909 ID:N+BA+PAH0.net

ガヴリール「~~~~♪」カチカチ

ガヴリール「いやー、夏休みは最高だな。朝からネトゲできるし」カチカチ

ガヴリール「夏休みだから、姉さんが実家に帰って来いっていうけど……それは、後日でいいか」

ガヴリール「ハニエルには会いたいから、ちゃんと帰るけど」カチカチカチ

ガヴリール「……」カチカチ

グラグラ……

ガヴリール「……ん? なんか揺れた……?」


ガヴリール「デンオウベルト?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/18(月) 21:32:07.801 ID:XOH9EHlm0.net

「お前の望みを言え、どんな望みも叶えてやる。お前の払う代償はたった一つ・・・」

「私の…望みは…」


※ライダー側のキャラは出てきません


【ガヴドロSS】聖ガヴ「駄ガヴ、寂しくなんてありませんよ。私はいつでもあなたの中にいます」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/16(土) 21:53:48.239 ID:skYoGDdY0.net

???「起きて下さい! 起きて下さいよ!!」

ガヴ「むにゃむにゃ。後五分……」zzz

???「駄目ですよ、学校に遅れてしまいます。起きて下さい!!」

ガヴ「眠い……。え? 誰?」

???「私ですか? 私は……」

ガヴ「その顔……」

???「私はあなたです」

ガヴ「え? え!? えーー!!!」


ラフィエル「雨の日」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/13(水) 14:42:13.877 ID:rENk/zsn0.net

ガヴリールドロップアウト


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/13(水) 14:45:34.693 ID:rENk/zsn0.net

「サターニャさんは、午後から雨が降る予報だと傘を持ってこない」

天気予報を見ていないのかもしれない

見ているけれど、降水確率で邪魔だから。と

持ってこないのかも知れない

その気持ちが私に分かるとはいえませんが

雨の中、傘を持たずに走っている大人を見ると、思う

サターニャさんも、同じ気持ちで持ってこないのだろうか。と

そう思うと、少しだけ切なく思う

私はサターニャさんの気持ちが理解できない、そう言われているようで

ガヴちゃんに聞いてみると

めんどくさいだけだろーと、暢気な声で言って

そういうの時々あるしと自慢げに笑って見せた

天使でも風邪は引くのだから、自慢するようなことではないと思うけれど。

でも、そうなのかもしれないと思った


ガヴリール「悲しみとか痛み、その他ぜんぶ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/03(日) 00:00:38.68 ID:DpUHEZyx0

四月。

桜が舞い、爽やかな風が吹く季節。

そんなうららかな日々の真ん中で。

私はひとり、窓から空を見上げていた。


【ガヴドロ】ガヴリール「ミニヴィーネ…?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/12(火) 23:24:07.276 ID:8BHcfGLb0.net

ガヴ「げっ!?今月もうこれだけしかないの!? これじゃカップ麺生活でも駄目じゃん!」

ガヴ「…仕方ない、ヴィーネを頼るか」

………

ヴィーネ宅

ピンポーン

ガヴ「ヴィーネ、居るー?」

ガヴ「返事がない…居ないのか? ん?張り紙?」

「ガヴへ 勝手に中に入っていいわよ」

ガヴ「…じゃあ入らせてもらうか、神足通!」シュン


ガヴリール「家でかめはめ波の練習してる所をめちゃくちゃヴィーネに見られた……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 20:59:11.95 ID:xtAOT0tx0

SS書く息抜きに書いたSSなので駄文注意、特に山も無ければオチもないです。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 20:59:44.88 ID:xtAOT0tx0

ガヴリール「うぅ恥ずかしい…もう生きていけない」

ガヴリール「どうすれば良いと思う、ラフィ」

ラフィエル「えっと…何故私にそんな相談をするんでしょうか?」

ガヴリール「だって今更ラフィに恥ずかしいもクソもないし……そもそもラフィ以外に相談相手が居ない」

ラフィエル「ですかー」


ガヴリール「魔法のランプ?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/12(火) 00:49:42.384 ID:389zkkqK0.net



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/12(火) 00:50:49.470 ID:389zkkqK0.net

―エンジェル喫茶―


ガヴリール「もうすぐでバイトも終わりか……早く、家に帰りたいな」

ガヴリール「しかし……今日は誰も来なかったな。大丈夫かこの店?」


マスター「天真君、そろそろ上がっていいよ」

ガヴリール「へい、分かりました」

マスター「あ、それとこの落とし物は誰のか分かるかい?」

ガヴリール「……なんですか、そのランプは?」


ガヴ「サターニャが新しいスマホ自慢して来てウザイ」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/09(土) 22:03:32.254 ID:PxpNl1Ex0.net

学校

サターニャ「ガヴリール!」

ガヴ「ん?」

ポパ

ガヴ「何だよ」

サターニャ「新しいスマホ買ったのよ!! これでガヴリールを撮りまくるんだから!!!」

ポパ ポパ パシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャ

ガヴ「やめろよ」

ヴィーネ「サターニャ、何やってるの?」

サターニャ「ヴィネット、新しいスマホ買ったのよ!! 見て!!」

ガヴ「それ、発売してから結構経ってるだろ。もうすぐ新しいの出るし、何で今さら買ったんだよ」

ラフィ「前持ってたスマホを落として壊したからですよね」

サターニャ「壊してないわよ、画面が割れただけ!! それにあれ4年くらい使ってて古かったし、買い替え時と思っただけよ!!」

ポパ

ガヴ「だから写真撮るなって。なんでそんなに私の写真撮るの? 私の事好きなの?」

サターニャ「写真くらい、いいじゃないの!」

ポパ パシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャ

ヴィーネ「ガヴが嫌がってるでしょ。やめなさい」

サターニャ「でも、こんなにガヴリールの写真が撮れたのよ。新しいスマホってすごいわね!!」

ガヴ「後で消せよ」

サターニャ「こんないい写真消すわけないでしょ!!! 見て! 毛穴まで見えそうよ!!」