TOP > その他
カテゴリー  [ その他 ]

俺「いるんだろ?出てこいよ」暗殺者「……気づいていましたか」スゥ

2019/03/05 06:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/24(日) 00:37:02.472 ID:8k03/7EV0

俺「殺気が漏れていたからな」

暗殺者「くくく……私としたことが。では、殺気を消すとしましょう」スゥ

俺「!?」

俺「殺気が消えて、姿が見えなくなった!?」


歴史の偉人「現世によみがえったら、ワシの扱いがとんでもないことになってた」

2019/03/05 00:05 | その他 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/08(火) 19:17:47.67 ID:3pYwsTG30

偉人「ワシは遠い昔に死んだはずの人間である」

偉人「しかし、ある目的があって、一時的に現世によみがえる許可を得た」

偉人「あまり時間はない……誰か現世の人間はおらんものか」キョロキョロ



子供「……」テクテク



偉人「おお、子供がいるではないか。さっそく話しかけてみよう」


シ◯タコン女23歳、ネトゲでシ◯タ狩りを行うもオッサンを召還してしまい無事昇天

2019/03/04 06:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/21(木) 16:36:07.18 ID:Ld/ucwANo

女「ああ~シ◯タくいてぇ~」

女「どうしたらシ◯タってくえるんだろ。下校中に話しかけたりしたら通報待ったなしだもんなぁ…」

女「ん…?なになに?」

女「『大人気アプリゲーム平野行動でシングルマザー(22)と男子(12)がみだらな行為』…?」

女「…」

女「これだ!!!」


マーティ・マクフライ「えっ? ドク、糞を漏らしたのかい?」

2019/03/03 20:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/21(木) 22:25:58.44 ID:GHbflzSB0

「ドク! 開けてくれ、ドク!」

マーティ・マクフライは焦っていた。
ひょんなことから、タイムスリップをして。
30年前のこの時代へと、迷い込んでしまった。
それに伴って、様々な出来事が彼を襲った。

「頼むよ、ドク! ドアを開けてくれ!」

若かりし日の両親と出会い、父親を追跡して。
父親の代わりに車に轢かれ母親に介抱された。
しかし、そんなことはこの際、どうでもいい。
母親にカルバン・クラインの下着を見られた。
それが藤色だったことすらどうでも良かった。

「開けてくれないと、僕は酷いことになる!」

何度も扉を叩きながら、マーティは懇願する。
今にも泣きそうな声で、開けてくれと叫んだ。
ダウンベストを着ていることもあり、まるで海で遭難して流れ着いた、漂流者のような有様。
しかし、彼が今現在、直面している問題は、大海原を漂うよりも辛く、切実な難題だった。

「頼むから……トイレを貸してくれ!」

一際大きな波が押し寄せる。極めてヘビーだ。
このままでは漏れてしまう。もちろん大の方。
もうダメだとマーティが諦めかけた、その時。

「君は沿岸警備隊の隊員だな?」

ドクター・エメット・ブラウンが扉を開けた。


刑務所長「嫁が囚人で何が悪い!」囚人嫁「おやつ食べたいから牢屋から出してくれない?」

2019/03/02 20:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/20(水) 21:16:18.133 ID:NYW8SA3+0

― 刑務所 ―

コソ泥(あーあ、俺としたことがムショ暮らしとは、しくじったなぁ……)

ボス「新入り、お前さんは窃盗でもやらかしたな?」

コソ泥「よく分かったっすね! 誰にも話してないのに!」

ボス「こんぐらい出来なきゃ、このムショのボスにはなれねえさ」


所長「おい、牢屋で私語してんじゃねえぞ! 懲罰房にブチ込まれてぇかっ!!!」


コソ泥「こえー……あれがここの所長っすか」

ボス「ああ、元凄腕の犯罪者ハンターで、若くして所長に抜擢されたんだ」

コソ泥「この監獄の国の王様ってわけっすね」


男「あ、流れ星」 ガキ「えっ!?」ガンッ

2019/03/02 00:03 | その他 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/02/20(水) 12:51:26 ID:sW.1cuxQ

ガキ「オラオラオラオラオラ!!!」ガンガンガンガン

男「!?」

ガキ「オラオラオラオラオラ!!!」ガンガンガンガン

男「や、やめろ!!」

ガキ「ふんっ!!」バキッ

男「がぁっ……!?」バタッ

男(こ、このままじゃ車が破壊される……!!)


【オリジナル】クソ能力バトルロワイアル

2019/03/01 22:01 | その他 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/02/20(水) 02:39:15 ID:sW.1cuxQ

主催者「今から君たちには殺し合いを行ってもらう!」

れもん「いやあああああ!! の、のぶ君がああああああ!!」

のぶ「」ビクッビクッ

じゅん「クソ……従うしかないのか!?」

ゆうた「ちょっと待て。俺らは一体何の作品のキャラなんだ?」

主催者「お前らは何の作品のキャラでもない。これはオリジナルのSSだ……」

よしひろ「なんだと!? じゃあ俺達の名前は作者が適当につけてるってことかよ!!」

主催者「違う。お前らは作者が幼稚園~小学生時代、友達だった者の名前だ……!」

ちひろ「な、なんですって……! そんなSS見たことがない……!」

さとし「面白くなってきやがったな」ヘヘッ


就活生「さっき助けたジジイが面接受ける会社の社長だった……ってことは内定確定じゃん!」

2019/02/28 03:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/19(火) 00:39:40.468 ID:gQRL8cO40

就活生「……ん?」

老人「う、ううっ……!」

就活生「大丈夫ですか、おじいさん!」

老人「薬を……。懐に入ってる薬を……」

就活生「これを飲ませればいいんですね? はい、どうぞ!」

老人「……」ゴクンッ

老人「おかげで助かったわい……。本当にありがとう……」

就活生「いえいえ、お年寄りを助けるのは当然のことですから!」


男「一度スマホにしちゃうと、もうガラケーには戻れないよな」

2019/02/27 22:03 | その他 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/19(火) 00:08:06.27 ID:xJz4/1uK0

ブロロロロロ…

男「……」チラッ

女「ちょっと、運転中にスマホ見ないでよ。危ないよ」

男「俺さ、ガラケーからスマホにするの結構遅かったんだけど」

女「そうなんだ」

男「ガラケーだった頃は、次々スマホに切り替えていく連中を」

男「スマホのどこがそんなにいいんだ、ミーハーどもめ、だなんてバカにしてたけど」

男「自分もいざスマホにしてみたら、やっぱりこう思うよ」

男「一度スマホにしちゃうと、もうガラケーには戻れないよな……って」

女「どうして?」


課長「今日から入社したキートン山田君だ」キートン山田「よろしくなのである」

2019/02/27 18:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/18(月) 21:20:05.582 ID:Mb8/4zFc0

課長「えー、今日からしばらくの間、入社することになったキートン山田君だ」

キートン山田「よろしくなのである」

男「よろしく」

OL「はいはーい、よろしくー!」

後輩「よろしくお願いします!」

課長「キートン君、君の席はあちらということで」

キートン山田「分かったのである」


友「斬新な口説き文句を考えてくれ!」

2019/02/27 12:02 | その他 | コメント(0)
1: ◆P2Q6A6h2h6 2019/02/18(月) 22:18:29.16 ID:hWLXSIWGO

飲み会にて

男「口説き文句?」

友「ああ、俺に彼女がいるのは知ってるだろ?」

男「確か同い年の子だったよな」

友「そうそう。もう1年くらい付き合ってるんだけど」

男「仲いいんじゃなかったのか?」

友「そうなんだが、最近こんな事を言われてな・・・・・・」


男「ステータスオープン!」

2019/02/27 03:03 | その他 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/02/18(月) 07:46:54 ID:n/jTSt4.

男「うっ……俺はトラックに轢かれて死んだはずじゃ」

女神「貴方は手違いで死んでしまったので異世界へチート転生してもらいます」

男「なるほど」

女神「では行ってらっしゃーい」

男「うおおおおおお!!」


女「あはは、また私に会いに来たの?」男「いや違うから」

2019/02/26 22:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/18(月) 03:01:19.879 ID:6LEJwL0h0

女「とか言って、週1回はここに来るよね?」

男「それは俺がケガしがちだからだ」

男「むしろ俺がいつ保健室に来てもお前がいる方がおかしい」

女「私は保健室の妖精だからねー」

男「意味わかn…いってぇ!」

女先生「ちょっとしみるよー」

男「先生言うの遅いっすよ!」

女「あはは」


妻「フランスの古物商からギロチン買ったからあなたの首切断していい?」夫「いいわけねーだろ!」

2019/02/25 06:03 | その他 | コメント(2)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/16(土) 18:04:25.691 ID:f/jJbiAl0

夫「ただいま……ってなんだこりゃ」

妻「ジャーン! 買っちゃった! ギロチン!」

夫「買っちゃったて……」

妻「フランスの古物商がやってる通販サイトで見かけたから、ついポチっちゃったの」

夫「高かっただろ、こんなの……」

妻「フランス革命の年にちなんで17,890円だったわ」

夫「安いなオイ」

妻「せっかくだし、あなたの首切断していい?」

夫「いいわけねーだろ!」


敵「お前を倒す」俺「かかってこい、【理論武装】!」

2019/02/25 03:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/16(土) 17:40:11.08 ID:tx4/aFNi0

これは【理論で戦う】俺のもとに、突如現れた敵との戦いを劇的に描いた物語である!!



敵「お前か。聞いてるぜ、どんな相手にも絶対に負けないと息巻いてたってな…」

俺「まあね。俺の理論は完璧だから」

敵「あー、ずっと考え事してる変なやつだって評判らしいじゃないか」ハハッ

俺「…まっ、それなりに良い勝負が出来そうだ」


オリジナル・お題:『隣』夫はお隣さん。

2019/02/24 12:01 | その他 | コメント(0)
1: ◆3rfPz4lVbmKs 2019/02/15(金) 03:59:42.37 ID:jf1sWgD40

「お隣さん、また引っ越すってよ」

「あらまた?」



スーツのジャケットをハンガーにかけ、さっき廊下ですれ違った同じ階の住人から得た情報を妻と共有する。


「『挨拶も無しだった』とさ」

「3度目よねぇ」

「4度目だ」


ネクタイを外して唸るように訂正する。


女「赤ちゃん産まれそうなんで産休ください!」課長「いいよ!」女「サンキュー!」

2019/02/24 06:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/15(金) 01:22:25.009 ID:0td8zxGU0

女「課長!」

課長「なんだね?」

女「赤ちゃんが産まれそうなんで産休ください!」

課長「いいよ!」

女「サンキュー!」


弟「はだかでうろつかないでよ!」姉「えー」

2019/02/23 22:04 | その他 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/08(金) 18:42:06.78 ID:2XENs/lHo

姉「家の中なんだからいーじゃん」

弟「目のやり場に困るんだよ…」

姉「着替えるのめんどい」

弟「はあ?」

姉「あんたもはだかになったら?」

弟「やだよ…」

姉「楽だよー」


男「ダメージジーンズ買ったぞ!」ダメージジーンズ「いでぇぇぇ!いでぇよォォォォォ!」

2019/02/23 15:01 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/14(木) 00:35:32.498 ID:lE1HzQ4G0

男(オシャレしようと一念発起して通販でダメージジーンズを買ったぞ!)

男「どんなのだろう……」バサッ

男「うわ、ホントに穴だらけだ! ヒザのあたりスースーしそう!」

ジーンズ「いだだだだだだっ!」

男「!?」

ジーンズ「いでぇぇぇ! いでぇよォォォォォ!!!」

男「なんだ!? なんだこれ!?」


総理大臣「地球を救えるのは小林製薬しかいない!」

2019/02/23 12:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/13(水) 22:00:18.482 ID:uZd3xjz/0

20XX年、NASAに宇宙から恐ろしい通信が入った。

内容を地球の言葉に訳すと――


≪我々の星は滅びてしまった≫

≪ついては環境の似たお前達の星を頂く≫

≪素直に明け渡さない場合、一ヶ月後に攻撃を開始する≫


NASA職員A「This is a pen!(なんということだ!)」

NASA職員B「I'm fine, thank you!(すぐホワイトハウスへ連絡するんだ!)」