TOP > アイドルマスター
カテゴリー  [ アイドルマスター ]

伊織「直にわかるわよ」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/06(火) 00:51:37.13 ID:1zIusS8Fo

美希「ねぇねぇハニー!今度この店一緒に行こう?」

P「ハニーはやめろ。行きたいなら勝手に行ってこい」

響「あ、プロデューサー!さっきの話の続きなんだけど……」

P「良いから早く用意しろ。話は車の中で、だ」

千早「プロデューサー、この曲なんですが……」

P「今時間がないんだ後にしろ。てかお前はなんでもかんでも人に聞きすぎだ。少しは自分で考えろ」

春香「プロデューサーさん!クッキーですよ!私の手作りです!」

P「あとで食うよ。あ~……雪歩。悪いがお茶は後でまた出してくれ。ほら、行くぞ響。時間押してんだから春香のクッキー食べてんじゃねえ」

うちの新しいプロデューサーは有能だ。
でも、まるで機械のような仕事人間だ。

P「お、水瀬。前のドラマ割とよかったぞ。その調子で頑張れ」

伊織「……ええ。ありがとう」

アイドルたちとは必要最小限のことしか話したりしない基本無口なプロデューサーだ。
去年の秋に新しく入ってきた彼は最初はだれとも話したりしない男だった。

口を開いても仕事のこと以外は全くしゃべらない、意思疎通のしにくいプロデューサーだった。

しかし、今じゃこれだ。

彼自身の言動は以前となんら変わりはない。変わったのはアイドルたちだ。

最初は話しかけづらいあの男にみんな心を許していなかった。
にもかかわらずいつの間にか事務所の半分以上が彼にフレンドリーに話すようになった。


伊織「これまでも、これからも、」

1: Neo 2014/05/06(火) 22:14:17.49 ID:sbEBtbEm0

とある日の夕暮れ

伊織は楽屋で一人、思い出していた。

ここまで来れた理由を


P「昨日さ、夜中に突然目が覚めてさ」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/11(日) 13:59:12.91 ID:F0efFz1I0

響「うん」

P「で、何でかなって思ったら、隣で春香がもぞもぞしてるわけよ」

響「うんうん」

P「で、まあトイレか何かかなって思って黙ってたんだけど」

響「うん」

P「そしたらさ、急に春香が俺の腕に抱き付いてきたわけよ」

響「……ふーん」


春香「千早ちゃんがアメリカで普通にモテまくってた」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/28(月) 23:32:06.04 ID:hCGsjUbI0

伊織「春香、アメリカはどう?」デンワゴシ

春香 「なーに伊織、もう寂しいの?私と美希がこっち来てまだ半日も経ってないよ?」

伊織 「はぁ?誰もそんなこと言ってないでしょ!?安否と健康状態の確認よ!今律子が忙しいから代わりに」

春香「あぁ、そっちね」

伊織 「そっちもこっちもないでしょ!?もーーー調子狂うわねアンタと話してると。それで?」

春香「んー、私も美希も美咲さんも、体調はバッチリだよ」

伊織「体調"は"?…聞き捨てならないわね。何か変なことでもあったの?」

春香「あー、伊織。その、私たちいま、歌の留学でこっちに住んでる千早ちゃんに会ってるでしょ?それでね、ちょっとどうしようって感じなんだけどね?」

春香「千早ちゃんがアメリカで普通にモテまくってた」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/28(月) 23:34:31.25 ID:hCGsjUbI0

アイドルマスターのSSです。

主にアニマスを参考に、各種ゲームや、映画、漫画等から要素を拾ったオリジナルの世界線です。
オリジナルキャラクター多数。

拙いですが宜しくお願いします。


春香「アイドル会議」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/12(土) 16:27:20.79 ID:ZXgAW2yp0

春香「おはようございます!お嫁さんにしたいアイドルNo1、天海春香です!」

真「きゃっぴぴぴぴ~ん!お姫様が似合うアイドルNo1、菊地真ちゃんナリよ~!」

千早「・・・えっと」

春香「千早ちゃんです」

真「765プロの誇る孤高の歌姫、如月千早だよ」

真「それで集まったはいいけど、どういう企画なのコレ?」

春香「うーんとね、「今をトキメク☆アイドルたちの赤裸々な生の声をファンの皆へお届け!」って書いてあるけど」

春香「ただのフリートークのコーナー・・・かなぁ?」

千早「ブフゥ!」

春香「お茶を吹いた!」


蚊「いおりん」

1: ◆kcyZIFYucg 2014/06/27(金) 20:22:22.52 ID:EO9zt5EDO

プ~ン

伊織「…うえ、最悪…蚊が入ってきてるじゃない」シッシッ

春香「ホントだ。さっき一緒に入って来ちゃったのかな?」

プ~ン

伊織「……っ!」パチン

伊織「…ダメね。逃げたわ」ハァ

春香「蚊が入ってくると、気になって何も出来ないよね…っと!」パンッ

春香「あ、ダメだ」チラ

伊織「何よもう、鬱陶しいわね!さっきからこの伊織ちゃんの周りをブンブンブンブン!」イラッ

伊織「…って春香?なに私のこと見てるのよ?」

春香「ごめん伊織。動かないで」シュッ

ペチーン

伊織「痛あっ!?何すんのよ春香!」

春香「やったよ伊織!伊織のおでこに付いてた蚊を潰せたよ!」パアッ


伊織「えっ…そ、そう?ならいいけど…」アゼン


伊織「律子の」あずさ「誕生日を」亜美「お祝いするYO!」

1: ◆kcyZIFYucg 2014/06/23(月) 08:49:24.44 ID:cv2liS+DO

6月23日朝 事務所

律子「えっ?今日は休み…ですか?」

高木「うむ!律子君は最近働き詰めで休んでいないだろう?」

P「俺達に出来る仕事は俺達でやっておくからさ」

小鳥「律子さんはしっかり休んでください」

律子「そんな、今日いきなり言われても…私が好きでやってることですし、気遣っていただかなくてもいいんで…きゃあっ!?」グイッ

P「まーまーまーまーまー」グイグイ

小鳥「まあまあまあまあまあ」グイグイ

律子「ちょっ!? プロデューサー!小鳥さん!何処に連れてく気ですか!?」ズルズル

ピヨP「「まあまーまーまあまあ」」グイグイ

バタン

律子「…追い出されてしまったわ」ポツーン


P「スリーピングひびきん」

1: ◆kcyZIFYucg 2014/06/14(土) 16:38:12.47 ID:5v2wdvlDO

ガチャ

響「ただいまー。プロデューサー、ちょっと寝るからソファー借りるぞー」ポスン

P「おかえり響。……ごゆっくり」ニヤ

響「なにニヤニヤしてるんだ…? …あっ! もしかしてプロデューサー、寝てる間に自分に何かする気だな!?」バッ

P「しないさー!なんくるないさー!」ワキワキ

響「うぎゃー!言ってることと手の動きが一致してないぞ!」

P「なんくるないさぁ~…」ニヤニヤワキワキ

響「ううー…安心して寝れないぞぉ…」


春香「『メイドとして働いていた過去をもつ我那覇響さんに質問です』」響「え?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 22:27:10.17 ID:yorI1KT/0

春香「『メイドの仕事というのは、どういったことをするのですか?』とのことです」

響「………」

春香「響さ~ん?」

響「……ん?」

春香「質問の内容聞いていましたか?」

響「お、おお…聞いてたぞ」

春香「それじゃあ早速答えてください」

響「う、うん……」

春香「…?どうかしたんですか?なにかご様子が……質問が難しすぎました?」

響「いや…自分がメイドをしてたことを知ってる人がいるとは思わなかったから……驚いちゃって……」

春香「……おや?」


P「スシローのチャーシューネギまみれ」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 19:28:24.17 ID:h78kF85Y0

突然だが、俺は生魚の寿司が大っ嫌いだ。

もちろん刺身も大っ嫌いだ。

あの魚特有の生臭さは俺に深いトラウマを刻みつけている。

子供の頃、まるで赤い宝石のように見えたマグロを口に入れた時のガッカリ感は今でも鮮明に思い出すことができる。

もちろん、回らない寿司屋ならそんなことも感じさせない美味い寿司を食べることができるのだろう。

しかし、生憎俺にはそんなところに行く金がないため、回る寿司屋にしか行くことができない。

だが、今の俺は違う。

双海姉妹と貴音に連れられてきたスシロー。

ここには生魚が嫌いな俺でも食べやすいメニューがある。

P「真美、チャーシューネギまみれを注文してくれないか?」

真美「も→兄ちゃんったらさっきからそればっかり食べてるっしょ→? お寿司屋さんなんだからお魚も食べないと」ピッピッ

P「たはは、じゃあ次食べるよ」

そう、チャーシューネギまみれだ!!


黒柳徹子「何か面白い事やって下さらない?」春香「」


1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/05/10(木) 21:11:03.20 ID:ux71J5EN0

るーるる るるる るーるる


黒柳「前回に引き続いて、今回もアイドルの方がゲストです」

黒柳「とっても元気な方で、私もテレビで拝見させていただく時は元気をもらってます」

黒柳「今日もたくさんね、元気をいただきたいと思います」

黒柳「天海春香さん、今日のゲストです」

春香「天海春香です!よろしくお願いします!」


らーらーらーらー


パチパチパチッ!


真「ボクもいよいよレンタルショップのAVコーナーに入れる年齢か……!」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/25(月) 10:27:36.52 ID:FSSenxwu0

真「へへっ何だか感慨深いや……」

真「レンタルショップに来るたびに気になってたんだ、この黒いカーテンの向こう側を」

真「いっつも前を通るたびに、横に置いてあるアニメの等身大ポップを見るふりをしてたけど」

真「これからは、正々堂々と入れるわけだ!」

真「よーっし、いくぞー!」

ファサッ


響「貴音がハズキルーペをお尻で踏み潰した」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/23(水) 18:07:38.32 ID:6h2tcVq30

貴音「………」

美希「………」

響「………」

貴音「お尻が痛いです」サスサス

美希「ちょっとお尻見せて……うん、特に血とかは出てないの」

貴音「それは良かった……お尻の下で潰れた時はもう(お尻が)駄目かと思いました」

美希「貴音のお尻が無事で良かったの!」

響「貴音のお尻は無事でも、このハズキルーペは見るも無残な姿になったけどな」グチャー


「律子のグルメ」

1: ◆sIPDGEqLDE 2014/04/06(日) 05:34:08.04 ID:4QYKDoWQ0

「ふ~、今日も疲れたわね~。事務員が小鳥さん一人なのも問題だけど

 プロデューサーが一人なのも考えものよね」

オフィスチェアの背もたれに体を預け大きく伸びをする。
年季の入った椅子が軋んだ音を立てた。

時刻は夜の8時。
昼食を食べて以降コーヒー以外口にしていないので流石に胃が空腹を訴えている。


律子「明日業界の偉い方が事務所に刺殺に来るわよ」亜美「!!??」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/22(火) 22:47:55.23 ID:5TuSwBkJo

亜美「待って待って! 聞いてないし!!」

律子「そりゃそうよ、サプライズだもの」

亜美「びっくりだよ!! 事件じゃん!!!」

律子「大げさねぇ。死ぬわけでもなし」

亜美「死ぬよ!!!」

律子「バカ言わないの。 そうそう……ここだけの話」

亜美「なに」



律子「目当てはあんたみたいよ」

亜美「!!??」


律子「全く、亜美はチュー威力三万なのよ」亜美「!?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/15(日) 20:27:26.01 ID:SL2VlXtL0

亜美「三万!?」

律子「そうよ」

亜美「へぇー! それってすごい? えらい!?」

律子「何バカなこと言ってるの! ダメダメよ」

亜美「えっ、ダメなの!? だって三万なんでしょ!?」

律子「三万だからダメなのよ!」

亜美「……そなの?」

律子「あなたは普段からチュー威力が足りないって言ってるの」

亜美「さ、三万じゃ足りないんだ……」

律子「当たり前でしょ。三万ってのは全然足りないって意味よ」

亜美「うあうあ~……そうだったんだぁ……」


千早「やったわ春香!!!」春香「な、何千早ちゃん?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 14:16:05.97 ID:rK56UDEuo

※モバマス要素を含みます。
※清々しいまでの胸ネタ。



千早「私は!」

千早「私はついに勝ったのよ!!」

春香「あ、あのさ、嬉しいのは分かったからさ」

春香「落ち着いて、ね?」

春香「ほら、深呼吸深呼吸」

千早「スーーーーーーーーーーーッ」

千早「……………………」

春香「……」

千早「……………………」

春香「……」

千早「……………………」

春香「……」

千早「ハーーーーーーーーーー…………」

千早「……ありがとう春香、おかげで落ち着いたわ」キリッ

春香「相変わらずすごい肺活量だね」


アイマス「木星戦隊サンジュピター」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/30(水) 21:25:23.75 ID:JshZAFHn0

小鳥「なんでこんな事になったんですか?、私も混ぜて欲しかったです」

P「本当は女の子5人組の戦隊物の企画だったんですけどね」

律子「ジュピターと企画コンペでかち合って制作会社から同じような企画だから合同でって言われて」

P「俺と北斗が連日飲み屋で話し合って飲んでたからどんどんアイディアが浮かんできまして」

小鳥「酒場でのバカ話で詩花ちゃんと黒井社長に出演してもらおうとか普通思いませんよ、ジュピターと黒井社長は絶縁状態ですし」

律子「まさかOKするとは思いませんでした…まあうちのアイドルが悪役だからかもしれませんけど」

小鳥「詩花ちゃんがヒロインで黒井社長が父親役なんですね、ああ黒井社長受けても不思議じゃありません」

P「音無さん知ってたんですか?」

小鳥「昔写真見せてもらった事があったんで…」

律子「何の話ですか?」

P「まあ、それより完成した企画書読んでみてくれ」


P「どうだ明るくなったろう?」やよい「」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/21(月) 00:20:10.35 ID:Xo4crD+X0

やよい「うー……暗くて靴が見えません……」

P「ちょっと待ってろ」万札ボッ

P「どうだ明るくなったろう?」

やよい「」


千早「萩原さんの貧相なスタイルを改善しましょう」 雪歩「えっ」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 17:24:19.53 ID:TpyxvRMno

短い予定です。


千早「萩原さんがいつも『ひんそーでちんちくりん』と悩んでいるのを聞いていて、なんとか力になれないかと思っていたの」

雪歩「そ、そうなんだぁ。ありがとう千早ちゃん・・・」


律子「・・・千早は何を言ってるのかしら」

春香「雪歩が反応に困ってますよ」