TOP > アイドルマスター

P「俺の頭がP型の理由?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/06(日) 20:15:19.14 ID:V47lqUIu0

P「……なるほど。春香たちは気付いていたんだな。俺のバランスがおかしい事に」

春香「バランスというか……その頭がおかしいだけなんですけど」

亜美「っていうか、気付かない方がおかしいでしょ」

真美「何となく今までスルーしちゃったけど、もう我慢できないんだYO!」

P「ならば答えよう。それは……純正パーツじゃないからだ」

律子「……はい?」

P「だから、純正パーツで組んでないからだよ」


P「プロデューサーマスター」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/22(火) 20:25:42.91 ID:7lnWi6Ff0

P「……」テクテク

高木「ん? ……ちょっとキミ、いいかね」

P「……俺ですか?」

高木「……うん……うん。ティンときた」

P「はぁ」

高木「私はこういうものだが……君、うちでアイドルやってみないかね?」

P「えっ」


P「悪堕ちっていいな」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 20:51:31.25 ID:5I+4dSH30

P「そう思いませんか、小鳥さん?」

小鳥「と、言われましても……」

小鳥「悪堕ち、ですか?」

小鳥「何ですか、それ?」

P「なるほど、まずはそこからですね」


P「春香のことを見るたびに胸がドキドキする病気にかかった」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/18(日) 17:14:31.09 ID:Fevzthya0

小鳥「……」

真「……」

美希「……」

春香「……」

P「だから俺、もうみんなのプロデュース出来ないかもしれないんだ……」


P「え?俺がやよいみたいな声になってる?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 18:08:10.84 ID:/l/U4nlA0

P「うっうー!」(やよい声)

律子「ちょっと喋らないで下さい」

P「」


律子「修羅場」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/16(金) 16:54:59.23 ID:WzUFDAxro

つい先日の事だったんですけど、仕事の資料を忘れたので一旦家に帰ったんです。で、リビングのドアを開けたら丁度休みだった旦那が慌てた様子でいたんですよ。

「ただいまーって、急にバタバタしちゃってどうしたの?」
「え!? な、何でもないよ!」


小鳥「プロデューサーさんを観察するわ」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/06(日) 21:23:14.65 ID:2jczfqUH0

小鳥「765プロは、ただいま絶賛日常中!」

小鳥「これから、普段あまり見られないプロデューサーさんの生態について」

小鳥「クローズアップしてみますよ~!」


P「Xbox360より愛をこめて」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 23:07:33.20 ID:VayEwJa70

おかえりなさい、プロデューサーさん。

私は765プロのXbox360。

今日は、私のこれまでを聞いてほしい。


【アイマスSS】木下ひなた「りんごアイドルさん」辻野あかり「がんばる!んご!」

1: ◆5AkoLefT7E 2019/08/13(火) 01:22:32.67 ID:xmt+4Snv0

~カフェ~


砂塚あきら「……」

夢見りあむ「……」

白石紬「……」

エミリー「……」


あきら「#どうしてこうなった」


舞「寂しいの」小鳥「はぁ」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/24(月) 23:01:01.45 ID:HuER6b53o

舞「愛ったら家にいない時間が多くて……」

小鳥「アイドルですからね」

舞「売れてもないくせに時間取りすぎよ」

小鳥「これからどんどん売れていくでしょうし、更に時間がなくなりますね」

舞「寂しいわー。マジ寂しいわー」

小鳥「舞さんだって、愛ちゃんぐらいの時には多忙だったでしょう?」

舞「あの時の親の気持ちが今よーーーーーく分かるわー。子供に構ってもらえないってマジ寂しいわー」

小鳥「うわめんどい。珍しく人の家に来たと思ったらこの人めんどい」


如月千早「眠れない夜」

1: ◆mlWKfiIW4s 2019/08/09(金) 22:34:10.05 ID:JgS0D6Oc0

よろしくお願いします。


2: ◆mlWKfiIW4s 2019/08/09(金) 22:34:42.15 ID:JgS0D6Oc0

~~♪ ピッ

千早「……誰よこんな時間に」

??「だ~れだ?」

千早「ああ、その声は」

千早「『ポジティブ赤リボン』」

天海春香「それ私の登録名じゃないよね?」


春香「私のみゅーじっく♪」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/19(水) 20:28:42.58 ID:Zv3oTXv+0

ガチャッ

春香「おっはよーございます!」

P「お、おはよう春香」

春香「あ!プロデューサーさん!お疲れ様です!今日はドーナツ作って来たんですよ!ドーナツ!」タタタッ…

P「お、おお…ありがとう…なんか今日は一段と元気だな春香」

春香「そう見えますか…?えへへ…」テレッ


P「しっとマスク?」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 20:23:37.01 ID:kEP752Ix0

※キャラ崩壊注意
※アイマス×突撃!パッパラ隊


2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 20:24:15.85 ID:kEP752Ix0

春香「みんなー、おはよ……うわっ!?」ズルッ

P「危ないっ!」ダキッ

P「……春香、大丈夫か? ケガはないか?」

春香「は、はい。ちょっと頭が痛いような……」

P「どこだ? ここか?」ナデナデ

春香「エヘヘ……もうちょっとお願いします」

P「全く、気をつけてくれよ。事務所じゃなかったらどうなったか」ナデナデ

春香「分かりましたぁ」

亜美「……」

真美「……」イラッ

美希「春香……また今日もわざと転んでるの」


P「願いを叶えるランキング」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 20:15:37.70 ID:iy78IHc60

※何番煎じか分からないネタ


P「というわけで始まりました皆の願いを叶えるランキング~」

律子「何が、というわけなんですか」

春香「いきなり呼ばれて訳が分かりません」

高木「まぁまぁ、落ち着きたまえ。今から説明しよう」

千早「社長も共犯ですか……まぁ、聞きますけど」

P「皆、アイドルとして随分成長してくれただろ。ハッキリ言って、今うちの事務所は潤いまくっているんだ」

高木「そこで皆の頑張りに報いるためご褒美を、と思ったのだが生憎全員の希望を叶えられるほどは儲かっていない」

P「悩んだ末、全員にアンケートを取って1位の要望をどんな事があっても実現するという結論に落ち着いたわけだ」


P「俺に足りないもの」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 20:42:38.83 ID:vDyIagOQ0

P「……んー」カタカタ

P「……むむむむ」カタカタ

ガチャ

P「ん?」

高木「……キミィ、まだ仕事かね?」

P「社長……ええ、まぁ」

高木「残業代を渋るわけではないが、少し根を詰めすぎじゃないかね」

高木「何か悩みでもあるなら、言ってみたまえ」

P「悩みというか……最近、皆のランクアップが停滞気味じゃないですか」

P「だからこう、打開策なんかを考えているんですけどいい案が浮かばなくて」


P「EXEC_765/.」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/15(土) 20:16:03.21 ID:cXOVKhCC0

注意
本SSはアイマスとアルトネリコのパロディSSです。
アルトネリコ要素は詩(ヒュムノス)のみとなっております。
また、詩のヒュムノス部分は空耳ですのでご了承願います。


2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/15(土) 20:17:44.94 ID:cXOVKhCC0

~プロローグ・765プロ~


P「なぁ、律子。最近のライブ、どう思う?」

律子「どう、とは?」

小鳥「どんどん人気も上がってきて、凄くいい感じじゃないですか」

P「小鳥さんはそう感じてますか。俺は、何か足りない気がしてな」

律子「……確かに。具体的に何が、というのはないんですけど」

P「ずっと考えてたんだがな。物事を突き詰めれば必要な要素は心技体の三つで構成されるだろ」

律子「そのどれかが欠けていると?」

小鳥「心は気持ちを込める事ですよね。技は歌唱力、体はダンスやパフォーマンスですか」

律子「その分け方だと浮かぶのは一部の歌唱力、後はダンスですね」


P「ホワイトパーティ」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 20:14:21.56 ID:MxzpFKoT0

美希「あふぅ。皆おはようなのー」ガチャ

春香「おはよう。随分ギリギリだったね」

律子「あ、美希来たの? 良かった、これで全員揃ったわね」

真「久々に皆揃ってテレビかぁ」

雪歩「ライブとかでは一緒だけど、こういう仕事では珍しいね」

響「最近は皆売れてきてるから仕方ないさー」

亜美「おかげで休むヒマもないのはどーかと思うなー」

伊織「特に律子は……ま、何言っても今は聞かないんでしょうね」


P「響が完璧な理由を探ろう」

1: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/14(火) 09:14:40.48 ID:unfUQ+Ra0

響「急にどうしたんだ?プロデューサー」

765P(※以下P表記)「いやな、響って完璧だろ?」

響「まあね」

P「元気で可愛くって歌も上手いし、家事も出来る……アイドルとしても女の子としも完璧だもんな」

響「ふふーん!もっと褒めてくれても、良いぞ」

P「それで、どうしたらこんな完璧な女の子が出来上がるんだろうなーと思ってさ」

響「今プロデューサーが言った、元気、歌が上手い、家事も出来る、可愛いは全部ちゃんと理由が付けられるよ」

P「本当か?」

響「うん」

P「じゃあまずは、元気な理由から教えて貰えるか?」


P「俺はプロのデューサーだ」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 20:39:49.65 ID:249kV6zS0

※キャラ崩壊注意


P「……デューサーってなんだ?」

小鳥「えっ」

P「いや、プロは分かりますよ。でもデューサーってどういう意味でしょう」

律子「そういえば……なんでしょう?」

P「律子、分かるか?」

律子「私に聞かないでくださいよ」

小鳥「ええっ」

律子「うーん、でも改めて聞かれると気になりますよね」

P「なんなんだろうな。デューサーって」


春香「プロデューサーさん・律子さん対策会議を始めます!!」

1: ◆kBqQfBrAQE 2014/03/26(水) 16:54:59.09 ID:0u+hp5kQ0

このSSは、

律子「引っ越したらお隣さんがプロデューサーだった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1388924146/ と、

P「起きたら律子が膝の上で寝ていた」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1391866781/

の続きです。


2: ◆kBqQfBrAQE 2014/03/26(水) 16:56:42.15 ID:0u+hp5kQ0

前回のおさらい:風邪を引いたPと甲斐甲斐しく世話したりっちゃんは少し距離が縮まって・・・?

ちなみに律子さんは成人してるっていう設定です。
・・・ラッキースケベならちょっとくらい、いいよね