TOP > ポケットモンスター
カテゴリー  [ ポケットモンスター ]

【ポケモン】セレナ「クリスマスイブに...1人か」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/27(日) 02:21:59.92 ID:TqzvR1qfO

彼女にとって21歳の冬。
12月24日クリスマスイブ...雪景色の商店街で仲睦まじく歩く母娘を遠目で見つめ、セレナは涙を流していた。
自分には共にクリスマスの喜びを分かち合う人は居ない。...彼がここにいればと夜空に輝く星に願いを乗せる。

セレナ「...あっ!」

サトシ「セレナ?セレナじゃないか。久しぶり」

星が想い人と出会わせてくれたことを喜び、セレナはサトシに寄り添う。
それに戸惑ったサトシはセレナから避けて距離を置く。11年の間に2人の間に壁が作られているようだった。


【ポケモン】セレナ「サトシの愛が重すぎる///」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/23(水) 01:44:55.18 ID:E13+0vga0

サトシはソファーに腰を下ろし、セレナが焼いたマカロンを口に放り込んだ。

サトシ「...美味しいなこのマカロン」

甘いイチゴ味のマカロンを味わうサトシは感想をセレナに告げた。
照れ臭そうにセレナは頬を掻くとサトシの隣に座った。

セレナ「喜んで貰えて嬉しい...あなたの喜ぶ顔が見たくて研究に研究を重ねて作ったのよ」

サトシ「よく出来てる...。甘」

セレナ「私みたいでしょ?マカロンの甘い味」

サトシ「そうかもな」


【ポケモン】ハプウ「ポニたろうなのじゃ」

1: ◆V7Lv5KATKg 2019/01/15(火) 19:00:22.87 ID:Lu7ZEYHlo

むかしむかし


アローラちほうというところに


とてもなかのいいポケモン博士の夫婦がくらしていました


【ポケモン】セレナ「散らかってるサトシの部屋を掃除しなくちゃ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/12(土) 04:04:09.35 ID:8ciWqxyO0

セレナ「勝手にサトシの部屋に忍び込むのはいけないと思うけど、いい事してるから問題ないわ!」

セレナ「(サトシに相応しいお嫁になるためよ!その為にサトシのお部屋を掃除しないと!)」

セレナ「(...もしかしたら部屋に私の写真集が隠してたりして!)」

セレナ「...お嫁にいけないわ///」


リーリエ「デスゲーム…ですか?」

1: ◆p25DcWXHRg 2019/01/01(火) 17:02:28.43 ID:yYMP9r2No

???

オキテリーリエ……

リーリエ(……頭の中で誰かの声が響いてる……)

オキテ……

リーリエ(……もう朝なんですか?今日はスクールがお休みですし、もう少し寝かせ……)ゴシゴシ

リーリエ「……うーん…」ムクリ

リーリエ「…………え?」パチクリ


マオ「みんなでクリスマスパーティーやろうよ!」

1: ◆yzH0sKDzrQ 2018/12/23(日) 20:22:06.35 ID:f+0DbIojO

リーリエ「クリスマスパーティー…ですか?」

マオ「うん、そうだよ!ほらっ、来週のクリスマスイブにさ!男子も呼んで家でパーっとやろうよ!」

スイレン「クリスマスパーティー…いいね!おもしろそう!」

アシマリ「アウ!」

ナギサ「イッブイ!」


サトシ「レッツゴー!ピカチュウ!」アセロラ「レッツゴー!ミミたん!」

1: ◆KDBZo6p5dM 2018/12/03(月) 19:52:42.22 ID:0I18jLepo

ある日アセロラはメレメレのサトシのところに遊びにきていた


アセロラ「でねー?おじさんったら、まぁたお仕事サボって~」プンプン

アセロラ「だからね!アセロラは言ってあげたの!」

ミミたん「キュー」

サトシ「ははっ、アセロラも大変だな」

ピカチュウ「ピカァ」

アセロラ「ほんとだよぉ」ヤレヤレ

ロトム図鑑「アセロラとクチナシは本当の親子みたいロト」

ミミたん「キュー」コクコク

「あ!」ザッ

サトシ、アセロラ「!」


【ポケモンSS 】セレナ「新しい日常」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/09(日) 19:13:30.12 ID:YOE+t9bkO

ユリーカ「綺麗...」

セレナ「ありがとうユリーカ」

サトシとの披露宴を控えたドレスを纏ったセレナは支度部屋で会場の準備が出来るまで待機していた。
その間、ユリーカにドレス姿を披露していた。目を輝かせて彼女はセレナをみていた。

ユリーカ「今のセレナは世界の誰よりも綺麗よ!」

セレナ「そう言ってくれると嬉しいな」

ユリーカ「サトシとの新婚生活上手くいくって祈ってるよ!」

セレナ「私もユリーカが良い恋人に巡り逢えることを祈ってるわ!」

ユリーカ「ありがとう!(セレナに言われるなんて思ってなかったな)」


【ポケモン】セレナ「サトシ、買い物に付き合ってくれない?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/30(金) 16:27:17.69 ID:IORSonoFO

セレナ「サトシー!今日は予定ないでしょ?ないわよね!か、買い物に付き合ってくれない?」

サトシ「ごめんなー...今日は大切な予定があるんだ」

セレナ「...浮気なの?」

セレナは上目遣いでサトシを見つめた。
首を傾げ、サトシは疑問を問い掛ける。

サトシ「浮気?俺誰とも付き合ってないぞ?」


リーリエ「私、お花を摘みにいってきますね」マーマネ「僕もいくよ」

1: ◆KDBZo6p5dM 2018/11/21(水) 20:16:07.09 ID:aFA/UHOyo

リーリエ「え?」

シロン「コン?」

マオ「え?」

スイレン「え?」

マーマネ「」ニコニコ


サトシ「キスしないと出られない部屋?」スイレン「うん」

1: ◆KDBZo6p5dM 2018/11/11(日) 19:32:35.09 ID:34Xw+Xuqo

アーカラ島

マオは休日にカキを誘って料理に使う食材を探しにきていた

マオ「えーと、この食材は~」スタスタ

カキ「…まだあるのか?」

マオ「なによ~!もう少しくらい付き合ってくれてもいいでしょ!どうせ暇でしょ?」プクー

カキ「俺だって牧場の手伝いとか…」

マオ「カキ!次はあっちだよ!」グイッ

カキ「……ハァ…」


【ポケモン】セレナ「好きよサトシ...」サトシ「悪りぃ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 21:06:04.72 ID:Po+al4AAO

サトシ「悪い。お前の想いは受け取れない」

セレナ「どうして...!私はあなたの事を愛してるのに!?」

サトシ「...本当にそうか?」

セレナ「えっ...?」

サトシ「お前は俺の他に好きな人が居る。違うか?」

サトシに指摘された瞬間、セレナの脳裏にティエルノの顔が浮かぶ。
彼の事が頭でいっぱいになってくる。セレナはティエルノを愛していたと気づく。

セレナ「...サトシ!私...!」

サトシ「本当に大切な人に伝えるんだ。セレナの想いを」

セレナ「うん!」


ロトム図鑑「サトシ!すっげードリンクを発見したロト!」

1: ◆pipouKOeeU 2018/11/03(土) 22:04:48.27 ID:fId5+qSuo

サトシ「すっげードリンク?」

ピカチュウ「ピカ?」

ロトム図鑑「これロト!」スッ

サトシ「これは……」ヒョイ

サトシ「燃焼系"アミノ式"?」


アセロラ「サトシ!赤ちゃんの作り方って知ってる?」

1: ◆BCoBhAeJ9g 2018/10/28(日) 19:50:11.69 ID:ico1ERd5O

サトシ「え?」

ピカチュウ「ピカ?」

アセロラ「うふふ♪」


サトシ「アローラ裏サイト掲示板?」

1: ◆T5k6aQgrSU 2018/10/17(水) 20:03:25.60 ID:ayNwwAai0

サトシ「なにそれ?」

ピカチュウ「ピカ?」

マーマネ「アローラの人たちが集まって、普段言えなかったりする愚痴を言いあったり」

マーマネ「趣味を共有したりするインターネット掲示板のことだよ」

サトシ「へぇー、そんなのがあったのかー」


【ポケモン】スイレン「サトシのピカチュウになりたい」

1: ◆XeLOEO59HI 2018/10/07(日)20:36:53 ID:Yic

マオ「え?」

リーリエ「え?」


サトシ「ピカチュウ!こいよ!」

ピカチュウ「ピカピィ」スリスリ

サトシ「ハハハ!くすぐったいよピカチュウ!」


スイレン「……ピカチュウになったら、サトシにほっぺスリスリできるのかな?」ボソボソ

スイレン「………ピカチュウだったらきっと、ご飯もお風呂も寝る時もトイレもずっとサトシと一緒…」ボソボソ

スイレン「……羨ましい」ハァ

マオ、リーリエ「………………」

アシマリ「ウアー…」


【ポケモン】スイレン「お母さん!私、進研ゼミやりたい!」

1: ◆lY96AQe/o2 2018/09/08(土)20:14:06 ID:Xpz

ポケモンスクール

ワイワイ

ククイ「えー……では、この間やったテストを返すぞー」

サトシ「えー!?」ガタッ

ククイ「どうしたサトシー?そんなふいうちをくらっちまったみたいな顔してー」ジトー

サトシ「いや…ハハハ…」

ピカチュウ「ピカピ…」

スイレン(この間のテスト……どうしよう……苦手なとこばっかりだったから正直自信ない……)

スイレン(……点数悪かったらお母さんに怒られる……)ゾクッ

アシマリ「アウ」


マオ「え?アローラでミスコン!?」

1: ◆IuY/8jVTR. 2018/08/21(火) 19:40:59.85 ID:/+voxXFJO

ロトム図鑑「そうロト。どうやら来月の頭にメレメレ島で開催されるみたいロト」

リーリエ「み、ミスコンですか…」ドキドキ

スイレン「いったい誰がそんな大会を…」


サトシ「ポケット・モンスターハンターオンラインだって!?」

1: ◆IuY/8jVTR. 2018/08/14(火) 18:49:29.51 ID:BNi87wAzO

ポケット・モンスターハンターとは

ゲーム機を通じて自分の分身となるキャラがハンターとなり

ポケモンを使わずに、特殊な武器を用いギルドからの依頼で凶暴なポケモンたちを狩り

その狩ったポケモンたちの血肉でキャラの武器や防具をどんどん強化していく

簡単に言えば"ポケモンを狩る"ゲーム

今現在全国の子供たちに大人気のゲームである


レッドとエリカ、時々不正解。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/07(火) 22:42:47.31 ID:Xpe7qb0V0

:補足
ポケモンSS
初代風味
主にレッドとエリカのお話し(予定)


場所は
タマムシシティ

そこでレッドはグリーンとポケモンバトルをしていた。

レッド「・・・くっ・・負けた・・っ?」

グリーン「やっぱ俺って天才?」

グリーン「お前は、ポケモンの特性、役割、タイプを全く理解してないな。」

グリーン「お前のポケモンのレベルを上げる地道な努力だけは、認めてやる。だが、
それだけじゃあ、もう俺には勝てない。お前の限界はここまでだよ。あばよ。」


レッドは めのまえが まっくらに なった